« 『日本の独立』を実現するために | トップページ | 主権者国民と利権複合体の死闘が続く »

2011年1月28日 (金)

戦争と平和

1月24日の『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体との死闘』ベストセラー化記念講演会で講演の最後に「戦争と平和」について、触れさせていただいた。

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

沖縄の県知事選に合わせるかのように、尖閣諸島での中国人漁船と海上保安庁巡視艦との衝突事件が発生し、国民の対中国警戒感を煽る報道が大規模に展開された。
 
 投票日直前には、韓国と北朝鮮国境付近での北朝鮮による砲撃のニュースが大々的に報じられた。
 
 浅はかな国民は、この手の出来事と、それらの出来事をセンセーショナルに煽る報道に流されて、低質のナショナリズムの火をたぎらせてしまう。
 
 こうしたものの大半は、人為的に作られたものである。
 
 戦争は国と国の間で繰り広げられる、あるいは、敵対する者の間で繰り広げられるものだと私たちは思いこんでしまうのだが、この理解は本質と離れたものだろう。
 
 戦争は、前線で命を落とすものと安全な場所で指揮し、戦争を遂行する者の間で行われるものなのだ。
 
 前線で命を落とす者に敵も味方もない。いずれもが戦争の被害者である。安全な場所で命令を下すだけで、危険な場所に身を置かない者は、敵でも味方でも、戦争の加害者に過ぎない。戦争は、この加害者と被害者との間で繰り広げられるものなのだ。
 
 戦争はなぜ行われるのか。この問いへの回答を見出すためには、戦争によって誰が利益を得ているのかを考えれば良いのだ。犯罪の捜査と同じだ。
 
 戦争は軍隊と軍事産業と金融の利益のために遂行される。軍隊は前線で危険に身を晒す者と軍隊を指揮するが危険に身を晒さない者とに峻別される。利益を得るのは、もちろん、危険に身を晒さない者だけである。
 
 巨大化した現代の産軍複合体は、定期的に戦争が発生することを必要不可欠とする。この必要性のために、定期的に戦争が準備されるのである。
 
 敵も味方も、映画の配役のようなものだ。戦争を一人で実行するわけにはいかないから、常に敵と味方が用意されるのだ。この人為的な戦争で、敵と味方の最前線の兵士と戦場の民間人が犠牲者になるのである。
 
 戦争をめぐるこの本質を把握しない限り、真の安全保障政策は得られない。日本の役割は、戦争の本質を知り、無用な戦争を排除し、無用な戦争に加担しないことである。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

« 『日本の独立』を実現するために | トップページ | 主権者国民と利権複合体の死闘が続く »

反戦・哲学・思想」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争と平和:

» 漫言・静かな朝鮮半島 [木霊の宿る町]
ビルマシリーズ、仏の微笑が一週間ほどあいちゃったなと思って過去ログをみたら最後に書いたのは先週の水曜日でした。あれから初雪が降ったり韓国朝鮮の砲撃合戦があったりでビルマモードが薄れましたがそろそろ再開したいと思います。そのまえに朝鮮半島情勢について少しだけフォローします。交戦から三日たったほんじつ金曜日の状況は小康状態というか、大事には発展せずこのまま静かになりそうな感じがあります。中国は今回の砲撃合戦で朝鮮を非難していません。さりとて韓国が先に撃ってきたので応酬したという朝鮮の声明に沿って韓国を非... [続きを読む]

» 『からっぽ』~真実のアメを食べるために~ [整体師「ぢゃがいも」です]
『1人1人が変わるしかない』 物事の本質を突きつめるとそこにたどり着く。 「植草一秀 」「副島隆彦 」「竹原真一 」「須藤元気 」「高久晃慈(おいらの師匠 )」…etc 最後は結局ここだ。 どの「真実のアメ 」を手に取り、何をみて、どう考え、動くのか。... [続きを読む]

» 小鳩政権を撃沈し"官"首相を誕生させた米国は、やはり!既に"官"直人を見限り次の総理を用意している [父さんの日記]
前稿 では、 ●石川知浩議員再聴取時の検察による恫喝の録音資料を裁判所が証拠採用●大久保隆規元秘書を担当した前田元検事作成調書の証拠申請を検察が取り下げ という事態が、今後の小沢一郎強制起訴と小沢バッシングにどう影響するかについて触れてみました。 やはり、米国の配下にある売国対米隷属・利権死守連合(検察など霞ヶ関官僚・現クーデター政権・自民党清和会・経団連・マスコミ)の小沢一郎抹殺と日本植民地化推進プロジェクトは、今後更に激化するのでしょうが、しかし、ここにきて大手マスコミ以外のメディアに少し異変が... [続きを読む]

» 小沢強制起訴議決も疑問 「検察審査会は検察の裏金の窓口ではないのか」という仰天疑惑 [父さんの日記]
民主党の真の挙党態勢構築への取り組みや、何とも怪しい検察審査会の悪の実態追求に獅子奮迅の活躍をされる、民主党の森ゆうこ参議院議員 。読者のみなさんにも、森ゆうこ議員に大きな声援を送り支援される方が大変多くいらっしゃることと思います。森ゆうこ議員が最高裁を相手にしてまで真相究明される検察審査会の問題ですが、昨日の日刊ゲンダイに、私たちも声を大にして追求すべき疑惑が掲載されていました。三井環氏に暴露された「検察の裏金」が、姿を変え、どうも現在は「検察審査会が窓口」として継続されているようなのです。<20... [続きを読む]

» 昨日の小沢氏出演ニコ生動画と次回の会見予告 [ライジング・サン(甦る日本)]
昨日、ニコ生でフリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会主催の小沢氏の会見がありました。 ご覧になられた方も多いと思いますが、見逃した方のためにこちらにニコ生もリンクを貼っておきますので是非ご覧になって下さい。 昨日の会見は「第0回」目で、次回「第1回目」の... [続きを読む]

» 菅政権で日本滅亡は完全カウントダウン! 総辞職せよ! [大辛カレーのブログ]
極寒日本。東北大雪で死者多数。新燃岳噴火。鳥インフルエンザ。菅直人の売国政権を、 [続きを読む]

« 『日本の独立』を実現するために | トップページ | 主権者国民と利権複合体の死闘が続く »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ