« 『日本の独立』発刊記念講演会ご参加に深謝 | トップページ | 東に劉暁波氏勾留あれば西にアサンジ氏勾留あり »

2010年12月 8日 (水)

政治権力の横暴を暴くウィキリークスを支援する

 ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏がロンドンの警察に出頭し、女性に対する性犯罪の容疑で逮捕された。
 
 ジュリアン・アサンジ氏の活動は、市民による権力に対する戦いである。本来、政治権力は市民が掌握し、市民の市民による市民のための政治が実現されていなければならない。
 
 ところが、現実には政治権力が市民勢力ではない、特定の利害勢力に掌握され、多くの情報が操作され、あるいは隠蔽されている。
 
 日本でも、これまでに外交交渉における「密約」などが存在し、国会の質疑でも、政府が虚偽の答弁を実行してきたといった実例が存在する。日本でも憲法の規定の上では主権者は国民で、すべての権限は国民に由来するはずであるにもかかわらず、政治権力が主権者国民に対して背信的な行動をとり、しかもその情報が公開されず、隠蔽され続けてきたという厳然たる事実が存在する。
 
 こうした権力の不正、横暴に対して市民はどのように対抗できるのか。憲法が言論の自由を保障すると規定するなかで、政治権力に対して正面から言論活動を通じて意見を表明することも政治権力に対する抵抗の一類型である。
 
 ウィキリークスの活動は、匿名の情報提供者による情報の外部流出に依存するものである。これらの情報の公開には、高い公益性を持つものがあり、公益性の高い情報提供は高く評価されるべきものである。
 
 他方で、ケースによっては機密の漏えいという守秘義務違反を問われるようなケースもあるだろう。この場合には、情報提供者は守秘義務違反を認識したうえで、それでもなおかつ自己の哲学、信条、信念に基づいて情報の外部提供を行うものであると考えられる。
 
 イラクでの米軍ヘリによる市民砲撃のリーク映像がメディアによって報じられたが、米国が「テロとの戦い」として正当化する戦争行為の実態の片鱗を垣間見せる、極めて重要性の高い情報を全世界に提供したことになる。
 
 権力に対して命をかけて戦う市民を弾圧するのは、利権複合体による政治権力の常とう手段である。命を奪い暗殺することと、標的を性的犯罪者に仕立て上げるのは、これまでにも見られる常とう手段である。ジュリアン・アサンジ氏のケースについて、具体的情報を持ち合わせていないが、この文脈での理解をまずは念頭に置くべきであると思われる。
 
 ジュリアン・アサンジ氏の逮捕は、同氏の活動が利権複合体に大きなダメージを与えていることの証左である。政治権力と闘う市民は国際的に連帯してウィキリークスの活動を支援し、その活動を守ってゆかねばならない。
 
 政治権力は本来、市民の側にあるべき存在である。しかし、現実には権力が市民の手から奪われ、利権複合体によって掌握され、市民に対する背信的な行為が行われている。この逆立ちした現実は、必ずしも日本だけの状況ではないのである。
 
 主権者である市民を欺き、主権者である市民に対する背信行為を行う政治権力を糾弾する活動を市民は支援し、また、参加してゆかねばならない。

 
人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『日本の独立』発刊記念講演会ご参加に深謝 | トップページ | 東に劉暁波氏勾留あれば西にアサンジ氏勾留あり »

第二平成維新運動」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治権力の横暴を暴くウィキリークスを支援する:

» ジュリアン・アサンジ氏が豪紙に寄稿「使者を撃つな」  [mubouのブログ]
WikiLeaks編集長、Julian Assange氏のオーストラリア 紙への寄稿を読んだ。現在日本の主権者国民が抱えている状況 とあまりにもそっくりで身につまされた。 ①アメリカ隷従政府  ②メデアが真実を報道せず、政府とつるんで主権者国民を不幸にしている。 ③アメリカ軍産複合体は迎合する国々と世界で戦争をして多くの人を殺戮し、都合の悪い事実を隠し、こてに声をあげる人を弾圧している。アメリカは自分の国だけでなく隷従する国にも、影から指令を出している。 この寄稿を胸をふるわせながら読んだ。 Wik... [続きを読む]

» 米国の本格的な危機は来年早々か [ライジング・サン(甦る日本)]
昨日も書いたようにウィキリークスは米国および国際金融資本に対して相当大きな圧力をかけることができる組織である。 創始者であるジュリアン・アサンジ氏が逮捕されたが、ウィキリークスは今後も機密文書公表を続けていくと宣言している。 昨日の本ブログの記事では、ウ... [続きを読む]

» オーストラリア人たちが動きだした。ブリスベーン、シドニーでWikiLeaks弾圧及び編集主幹ジュリアン・アサンジ逮捕に対する抗議デモ [mubouのブログ]
【WikiLeaks弾圧及び編集主幹ジュリアン・アサンジ逮捕】に対する抗議デモgloomynewsさんのついーとからです。 gloomynewsさんのついーと→ http://twitter.com/gloomynews/status/13242264243408896 オーストラリア人たちが動きだした。ブリスベーン、シドニーでWikiLeaks弾圧及び編集主幹ジュリアン・アサンジ逮捕に対する抗議デモ。シドニー=>http://ow.ly/3n7LE ブリスベーン=> http://ow.ly/3n... [続きを読む]

« 『日本の独立』発刊記念講演会ご参加に深謝 | トップページ | 東に劉暁波氏勾留あれば西にアサンジ氏勾留あり »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ