« 民主代表選NHKカメラワークの明らかな偏向 | トップページ | 代表選菅氏辛勝を圧勝に粉飾して流布するマスゴミ »

2010年9月14日 (火)

悪徳ペンタゴン工作活動に敗れた主権者国民勢力

民主党代表選の投開票が行われ、菅直人氏の代表続投が決まった。

 焦点の国会議員票では
小沢一郎氏 400ポイント
菅直人氏  412ポイント
と、菅直人氏が僅差で小沢一郎氏を上回った。
 
 地方議員票では
小沢一郎氏 40ポイント
菅直人氏  60ポイント
 
 党員・サポーター票では
小沢一郎氏  51ポイント
菅直人氏  249ポイント
となった。
 
 党員・サポーター票は小選挙区ごとの総取り方式である。このため、大量の死票が生まれ、また、選挙区ごとの投票数の差もまったく調整されない。したがって、党員・サポーター票もドント方式で集計する方式への変更が実施されるべきである。ポイント数と得票率との間に大きな差が生じている可能性もある。

(追補)党員・サポーター票の得票比率は小沢一郎氏40%対菅直人氏60%だったとのことである。これをポイント数に換算すると、
小沢一郎氏 120ポイント
菅直人氏  180ポイント
になり、ポイント総合計は
小沢一郎氏 560ポイント
菅直人氏  652ポイント
で、その差は92ポイントということになる。
(ここまで追補)
  
 今回の代表選は主権者国民と悪徳ペンタゴンとの闘いであった。
 
 より端的に言えば、米国と官僚の言いなりになる首相と米国と官僚の言いなりにならない首相のどちらを選択するのかという選挙だった。
 
 問題は悪徳ペンタゴン一味のマスゴミが戦前同様の狂気とも言える情報工作を展開し続けたことにある。さらに、党員・サポーター票投票・集計の方式を不正が介在する余地を大きく設定したため、党員・サポーター票の集計に信用が置けなくなったことも問題である。
 
 今回の代表選により、当面菅直人政権が維持されることになったが、これは日本の政治史に極めて大きな汚点を残すものになる。なぜなら、菅直人氏が参院選前に参院選が菅政権に対する信任投票であることを明言し、その参院選に大敗したにもかかわらず総理の座に居座ることになるためだ。政治家が自分の言葉に責任を持たないことが歴史の事実として残されてしまうことになる。
 
 今回の代表選により、民主党が水と油の集合体であることが明確になった。
対米隷属   VS  自主独立
②官僚主権   VS  国民主権
大資本との癒着VS大資本との癒着排除
④市場原理主義 VS 共生重視主義
検察ファッショVS警察検察民主化
の二つの勢力が同居している。
 
 昨年の政権交代は、悪徳ペンタゴンから主権者国民が政権を奪取したものだが、本年6月2日後の政権交代は、悪徳ペンタゴンが主権者国民から政治権力を奪還したものだった。
 
 この意味で、民主党は二つに分裂することが合理的である。
 
 今後、政界全体が主権者国民勢力と悪徳ペンタゴン勢力とに二分される大再編に進む可能性が高く、そのことが日本政治を分かりやすいものにするうえで好ましいと言える。
 
 代表選は主権者国民勢力にとって容認できないものになったが、主権者国民による政権奪還に向けて、直ちに再出発しなければならない。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 民主代表選NHKカメラワークの明らかな偏向 | トップページ | 代表選菅氏辛勝を圧勝に粉飾して流布するマスゴミ »

2010年9月民主党代表選」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/36735078

この記事へのトラックバック一覧です: 悪徳ペンタゴン工作活動に敗れた主権者国民勢力:

» 民主党の本音が見えた。保守(自民・民主)2大政党化と初心も何も嘘ばかりのカンを選んだ。 [ゆきひろ・社会科日記]
官僚が大拍手。大本営発表マスコミと米国追随利権者集団にまけた。民主党馬鹿カン支持者 [続きを読む]

» 政界を 分かりやすく 組み直せ  [途上にて]
◇民主代表選の開票結果               菅氏    小沢氏 党員・サポーター    249     51 地方議員         60     40 国会議員        412    400                        (206)   (200) 合計           721    491... [続きを読む]

» 小沢一郎氏の想い [春夏秋冬]
本日の民主党代表選、小沢氏が負け、菅氏が勝った、とても残念。若き40才台で田中角栄元首相の自民党内閣の元幹事長、そのままいれば歴代の首相の誰よりも、真っ先に首相になれた人。なのに苦労してばっかり、 ここら辺が信念の人。誰かさんのように、決して自らから首相に... [続きを読む]

» 小沢一郎名演説も敗れる…日本人に愛想が尽きました [余言者ヨシュア紀]
小沢一郎氏の最後の民主党代表選演説を聞いた 素晴らしい歴史に残る熱い演説だった 私も涙が出てきた 負けたらこれが最後とおっしゃっていたが 負けが決まり、呆然としてしまった サポーター票は不正もできるが 国会議員票が納得がいかなかった わずかながら菅派が多かった... [続きを読む]

» Imperial Prime Minister [Tokyonotes 東京義塾]
民主党代表選挙があった。小沢一郎氏のの完敗であった。サポーターという、誰がどうなっているかもわからない票でまず完敗であったし、地方の議会も、4対六にしかならなかった。民主党所属の国会議員の投票数では、伯仲の数字であるが、負けは負けだ。 当ブログは、従前から主張しているように、総理大臣を選ぶのは国会であって、民主党の中だけで決まる訳ではないから、もし、小沢一郎氏が勝利すれば、国会での総理を指名する選... [続きを読む]

» Bribery [Tokyonotes 東京義塾]
Briberyとは、賄賂のことである。事実としたら、不正である。選挙結果は、その数の如何によっては無効である。そもそも代表選挙自体が、制度的に適正な手続きではないのではないのか。 http://twitter.com/kawakamimitsue/statuses/24366765182 8月25日、『生活困ってるでしょ?300万振り込んであげるから好きなもの買いなさい』BY安住淳選対本部長。『結... [続きを読む]

» 民主党の本音が見えた。保守(自民・民主)2大政党化と初心も何も嘘ばかりのカンを選んだ。 [ゆきひろ・社会科日記]
官僚が大拍手。大本営発表マスコミと米国追随利権者集団にまけた。民主党馬鹿カン支持者 [続きを読む]

« 民主代表選NHKカメラワークの明らかな偏向 | トップページ | 代表選菅氏辛勝を圧勝に粉飾して流布するマスゴミ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ