« 代表選マスゴミ悪質情報工作を裏付ける重大証拠 | トップページ | NHKと検察が共謀して証拠隠滅事件を隠滅へ »

2010年9月22日 (水)

大阪地検検事証拠隠滅事件を矮小化すべきでない

郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件をめぐり、押収品のフロッピーディスクのデータを改ざんしたとして、最高検察庁は21日夜、大阪地検特捜部でこの事件の主任を務めた前田恒彦検事(43)を、証拠隠滅の容疑で逮捕した。
 
 検察による犯罪がようやく司直の手に委ねられることになる。
 
 検察庁職員は、公務員の守秘義務に違反するなど、遵法意識の低下がかねてより指摘されてきたところだが、今回の逮捕は遅きに失した対応であると言える。
 
 今回の問題は氷山の一角に過ぎない。
 
 郵便割引制度の偽証明書発行事件では取り調べを受けた関係者が公判廷で、事件取り調べ段階で作成された調書記載の供述内容が事実でないことを相次いで証言したため、供述証書が証拠として採用されず、被告の無実の訴えが聞き入れられて無罪判決が示された。
 
 今回の事件では、検察当局が検察の描いたストーリーに沿った供述調書をでっち上げただけでなく、押収した証拠品にまで人為的な改ざんの手が加えられていたことが明らかにされた。
 
 しかし、検察の立証がこのように多数の関係者の証言に依らない場合、例えば警察官を証人に立てて捜査当局のストーリーに沿う証言をさせれば、その証言が補強証拠として採用されてしまう。
 
 あるいは、関係者に検察の指示通りの調書作成に応じ、公判廷でも同じ証言を貫くなら、判決で執行猶予を付けるなどの、いわゆる「司法取引」が実行されると、無実の被告人が無実の主張を貫いても、関係者証言などから有罪とされてしまう。
 
 このような形態で有罪にされた人が多数存在する。
 
 この場合の盲点は、密室の取調室にある。取調室でこうした取引が行われることによって、事件審理が根本から歪められてしまうのである。

人気ブログランキングへ

 私が巻き込まれた冤罪事件でも、被害者が当初訴えていた犯人は右後ろに位置していた。私が右後ろに立っていたことを被害者自身が供述していたのである。
 
 ところが、そのあとで目撃者だと自称する人物が表れた。警察はこの目撃者を犯罪立証に活用しようと考えたのだと思われる。犯人の位置は被害者の真後ろに変更された。目撃者を使って犯罪を立証するストーリーが創作されたのだと考えられる。
 
 しかし、この目撃者は法廷で重大な証言ミスを犯した。この点は、再審請求の重要なポイントになるので、ここでは記述しないが、重大な矛盾がすでに明らかになっている。
 
 被害者供述が事件発生直後から可視化されていれば、どの時点で犯罪のストーリーが差し替えられたのかも明らかになる。調書の作成過程および日時の記録は決定的に重要なのである。取り調べ過程が完全録画されて、調書作成の過程、供述の変遷が事実に即して明らかになれば、多くの冤罪を発生させずに済むはずである。
 
 つまり、取り調べの可視化が実現していないことで、驚くべき犯罪ねつ造が日常茶飯事で行われていると考えられるのである。
 
 今回逮捕された前田恒彦容疑者は、こうした日常感覚で、証拠品の改ざんに手を染めたのだと思われる。
 
 今回の事件を単なる個人の事件にしてはならない。
 
 気になるのは、問題発覚から逮捕までの時間があまりにも短いことである。被疑者が各種取材でさまざまな周辺事実を話さないうちに身柄を確保し、検察内部で大掛かりな口裏合わせが行われる可能性が高い。身内の者が身柄を取って、真相が明らかにされるわけがない。組織的な関与がない方向で着地させるための「捜査」ではない「操作」が行われる可能性が高い。
 
 問題を解決する第一歩が、取り調べ過程の全面可視化である。今回のようなケースでも、身内の口裏合わせを回避するには、24時間体制での記録保管が必要なのである。民主党2009年8月マニフェストには、全面可視化が公約として明示された。
 
 ところが、2010年7月マニフェストからは全面可視化が消えた。現段階では、菅直人氏は、取り調べ全面可視化に背を向けていると見られる。
 
 警察・検察当局は当然、取り調べ全面可視化に反対している。他方、冤罪被害者を始め、冤罪の発生を防ごうとする人々は、全員、取り調べの全面可視化を求めている。検察にへつらうなら取り調べ全面可視化に進まない。冤罪の発生防止を真剣に考えるなら、全面可視化を断行するだろう。
 
 菅直人氏の矜持が問われている。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 代表選マスゴミ悪質情報工作を裏付ける重大証拠 | トップページ | NHKと検察が共謀して証拠隠滅事件を隠滅へ »

検察の暴走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/36860516

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪地検検事証拠隠滅事件を矮小化すべきでない:

» 【巨悪の幻想-郵便不正公判】(1)検察の窮地 「完璧な捜査」か「壮大な虚構」か [脊振の麓~大自然の図書館]
う~ん。 これどうなんでしょうねえ。 前回→http://ameblo.jp/tsukumomutujp/entry-10629474118.html の情報では違う情報がありましたが… 確かに元首相の秘書がなぜ出てくるのか 物凄く不可解ではありますが… 上記のニュースでは民主党... [続きを読む]

» 検事・前田恒彦の逮捕で済む話ではない (知事抹殺・21) [木霊の宿る町]
三月七日のブロクにこう書きました:でっちあげに関わった前田恒彦検事ならびにメディア関係者を法によって裁かないといけないhttp://onomar.jugem.jp/?day=20100307めでたく前田検事が逮捕されました郵便不正事件を巡り、厚生労働省元係長・上村(かみむら)勉被告(41)(虚偽有印公文書作成罪などで公判中)の自宅から押収したフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんしたとして、最高検は21日夜、大阪地検特捜部の主任検事・前田恒彦容疑者(43)を証拠隠滅の疑いで逮捕した。また、前田... [続きを読む]

» 逮捕された大阪地検特捜部主任検事:前田被告の改ざんは組織ぐるみの犯罪 [ライジング・サン(甦る日本)]
郵便悪用事件の証拠品(フロッピーの日付)を改ざんした前田被告(大阪特捜部主任検事)についてマスゴミは騒いでいるが、お前らこそ厚顔無恥であり、検察とともに村木さんや民主党、民主党の石井一議員を冤罪で陥れようとした仲間ではないか。  あたかも他人事のように前田主任... [続きを読む]

» 9月29日(水)午後6時【緊急シンポジューム第二弾「鈴木宗男・検察を語 る」】のご案内です [杉並からの情報発信です]
私も参加しています「小沢一郎議員を支援する会」 が9月3日に開催しました【緊急シンポジューム「小沢一郎」を考える】は200名の参加者を得て大成功でしたが、第二弾として来週水曜日(9月29日)18時より【緊急シンポジューム第二弾「鈴木宗男・検察を語る」】を同じ会場で開催することになりました。 告知期間が一週間しかありませんが広く情報拡散していただき多くの方々に参加していただくようお願いいたします。 前回のシンポジュームでは準備できませんでしたが、今回はU-Streamを使ったライブ中継を予定してお... [続きを読む]

» イーグル国策捜査の罠 [いすけ屋の戯言]
証拠改ざん「捜査の根幹揺るがす」 前代未聞の“脚本” 2010年9月21日 12時17分 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010092190121609.html  「証拠改ざんが事実ならば前代未聞だ」。厚生労働省の文書偽造事件をめぐるフロッピーディスク(FD)改ざんについて、同省の村木厚子元局長(54)の弁護人・弘中惇一郎弁護士は21日朝、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し「早くから元局長の冤罪(えんざい)が分かっていたのではないか」と厳しく批判。無... [続きを読む]

» 【冤罪】取調を全面可視化し、民主主義及び国民の敵たる特騒部は解体すべきだ!【神話崩壊】 [ステイメンの雑記帖 ]
 戦後、焼け野原から奇跡的な復興を果たした日本にはいろいろな根拠無き「神話」が存在していた。  例えば、それは「日本は治安が良い」「日本人は勤勉」「日本は技術立国」などと言ったものである。  それらが国民の間に広まったのは、 霞ヶ関垢悶倶楽部や売国翼賛マスゴミの宣伝の結果によるところが大きい。  しかし現在においては、コイズミ・ケケ中路線以降それらは何れも雲散霧消したと言えよう!  さて、嘗ては「官僚無謬神話」という噴飯物のものもあったが、度重なる不祥事や無為無策ぶりも相まって完全崩壊していたのだが... [続きを読む]

» とうとう犯罪集団の域に達した検察!改ざん検事、前田恒彦を即刻逮捕せよ! 日々坦々 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★a href="http://blog.with2.net/link.php?177159">ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください http://www.asyura2.com/10/senkyo95/msg/562.html 投稿者 行雲流水 日時 2010 年 9 月 21 日 13:52:35: CcbUdNyBAG7Z2 http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-638.html 20100921... [続きを読む]

» 検察=証拠捏造&冤罪製造機関。「事業仕分け」するなら、まずここじゃい!! [逆説、そして徒然と…]
まずニュース記事を転載引用。 <ニュース記事転載引用開始> (ここ数日、引用・転載した文章については斜体にしていましたが、読みにくいというご指摘を読者の方からいただきましたので、もとに戻します。ご指摘いただき、ありがとうございました) 郵便不正事件 大阪地... [続きを読む]

» 資料・朝日新聞にみるマスメディアのでたらめ (知事抹殺・22) [木霊の宿る町]
資料1「村木事件」を「本紙のスクープ」と自慢した朝日新聞の”大恥”会社案内 笑えばいいのか、笑ってはいけないのか。そんな複雑な気持ちにさせる朝日新聞の大失態である。手元に『朝日新聞会社案内2010』という文書がある。昨年の定期採用で志願する学生に配られた資料である。その5ページの記述は、当の朝日社員たちこそ目を背けたくなるだろう。「特報―調査報道・スクープ」というカテゴリーでその”調査報道・スクープ”の実例として取り上げられたのが、先に無罪判決を受けた厚労省元局長、村木厚子氏の”郵便... [続きを読む]

» 佐藤栄佐久による検察監視 (知事抹殺・23) [木霊の宿る町]
さくじつ佐藤栄佐久サイトにこういうコメントを送りました。今回逮捕された前田恒彦検事は佐藤知事に対する事件でっち上げにも関わっていたことを知りました。佐藤さんに置かれては、これを機に前田検事がどうでっち上げに関わったかを詳しく書かれることが良いと思います。 by おのま@バンクーバー (2010/09/22 11:08)反応やいかんとさきほどサイトを見たら、なんと同日づけで詳細な記事がでていました。以前から準備していた記事だそうでおのまがコメントを送るまでもありませんでした。佐藤栄佐久自... [続きを読む]

» 腐敗する国家権力 [過去と未来の間]
 権力は腐敗する。腐臭を放つ国家権力から腐敗をなくそうとするのか、民主党政権。いやもう腐臭に囲まれているどころか、自ら腐臭を放ち始めている? [続きを読む]

« 代表選マスゴミ悪質情報工作を裏付ける重大証拠 | トップページ | NHKと検察が共謀して証拠隠滅事件を隠滅へ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ