« 12月5・6日に日本の独立・検察糾弾三大企画が実現 | トップページ | 仙谷法相の邪まな法相続投を阻止せねばならない »

2010年12月 2日 (木)

12月5・6日日本の独立・検察糾弾三大企画のご案内

拙著『日本の独立-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘』の増刷分が本日以降、配本されることになる。書店店頭およびネットブックショップで在庫切れになっており、ご高読希望の皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 
 皆さまのご支援によりまして、第3刷が決定いたしました。アマゾン・ベストセラー・ランキングでは、社会・政治ジャンルで第1位にランキングしていただいている。今後は、書店店頭にも供給されることになると思われるので、なにとぞご高読賜りますよう謹んでお願い申し上げたい。
 

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 また、12月5日、6日に挙行される三大企画
「市民の連帯の会」主宰集会・デモ行進
カレル・ヴァン・ウォルフレン教授講演会
副島隆彦氏と私による『日本の独立』発刊記念講演
 「冤罪と国家の暴力―日本は独立すべきだ」
に、一人でも多くの皆様のご参集を衷心よりお願い申し上げます。
 
 拙著『日本の独立』に多くのご講評を賜っているので、その一部を順次紹介させていただきたい。
 
 本年、『月刊日本』を発行するK&Kプレス社から『亀井静香が吠える 痛快言行録』を発刊したジャーナリストの高橋清隆氏が、ライブドアPJニュースに記事を掲載くださった。

亀井静香が吠える 痛快言行録 Book 亀井静香が吠える 痛快言行録

著者:高橋 清隆
販売元:ケイアンドケイプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 その内容を以下に転載させていただく。
 
PJニュース 20101127日】エコノミストの植草氏が、現在のわが国の政治状況を歴史や経済学の視点から分析する。512ページの大作で、戦後米国に握られてきた主権を国民の手に取り戻そうと訴える。
 
 原稿は『月刊日本』への寄稿文や自身のブログ「植草一秀の『知られざる真実』」に収められた小論を一部下地にしてあるが、彼の政治論が一つの体系としてまとめてある。専門的な事柄も努めて平易な文章にしていて、国民全体に呼び掛けているのが分かる。
 
 同書によれば、わが国の支配者は「悪徳ペンタゴン」である。これは植草氏の造語で、米国、官僚、大資本、政治屋、電波(メディア)が構成する利権複合体を指す。この支配構造を名実ともに完成させたのが小泉政権だと分析する。
 
 官僚支配の淵源は明治の太政官制に求められる。大久保利通による有司専制、すなわち藩閥官僚への権力集中による独裁政治がそれである。しかし、人民を抑圧する独裁体制に抗議した江藤新平や西郷隆盛らの第二維新運動は弾圧された。
 
 この構図は現在も変わらない。米軍の占領下で始まった戦後政治は、主権者国民派議員と対米隷属派議員の闘いと見ることができる。20098月の総選挙で初めて主権者国民派の鳩山内閣が誕生したが、組閣9カ月後の「62クーデター」で対米隷属派の菅政権に奪取された。
 
 植草氏によれば、民主党には両派が存在する。現在幅を利かす対米隷属派として、岡田克也氏、前原誠司氏、仙谷由人氏、渡部恒三氏、枝野幸男氏を名指しする。国民主権派の指導者として期待を託すのが、小沢一郎氏だ。両派の軸で、政界の大再編が起きることを期待する。

人気ブログランキングへ

植草氏は2004年と06年の2度、えん罪事件に巻き込まれている。事件への説明はないが、検察の横暴は身をもって体験しているだけに、説得力を持つ。元大阪高検公安部長検事の三井環(みつい・たまき)氏の証言から、小泉政権発足直後に検察が裏金問題を封じるため官邸に借りを作ったことを指摘。これを機に、検察は小泉首相の私的秘密警察の色彩を帯びることになったという。
 
 天才経済学者としての真骨頂が表れているのは、小泉政権下で行われた国家的経済犯罪の解説部分だ。すなわち、新生銀行の上場認可、りそな銀行の乗っ取り、郵政米営化・私物化、「かんぽの宿」不正払い下げ未遂事件、日本振興銀行設立の闇である。
 
 圧巻は、竹中氏が推進した郵政民営化の魂胆の分析である。植草氏によれば、四分社化の問題の核心は、資産の分割と人員配置にある。資産分割では、郵便事業に必要な不動産だけが郵便事業会社に配分され、残りがすべて郵便局会社と親会社の日本郵政に配分された。人員はゆうちょ銀行とかんぽ生命への配置が最小化される。
 
 この設計の狙いは、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式を100%売却することにある。買い手にとっては、張り付く人員は少ないほど取り扱いが容易だ。国民資金300兆円の支配権は外国に奪われる。
 
 郵便事業はユニバーサルサービスを維持しなければならず、黒字化が難しい。国営に戻すことが想定されていたのではないかとの指摘だ。郵便事業を国に返すと、残るのは郵便局会社。大量の人員を抱えているため、株価は安い。外資はこれを買い集めれば、巨大不動産会社を手中にできる。
 
 植草氏は、主権者国民派勢力による権力奪取に希望を捨てていない。期待を託すのは、「インターネット上の密度の濃い10万人の読者」である。氏のブログには、110万件のアクセスがある。数からすればテレビ視聴者とけたが2つも違うが、明治維新はわずか3000人が日本を動かした。
 
 事件以来、マスメディアから完全に排除された植草氏だが、支配者側は警戒し始めているようだ。912日、産経新聞が「“ミラーマン”植草氏が小沢応援? ブログで徹底擁護」の中傷記事を載せている。テレビしか見なければ氏のことなど、忘れているだろうに。1121日には、国交省が「かんぽの宿」の売却前に不動産鑑定評価が不適当に安くなったことを調査する方針を示した。もはや、真実の広まりは止められないようだ。【了】
 
 ご講評を執筆くださった高橋氏にこの場を借りてお礼申し上げたい。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 12月5・6日に日本の独立・検察糾弾三大企画が実現 | トップページ | 仙谷法相の邪まな法相続投を阻止せねばならない »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37927305

この記事へのトラックバック一覧です: 12月5・6日日本の独立・検察糾弾三大企画のご案内:

» 小沢一郎氏行政事件最高裁特別抗告棄却決定(全文) [街の弁護士日記 SINCE1992]
11月25日の最高裁決定が、最高裁判決速報サイトに掲載されましたので、以下に紹介します。全文といっても極めて短いものです。    主 文本件抗告を棄却する。抗告費用は抗告人の負担とする。   理 由1 本件申立ては,原々審以来,検察審査会法41条の6第1項所定の検察審査会による起訴をすべき旨の議決の取消しを求める訴えを本案として,上記議決の効力の停止を求める趣旨のものと解される。 2 平成22年(... [続きを読む]

» 政界の裏で暗躍しているのはやはりこの男だ [ライジング・サン(甦る日本)]
小泉純一郎が自民・みんなの党の議員10名ほどと懇談し「ご意見」を述べたようである 。 すでに多くの方がご存じのように、自民党はもちろんのこと「みんなの党」は偽装反霞が関自民党別機動体である。  国会やTVではみんなの党の小野次郎がよく多くの資料を元に質問等で目... [続きを読む]

» 12月5日市民連帯の会、集会とデモ(裏金・冤罪検察糾弾)、デモコースをHP情報から地図表示しました。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、。)]
12月5日集会・デモ・講演会情報。 三井環さんの下記より SOLIDARITE(連帯) 検察との闘い http://www.solidarite.jp/cat9/ ■検察の裏金問題を国民の目に明らかにしその責任を追及し裏金の返還を求める。■村木事件の検察の責任を追及する。■取り調べの全面可視化、押収証拠物及び残記録の全面開示を要求する。12・5市民連帯の会 日時:12月5日(日)場所:日比谷公園大... [続きを読む]

« 12月5・6日に日本の独立・検察糾弾三大企画が実現 | トップページ | 仙谷法相の邪まな法相続投を阻止せねばならない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ