« 映像公開と守秘義務違反の是非を混同する愚かしさ | トップページ | 「ウィキペディア植草一秀」に含まれる重大虚偽情報 »

2010年11月12日 (金)

対米隷属を離れねば実現しない『日本の独立』

すでに一部の皆様にご紹介を賜っておりますが、このほど飛鳥新社より、
 
『日本の独立』
-主権者国民と「米・官・業・政・電」利権複合体の死闘-
 

のタイトルで単行本を上梓することになりました。

 516kraysl__ss500_
 
 日本政治構造の刷新=平成維新の実現に向けての私論を一冊の本にまとめさせていただきました。『月刊日本』に12回連載いたしました
「小泉竹中改革の破綻と政治の新潮流」
や、本ブログ掲載記事などを下地にした部分もありますが、基本的には全編を新たに書き下ろした著作です。
 

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 分量が多く、当初、上下2分冊での出版を予定いたしましたが、一人でも多くの皆様にご高読賜りたく、文章を512ページに収録できるように圧縮し、版元である飛鳥新社に無理を申し上げて、四六版上製512ページを消費税込み1800円で販売していただけることになりました。なにとぞ書店ならびにネットショップにご予約を賜りますようお願い申し上げます。
 
 高橋清隆様
「植草一秀氏が日本独立のための新著刊行を予定」
 
Tokyonotes東京義塾」様
A New Book for Independence
 
「ライジング・サン(甦る日本)」様
「植草一秀氏の新著「日本の独立」を”買うススメ”」
 
をはじめ、すでに多くの皆様に紹介を賜りまして、心よりお礼申し上げます。

人気ブログランキングへ

 以下に編別構成を紹介させていただきます。 

 『日本の独立』
 
-主権者国民と「米官業政電」利権複合体の死闘-

まえがき
 
第Ⅰ部 6.2クーデターの真実
 
 第1章 信なくば立たず 
 第2章 対米隷属派による政権乗っ取り
 第3章 日本の支配者は誰か
 第4章 小泉竹中政治への回帰
 
 
第Ⅱ部 小泉竹中政治の大罪
 
 第5章 日本経済の破壊
 第6章 官僚利権の温存
 第7章 政治権力と大資本の癒着
 第8章 対米隷属政治
 第9章 権力の濫用と官邸独裁
 第10章 平成の黒い霧(1)新生銀行上場認可
 第11章 平成の黒い霧(2)りそな銀行の乗っ取り
 第12章 平成の黒い霧(3)郵政民営化・郵政私物化
 第13章 平成の黒い霧(4)「かんぽの宿」不正払い下げ未遂事件
 第14章 平成の黒い霧(5)日本振興銀行設立の闇
 
 
第Ⅲ部 この国のかたち
 
 第15章 大久保利通と官僚主権構造
 第16章 米国による日本支配構造の系譜
 第17章 対米隷属の父吉田茂
 第18章 CIAの対日工作
 第19章 カネによる政治の支配
 
 
第Ⅳ部 菅直人政権の「逆コース」
 
 第20章 政権交代に託された五つの課題
 第21章 財政再建原理主義・市場原理主義の毒
 第22章 「最小不幸社会」政策下の不幸放置
 第23章 「抑止力」という名のプロパガンダ。
 第24章 官僚意識を変革する秘策
 
 
第Ⅴ部 主権者国民と悪徳ペンタゴンの死闘
 
 第25章 小沢一郎氏の「政治とカネ」問題研究
 第26章 前近代の警察・検察・裁判所制度
 第27章 菅直人と小沢一郎の全面戦争
 第28章 政界再編と日本のルネサンス
 
 
 あとがき
 
 
 主題は以下の通りです。
 
「米官業が支配する日本政治の基本構造。政権交代の目的はこの基本構造の刷新にあった。対米隷属からの脱却こそ日本政治構造刷新の最大の課題である。しかし、鳩山政権は普天間問題で挫折して9ヵ月で終焉し、菅直人政権が発足した。しかし、6.2クーデター後に生まれた菅直人政権は小泉竹中政治への「逆コース」に突き進む。
 
 対米隷属・売国政治の集大成であった小泉竹中政治の闇を白日の下に晒し、真の日本独立の道を探求する。
 
 米官業と対峙する主権者国民の幸福を目指す政治をどのように構築するか。米官業支配の政治構造をどう打破するか。日本の自主独立実現に向けて、民衆のレジスタンスを成功に導く勝利の方程式を考察する。
 
 国のゆくえを決めるのは主権者国民である。日本が真の独立を実現するための方策と主権者国民の役割を明らかにする。」
 
 
「主権者国民の主権者国民による主権者国民のための政治」を実現するための方策を考察いたしました。是非ご一読賜り、市民の連帯を拡散して参りたく思います。

人気ブログランキングへ

日本の独立 Book 日本の独立

著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 映像公開と守秘義務違反の是非を混同する愚かしさ | トップページ | 「ウィキペディア植草一秀」に含まれる重大虚偽情報 »

著書・動画配信紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37632483

この記事へのトラックバック一覧です: 対米隷属を離れねば実現しない『日本の独立』:

» 「大阪御堂筋デモ」のお知らせ [ライジング・サン(甦る日本)]
先月10月と今月11月に東京で小沢氏の件や日本の将来を危ぶむ人達による「検審会」「マスコミ(ゴミ)」に対するデモが行われました。 両方とも1000人以上の方が集まり成功しましたが、糾弾の当事者である権力側(検察・検審会)やマスゴミは明らかにこのデモを無視してお... [続きを読む]

» 「愛、そして生きる 主権者は私たち」の引っ越し完了しました。リンクを張り直して頂けると助かります。&植草さん新刊書発刊。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 http://6719.teacup.com/syukensya/bbs です。BBS名称を旧BBSから「です」を取り歯切れ良くしました。 「愛、そして生きる 主権者は私たちです」BBS  ↓↓ 「愛、そして生きる 主権者は私たち」BBS  植草さんがエントリーの文中で引用しているどなんとぅ氏の投稿文中のフレーズ、それをバナーにおさまるように僕が要約して下記バナーの1コマ目のコピーにまとめました。2コマ目は僕の全くのオリジナルです。その2コマ目の「主権者は私たち(国民)」の(国民)部分を省略してい... [続きを読む]

» エセ民主主義支配の米国! [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
世界中に「支配のための民主主義」がすりこまれてきた! [続きを読む]

» 「小沢一郎議員強制起訴議決」を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願   [違うことこそ素晴らしい]
請願署名要領 1.趣旨にご賛同頂ける方は、別紙の「小沢一郎議員起訴相当議決」を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願」の請願署名欄に、ご自分の氏名を及び住所を自書して下さい。署名者の年令は問いません。 2.コピー、鉛筆書きは無効になり...... [続きを読む]

» 日本らしい日本 [高橋敏男のブログ]
リチャード・コシミズ「日本らしい日本を取り戻そう!..」 が You tube で放映されている。 [続きを読む]

» 寝起きの妄想 [街の弁護士日記 SINCE1992]
寝起きで、携帯電話からおはようございます。 昨日まで、結構きつかった。今は布団の中でぐずぐずしている。で、当たっているか甚だ怪しい妄想を膨らませている。 尖閣ビデオ流出を自首した保安官は身代わりなんじゃないじゃろか? 今のところ証拠は供述だけ。それも二転三転してる。USBは捨てたと言ってるし、自宅のパソコンから痕跡が見つかるかはなはだ怪しく思える。 警察が珍しく慎重なのはガセネタ、身代わりを... [続きを読む]

» 植草 一秀さんの新刊『日本の独立』を読んで,見聞を広く持ちたい。 [アーサーの何でもやってやろう!]
私の尊敬する,植草 一秀さんが新刊本を出されることとなった。 対米隷属を離れねば実現しない『日本の独立』 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-a035.html ※植草一秀の『知られざる真実』 日頃,ラジオや新聞,テレビで接する情報を,新刊本と比較す... [続きを読む]

» 「検察官適格審査会」 〔拡散希望〕超重要なニュースが「裁判員裁判死刑判決」の影に隠れていた。 [mubouのブログ ]
2010年11月16日に開かれた「検察官適格審査会」について、 twitterでのhosakanobuto保坂展人さんのついーとです。hosakanobutohttp://twitter.com/hosakanobuto http://twitter.com/hosakanobuto/status/4546358438531072 〔拡散希望〕超重要なニュースが「裁判員裁判死刑判決」の影に隠れていた。この日に会合の設定は、地味ニュースに縮小する狙いがあったのかもしれないが、注目してほしい。→時事ドッ... [続きを読む]

» 深刻な建設不況 [高橋敏男のブログ]
政策不況と言わざるを得ない酷い建設不況下にある。 [続きを読む]

« 映像公開と守秘義務違反の是非を混同する愚かしさ | トップページ | 「ウィキペディア植草一秀」に含まれる重大虚偽情報 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ