« 週刊ダイヤモンド「ベストセラー通りすがり」に拙著書評 | トップページ | 民主党代表任期延長の前に菅直人内閣総辞職を »

2011年1月10日 (月)

民主党の対米隷属化を狙う悪徳ペンタゴン8人衆

「敵を知り、己を知れば百戦して危うからず」と云う。

 敵は誰であるか。そして己とは誰であるか。
 
 いま、日本政治は主権者国民と米官業政電利権複合体との死闘の真最中にある。

 2009年8月30日の総選挙を通じて、主権者国民は日本の歴史上、初めて、自らの意思によって政治権力の掌握に成功した。民衆が自らの意思で初めて政治権力を掌握したのである。
 
 無血の平成市民革命=平成維新である。
 
 この革命を誘導したのは小沢一郎氏である。
 
 これまでの日本政治は、米国、官僚、大資本によって支配され続けてきた。利権政治屋とマスゴミはその手先となって米官業による政治支配維持にいそしんできた。
 
 この状況を打破することが日本の新時代を切り拓き、日本の真の独立をもたらすものである。
 
 これまでの日本政治構造は、
①米国の支配下に置かれ、
②官僚がすべてを決定し、官僚が巨大利権を保持し、
③政治が大資本と癒着する
ものだった。
 
 この政治構造を刷新し、
①米国の支配から脱却し、
②官僚利権を根絶し、
③政治と大資本の癒着を排除する、
新しい政治が求められているのだ。
 
 政権交代が実現し、新しい日本政治構築が動き始めたが、旧来の日本政治支配者である米官業政電利権複合体=悪徳ペンタゴンは、日本政治構造の刷新を阻止するべく、死に物狂いの抵抗を続け、遂に、6月2日政変を通じて、政治権力の実権を民衆から再び悪徳ペンタゴンの手に奪還してしまった。
 
 菅直人氏はすでに主権者国民から不信任=レッドカードを突き付けられているが、不当に権力の座にしがみついている。
 
 菅直人氏の進めている政策を見れば、現政権が悪徳ペンタゴンの意思をそのまま反映していることが誰の目にもはっきりと見て取れる。
 
①菅直人氏はひたす米国にひれ伏している。
②菅直人氏は官僚利権根絶の方針を完全に放棄した。
③菅直人氏は大資本と癒着し、大資本優遇策を臆面もなく推進している。
 
 主権者国民対悪徳ペンタゴンの死闘の図式で現局面を捉えるとき、主権者国民勢力を代表する人物は小沢一郎氏である。菅直人氏はこの小沢一郎氏のせん滅に向けて傍若無人の振る舞いを加速させている。

人気ブログランキングへ

菅直人謀反政権の主軸を占めている面々を見るがよい。菅直人氏を筆頭とする仙谷由人氏、岡田克也氏、野田佳彦氏、前原誠司氏、枝野幸男氏、玄葉光一郎氏、そして裏側の渡部恒三氏の面々こそ、民主党に巣食う対米隷属悪徳8人衆である。この悪徳8人衆が民主党を私物化し、政権交代の本義を根こそぎ放逐しているのだ。
 
 内閣改造、民主党執行部人事を見るがよい。この悪徳8人衆のたらい回し人事に終わるはずである。
 
 枝野幸男氏は7月11日の参院選に際して、参院選は菅直人内閣に対する信任投票であることを明言した人物である。民主党は参院選に惨敗した。惨敗したあと、枝野氏は、自信が明言した「信任投票」との視点から参院選を総括したことが一度でもあったか。
 
 政治家として信用できる人物であるかどうかは、自分の言葉に対する姿勢で明確に判定できる。自分の発した言葉に対して責任を持たない人物は、信用できない人物である。卑怯で恥知らずな人物である。
 
 この点で菅直人氏と枝野幸男氏は完全に一致している。二人とも卑怯で恥知らずな人物である。故市川房枝氏が菅直人氏に対して、「決して信用してはならない人物」と見抜いたのは、市川氏の慧眼によるものである。
 
 菅直人氏は6月までに消費税大増税の方針を固めることに「政治生命」をかけると明言したから、消費税大増税を含む税制改革案が決定できなければ、総理を辞任せざるを得なくなった。その確率は100%と言ってよいだろう。
 
 主権者国民勢力は小沢一郎氏を守り、体制を立て直して、総決戦に挑まねばならない。
 
 米国を主軸とする悪徳ペンタゴンは、日本の政界を、対米隷属の二大政党制に誘導しようとしている。そのための要は、民主党を対米隷属政党にしてしまうことである。この目的のために悪徳8人衆が蠢いている。
 
 敵の行動の目的を知り、主権者国民勢力の現状を正確に把握すれば、百戦して危うからずということになる。知識、情報を共有することが肝要である。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 週刊ダイヤモンド「ベストセラー通りすがり」に拙著書評 | トップページ | 民主党代表任期延長の前に菅直人内閣総辞職を »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の対米隷属化を狙う悪徳ペンタゴン8人衆:

» 12/29なんでや劇場(1)~人類史を追求する意義と視点 [日本を守るのに右も左もない]
地図は「民俗学伝承ひろいあげ辞典」さんからお借りしました。 2011年、新たな年を迎え、私権社会から共認社会へと大転換していく中、私たちがこれから進むべき方向をしっかり見据えるためには、歴史的事実を踏まえての追求が不可欠となる。 そこで、今回から6回に渡り、12月29日に開催された「なんでや劇場」の詳細レポートをお送りしたい。 東洋人、そして日本人がどのように形成されていったのかを、モンゴロイドの歴史を通じて解明している。 るいネットの山澤さんの記事 「’10年末なんで屋劇場レポート1~人類史を追... [続きを読む]

» 菅改造内閣に「喝」 [五右衛門の世相に喝「かあぁぁぁつ」]
菅直人首相(民主党代表)は14日午後、ねじれ状態の通常国会を 乗り切るため、内閣改造・党役員人事を行った。 【写真特集】第2次菅改造内閣の顔ぶれを見る  たちあがれ日本を離党し無所属となった与謝野馨・元同党共同代 表は、税と社会保障・経済財政担当相に起用。法相に江田五月前参 院議長、国家公安委員長兼拉致問題・公務員制度改革担当相に中野 寛成元衆院副議長、官房長官には枝野幸男幹事長代理が就任した。  17閣僚のうち11閣僚が留任し新鮮味の乏しい陣容となった。 閣僚ポストが変... [続きを読む]

« 週刊ダイヤモンド「ベストセラー通りすがり」に拙著書評 | トップページ | 民主党代表任期延長の前に菅直人内閣総辞職を »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ