« 大阪地検証拠改竄事件業務日誌は指示に基く記述 | トップページ | 前特捜部長逮捕・検察の犯罪ねつ造は氷山の一角 »

2010年10月 1日 (金)

大坪前特捜部長ら逮捕へ 犯人隠避容疑、最高検

大阪地検特捜部の主任検事の前田恒彦容疑者が押収した証拠を改ざんした疑いで逮捕された事件に関連して、大阪地検特捜部大坪弘道前部長と佐賀元明前副部長が証拠改ざんの事実を知りながら、この犯罪を放置したことが明らかになっているが、最高検による逮捕が遅れている。
 
 この犯人隠避罪について、共同通信社は9月28日14:07に以下の報道をしている。
 
「前特捜部長ら逮捕へ 犯人隠避容疑、最高検」
 
Photo_2 「大阪地検特捜部の押収資料改ざん事件で、大坪弘道前特捜部長(現京都地検次席検事)と佐賀元明前副部長(現神戸地検特別刑事部長)が、逮捕された主任検事前田恒彦容疑者(43)が故意にフロッピーディスク(FD)を改ざんしたと認識していたことを示す複数の証言を、最高検が地検関係者から得ていたことが28日、検察関係者への取材で分かった。
 
 2人がその後、地検上層部に故意の改ざんを隠ぺいして報告していたとの証言もあり、最高検は週内に最終協議、2人を犯人隠避容疑で逮捕するとみられる。
 
 検察関係者によると、佐賀前副部長は1月30日、副部長室に集まった前田容疑者の同僚検事4人から、同容疑者が故意にFDを改ざんしていたと聞かされた。
 
 その後、佐賀前副部長は東京地検特捜部に応援に行っていた同容疑者に電話をかけ、故意の改ざんであったことを知らされたとみられ、「FDにまで触らせてしまうとは苦労掛けたな」と発言。同僚検事4人のうち2人がその場でやりとりを聞いていた。
 
 最高検は、大坪前部長や佐賀前副部長が地検上層部にFDの改ざんが故意であることを意図的に伝えなかった疑いがあり、刑事責任を問えるとして検討を進めている。」
 
 この報道は、これまでに明らかにされた事実に即したものである。
 
 重要な点は大阪地検特捜部の3名の検事、および大阪地検公判部の1名の検事の合計4名の検事が、大坪弘道前特捜部長と佐賀元明前特捜副部長の犯人隠避罪を立証する証人として名乗りをあげていることである。
 
 上記、共同通信社ニュース報道に記述されているように、
本年1月30日土曜日に、上記4名の検事は、休日にもかかわらず佐賀元明前副部長を呼び出し、佐賀元明副部長の部屋で、前田恒彦容疑者が意図的に証拠物に改ざんしたことを佐賀前副部長に詳細に報告した。
 
 佐賀元明前副部長は、その後、東京地検特捜部に応援に行っていた前田恒彦容疑者に電話をかけ、故意の改ざんであったことを知らされた
 
 佐賀元明前特捜副部長が電話で前田容疑者に対して、「FDにまで触らせてしまうとは苦労掛けたな」と発言したことを上記4名の検事のうち2名がそのやりとりを聞いていたことが明らかにされているのである。
 
 佐賀元明前特捜副部長は翌日の2月1日朝に、大坪前部長に前田容疑者が意図的に証拠物を改ざんしたとの事実を報告した。
 
 大坪前部長はこの報告を受けて、2月2日朝になって、前田容疑者が証拠物を意図的に改ざんしたことを認識したうえで、
 
佐賀元明副部長らに「過失で処理しろ。この件は間違いだ」と指示した
 
 佐賀前副部長はこの指示に基づいて、「意図的な改ざん」を「過失」として処理することを実行したのである。

人気ブログランキングへ

 この処理過程において、前田容疑者による「誤って書き換えてしまった」とする経過報告書および、「業務日誌」が記述されたのである。「業務日誌」に過失による書き換えとの記述があるのは、「過失」として処理する方針が定められたからである。「業務日誌」に過失によるものとの記述があることは、大坪前特捜部長や佐賀前特捜副部長が、意図的な改ざんの事実を知らなかったことの証拠にはならない
 
 翌2月2日、大坪前部長と佐賀前副部長、前田容疑者の同僚検事の3人が、小林敬検事正と玉井英章前次席検事(現大阪高検次席検事)に報告した。「一部検事が前田検事がデータをいじったと騒いでいるが、問題ない」との説明にとどめたとされている。
 
 ただし、この点についても、9月30日付読売新聞は、
「大阪地検特捜部の大坪弘道・前部長(現・京都地検次席検事)が最高検の事情聴取に対し、主任検事・前田恒彦容疑者(43)の改ざん疑惑を小林敬・検事正らに報告した際、
 
「FDのデータが書き換わった可能性があるとはっきり伝えた」
 
と説明していたことが、検察関係者の話でわかった。」
 
と伝えており、前田容疑者の証拠物改ざんの事実が大阪地検検事正および次席検事にまで伝えられていた疑いまで浮上している。
 
 3人の検事が玉井前次席検事の部屋に入る前に、前田容疑者の同僚検事が大坪前部長に「正直に話しましょう」と進言したが、前部長は「甘い。公表される」と一蹴したことも伝えられている。
 
 こうした関係者の証言を踏まえれば、大坪前部長と佐賀前副部長の犯罪は明確に立証される。大坪弘道前特捜部長や佐賀元明前特捜副部長が、前田容疑者が意図的に証拠物を改ざんしたとの認識がなかったと供述するのは、自分自身に不利な発言をしないためであると考えられる。
 
 通常の事件捜査では、被疑者本人が犯行を否認しても、客観的な供述証拠などによって犯罪の成立が証明される場合には、被疑者を逮捕し、勾留した上で捜査が進められる。
 
 時系列に沿ってこれだけ明白な証拠が整っていれば、最高検が大坪弘道前特捜部長と佐賀元明前特捜副部長を逮捕しないことは、あまりにも不自然である。
 
 この問題に関するマスメディアの報道も極端に減少している。日本の検察当局が、検察部局の花形である特捜部において巨大な犯罪を組織ぐるみで実行したことが白日の下に晒されれば、間違いなく日本を震撼させる大ニュースになる。
 
 本ブログで繰り返し警告し続けているように、最高検は検察の組織ぐるみの犯罪をもみ消すために、マスメディアにも検察の犯罪を立証する方向での報道を抑制するように圧力をかけているものと思われる。
 
 NHKおよび産経(3K)新聞は検察当局の意図を忖度して、検察の犯罪を立証できない方向での報道を展開しているように見える。
 
 共同通信社はこの問題について、適正な報道を行う責任者が存在しているのであろう。検察犯罪を追及する姿勢が窺われる。
 
 すでに、記述しているように、大坪前特捜部長と佐賀元明前特捜副部長が、前田恒彦容疑者による証拠改ざんが故意によるものであったとの認識を持っていたことは動かせない事実である。この容疑を晴らすには、同僚検事ら4名の検事の供述がすべて間違いであることを立証する必要がある。
 
 最高検は大坪前特捜部長および佐賀元明前特捜副部長に対する事情聴取を行ったうえで、立件についての最終判断を示すと見られるが、検察当局による巨大犯罪のもみ消しを絶対に許してはならない。
 
 日本の警察・検察・裁判所制度の近代化を実現する上で、今回の巨大犯罪に対する厳正な対応は、絶対に不可欠である。
 
 マスメディア報道が人為的に抑制されるなかで、このような巨悪がまかり通ることを絶対に容認することはできない。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 大阪地検証拠改竄事件業務日誌は指示に基く記述 | トップページ | 前特捜部長逮捕・検察の犯罪ねつ造は氷山の一角 »

検察の暴走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37021316

この記事へのトラックバック一覧です: 大坪前特捜部長ら逮捕へ 犯人隠避容疑、最高検:

» 【検事逮捕】大坪前特捜部長らを再聴取 犯人隠避の立件可否判断 [脊振の麓~大自然の図書館]
テレビではあまり報道ないですね。 大坪前特捜部長ら逮捕へ 犯人隠避容疑、最高検 宜しければclickお願いします。 検察が危ない (ベスト新書)/郷原 信郎 ¥720 Amazon.co.jp 検察の正義 (ちくま新書)/郷原 信郎 ¥756 Amazon.co.jp 暴走検察/... [続きを読む]

» 菅内閣支持率が急落したため大手マスコミは直近の「世論調査」を隠している [杉並からの情報発信です]
あれほどしつこく毎週報道していた大手マスコミの「世論調査」がここ10日ほど見れないと思っていたところ、FNN(フジTV)が9月30日の 「世論調査」を本日発表しました。 数字は大手マスコミと菅内閣にとって「不都合」な結果なので発表しないで隠しているのでしょう。 ■ 菅内閣支持率が急落したため大手マスコミは直近の「世論調査」を隠している 大手マスコミは毎週「世論調査」を行い「内閣支持率」「政党支持率」「政策の是非」「内閣の対応の是非」などの世論調査結果を発表しています。 しかし、大手マスコミが... [続きを読む]

» 検察証拠改ざん・身内で捜査・こんなことを平気でさせるカン内閣。 [ゆきひろ・社会科日記]
9月29日 大阪で中国領事館主催の 建国61年のレセプションがありました。 [続きを読む]

» 8911 最高検 前特捜Bら 逮捕だと (犯人)隠避容疑 共同通信/事実沿い 共同通信 適正(追及)派 [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 【冤罪メーカー】特騒犬察一家は売国翼賛マスゴミともども因果地平に消滅すべき存在だ【終わりの始まり】 [ステイメンの雑記帖 ]
 以前にも拙ブログで指摘したことだが、所謂「障害者割引郵便悪用事件」において民主党に打撃を与えるおまけで村木厚子氏に罪を着せようとした大莫迦痴犬毒草部の陰謀が惨めにも失敗したことで、 「犬察=正義の味方」という神話は脆くも崩壊 した!  しかも、事はこれだけに留まらず、その実行犯たる前田恒彦主任犬事が取調調書を偽造した上、物的証拠となるはずの電子データを「爆弾をしかけた」と称して改竄した末に自爆したことで、犬察への一般国民の信頼感は地に堕ちた!  当初、特騒犬察一家はこの事件を 前田恒彦個人の問題に... [続きを読む]

» 尖閣問題は続く。菅直人は退陣せよ [大辛カレーのブログ]
大阪の検察の不祥事のことばかりマスゴミは騒ぎ立てている。バランスを保った報道が必 [続きを読む]

« 大阪地検証拠改竄事件業務日誌は指示に基く記述 | トップページ | 前特捜部長逮捕・検察の犯罪ねつ造は氷山の一角 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ