« 私が入閣し「民主党が日本経済を破壊する」与謝野 | トップページ | 高橋清隆氏が『金利・為替・株価特報』記事を紹介 »

2011年1月21日 (金)

官僚利権排除なき消費大増税阻止国民会議設立を

菅直人政権には政権としての正統性がない。

 菅直人氏はかつて自民党が首相をたらい回しにしていたときに、主権者国民の信を受けていないことを根拠に、正統性がないことを強く批判した。
 
 この批判を念頭において、昨年6月にクーデターにより首相に就任した折に、参院選が菅内閣に対する信任投票であることを明言した。
 
 参院選で主権者国民から信任を受けて、初めて菅政権は正統性を確保することを菅直人氏自身が明示したのである。
 
 つまり、クーデターによって奪取した首相ポストは仮免許であり、国政選挙で信任を受けて初めて本免許取得になることを菅直人氏自身が明言したのである。
 
 この参院選で菅直人氏が率いた民主党は大敗した。勝敗ライン54議席に対して民主党が獲得したのは、わずかに44議席だった。参院選大敗で、菅政権は主権者国民から不信任を突き付けられたのである。つまり、菅直人氏は本免許試験で不合格となり、現在はルールを無視して無免許運転を続けているわけだ。
 
 より重要な点は、この参院選で菅直人氏が提示した最重要の公約が消費税増税だった。玄葉光一郎氏はマニフェスト発表会見で消費税増税実施が最速で2012年秋であることを明言した。
 
 ところが、この公約が主権者国民から総スカンを食らった。その結果、菅直人氏は増税公約を撤回したのである。増税は公約でなく、論議を呼び掛けただけ、増税を決定する場合には、その前に総選挙で国民の審判を仰ぐことを明言した。
 
 そもそも、増税案は2009年8月の総選挙に向けて麻生政権が提示した政策である。麻生政権は2009年3月末成立の所得税法附則104条に2011年度までに税制改革案をまとめることを盛り込んだ。財政再建に向けて消費税増税を総選挙公約に提示したのだ。
 
 これに対して鳩山由紀夫代表が率いる民主党は、2013年までの衆議院任期中の消費税増税を封印することを選挙公約に掲げたのである。
 
 この総選挙で主権者国民は民主党を大勝させた。消費税増税案を退け、消費税増税の前に徹底して政府支出の無駄排除をやり抜くことを選択したのである。
 
 これが、主権者国民が示した判断である。
 
 さらに、2010年の参院選で主権者国民は消費税増税案を明確に否定した。

人気ブログランキングへ

菅直人氏がこうした主権者国民の意思を無視することは、国民主権、民主主義に根本的に反する行為である。
 
 マスゴミ各社は常日頃、「セロンチョウサ、セロンチョウサ」とお題目を唱えているが、主権者国民の声をそれほどまでに重視するというなら、国政選挙で示された主権者国民の意思ほど重要なものはないはずだ。
 
 菅直人氏が消費税増税を提示したなら、直ちに二度の国政選挙で消費税増税が否定された厳然たる事実を菅直人政権に突き付ける必要があるだろう。
 
 菅直人政権は消費税増税を強行する過程で、政府の無駄を省く政策を、官僚利権ではなく、国会議員の定数削減にすり替えて行動を展開する可能性が高い。
 
 官僚の天下り利権をそのまま温存し、官僚勢力と一体化し、無駄削減を国会議員の定数削減にすり替えるのだ。その狙いは、少数政党のせん滅である。
 
 人口当たりの国会議員数で日本は国際比較上、多い国ではない。政府の効率化というのであれば、地方議員の削減こそ本丸である。
 
 菅直人政権は比例定数の削減に向かう。比例定数の削減は少数政党のせん滅を狙いとするものだからである。消費税増税に強く反対しているのは少数政党である。この少数政党を定数削減で脅し、少数政党をせん滅すると同時に消費税大増税を実現しようというのだ。
 
 マスゴミは悪徳ペンタゴンの一部であるから、一般庶民から収奪する消費税大増税を推進するスタンスを明瞭に示している。
 
 これらの悪業を主権者国民は絶対に許してはならない。
 
「増税もしかたない」と悪党ペンタゴンの策略に乗ってしまってはならないのだ。
 
 主権者国民は、「官僚利権排除なき消費税大増税阻止国民会議」を設置して、直ちに消費税大増税絶対阻止の国民運動を開始する必要がある。菅直人政権は主権者国民の意思を無視して暴走を始めているのだ。
 
 主権在民、民主主義国家で、このような横暴を許してはならない。日本国民の矜持が問われている。
 
 直ちに消費税大増税阻止の国民運動を立ち上げ、悪徳ペンタゴンの暴走を阻止しなければならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 私が入閣し「民主党が日本経済を破壊する」与謝野 | トップページ | 高橋清隆氏が『金利・為替・株価特報』記事を紹介 »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官僚利権排除なき消費大増税阻止国民会議設立を:

» 「愛知トリプル選挙」を注視せよ! [覚醒せよ!!『B層国民大衆』の面々よ!!]
「日本の未来」を左右する、めちゃ重要な選挙(ぢゃがいもの認識) 名古屋市長選挙・愛知県知事選挙・名古屋市議会の解散投票2月6日(日) 「減税してもなんとかなるんだみゃ~」 頑張れ「河村&大村タッグ」 左が現名古屋市長で出直し選挙に出馬する「河村たかし... [続きを読む]

» アキカンよ 誰に聞いてほしいのかこの演説。 [ゆきひろ社会科日記]
誰に聞いてほしいのかこの演説。あなたはどこの国のソウリかアキカン。 [続きを読む]

» 漏えい公電”お墨付き”裏付け、米国は国益独自外交の鳩山−小沢を嫌い、隷米・媚米菅直人・岡田を望んだ。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 以下、「東京新聞、2011年1月20日朝刊、こちら特報部」のテキスト完全版です。阿修羅に載っていたのは誤字や、前のカギ括弧( 「 )が漏れていたり、最後のデスクメモがなかったりでした。  なお、記事中の小沢氏と鳩山氏の向かい合う写真を見て胸がつまりました。あらためてもっとハッキリした写真を見たくなり、なんとか記事を写真と共に採録出来ましたので後ろでご紹介しておきます。 ※この「こちら特報部」の記事をスキャンしてからpdfにしました。 関連:【必見、田中康夫のにっぽんサイコー】降って沸いた「TPP」... [続きを読む]

» 民主党支持者、サポーターはアホ缶組合による、小沢一郎先生と親小沢議員への役員解任、支援者脅しなどの弾圧、粛清を許さない。 [mubouのブログ]
クーデターによる不正手段で権力を手中にした、民主党執行部は何が何でも小沢一郎先生を血祭りにする算段だ。2009年3月3日より始まる一連の西松建設事件が冤罪であろうと、虚構であろうと、時間稼ぎをして小沢一郎先生を【フリーズ】状態にして、日本の富ををアメリカに捧げる、数々の作業を進めるつもりなのだ。 主権者レジスタンス戦線 ↓植草さんのココログへ 植草一秀先生のブログより悪徳ペンタゴンの図をお借りします。 植草一秀先生の提唱された 消費税大増税阻止の国民運動を立ち上げよう。 ──────────────... [続きを読む]

« 私が入閣し「民主党が日本経済を破壊する」与謝野 | トップページ | 高橋清隆氏が『金利・為替・株価特報』記事を紹介 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ