« 菅直人氏による偏向御用マスゴミ接待利益供与 | トップページ | 小沢一郎氏に対する不当な人権侵害を糾弾する »

2010年12月26日 (日)

小沢一郎対菅直人全面戦争勝利のための基本書

拙著『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘』のベストセラー化を記念して刊行記念講演会第二弾が開催されることになった。
 
 アマゾン・ベストセラー・ランキング「社会・政治」カテゴリーでは、1ヵ月間連続で1位、2位にランクインし続けている。この傾向を一般書店に広げていただければありがたく思う。

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ベストセラー記念講演会の詳細については版元である飛鳥新社サイトをご覧いただきたいが、概要を以下に掲載させていただく。併せてPDFチラシ(『日本の独立』ベストセラー記念講演会)をご参照賜りたい。
 
日時  2011年1月24日(月)
    午後6時開場 6時半開演
場所  日本教育会館 第一会議室(8F)
    東京都千代田区神田一ツ橋2-6-2
    最寄駅:神保町駅(A1出口より徒歩3分)
    都営新宿線・三田線、半蔵門線
参加費 500円
お申込み方法:メールのみでの受付
メールアドレス kouen@asukashinsha.co.jp
に宛て、
件名「日本の独立講演会」
を明記のうえ、
本文に、
①氏名(フリガナ)、②電話番号
を明記したメールを送信下さい。
参加人数が複数の場合は、全員の方の氏名をご記入ください。
先着順の受付で、会場の定員300名に達した時点で、受付を締め切らせていただきます。
 
 第一回の講演会は定員800名の会場で開催されたが、今回は大ホールが利用できず、定員300名の第一会議室が会場になるので、参加下さる皆様は、早めのお申し込みをお願い申し上げます。
 
 12月27日から1月4日まで、飛鳥新社が休業になるので、年末年始の期間に定員に達することになることも予想されるので、早めのご対応をお願い申し上げたい。

人気ブログランキングへ

日本の政界では、菅直人政権がいよいよダッチロール状態に移行している。突然、「立ち上がれ日本」との連立を提案したようだが、本末転倒を絵に描いたような醜態である。
 
 政権交代の偉業の本来の目的は、この国の政治を変えることである。ところが、菅直人氏の頭のなかは、総理の椅子にしがみつくことしかなくなっているのである。
 
 実行しなければならない政策課題があり、その基本課題で合意を得られたから連立を組むとの手順が取られない限り、連立組み替えはあり得ないし、あってはならない。
 
 連立の提案を受けた側も、基本政策の調整もないまま連立の呼びかけがあり、それに応じれば、大臣のポストが欲しいだけだと揶揄されるのが関の山だ。
 
 2006年以来、総理大臣の交代は、年中行事になっている。2011年に7年連続で総理大臣が交代することになることは確定的である。
 
 拙著『日本の独立』では、
第Ⅰ部「6.2クーデターの真実」、
第Ⅳ部「菅直人政権の「逆コース」」、
第Ⅴ部「主権者国民と悪徳ペンタゴンの死闘」
の構成を採用し、
最終章=第28章を
「政界再編と日本のルネサンス」
として、日本政治の今後を展望した。
 
 菅直人政権は、政権交代によって樹立した「主権者国民政権」ではすでになくなっている。6.2クーデターにより、主権者国民政権は倒壊され、すでに悪徳ペンタゴンが権力を奪還したのである。菅直人政権は悪徳ペンタゴン政権なのだ。この基本を正しく捉えることが、今後の政治変動を読む、あるいは主導する上での最重要点になる。
 
 Photo_3 菅直人氏は残念なことに悪徳ペンタゴンに魂を売ってしまった。見るがよい。菅直人氏の顔を。かつて理想を追求していたころの瞳の輝きは完全に消え、悪に支配される虚ろな表情しか示さなくなっている。
 
 小沢一郎氏が激しく、かつ執拗に攻撃を受け続けているのは、小沢一郎氏が主権者国民勢力を率いているからである。日本政治支配を続けようとする米国を主軸とする悪徳ペンタゴン勢力にとって、主権者国民(=主権者であることを自覚した主体的行動を示す国民)は、邪魔者=障害物でしかない。悪徳ペンタゴンは、手先のマスゴミを総動員して、小沢一郎氏と主権者国民勢力をせん滅しようとしているのだ。
 
 小沢一郎対菅直人の全面戦争こそ、「主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘」=「主権者国民と悪徳ペンタゴンの死闘」そのものなのである。
 
 6.2クーデターの時点で、この宿命の対決の火ぶたが落とされたのである。
 
 9月14日民主党代表選では、マスゴミの情報工作総攻撃と選挙管理の不正から、主権者国民勢力は惜敗を喫してしまった。選挙管理の不正はまだ正式に立証されていないから、現段階では疑惑であるが、いずれ、真実が明らかにされることになるだろう。
 
 2011年は、いよいよこの死闘が本格化することになる。日本の命運を決する死闘であると言って過言でない。
 
 主権者国民勢力がこの死闘に勝利して、主権者国民政権を樹立し、自主独立の新国家日本を創設するとき、日本は「真の独立」を勝ち得るのである。
 
 そのための基礎知識を主権者国民が共有しなければならない。そのための基本書として拙著『日本の独立』を位置付けている。真の平成維新=第二平成維新を成就するために、主権者国民が徹底した情報武装をしなければならないのである。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 菅直人氏による偏向御用マスゴミ接待利益供与 | トップページ | 小沢一郎氏に対する不当な人権侵害を糾弾する »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/38217386

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎対菅直人全面戦争勝利のための基本書:

» 菅直人が日本人CIA情報提供者(船橋洋一)をTPP担当相起用する可能性 [ライジング・サン(甦る日本)]
現在菅や仙谷は、実は小沢氏以上に相当追い込まれているはずだ。 自分たちの失政や悪政を誤魔化すために小沢氏の問題をスケープゴートにしようと躍起になっているのを多くの国民が知っているし拡大している。 小沢氏に無理矢理貼り付けた「政治と金」の問題など、どんなに再聴取... [続きを読む]

» ①仙谷、缶、岡田氏に告ぐ!私たちがこよなく愛する民主党は2009年8月30日に投票した主権者国民のものである。②2011/01/10(成人の日)小沢一郎先生支援デモ [mubouのブログ ]
小沢一郎先生支援デモ 「小沢一郎議員支援」のデモを実施されます。 2011/01/10(成人の日)にデモを行います 詳細につき、twitterや 国民の生活が第一のデモ!」実行委員会 のホームページをご覧ください。よろしくお願いいたします 国民の生活が第一のデモ・ホームページ 小沢一郎対菅直人全面戦争勝利のための基本書, 植草一秀先生の渾身の新刊 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-3fd9.html 仙谷、缶、岡田氏小沢一郎先生に離... [続きを読む]

« 菅直人氏による偏向御用マスゴミ接待利益供与 | トップページ | 小沢一郎氏に対する不当な人権侵害を糾弾する »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ