« 日中関係悪化演出は沖縄県知事選対策の偽装工作 | トップページ | 前原氏の日中悪化工作粉砕し伊波洋一知事誕生を »

2010年11月 2日 (火)

『特集鈴木宗男 権力との闘い!ムネオの主張』発刊

9月24日に開かれたアジア記者クラブ主催のシンポジウム
『誰が検察の暴走を止めるのか
 「権力」の操り人形か闇権力か』
の映像を岩上安身氏が公開くださっている
 
 日本の警察、検察、裁判所制度の前近代性を是正することは、日本が近代国家になるために不可欠の要素である。政権交代に託された課題はいくつもあるが、警察、検察、裁判所制度の近代化はその重要課題のひとつである。
 
 大阪地検特捜部の証拠改ざん、隠蔽が表面化し、前特捜部長、特捜副部長、主任検事が逮捕、起訴された。しかし、今回表面化した事案は氷山の一角であり、氷山そのものは果てしなく大きい。
 
 足利事件で冤罪により有罪判決を受けて18年間もの長い間、勾留、服役を強制された菅家利和氏に対して取り調べを行った検察官は、いまなお正式に謝罪していない。菅家氏に対する補償もまだ実行されていない。
 
 鈴木宗男氏は新たに食道がんが発見され、10月26日に手術が行われた。幸い術後の経過は良好とのことであるが、収監されれば大きな負担を受ける。
 
 このたび、
『権力との闘い! ムネオの主張』
が緊急出版された。
 

財界さっぽろの2010年12月号増刊として出版された。

 201011
 
 このなかに、弁護士の弘中惇一郎氏も、
「1審からしっかり弁護していれば無罪だった」
とのタイトルで寄稿されている。
 
 201011_2
 弘中氏は、
「刑事訴訟裁判は、1審の証拠調べがすべてであって、控訴審は事後的に主張の範囲内でのみ見直す。最高裁は基本的に事実認定をしないことになっています。しかし、それは国民が期待している3審構造と違うのではないでしょうか。」
と指摘する。
 
 まさにその通りである。通常の市民は刑事訴訟手続きに疎いから、事件に巻き込まれても、右も左も分からぬうちに1審での審理が進んでしまう。ある程度の知識を得て、本格的に対応する体制を整えても、すでに時遅しということが多いと思われる。
 
 弘中氏は鈴木宗男氏の事件について、
「昔と比べれば動いた金額が2ケタも違うわけです。しかも、お祝い金としてのし袋でもっていったものを、わいろだとして逮捕した。」
「当時の新聞や雑誌を読むと、鈴木さんの疑惑が数十件も浮上していましたが、立件されたのは1つもありません。何もないから数年前にさかのぼって、事件化したわけです。」
と指摘する。

人気ブログランキングへ

 私は、
「鈴木宗男氏上告棄却の背後にある日本の前近代性」
と題する小論を寄稿した。
 
 本ブログでも繰り返し指摘しているが、
Due Process of Lawの欠如
②法の下の平等の欠如
③罪刑法定主義の欠如
④基本的人権擁護の欠如
⑤裁判所の独立性の欠如
⑥国家公務員の守秘義務の欠如
⑦警察・検察への法外な裁量権付与
などの問題が、手つかずのまま放置されている。
 
 適正な法の運用を確保するために、何よりも重要で、直ちに実行されるべき課題が「取り調べ過程の完全な全面可視化」である。
 
 警察・検察は犯罪を人為的に作り出すために、被害者、目撃者、その他の関係者の口裏合わせを行い、脅迫、強要によって虚偽の証言を引き出して調書を作成し、これを証拠として裁判に提出する。
 
 関係者がこうした脅迫や強要によって虚偽の証言を行うと、これが有力な証拠として採用されてしまう。
 
 また、被害者は犯人を摘発したいとの希望から、詳細が不明でも警察や検察の誘導に従って、虚偽の口裏合わせに協力してしまうことも多い。
 
 こうした「密室の操作」によって数多くの冤罪が作り出されてきたのだと確信する。私が巻き込まれた冤罪事件では、こうした形での犯罪創出が行われる一方、私の無実を確実に証明する防犯カメラ映像は証拠として提出もされなかった。
 
 私が犯人であるなら、防犯カメラ映像に動かぬ証拠が残っているはずである。それを犯人とされている私が一貫して公開を求める一方、警察が防犯カメラ映像を隠蔽して廃棄してしまったのである。
 
 こうした不正によって、無実の市民が犯罪者に仕立て上げられることを阻止しなければならない。そのためには、被疑者だけでなく関係者全員の「完全な」全面可視化が不可欠なのである。
 
 近年における最大の問題は、こうした違法捜査、不正な冤罪創出が政治目的で実行されていることである。警察、検察、裁判所権力が政治目的で不正に利用されることを私は「国策捜査」、「国策裁判」と呼んでいるが、こうした「国策捜査」、「国策裁判」が横行している。
 
 2009年3月3日に不当な大久保隆規氏逮捕が実行されていなければ、小沢一郎氏が昨年9月以来、内閣総理大臣の地位にあったはずである。不正で不当な国策捜査は日本の命運を歪めていることを認識しなければならない。
 
『権力との闘い!ムネオの主張』をぜひ、じっくりとご高読賜りたい。
 201011_3

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 日中関係悪化演出は沖縄県知事選対策の偽装工作 | トップページ | 前原氏の日中悪化工作粉砕し伊波洋一知事誕生を »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37498197

この記事へのトラックバック一覧です: 『特集鈴木宗男 権力との闘い!ムネオの主張』発刊:

» 仲井眞弘多 沖縄の利権知事の実態 詐欺師発見の巻 [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
沖縄はなぜ基地を拒否するかposted with amazlet at 10.11.01安仁屋 政昭 大城 保英 宮城 義弘 新垣 勉 佐次田 勉 新日本出版社 売り上げランキング: 814726Amazon.co.jp で詳細を見る 沖縄県知事「仲井眞弘多」に関しては以前このグログでも取り上げているのですけれど ニセ沖縄県知事 仲井眞弘多は即辞職せよ!! この腐れ利権野郎↑ これまでも散々甘い汁吸ってきたのに…掠め取った知事の座に居座ろうと、「再選」なんて事を吐かしているのは、皆様御存知... [続きを読む]

» 沖縄知事選挙 イハ候補応援しよう。 カンパをしよう。 [ゆきひろ・社会科日記]
湯布院発デジアナおじさんの一筆啓上さんが [続きを読む]

» 拡散お願いします。11/3民主党・小沢代表1万人ネット会見」 11/5 第2回 検察、検審を糾弾するデモ マスコミの偏向報道を許さない スタート18:45 [mubouのブログ ]
■ニコニコ生放送より http://blog.nicovideo.jp/niconews/2008/10/001953.html 11月3日(月・祝日)16:00~ニコニコ生放送「1万人ネット会見」を開催。民主党・小沢一郎代表にお越しいただき、事前にニコ割アンケートで決まった、関心の高いテーマで、ユーザーのみなさまと意見を交わしていただきます。(ニコ割アンケートの結果は こちら で公開中)また、小沢氏に質問をする自分の動画を投稿していただく形式でも、質問を受け付けます!質問者自身が映っているもので、... [続きを読む]

» 黒木昭雄氏が不審死 11月1日のブログとツィートを最後に。。。  [父さんの日記]
元警察官のジャーナリスト黒木昭雄さんが11月2日、亡くなりました。自動車の車内で自殺という報道です。大変ショックを受けています。 過去、国家権力の闇を暴こうとした幾人ものジャーナリストが、その最中、或いは報道した直後に亡くなり、自殺として処理されています。今回の黒木昭雄さんもまた、自殺です。 黒木昭雄さんとご遺族の無念を思うと、言葉もありません。小原勝幸さんとお父様は、唯一にして最大の理解者であり支援者でもあった黒木さんを失いました。一人息子を失った、原田信助さんのお母様の闘いは、また独り孤独なもの... [続きを読む]

» 飲酒はヘロインやコカインよりも有害であることを示す薬物別有害度グラフ [脊振の麓~大自然の図書館]
アルコールはヘロインやコカインより有害であるという研究が医学雑誌「Lancet」の中で公表されました。 これはイギリス政府の元主任薬物アドバイザーであったDavid Nutt教授がほかの研究者と共同執筆したレポートで、20種類のドラッグを16の基準によって、ドラッグ使用者と... [続きを読む]

» 小沢一郎氏:本日ニコ生出演。視聴者の質問にドンドン答えるそうです [ライジング・サン(甦る日本)]
本日ニコ生に再度小沢一郎氏が出演します。 時間はPM4:00~だそうです。 出演者: 小沢一郎(元民主党代表) 角谷浩一(ジャーナリスト) 神保哲生(ジャーナリスト) 江川紹子(ジャーナリスト) 小菅信子(山梨学院大学教授) ニコ生で視聴者からの質問を... [続きを読む]

» 元警察官のジャーナリスト・黒木昭雄さんが不審死 [逆説、そして徒然と…]
昨日、衝撃的なツイートが流れてきました。元警視庁の警察官で現在ジャーナリストである黒木昭雄さんが11月1日に死亡された、と。自動車の車内で練炭自殺、ということらしいですが……どうも黒木さんの遺体の肺の中には、燃えカスが殆ど入っていなかった、という情報もあり、私は... [続きを読む]

« 日中関係悪化演出は沖縄県知事選対策の偽装工作 | トップページ | 前原氏の日中悪化工作粉砕し伊波洋一知事誕生を »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ