« 小沢一郎正統政権の早期樹立実現を目指す | トップページ | 国民の同意なき消費税大増税を絶対に許さない »

2011年1月31日 (月)

小沢一郎氏せん滅目論む巨大政治謀略を断固粉砕

東京第五検察審査会が小沢一郎氏に対して二度の起訴相当の議決をしたとして小沢一郎民主党元代表が起訴された。マスゴミは小沢一郎氏のイメージを悪化させる報道を大々的に展開している。
 
 2月6日には愛知県で知事選と名古屋市長選が同時に投開票日を迎える。民主党が擁立した候補者は大敗することが予想されている。小沢氏に対する起訴がこのタイミングで実施されたのは、選挙での民主党敗北の責任を小沢一郎氏に転嫁させるためである。
 
 姑息で卑劣な菅直人政権はあくまでも卑しく、あくまでもあさましい。
 
 検察審査会が二度、起訴相当の議決をしたとされているが、交代するはずの審査委員が交代しなかった疑いが濃厚である。また、起訴事実の一部が一度目の起訴相当議決に含まれていなかったのであり、検察審査会の二度の議決を経ていないことがらを起訴事実に盛り込むことは不正である。
 
 東京第五検察審査会の重大疑惑の解明がまず優先事項である。
 
 しかも、大騒ぎしている内容は、小沢一郎氏が一時的に立て替えた不動産購入資金の出入りが収支報告書に記載されなかったことと、不動産の取得時期を代金決済の日付でなく不動産登記の日付としたというだけなのだ。
 
 マスゴミは、小沢氏が立て替えた資金の一部が、不正な裏金で、この不正な裏金が小沢氏の汚職資金であるとのイメージを植え付ける報道を展開し続けた。
 
 検察も、この点での犯罪を立証するために、違法とも言える強制捜査を繰り返して犯罪を創作しようとした。
 
 しかし、重なる強制捜査にもかかわらず、不正は何ひとつ発見できなかった。
 
 しかし、2009年3月3日に無謀な秘書逮捕に踏み切って、小沢内閣総理大臣誕生の日本政治史の正史を不正に書き換えてしまったとの、前代未聞の不祥事を引き起こした手前、検察はさらに暴走を続けているのである。
 
 客観的に見て、異常なのは検察とマスゴミである。小沢一郎氏は繰り返し、真実を述べ続けている。マスゴミは小沢氏に説明責任を求めながら、テレビ番組などで、小沢氏に十分な時間を与えて、説明を尽くす時間を与えたことは一度もない。
 
 マスゴミが小沢氏にじっくりと説明する機会を与えないから、小沢氏はインターネット番組に繰り返し出演してきたのである。
 
 汚職があった、巨額の裏金が動いたといった実質的な犯罪が取り沙汰されているならマスゴミも騒ぐがよい。しかし、取り沙汰されていることがらは、およそ犯罪とはかけ離れたものである。

人気ブログランキングへ

裁判だの、起訴だのと騒ぎたてる問題でないことは、誰の目にも明白である。
 
 このような問題を、政治的に利用して、大騒ぎにすること自体が、腐りきったマスゴミの体質を物語っている。
 
 民主党内の菅-仙谷-岡田-野田-前原-枝野-玄葉-渡部各氏の悪徳8人衆、これに与謝野-藤井両氏を含めた悪徳10人衆は、あまりにも醜い。
 
 マスゴミと民主党悪徳10人衆が真実を捻じ曲げて、小沢氏を追い落とそうとしても、小沢氏を真剣に支持する1000万人、2000万人の主権者国民はびくとも動かない。
 
 小沢氏は離党することも議員辞職することも、一切必要ない。
 
 日本の警察・検察・裁判所は腐っている。腐りきった前近代のなかに取り残されている。内閣総理大臣は人事権を行使することにより、裁判所、司法を支配することができる。
 
 この意味で、国策裁判が行われるリスクはいくらでも存在する。
 
 小沢一郎氏は当然、無罪とされるべきであるが、どのような判決が示されようとも、小沢一郎氏の正統性にはいささかの揺らぎもない。
 
 今回の起訴に伴ってコメントを発表する生方幸夫氏、渡部恒三氏などの醜悪な顔つきがものごとの本質を明白に物語っている。
 
 予算委員会のメンバーを一掃するなど、菅直人氏はスターリン以下だ。
 
 今回の問題のすべてが、巨大な政治謀略そのものである。主権者国民は、この真実を基本に据えて、悪徳ペンタゴンに徹底的に抵抗し、悪徳ペンタゴンをせん滅しなければならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 小沢一郎正統政権の早期樹立実現を目指す | トップページ | 国民の同意なき消費税大増税を絶対に許さない »

警察・検察・裁判所制度の近代化」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/38684803

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏せん滅目論む巨大政治謀略を断固粉砕:

» 強制起訴?あら、やっちゃったの? これはもう、やけくその【とにかくやっちゃえ!起訴】 それとも既に地裁と根回し済み? [父さんの日記]
検察審査会の裏金疑惑 に関連して、裁判所と検察審査会関連の不正疑惑を追及したり、森ゆうこ参議院議員の応援をしたりと、その構成を練ろうと思ったのですが、昨日小沢一郎氏の検審むりやり起訴(世間でいうところの強制起訴)がありましたので、この件について簡潔に触れておきたく思います。まずはツィッターへの私の書き込みです。▽強制起訴? あら、やっちゃったの? 指定弁護士もかわいそうに・・・ 起訴が義務づけられてるからって、もう、やけくその、【とにかくやっちゃえ!起訴】ですね。 大久保元秘書調書の請求取り下げと、... [続きを読む]

» 気分が悪くなってきました。なんか目まいが… [整体師「ぢゃがいも」です]
人気ブログランキングへ 強制起訴は造語だす 三人の顔を覚えましょう。真実が暴かれたとき、彼らに安住の地はないでしょう。 小沢さんを強制起訴した、東京裁判所が指定した3人の検察官役の弁護士(大室俊三氏、村本 道夫氏、山本健一氏) 3人とも第二東京... [続きを読む]

» 小沢氏起訴:しかし無罪は確実。【日刊ゲンダイの衝撃】 [ライジング・サン(甦る日本)]
昨日小沢一郎氏が、証拠もないのに証拠がないまま検察官役の3弁護士によって起訴された 。 証拠がないのに証拠がないまま起訴できるということはどういう事だ? つまり小沢氏に限らず今後は証拠が全く無くても全国民が起訴される前例になったということだ。 極端なことを言... [続きを読む]

« 小沢一郎正統政権の早期樹立実現を目指す | トップページ | 国民の同意なき消費税大増税を絶対に許さない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ