« 取調べ過程に加え検察審査会の全面可視化が必要 | トップページ | 沖縄知事選で辺野古海岸破壊基地建設を阻止すべし »

2010年10月16日 (土)

菅首相の財務省路線緊縮財政がもたらす景気再悪化

日本経済の先行きに暗い影が広がり始めている。9月29日発表の日銀短観では、大企業製造業の業況判断DIが+8となり、6期連続の改善を示したが、先行き12月見通しは-2に大幅下落となった。
 
 とりわけ急変が見込まれているのが自動車で、9月DIが+32に改善したのに対して、12月見通しは-2に急落する。自動車購入に対する補助金打ち切りで、自動車販売が急減しており、関連産業への影響が強く懸念される。
 
 こうしたなかで円高傾向に歯止めがかかっていないことが追い打ちをかけている。日本円の対米ドルレートは15年ぶりの高値を記録している。菅政権は9月15日にドル買い・円売りの市場介入に踏み切ったが、その後は介入を実施していない。
 
 世界の主要国の多くで財政事情が悪化しており、財政政策での景気支持策に慎重な姿勢が示され始めている。財政政策を発動せずに景気を支持するには、金融緩和政策を実施することが検討されるが、同時に金融緩和政策が自国通貨の下落をもたらせば、輸出が活発化して景気を支えることができるようになる。
 
 輸出拡大による景気支持は輸入国の雇用を奪っての景気拡大になるため、「近隣窮乏化政策」とも呼ばれる。しかし、各国ともに国際協調よりも自国の景気優先の立場を強めれば、「通貨切り下げ競争」の様相が強まることになる
 
 この政策の先頭を走ったのは欧州である。EUは通貨統合に際して、財政収支の改善を義務付けた経緯を有しており、伝統的に財政健全化へのこだわりが強い。この影響を受けて、サブプライム金融危機に伴う世界経済不況に際しても、EUは大型財政政策を発動せず、主として金利引き下げ政策を採用した。
 
 他方、米国と日本は大型財政政策を発動した。このマクロ経済政策の相違を反映して、2008年後半と2010年前半にユーロが急落した。2008年後半に日本経済が急激な落ち込みを示した最大の理由は日本円のユーロに対する急上昇だった。
 
 この欧州はこれまでのユーロ大幅下落の影響で輸出が好調になり、景気が一定の改善を示した。この結果、2010年の後半にユーロが米ドルや日本円に対して反発、上昇している。
 
 日本円は、現在、米ドルに対して15年ぶりの高値を更新しているが、ユーロに対しては小幅下落しており、この結果、日本の株式市場が比較的静かに推移し、景気悪化も緩やかにしか進行していない。
 
 しかし、ユーロの上昇は輸出拡大によるもので、その効果は一時的なものにすぎない。欧州の財政収支重視の姿勢は変わっておらず、他方に、一部EU諸国に財政破たん懸念がくすぶっている。つまり、ユーロ反発の循環波動は、すでにピーク圏内に入っていると予想され、その先、もう一度ユーロが下落する局面が到来すると予想される。
 
 日本円が米ドルだけでなく、ユーロに対しても上昇し始めると、日本の株式市場や経済への影響が急激に拡大すると予想される。

人気ブログランキングへ

 こうしたなかで、菅政権は5.1兆円の景気対策を決定した。これに基づいて10月末にも補正予算案を確定し、臨時国会に提出する見通しである。
 
 財源は、税収の見積もり上方修正が2兆円、国債費などの支出不要額が1兆円、2009年度の決算剰余金が1.6兆円とされている。
 
 税収は民間経済から2兆円多く吸い上げてしまったものを経済に戻すもの、歳出不要額は民間経済に支出する予定を取りやめたものを支出するもので、当初の予算から変化した部分を元に戻すもので、景気浮揚効果は当初予算比ではゼロである。当初予算比で経済効果があるのは、決算剰余金の1.6兆円のみである。したがって、GDP押し上げ効果は0.3%程度しか期待できない。
 
 他方、年末にかけて編成される2011年度当初予算では国債発行金額が44.3兆円以下に抑制される方針が示されている。2010年度は2009年度第2次補正予算の影響で、国債発行が実質的に4兆円増額され、48.3兆円になっている。これを44.3兆円に圧縮するわけで、GDPを0.8%も押し下げることになる。
 
 世界経済の動向にもよるが、過去の景気対策効果の出尽くしとその反動が予想されるなかで、菅政権が超緊縮財政政策を実行することは、日本経済を再悪化させる極めて高いリスクを伴っている。
 
 日本は経常収支黒字国であり、日本政府が日本円の上昇を回避するために、内需拡大策も取らずに円高防止の為替市場介入を行うことは、国際社会が容認しない。
 
 日銀の政策も限界まで到達している。円高進行のもとで国民生活を守るには、短期的な財政政策活用しか方策はないが、菅政権は財務省路線に乗って、緊縮財政・増税路線をひた走っている。先行き経済が悪化するのは順当なことである。

『金利・為替・株価特報』2010年10月8日号を10月8日に発行しているので、目次を紹介させていただく。新規ご購読お申し込みの方は、いまお申し込みをいただくと、11月からのご購読開始扱いで、10月のレポートからお読みいただくことができるので、ぜひご購読をご検討賜りたい
 
 タイトルは
「米官業政電利権複合体による小沢氏総攻撃」
である。
 
 内容は以下の通り。
 
<目次>
 
1.【政局】小沢一郎氏が執拗に攻撃を受ける理由
 
2.【政治】税制改革・普天間問題での政界再編が不可欠
 
3.【経済】日本経済再悪化の可能性高まる
 
4.【米国】住宅金融の巨大マグマが蠢く米国金融市場
 
5.【為替】円高防止策出尽くし円高傾向持続
 
6.【株価】ユーロ再下落が株価反落の契機に
 
7.【欧州】ユーロ反発の限界
 
8.【金利】世界的超金融緩和政策の持続
 
9.【投資】投資戦略
 

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 取調べ過程に加え検察審査会の全面可視化が必要 | トップページ | 沖縄知事選で辺野古海岸破壊基地建設を阻止すべし »

金利・為替・株価特報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37258198

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相の財務省路線緊縮財政がもたらす景気再悪化:

» 9137 過去景気 対策効果 出尽くしと その反動が 予想されおり/円高が 米ドルだけで すまなくて ユーロ波動が 上昇局面 [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 【A比留】自らの責任を果たさない売国珍聞惨経こそ日本にとっての最大不幸だ!【何様のつもりだ】 [ステイメンの雑記帖 ]
 売国珍聞惨経と言えば、「国民の生活を第一」に掲げた民主党を不倶戴天の敵として付け狙い、昨夏の衆院選以来執拗なまでのネガキャンを繰り広げてきた!  そんな売国珍聞惨経が、先の民主党代表選で変節奸一味よりも小沢氏によりネガキャンの比重を高めたのは、ひとえに政治的識見や理念もなく、 ただ権勢欲に駆られた変節奸の方が、あらゆる面で小沢氏よりも御しやすいという認識 があったればこそである!  そして、他の売国翼賛マスゴミや霞ヶ関垢悶倶楽部の総力を挙げて変節奸が再選されたわけだが、所詮は当座における「反小沢」... [続きを読む]

» 日銀の金融緩和策はもう限界。政府は思い切った長期的な財政出動を打つべし。 [逆説、そして徒然と…]
中央銀行には、主に3つの役割があるといわれています。 1.発券銀行:銀行券の発行および管理を行う。また、政策金利(公定歩合)操作、公開市場操作、支払準備率操作等の手法により金融政策を実施し、通貨流通量を調整することで物価と国民経済を安定させる。 2.政府の銀... [続きを読む]

« 取調べ過程に加え検察審査会の全面可視化が必要 | トップページ | 沖縄知事選で辺野古海岸破壊基地建設を阻止すべし »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ