« 菅直人内閣小沢一郎氏政倫審招致強行は憲法違反 | トップページ | 本日午後2時半より日比谷公会堂で死刑反対集会 »

2010年12月18日 (土)

札束で頬叩き基地建設強行目論む卑劣な菅直人氏

総理の椅子にしがみつくことしか考えていない菅直人氏が沖縄を訪問している。昨日は県庁を訪問して普天間基地の辺野古への移設が「ベター」な選択だと述べ、一括交付金の優遇250億円を申し出た。
 
 これに対して仲井真弘多知事は、辺野古移設は「バッド」であって「ベター」にはなりようがないとしたうえで、菅直人氏は「菅違いしている」と一喝した。
 
「カナダde日本語」の美爾依さんは、
「沖縄訪問の菅首相に空き缶叩いて帰れコール(動画あり)」
のタイトルで、
「いまだかつて、これほどまでに国民に拒絶され、馬鹿にされた首相がいただろうか。菅直人、恥を知れ。」
と指摘されている。
 
 菅直人氏は札束で沖縄の人々の頬を叩けば問題が解決すると考えているのだろう。この認識にこの人物の底の浅さが如実に示されている。
 
 菅直人政権の実態は悪徳ペンタゴンにコントロールされたクーデター政権であるが、表向きは昨年9月に成就した政権交代の流れを受け継ぐ政権なのである。
 
 政権交代によって樹立された鳩山由紀夫前政権は昨年8月30日の総選挙に際して、普天間基地問題について、「最低でも県外、できれば国外」を公約として掲げ、沖縄の主権者の支持をも得て政権交代を実現したのである。
 
 この鳩山政権が本年5月28日、沖縄の主権者国民の意思を踏みにじって普天間基地を辺野古に移設することを内容とする日米合意を結んでしまった。鳩山前首相は5月14日に沖縄県民の意思を無視して合意を決定することは無いと明言した。その発言と矛盾する決定をわずか2週間後に発表したのだ。
 
 沖縄県民のみならず、日本の主権者国民全体が鳩山政権の意思決定に猛烈に反発した。連立与党の社民党は連立与党の信頼関係を崩されたことを理由に連立与党を離脱した。これらのリアクションを受けて鳩山前首相が総辞職したのだ。
 
 この後継政権として誕生したのが菅直人政権である。菅直人氏がまず実行しなければならなかったことは、辺野古移設案の見直しである。辺野古移設案が日本の主権者国民、沖縄の主権者国民の意思に反することは明白であった。だからこそ鳩山前首相は辞職に追い込まれたのである。
 
 この経緯を踏まえて菅直人氏が辺野古移設案を再び基軸に据えるなら、そのことを正当化する説明が不可欠である。
 
 菅直人氏は小沢一郎元代表に対して説明責任を求めるが、自分が果たすべき最も重要な問題に対する説明責任を果たしていないではないか。
 
 菅直人氏は7月11日の参院選を菅内閣に対する信任投票であると位置付けた。その参院選で大敗したのだから、菅直人氏は辞任以外に道はなかったはずだ。仮免許の菅直人氏にとって、参院選が本免許の試験だったが、その本免許試験に合格しなかったのだから、日本国の運営を行う資格は無いのだ。
 
 この問題についての説明責任も果たしていないではないか。
 
 小沢一郎氏に説明責任を求める前に、自分の責任を果たすのが当然である。

人気ブログランキングへ

 菅直人氏は本年4月のG7会合でワシントンを訪れた際、アーリントン墓地を訪問した。この訪米の際に魂を完全に売り渡してきたのだと見られている。
 
 菅直人氏の行動は、ただひたすら米国にひれ伏すというものである。小泉竹中政治に完全に回帰しているのである。
 
 米官業政電の利権複合体=悪徳ペンタゴンを支配するのは米国である。米国が支配する悪徳ペンタゴンがこれまで、日本政治を支配し続けてきた。米国にひれ伏す日本の為政者は、米国にただひれ伏してさえいれば、安泰を保つことができた。
 
 売国政治の殿堂であった小泉政権が5年半もの長期にわたり持続したのも、小泉純一郎氏が、ただひたすら米国にひれ伏す行動をとり続けたからである。
 
 菅直人氏は小泉氏の例にあやかり、ただひたすら米国にひれ伏すことにより、1日でも長く総理の椅子にしがみつくことだけを考えているのだろう。
 
 しかし、時代は変わりつつある。
 
 私が『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘』を上梓したのも、日本の基本構造を明らかにして、その真実をひとりでも多くの主権者国民に伝えなければならないと考えたからである。

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いまや確実に、真実を知る、あるいは真実に気付く主権者国民が増加しつつある。マスゴミは悪徳ペンタゴンの広報部隊として、悪徳ペンタゴンの利益を守るための情報工作にいそしんでいるから、マスゴミ情報だけを入手する国民の多くは、まだ真実に気が付いていない。
 
 しかし、真実の情報は必ず浸透してゆくことになる。東欧の社会主義体制が崩壊したのも、最大の原動力は真実の情報の浸透だった。
 
 主権者国民を上から押さえつけ、利権をむさぼる悪徳ペンタゴンによる日本政治支配が永遠に持続することはない。必ずこの支配構造を破壊しなければならない。そのために何よりも重要なことは、主権者国民が真実を見抜くことである。
 
 沖縄の主権者国民の頬を札束で叩いて黙らせようとする卑劣で卑怯でうそつきの首相をこのまま首相の座に居座らせてはならない。
 
 主権者国民は日本政治の実権を米国から、悪徳ペンタゴンの手から引きはがし、主権者国民による主権者国民のための政権を樹立しなければならない。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 菅直人内閣小沢一郎氏政倫審招致強行は憲法違反 | トップページ | 本日午後2時半より日比谷公会堂で死刑反対集会 »

辺野古米軍基地建設」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札束で頬叩き基地建設強行目論む卑劣な菅直人氏:

» 菅首相帰れ!コール [高橋敏男のブログ]
今日の植草一秀の「知られざる真実』ブログに、 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-0e0a.html [続きを読む]

» これが検察・警察の裏金縮小版である(下っ端は処分される) [ライジング・サン(甦る日本)]
今日は時間がないので手短に書きますが、本ブログでも何度も検察・警察・裁判官の裏金(主に組織のトップの部下を使った税金の横領)について取りあげてきました。 大阪高検元公安部長の三井環氏 、元大阪高等最難所判事の生田暉雄氏 、元愛媛県警巡査部長の仙波敏郎氏 に... [続きを読む]

» 会津武士て馬鹿侍ですか。 [みろくの世のまえに]
現在、民主党を陰(かげ)で動かして仕組みている男は渡部 恒三氏であります。小沢氏 [続きを読む]

» 沖縄米軍と日本の大衆像 [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
生き残るということはこれほど酷な事なんだ! [続きを読む]

» 資料 沖縄二紙の社説@菅首相沖縄訪問 [木霊の宿る町]
●十二月 十七、十八日にわたり菅首相が沖縄を訪問したが、これを積極的に評価する向きは少ない。何故なのか。目下の沖縄はこうなっている。?十一月二十八日に行われた沖縄知事選挙で二人の候補者はいずれも辺野古に新たな米軍基地をつくらないことを公約にした。沖縄県民の七、八割が辺野古に新たな米軍基地をつくることに反対している。?初めに日米合意ありの菅は辺野古に米軍基地を新設すると表明している。?と?を足して二で割った?はありえない。もし?があるとしてそれがどういうものなのか、天才おのまにしても想像できない。?と... [続きを読む]

» 沖縄訪問の菅首相に空き缶叩いて帰れコール(動画あり) [カナダde日本語]
いまだかつて、これほどまでに国民に拒絶され、馬鹿にされた首相がいただろうか。 菅直人、恥を知れ。 「管首相帰れ!」抗議集会.avi 12月17日午後、管首相が來県、知事と面談。普天間飛行場の移...... [続きを読む]

» A0145 ◎ 方丈や TW川柳 いくTL(01/05)/植草本 「日本の独立」(厚いが安い) 読みやすい 真相があり 内容深し [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

« 菅直人内閣小沢一郎氏政倫審招致強行は憲法違反 | トップページ | 本日午後2時半より日比谷公会堂で死刑反対集会 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ