« 悪徳勢力から悪と批判されることは正義の証し | トップページ | 警察=国家やくざの日常風景・全面可視化が不可欠 »

2010年10月 8日 (金)

政治とカネ問題発覚村田蓮舫議員に議員辞職勧告か

Photo 民主党国会議員の村田蓮舫氏が参議院の内部規定に違反していた事実が発覚した。
 
 参議院の内部規定によると、議員活動に関わる場合には議事堂内での撮影が許可されるが、営利目的の場合には許可されない。
 
 問題となっているのは先月28日に発売された「VOGUE NIPPON」の11月号で、6ページにわたるインタビュー記事に村田議員が登場し、白いジャケットなどの衣装を着た写真が掲載された。
 
 議事堂内でファッション誌の撮影が行われるのは初めてという。
 
 同誌では、村田氏が着用した衣服について、ブランド名や値段が写真のキャプションに書かれている。その内容は、白い服の場合、イタリアのブランド「ヴァレンティノ」製のもので、ブーツなどを含めて、総額131万2500円というもの。赤い服の場合、「アルマーニ」のジャケットなど総額67万2000円で、村田氏が着用して国会議事堂内部で写真撮影された衣服は合計で300万円近くに達するという。
 
 村田氏はファッション雑誌の要請に応じて国会議事堂内部で写真を撮影することを参議院事務局に許可申請をして警務部の許可を得て撮影したと見られるが、村田氏がこの撮影に関してファッション雑誌側から利益の供与を受けたのかどうかが焦点となる。
 
 参議院の内部規則では国会議員の議員活動に関わる場合には写真撮影が許可されるが、私的な宣伝や営利目的の場合には許可されないという。
 
 村田蓮舫議員サイドは、参議院事務局に「議員活動での写真撮影」とのウソの申請をしたことがすでに明らかにされており、今後は村田議員の進退を含む責任問題に焦点が移る。
 
 今回の問題は現職国会議員であり現職閣僚でもある村田議員が、民間業者から金銭の供与を受けた見返りとして、参議院規則に違反する形で国会議事堂内部において写真を撮影し、その写真が民間業者の営利目的の雑誌に、衣服の広告の体裁で掲載されたものであり、極めて重大な「政治とカネ」の問題である。
 
 村田議員は街頭演説などでも頻繁に、
「政治とカネの問題でもう2度とみなさま方にご懸念、ご疑念を抱かせないクリーンな政治をすることをお約束させていただきたいと思いますが、いかがでしょうか!」
などと発言しており、自らが「政治とカネ」の重大な問題を抱えることになったことで、その責任が追及されることは必至である。

人気ブログランキングへ

 野党は村田議員を証人として国会招致することなどを視野に入れた検討を行う必要がある。また、国会議事堂内部での写真撮影の対価として民間業者から金品の供与を受けたことが明らかにされた場合には、村田議員は議員辞職を含む責任処理を示す必要があるだろう。
 
 村田蓮舫議員は、小沢一郎氏を攻撃する急先鋒であるが、小沢氏の「政治とカネ」の問題詳細を検証した上で発言しているとは思われない。
 
 小沢氏に関係する問題は、2009年3月3日逮捕の二つの政治団体による献金の事務処理の問題にしても、2010年1月15日逮捕の収支報告書への不動産取得に関する記載期日の相違にしても、まったく問題のない事案であるか、問題があるとしても単純な事務上の取り扱いの問題でしかなく、今回の村田蓮舫議員の事案のように、民間業者から金品の供与を受けたといった実質的な問題が皆無の事案である。
 
 こうした実質的な問題がまったくない小沢一郎氏の問題について、大声を張り上げて攻撃してきた村田蓮舫議員であるからには、今回のように「政治とカネ」の問題で、民間業者から金品の供与を受けたことが判明した場合には、議員辞職などの適正な責任処理を行う覚悟を持ち合わせているに違いないと考えられる。
 
 少なくとも内閣の閣僚を辞する必要はあるだろう。
 
 また、この件に関して村田議員は、記者会見で発言しただけで十分な説明責任を果たしていない。参議院の規則に違反したことについても事実を明確に認めていない。小沢一郎氏が何度も記者会見での真摯な説明を繰り返していたときに、村田議員は説明責任を果たしていないとの発言を繰り返した。この経緯を踏まえて村田議員は、国会で証人として証言するなり、政倫審に出席して説明するなりして、合言葉の「説明責任」を果たす必要がある。
 
 他人の問題には激しく攻撃し、自分の問題には卑怯に逃げまくるのでは、竹中平蔵氏や菅直人氏などと同列になる。適正な対応が強く求められる。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 悪徳勢力から悪と批判されることは正義の証し | トップページ | 警察=国家やくざの日常風景・全面可視化が不可欠 »

菅直人政権の課題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37133549

この記事へのトラックバック一覧です: 政治とカネ問題発覚村田蓮舫議員に議員辞職勧告か:

» 蓮舫議員について [脊振の麓~大自然の図書館]
この実際の映像の番組は すぐに削除されたそうです。 どなたかが国会中継の 映像と音声を組み合わせて アップしてたので、 載せときます。 図解 障害者自立支援法早わかりガイド/山内 一永 ¥1,890 Amazon.co.jp 障害者自立支援法 事業者ハ... [続きを読む]

» ヤメ検弁護士を禁止せよ! [杉並からの情報発信です]
作家の宮崎学さんが小沢一郎議員に対するアドバイスをブログに書いていますので下記に転載します。 アドバイスの最初に「ヤメ検弁護士だけはすぐに首にしろ」「ヤメ検は百害あって一利なしだ。自分が一番偉いと持っているから報酬は高く実務は若 い弁護士に...... [続きを読む]

» 小沢一郎氏を守るために緊急拡散と署名ご協力のお願い [ライジング・サン(甦る日本)]
本日は多忙につき今のところブログを書いていませんが、先ほどツイッターで岡本啓一氏が企画したことで 「小沢一郎氏の民主党議員としての地位保全を求める署名」が始まっています。 先日の検審会の卑怯な議決内容や、おそらく自分たちも収支報告書を調べられれば小沢氏異常に... [続きを読む]

« 悪徳勢力から悪と批判されることは正義の証し | トップページ | 警察=国家やくざの日常風景・全面可視化が不可欠 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ