« 日本外交大失態主犯前原誠司外相更迭が不可欠 | トップページ | 大阪地検大坪前特捜部長らの無罪放免は許されない »

2010年9月29日 (水)

最高検による証拠改ざん巨大組織犯罪隠滅を許すな

大阪地検特捜部の主任検事の前田恒彦容疑者が押収した証拠を改ざんした疑いで逮捕された事件について、大阪地検特捜部大坪弘道前部長と佐賀元明前副部長の逮捕をめぐって、検察当局が不正な犯罪もみ消しを画策している。
 
 9月28日のNHKニュース9は、北朝鮮情勢の報道に20分もの時間を割きながら、検察ぐるみの巨大犯罪についての報道をほとんど行わなかった。
 
 NHKは検察当局と連携して犯罪もみ消し工作に動いているが、報道機関として極めて悪質な行動である。これまでの報道においても、裏付けの取れていない、検察ぐるみの犯罪であることを否定する、恐らく検察当局が創作したストーリーをそのまま報道し、検察ぐるみの犯罪であることを立証する決定的証拠について、これまでほとんど報道していない。
 
 検察当局の犯罪を摘発すべきことは当然だが、NHKの偏向した報道姿勢を国会で厳しく追及する必要がある。NHKの体質に抜本的にメスを入れるべき時機が到来している。
 
 検察当局が組織ぐるみで前代未聞の重大犯罪を実行した決定的証拠がすでに明らかにされている。大阪地検特捜部主任検事前田恒彦容疑者の同僚検事で、公判部に所属する検事が、前田容疑者から証拠改ざんの事実を聞き、大坪弘道前特捜部長および佐賀元明前特捜副部長に証拠改ざんの事実を公表するべきだと直訴したことが明らかにされている。
 
 大坪弘道前部長と佐賀元明前副部長は、前田容疑者が証拠を改ざんした事実を知りながら、検察上層部にその事実を報告しなかったことが明らかである。

人気ブログランキングへ

 Photo 検察当局は、大坪前部長および佐賀前副部長を犯人隠避罪で逮捕、勾留、起訴すると、大阪地検特捜部ぐるみの巨大犯罪の図式になり、特捜解体論が噴出し、当然のことながら、検事総長以下、最高検次席検事、大阪地検検事正を含む検察幹部の一斉辞任を迫られることが確実であるため、この期に及んで、なお、巨大犯罪をもみ消す可能性を探っている。
 
 NHKはこの不正な検察当局の姿勢に協力しているのである。
 
 すでに共同通信は、今週末に大坪前部長と佐賀前副部長の逮捕見通しを報じているが、これまでに明らかになっている証拠の構造からすれば当然の帰結である。すでに証拠が明らかになっているのであるから、速やかに両氏の逮捕に踏み切らなければ、国民の検察不信が一層拡大することは間違いない。
 
 それとも検察は、前特捜部長と前特捜副部長の逮捕による国民生活や日中関係への影響を考慮して、処分保留で逮捕を見送るとでも言うのだろうか。
 
 今回の事件は天地を揺るがすような巨大犯罪である。検察による不正の発覚自体はまさに氷山の一角であるが、その巨大犯罪が明るみに出たことの意味は極めて重い。
 
 検察は巨悪に対しては厳しく対応するのが当然である。検察当局は問題もみ消しを画策したが、現役検事のなかに、堂々と正論を述べる者が存在したことによって、今回の巨大犯罪がもみ消されずに済むのである。
 
 検察当局は、もうじたばたするのをやめて、直ちに大坪前部長と佐賀前副部長の逮捕に踏み切るべきである。厳正な対応を取らなければ主権者国民が黙っていない。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 日本外交大失態主犯前原誠司外相更迭が不可欠 | トップページ | 大阪地検大坪前特捜部長らの無罪放免は許されない »

検察の暴走」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高検による証拠改ざん巨大組織犯罪隠滅を許すな:

» 石井紘基議員刺殺の真相 [脊振の麓~大自然の図書館]
これも、不可解な事件でしたね まあ、我々一般人が 考えてる以上に、日本と いう国も怖いことが 起こってるということでしょうか? 最高検による証拠改ざん巨大組織犯罪隠滅を許すな 日本を喰いつくす寄生虫―特殊法人・公益法人を全廃せよ!/石井 紘基... [続きを読む]

» 馬鹿は死んでも治らない。前原外相を更迭せよ!第二の偽メール(漁船ビデオ)疑惑 [ライジング・サン(甦る日本)]
菅直人が首相に再任され組閣してからというものの、この国の内閣は組閣するごとに、そして日増しに幼稚&無能力になっていると感じるのは私だけだろうか。 代表選での異常と思える投票率の不正疑惑や、尖閣諸島問題の対応(ある意味米・中・日のやらせ)など、昔と比べたらバレバ... [続きを読む]

» フリーズ再起動PCとウイルス感染PC. [ある信販会社宛の迷惑FAXから得た教訓]
中国の違法操業船の件で、内閣でもちぐはぐな意見が多々有る。 『賎獄(仙石)傀儡空き菅政府』政権は壊れて役に立たないPCなのかも知れない。 我が家には200MHzから ~ Core 2 Duo 2.8GHzの数台のPCと、ベンチテスト用のマザーボードやメモリーが数枚ある... [続きを読む]

» 尖閣諸島問題―続き [三角広場]
nbsp;極右的言動で知られる桜井よし子氏のブログで尖閣問題に関する氏の見解を調べてみた。 彼女とは意見が一致することは絶対あり得ないと(今まで)思っていたが、こと尖閣諸島問題に関しては彼女は正論を言っていると感じる。  ―尖閣問題では日本は一歩も中国に譲歩してはならない― 尖閣諸島の領有権が日本にあることは当然で、―前原外相や共産党の志位氏が、その論拠を明らかにしているが―歴史的経緯からも、中国、台湾が1970年以前は日本領と公式に認知していたことからも、今の中国政府の言い分には道理がな... [続きを読む]

» 道路の権力2 [投資一族のブログ]
刺殺された民主党の石井紘基議員 石井議員は国会議員に許された国政調査権を行使して事前に調査した上で、官僚機構の急所が会計 検査院になると見抜き、こう質問していた。 「会計検査院が調べなければいけない団体はいくつあるのですか」 じつに単純な質問のように見える。ふつう会計検査院が税金の無駄遣いを指摘したりする対象は建設 省や厚生省などの役所と思われている。他にも国家が資本金の二分の一以上を出資している特殊法 人も検査の対象である。日本道路公団や住宅・都市整備公団などの公団、住宅金融公庫などの公庫 年金福... [続きを読む]

« 日本外交大失態主犯前原誠司外相更迭が不可欠 | トップページ | 大阪地検大坪前特捜部長らの無罪放免は許されない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ