« 米国指令に基く対米隷属菅政権の小沢一郎氏攻撃 | トップページ | 船井幸雄氏「いま一番知らせたいこと言いたいこと」 »

2010年12月14日 (火)

小沢氏招致問題で主権者国民は仮免菅首相を糾弾

 菅直人首相が日本の未来を暗澹たるものにしている。

 菅直人氏は小沢一郎元民主党代表の国会招致問題について次のように発言した。
「小沢氏は民主党代表選で『国会が決めれば出席する』と約束した。国民に約束したことは実行した方が、党にも本人にとっても良いのではないか」
 
 菅氏は国民に対して示した発言に責任を持つべきだと主張する。
 
 この姿勢を持つなら、なぜ自分自身は国民に対して示した発言に責任を持とうとしないのか。
 
 7月11日の参院選について、菅直人氏はどのようなスタンスを示したのか。総選挙で国民の負託を受けていない政権について、菅直人氏は野党時代に強い批判を示した。政権に対する主権者国民の信任を確かめるため、総選挙で信を問うべきだと主張し続けた。
 
 6月2日に辞意を表明した鳩山由紀夫前首相の後継首相として菅直人氏は首相の座に就いた。国民の信任を受けていない。当然、野党からの批判が強まった。
 
 この批判に対して菅直人氏はどのように答えたのか。
 
「参議院選挙が菅直人政権に対する主権者国民の信任投票になる」と明言したのではないのか。
 
 その参院選で菅直人氏は、54議席を勝敗ラインに定めた。参院単独過半数を確保するには60議席必要だった。菅直人氏は参院選での「不信任」を得ないために、ハードルを大幅に引き下げたのだ。
 
 この参院選で菅直人民主党は一体、何議席を確保したのか。
 
 まさかの、たったの44議席である。簗瀬進氏や喜納昌吉氏などの貴重な人材が菅直人氏の選挙指揮によって国会から姿を消した。
 
 菅直人氏は、「参院選を菅直人政権に対する信任投票だということを国民に約束したのだから、その約束を守って参院選結果を受けて総辞職するのが、党のためにも、本人のためにも良いのではないか」との批判にどう答えるのか。
 
 菅直人首相は仮免許で道路を走るという違反行為を続けてきたとのことだが、7月11日の本免許試験で不合格になったのだから、法律に照らして道路を走ることは許されないのだ。

 
 自分の言葉には責任をまったく示さず、逃げの一手で総理の座にしがみつき、他者の言葉に対しては、毒蛇のように凶悪な牙をむきだしにするのは、いささか醜悪である。うそつきでポストにだけしがみつくような人物が首相の座に居座ることは日本国民の悲劇である。
 
 小沢一郎氏は「国会が決定すれば」と発言したが、民主党が率先垂範しない限り、小沢氏の政倫審招致は決定されない。
 
 小沢氏が約束を守る、守らないが問題なのではなく、菅直人氏をはじめとする民主党執行部が仲間を敵に売り渡すような利敵行為を取るのかどうかが問題なのだ。
 
 民主党が政権を奪取できた最大の功労者は小沢一郎氏である。現在、総理大臣が小沢一郎氏でないのは、検察当局が昨年3月3日に、小沢氏の秘書大久保隆規氏を不当に逮捕したからである。大久保氏は政治資金収支報告書に新政治問題研究会と未来産業研究会の名称を記載して提出した。
 
 これを検察当局は虚偽記載だとして逮捕、起訴したが、その後の公判で、二つの政治団体に実体があることが関係者の証言で明らかになった。つまり、大久保氏逮捕は不当な逮捕であることが明らかにされたのだ。つまり、小沢一郎氏は、検察当局の不正な行動がなければ、いま、内閣総理大臣の地位にある人物なのである。
 
 その後、検察当局は、この史上空前の検察大失態を隠蔽するために、さらなる暴走に突き進んだ。小沢一郎氏の政治資金管理団体が2005年1月に取得した不動産の取得の時期が2004年10月だとの難癖をつけて、驚くなかれ、現職国会議員まで逮捕してしまったのだ。チンピラの言いがかり以下の行動である。
 
 民主党国会議員が党をあげてこうした不正で不当な検察権力の濫用を糾弾し、小沢一郎氏を守るのが本来、当然の対応である。

人気ブログランキングへ

 ところが、民主党内にはスパイ勢力が蠢いていた。民主党内対米隷属勢力である。この悪徳ペンタゴン勢力が、検察・マスゴミによる小沢氏総攻撃と連携して小沢氏攻撃に本格的に動き出したのだ。
 
 マスゴミは相も変わらず、ねつ造世論調査結果を流布し続け、小沢一郎氏攻撃を持続している。悪徳ペンタゴンは小沢一郎氏の息の根を止めるまで、安心できないのだ。
 
 主権者国民は菅直人政権、検察・警察・裁判所勢力、マスゴミがすべて、主権者国民の敵であることを、明確に認識しなければならない。マスゴミがねつ造する世論調査結果を上から見下し、切り捨てなければならない。
 
 拙著『日本の独立』にも目を通していただき、この国の政治を誰が支配してきたのか、主権者国民は悪徳ペンタゴンにどう対峙すべきかを、よく考えていただきたいと思う。

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 自分の利益、利権のことしか考えない菅直人-仙谷由人両氏が連携する亡国政権を一刻も早く倒さねばならない。悪徳ペンタゴン政権を倒し、そのうえで小沢一郎氏を戴き、主権者国民政権を再樹立しなければならない。
 
 本ブログでは民主党代表選直後の9月17日付記事タイトルを、
「「仙谷時代の悪代菅」と主権者国民の全面対決」
として、
 
「「仙菅大和」は、小沢一郎氏攻撃に突き進む。谷垣-石原体制に代わった自民党との連携が水面下で進んでいる。仙菅大和は民主党分裂も辞さない構えを示しているが、これが「仙菅大和の悲劇」「院内菅仙の悲劇」を生みだすことになるのである。
 
 菅直人氏の全面戦争突入の号令で、政界は大再編の方向に進むことになる。
 
 悪徳ペンタゴンが一気に総攻撃に出る様相を示している。主権者国民勢力は悪徳ペンタゴンの暴走を許してはならない。全面戦争がいよいよこれから始まる。」
 
と記述した。
 
 悪徳ペンタゴンと主権者国民勢力の全面戦争がいよいよ本格化する。悪徳ペンタゴンサイドにマスゴミがついているから、目を惑わされやすいが、主権者国民は「真実」、「真相」、「深層」を見抜いて、この闘いに必ず勝利を収めなければならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 米国指令に基く対米隷属菅政権の小沢一郎氏攻撃 | トップページ | 船井幸雄氏「いま一番知らせたいこと言いたいこと」 »

第二平成維新運動」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏招致問題で主権者国民は仮免菅首相を糾弾:

» 露骨な小泉・竹中政治の継承を始めたカン政権。 [ゆきひろ社会科日記]
枕詞に必ず書かなければならないのは情けないが。 「2009年8月30日の政権交代は・・」 [続きを読む]

» 「1に法人減税、2に雇用 3に増税」 減税しても、2の雇用増やさない(経団連:米倉会長) [ライジング・サン(甦る日本)]
菅直人の冬のボーナスは510万円らしい。 そして一国の首相なのに「仮免」=首相としてまだふさわしくない気分で仕事をしていたようだ。 麻生も漢字が読めないことでかなりケナされていたが、菅は漢字も読めないし、日本語の使い方もおかしい。 先日ハローワークに出向いた菅... [続きを読む]

» 資料・おのまの嫌いなみのもんた [木霊の宿る町]
日本に行くとなにが嫌かといって、テレビでみのもんたの顔をみるのが一番嫌である。うそつきである。下品である。卑劣である。本日の資料:二年間にわたって「政治とかね」の念仏で小沢一郎をたたいてきたみのもんたとその仲間が民主党の森ゆうこ等と対決しているTBS 「朝ズバッ!」。12月14日 TBS「朝ズバッ!」反小沢:   みのもんた、与良正男、杉尾秀哉、高木美也子小沢擁護: 森ゆうこ 川内博史おのまが初めて知ったこと:?TBSの「朝ズバッ!」は西松事件に関して小沢一郎に贈収賄の疑惑を向ける「証言者」の捏造ビ... [続きを読む]

» A0065 ◎ 方丈や TW川柳 いくTL(12/30)/冬バラや 輝くような(お恐れ多き、花弁も堅き、底光りする) 朱さかな/陽を浴びて 香気漂う 冬薔薇(ふゆそうび) [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 今年一年ご愛顧有り難うございました。 来年が良い年になるよう努めたいと思っております。今後ともよろしくお願 ... [続きを読む]

» A0075 冬到来 小泉回帰 菅政権/冬到来 ネコはベッドに もぐり込み/空調や ネコは気づいて 高上がり [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

« 米国指令に基く対米隷属菅政権の小沢一郎氏攻撃 | トップページ | 船井幸雄氏「いま一番知らせたいこと言いたいこと」 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ