« 中国船衝突事件ビデオ国民は「知る権利」を有する | トップページ | 主権者国民は悪徳ペンタゴンに徹底レジスタンスを »

2010年10月 4日 (月)

主権者国民は腐れ検察審査会起訴相当決議を粉砕

東京第5検察審査会が小沢一郎元民主党代表に対して2度目の起訴相当決議を示した。制度の規定により、小沢一郎氏は強制起訴される。
 
 日本の暗黒社会化が一段と深刻化している。社会が暗黒化している最大の原因は、警察・検察・裁判所制度の前近代性にある。
 
 政治的な背景で警察・検察・裁判所制度の運用が歪められることを国策捜査・国策裁判と呼ぶならば、過去10年間、この傾向が著しく顕著になった。小泉政権の発足と日本社会の暗黒化は軌を一にしている。
 
 最大の問題は、
警察、検察当局に巨大な裁量権が与えられていること
だ。
 
 巨大な裁量権とは、
a.同じ事案が存在するときに、事案によって犯罪として立件するかしないかを選択できる裁量権
b.犯罪が存在しないのに、各種工作を積み上げて犯罪をねつ造し、無実に人間を犯罪者に仕立て上げること
である。
 
 この裁量権は、警察、検察にとどまらず、検察審査会を通じても実行することができる。
 
 検察審査会においては、事務当局が審査委員を恣意的に選出することができる。同時に、審査に決定的に影響する補助審査員の弁護士を恣意的に選出することができる。この人選を通じて、事務当局は審査結果を自由に操作することができるのだ。
 
 これ以外にも、日本の警察・検察・裁判所制度には、重大な問題点がいくつも存在する。
②法の下の平等の無視、
③罪刑法定主義の否定
Due Process of Lawの無視
⑤無罪推定原則の無視
⑥公務員の守秘義務無視
⑦被疑者の基本的人権の無視
などの問題をあげることができる。
 
 小沢一郎氏の「政治とカネ」問題研究①
に詳述したように、小沢一郎氏の「政治とカネ」問題に、法的な問題は存在しない。2004年、2005年の収支報告書の問題も、刑事責任を問うような性格のものでない。
 
 それにもかかわらず、巨大な闇の力は、強引に動いている。

人気ブログランキングへ

 この巨大な闇の力を封じることが、小沢一郎氏が民主党代表選に立候補し、内閣総理大臣に就任することのひとつの目的であった。悪徳ペンタゴンがこの方向に動くことは明白だった。この悪事を阻止するためにも、小沢氏が総理大臣に就任するべきであった。そのための激しいせめぎ合いが代表選で展開された。
 
 誤解のないように補足するが、小沢氏が代表選に立候補したのは正義のためであって保身のためでない。しかし、代表選出馬を見送れば、悪徳ペンタゴンがさらに悪事を重ねることが明白であり、真の世直し実現のために、小沢氏は本年9月の段階で出馬を決断せざるを得なかったのである。
 
 しかし、米官業政電の悪徳ペンタゴンは、既得権益による日本政治支配構造を根底から刷新する潜在力を持つ小沢一郎氏を最重要標的に定めて、激烈な攻撃を展開し続けてきている。
 
 主権者国民勢力は、この悪徳ペンタゴン勢力を向こうに回して、互角の戦いを展開してきたが、民主代表選では、メディア総攻撃と選挙制度を悪用した投票集計不正によって、代表の座を奪取することができなかった。投票集計不正については、現段階で未確認の状況にあるが、いずれにせよ、あと一歩のところで、悪徳ペンタゴンの跳梁跋扈を許す状況になっている。
 
 小沢一郎氏に関するちんぴらの言いがかり以下の今回の問題と比較して、検察による犯罪ねつ造、組織ぐるみの不正隠蔽は、天地を揺るがす重大問題である。
 
 ところが、検察当局は大阪地検特捜部幹部の逮捕を金曜日の夕刻に定め、悪徳ペンタゴン報道部隊のマスゴミは、週末に問題を封印し、週明けも、ほとんど天地を揺るがす検察大不祥事問題を取り上げない。報道を断髪式一色に染め抜いた。
 
 今後は、報道を小沢一郎氏報道に集中させる。
 
 すべての裏側に存在するのが、米国であり、この米国と結託する官僚組織と大資本である。民主党は6.2クーデター以降、対米隷属派が権力を掌握しており、まさに、米官業政電が結託して、小沢一郎氏攻撃を展開しているのである。
 
 菅政権の外交大失態を追求することもせず国連総会で漢字を読めなかったことも封印する。
 
 マスゴミの情報操作に多くの国民が誘導されているが、ネットから真実を知る国民の層は、かつてに比べて格段に厚くなっている。
 
 真実を知り、悪徳ペンタゴンの手から日本政治支配の実権を主権者国民の手に奪還しなければならないと考える主権者国民は、結束して事態に対処し、次なる戦略を構築しなければならない。
 
 小沢氏が関わっている問題は、基本的にどうでもいい問題である。歪んだ司法が歪んだ判断を下すのなら、そのような歪んだ判断を無視すればよいだけの話である。
 
 これほどまでに、歪んだ司法、警察、検察権力の横暴が続くなら、主権者国民は、これらの権力を軽視することが必要になってくる。日本全体が無法地帯と化すことをもいとわない覚悟を持つ必要がある。
 
 社会は暗黒化するが、暗黒化していることをすべての国民が認識し始めるなら、そこにまた新しい活路も生まれてくるものである。
 
 悪徳ペンタゴンは、不正な方法によって権力の奪還に成功し、仙谷由人氏を中心にわが世の春を謳歌していることと推察されるが、悪が永く栄えることはない。
 
「天網恢恢疎にして漏らさず」である。
 
 早晩、悪徳ペンタゴンに天誅が下されることになるだろう。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 中国船衝突事件ビデオ国民は「知る権利」を有する | トップページ | 主権者国民は悪徳ペンタゴンに徹底レジスタンスを »

検察審査会制度の不正利用」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37074149

この記事へのトラックバック一覧です: 主権者国民は腐れ検察審査会起訴相当決議を粉砕:

» 遅ればせながら・・・・・、 [ある信販会社宛の迷惑FAXから得た教訓]
「彼岸花」 「月明けて何とか咲いた僻み花」by 検察審査会 本日夕刻小沢氏に対し「検察審査会」が起訴相当との判断を出した、検察が2年がかりで調べ上げ、更に検察自身が証拠の捏造も出来ない案件に対し起訴相当とは驚いた、ド素人の訳の判らない判断で沢山の税... [続きを読む]

» 小沢一郎前幹事長を支持する全国民は「民主党内反小沢勢力」と検察と大手マスコミに総反撃せよ! [杉並からの情報発信です]
本日突然発表された「東京第五検察審査会」の「小沢前幹事長起訴相当」の議決には驚きました。 11人の審査員のうち8人以上が「起訴相当」の議決をしていますが、彼らは自分たちが審査している事案をほとんど理解していないと思われます。 前回の4月27日の議決と同じく、審査員は検察の意向を受けた審査補助員の弁護士の恣意的な説明に洗脳され「起訴相当」議決へ誘導されたものと思 われます。 なぜならば、彼らが審査している二つの「虚偽記載」の事案は正しく理解すれば誰が見ても違法ではないのです。 一つは、「陸山会... [続きを読む]

» 国士・小沢一郎代議士の「強制起訴」に隠された“金融ユダヤ人”の思惑を考えてみる [逆説、そして徒然と…]
2010年10月4日月曜日午後。 民主党元幹事長であり、数少ない国士政治家である、小沢一郎代議士が、自身の政治資金団体「陸山会」にかかる政治資金規正法違反という、無実の罪で、強制起訴された。在特会の陰険な差し金によって開かれた東京第5検察審査会は「起訴相当」の議決を下... [続きを読む]

» 国民よ、怒れ!そして耐えろ! 善は必ず勝つ! [ライジング・サン(甦る日本)]
小沢氏への第五検審会による議決が「本日」発表され、起訴されることになった。 議決内容は以前と全く変わらないもの であり、郷原信郎氏もツイッターで「今後誰が選任弁護士になろうとも無罪でしかないものだ」と述べられている。 私がなぜ「本日」と最初に付けたかといえば... [続きを読む]

» 検察・警察国家がみえみえの日本。カン政権と検察談合・・小沢氏強制起訴と冤罪製造組織検察 [ゆきひろ・社会科日記]
2010年10月4日 号外。小沢氏第5検察審査会にて強制起訴。 果たして本当に起訴に値するものなのか。 [続きを読む]

» 屠糞最前線 検察審査会のパシリを使って無実の小沢さんを強制起訴 [セローに乗って風まかせ!徘徊?]
プロが調べて起訴したくても出来なかったのに、ど素人集団が起訴だと言ったら起訴できるなんて、そんな馬鹿な司法制度って、世界中さがしてもこの国だけじゃないの?私の周りの連中は皆、小沢さんではなく特捜、いや検察組織その物を疑っている。... [続きを読む]

» 【人民裁判】小沢氏とその同志達とともに守旧派反動勢力と戦い抜くことを宣言する!【徹底抗戦】 [ステイメンの雑記帖 ]
 10月1日に開会された臨時国会であるが、10年度補正予算や尖閣諸島沖での共産支那漁船衝突事件、さらには 大莫迦痴犬毒草部を舞台とした証拠改竄問題 など議論すべき問題が多々山積している。  だが、それらを一気に吹き飛ばす事態が勃発した!それは、当初10月末と想定されていた小沢氏に対する頭狂第誤犬察審査会の議決が実は3週間前にされ、しかも 強制起訴となる2度目の「起訴相当」の議決が為されていたのだ! (以下、引用開始その1) 小沢氏、強制起訴へ=検察審が起訴議決 -「刑事裁判で黒白を」・陸山会事件  ... [続きを読む]

» 訂正とお詫び・・・ [三角広場]
nbsp; 今日は「3人の数学バカ」というタイトルで、鳩山、菅、前原の3人について記事を書くつもりでしたが、−この3人の政治家としての適性と、数学バカぶり―数学だけは非常によくできたが、それ以外の分野では、「一般人なみの判断力があるのか」さえ疑わしい―について書くつもりでしたが、もっと大きな私自身の過去記事の問題点に気がつきましたので、それについて書きます。 それは9月30日の尖閣問題で、「極右」桜井よし子に同調した記事を書いたことです。 THE JOURNALというサイトに、日中が国交回... [続きを読む]

» 尖閣渋谷デモ報道せず!腐りきった日本アカマスゴミ [大辛カレーのブログ]
尖閣デモIN渋谷。 http://news.searchina.ne.jp/di [続きを読む]

» 1億パーセント不当な小沢氏の起訴! [大辛カレーのブログ]
また売国狂人出鱈目「菅・仙谷」「左翼式ライバル粛清」政権が、下劣な愚挙に出た!  [続きを読む]

» 小沢さんが起訴されたら議員辞職を求める新聞の不思議 [アーサーの何でもやってやろう!]
「推定無罪」という言葉は,お題目に過ぎないのかと,きょうの社説を読んで思う。 森本 毅郎さんの新聞読み比べによれば,社説で推定無罪の原則を冒頭で書いていても結論で議員辞職を求めている社説が2紙紹介され,東京と読売以外を除く各紙が議員辞職を求める社説が書かれてい... [続きを読む]

» 小沢一郎 強制起訴!茶番はもう沢山だわ! [競馬 KEIBARMASTER 馬券生活三昧ameba]
牧野聖修国会対策委員長、この野郎、本当にむかつくわ… 良いか、馬鹿もの、牧野よ… 起訴されても、犯罪者だと決まったわけではない! 法廷でしっかりと争ってからで良いんだよ… 議員辞職とか離党はな… それにおまえが言うことではない! 小沢一郎には小... [続きを読む]

» 冤罪製造弁護士?第五検審会の補助弁護士は過去に検察と裁判所の犬となっていた事実(弁護士解任) [ライジング・サン(甦る日本)]
小沢氏の起訴議決が9月14日に決まっていたのに昨日10月4日に発表するという、またまたおかしな行動にでている悪徳検察一家と売国菅内閣だが、今回の補助弁護士は吉田繁實だが、この男は過去に弁護を担当する被告に弁護士を解任させられていることが分かった。 簡単にいえば... [続きを読む]

» 新事実。小沢氏起訴議決無効の可能性大!郷原信郎氏のツイッターより [ライジング・サン(甦る日本)]
素人が語るより専門家の郷原信郎氏の意見は重要であり、国民が知るべく見逃してはならない事である。 細かな内容まで一般のほとんどの国民が知ることはできないし、あえて見ようともしない国民も多い。 この重要なことを全く伝えず、小沢=悪としやすい部分だけを報道するのが全... [続きを読む]

» 司法の危機 検察審査会という名の民主主義 [街の弁護士日記 SINCE1992]
小沢一郎氏の政治資金規正法違反事件について、検察審査会が2度目の起訴相当の議決を [続きを読む]

« 中国船衝突事件ビデオ国民は「知る権利」を有する | トップページ | 主権者国民は悪徳ペンタゴンに徹底レジスタンスを »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ