« 与謝菅権力亡者内閣は超緊縮大増税突進で自滅へ | トップページ | 菅直人利権複合体政権打倒し主権者国民政権樹立 »

2011年1月15日 (土)

消費税大増税突進よさかん仏滅ご臨終内閣を糾弾

「米・官・業・政・電」利権複合体による政治を代表するのが小泉竹中政治だったが、政権交代の延長上に、平成22年政変(6月2日政変)によって樹立された菅直人内閣が、新しい「米・官・業・政・電」利権複合体政権であることが、誰の目にも明らかになった。
 
 

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 主権者国民の意思を踏みにじる、言語道断の振る舞いである。
 
 菅直人氏は、
①米国の言いなりになり、
②官僚利権をそのまま温存し、
③大資本優遇の法人税減税とTPPを推進し、
米官業トライアングルの利権維持に全精力をあげている。
 
 NHK人事が紛糾しているように見えるが、NHKの偏向報道と、NHK会長の内部昇格が取引されている可能性が高い。
 
「政治とカネ」問題の本質は、「企業のカネが政治資金になる」という構造にある。小沢一郎氏の収支報告書の重箱の隅の瑣末なことがらのことを指すのではない。

人気ブログランキングへ

「政治とカネ」問題の本質に切り込むのなら、企業団体献金の全面禁止に踏み込むべきなのだ。政治献金を企業に求めることから「政治とカネ」の腐敗が始まるのだ。
 
 企業は企業に利益にならないのなら政治にカネを出さない。正当性のない資金の外部流出は株主の利益に反するからだ。
 
 巨大な資金が政治家や政党に流れれば、政治家や政党の活動が、主権者の側でなく大資本の側に向くのは当然である。この原理によって、政治活動が歪むのである。
 
 日本国憲法は、参政権について、自然人である国民に一人一票のかたちで参政権を付与している。法人には参政権は付与されていない。
 
 国民に対する参政権も一人一票であり、資金量による差別は設けられていない。
 
 菅直人氏が「政治とカネ」の問題に本気で取り組む意思があるなら、企業団体献金の全面禁止に直ちに進むべきである。個人献金を拡大すべきとの声もあるが、企業献金がかたちを変えて個人献金に偽装されることが多いから、個人献金も禁止すべきだろう。
 
 政治活動に必要な資金は国民が公金からこれを過不足なく支出すべきなのだ。
 
 健全な民主主義を実現するには、腐敗する成否権力を抑制する自己制御機能を政治システムのなかに装備する必要がある。これが権力の抑制機能である。
 
 日本の議院内閣制は、内閣総理大臣に独裁者としての権能を与える危険性を内在している。内閣総理大臣は立法府、司法府を含めてコントロールしうる権能を一手に握る存在なのである。
 
 内閣総理大臣は人事権を通じて裁判所をコントロールしうる。裁判所の実体は、裁判官の独立性による裁判ではなく、最高裁事務総局が裁判のすべてを仕切る構造になっている。
 
 民主主義が健全に機能するには、警察、検察、裁判所が法と証拠に基づき、公正に運営されなければならないが、現実には前近代の運営が行われている。
 
 日本の警察・検察制度を近代化する第一歩が、取り調べ過程の全面・完全可視化である。検察による前代未聞の不祥事が相次いで発覚しているのに、菅直人氏は、是正策を早急に実行しようとする姿勢を垣間見せもしない。
 
 内閣改造では、『民主党が日本経済を破壊する』の著者与謝野馨氏を経済財政担当相として入閣させるとの暴挙に出た。

民主党が日本経済を破壊する (文春新書) Book 民主党が日本経済を破壊する (文春新書)

著者:与謝野 馨
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
 
菅直人氏は、日本の政治システムについて、基本の知識さえ持ち合わせていない。現在の政権の正統性の根拠は、2009年8月の総選挙にしかない。この総選挙で各政党がどのような公約を掲げ、どのような投票行動を取ったのかが、その後に樹立される政権の正統性の唯一の根拠になるのだ。
 
 民主党は政府支出の無駄を排除し切るまで、増税論議に進まないことを公約に掲げて総選挙を戦った。この総選挙で主権者国民が民主党を全面支持したのだ。
 
 菅直人氏が大増税に進みたいのなら、解散・総選挙を実施して、与謝野氏とともに大日本増税党を結党して、総選挙を勝ち抜いてから行動するしかない。 
 主権者国民は狂気の与謝菅(よさかん)仏滅ご臨終内閣を早期に成仏させねばならない。主権者国民に弓を引く反主権者政権の存在を認めてはならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 与謝菅権力亡者内閣は超緊縮大増税突進で自滅へ | トップページ | 菅直人利権複合体政権打倒し主権者国民政権樹立 »

菅直人選挙管理内閣」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税大増税突進よさかん仏滅ご臨終内閣を糾弾:

» ウソツキ枝野 [にっぽんじんってなんだろう?]
民主党「四人組」はさかんにテレビに出て、評判の悪い政権を何とか支えようとやっきに [続きを読む]

» 菅直人では「総選挙」しかない。それは大愚だ。総辞職せよ。 [大辛カレーのブログ]
今回はマスゴミ各社がありえない早さで改造内閣支持率調査をした。ネット上とは全然違 [続きを読む]

» やはり、日本の政治は二重構造又は3重構造だ:奥の院、本殿、拝殿 [Japonesian Trans-Apocalypse:Trans-Modern New Platonic Trans-Creation]
今回の内閣改造で、はっきり、日本の政治権力が裏にあることが判明したと言えよう。植草一秀氏は悪徳ペンタゴンと呼んでいるが、これは、植民地主義・帝国主義的支配権力である。民主主義が名ばかりで、機能していないのである。  とまれ、反民主主義的権力が日本政... [続きを読む]

« 与謝菅権力亡者内閣は超緊縮大増税突進で自滅へ | トップページ | 菅直人利権複合体政権打倒し主権者国民政権樹立 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ