« 代表選小沢氏当選阻止を目論むマスゴミの実態 | トップページ | 百術不如一誠(百術は一誠に如かず) »

2010年9月13日 (月)

代表選最大争点は対米隷属体制持続の是非にあり

民主党代表選は主権者国民政権の再樹立を目指す小沢一郎氏6.2クーデターで政権を乗っ取った悪徳ペンタゴンによる政権維持を目指す菅直人氏との間で激しい闘いが繰り広げられている。
 
 悪徳ペンタゴンとは日本の支配者であり続けてきた米国・官僚・大資本のトライアングル(「米官業のトライアングル」)とその手先である利権政治屋(政)、マスゴミ(電)の五者=米官業政電による利権複合体のことを指す。
 
 悪徳ペンタゴンの広報部隊がマスゴミ(電)であり、今回の代表選では、狂気とも言える偏向報道、情報操作を繰り広げている。
 
 9月1日の告示までは小沢一郎氏の出馬を阻止するための懸命な情報工作を展開した。
 
 この努力むなしく小沢一郎氏が出馬を表明すると、世論は菅直人氏支持であるとの世論調詐結果をねつ造して一斉に流布した。インターネット世論調査で小沢一郎氏支持が菅直人氏支持を圧倒しているなかで無理のある調詐結果ねつ造だったが、こうした常識判断を無視してねつ造データを発表し続けた。
 
 しかし、代表選が始まり、小沢一郎氏の声が直接国民に届けられるとともに、小沢一郎氏支持はさらに広がりを見せた。狼狽したマスゴミは、異例ともいえる追加世論調詐を強行し、報道の大半を「世論は菅直人氏支持」の虚偽情報流布にシフトした。
 
 ターゲットは党員・サポーター票の誘導だった。同時に、党員・サポーター票の集計作業に、一部、さまざまな問題があると思われる業者を介在させており、公正な集計作業が行われるのかどうか、強い疑念が生じている。
 
 仮に集計作業で大規模な不正が実施されるとした場合、事前のねつ造した世論調詐結果は、その不正を正当化するための論拠として用いられる可能性が高い。
 
 党員・サポーター投票が締め切られたため、マスゴミの絶叫調のねつ造情報流布は一息をついた。
 
 残るは、国会議員票の誘導である。

 党員・サポーター票の不正がすでに一部で確認されているため、選挙結果における党員・サポーター票の位置付けは低いものにならざるを得ない。

人気ブログランキングへ

 国会議員票で多数を獲得した候補が、代表選後は実質的な発言権を確保することになると考えられる。
 
 この意味で、代表選の実質の決戦の舞台は国会議員票でどちらの候補者が多数を確保するかに移行していると言って良いだろう。
 
 小沢一郎氏と菅直人氏の基本政策方針には天と地の開きがある。
 
①自主外交  VS  対米隷属外交
②国民主導  VS  官僚主導
③国民第一  VS  大企業第一
④共生重視主義VS  市場原理主義
⑤国民生活第一VS  財政再建第一
の相違がある。左が小沢一郎氏、右が菅直人氏である。
 
 さらに、警察、検察、裁判所の前近代性について、
⑥取り調べ過程の全面可視化 VS 全面可視化に消極的
の相違も見られている。
 
 こうした相違があり、この意味で代表選は政策路線をめぐる決戦であり、日本国民にとって極めて重要で意義のある選挙である。
 
 上記6つの論点を示したが、そのなかの最大の論点は、①にある。
 
 つまり、
日本がこれまで同様、対米隷属で進むのか、
それとも、
真の意味での独立を果たすのか
との問題である。
 
 戦後65年間、日本を支配し続けてきた米国からすれば、日本の独立を簡単に認めるわけにはいかないだろう。これが、小沢一郎氏に対する狂気の総攻撃を生む根本原因になっている。
 
 逆に言えば、日本はそれほどまでに米国によって支配されているのだ。
 
 鳩山由紀夫前首相も米国の言いなりになっていれば、まったく安泰な日々をいまも送っていたはずである。
 
 しかし、日本人の尊厳、日本の独立の真の重要性を考えたときに、いばらの道であっても、真の独立を目指す道を選択したのだと考えられる。
 
 この点で菅直人氏は国の尊厳よりは、我が身の利益を優先したのだと考えられる。
 
 最終的には私たち日本人の矜持の問題である。
 
 対米隷属から離れ、真の日本の独立を目指す人々は小沢一郎氏を支持し、小沢氏の当選を目指さねばならないのだ。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<>

<>

<>

<>

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 代表選小沢氏当選阻止を目論むマスゴミの実態 | トップページ | 百術不如一誠(百術は一誠に如かず) »

2010年9月民主党代表選」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/36710283

この記事へのトラックバック一覧です: 代表選最大争点は対米隷属体制持続の是非にあり:

» コメコメ@予選編成でわかる小沢一郎と菅直人の資質 [木霊の宿る町]
本日は九月五日のブログにいただいたコメントへのコメントです。九月五日のブログ抜粋:小沢一郎と菅直人の政治家としての資質、姿勢がおおいに違うことが分かるnbsp;菅は財務官僚に取り込まれたのだろうが、来年度予算を一律10%カットする方針で臨む小沢は一律カットという手法を容れないおのまも銀行時代に経験したことであるが、一律カットとか、横並びとかいうのはかつての大蔵省が日常的にとっていた杜撰で横着な手法である。現場現場の事情をしつこくみることがなく、きめ細かい対応というものをしないから、実におか... [続きを読む]

» 特権階級の世界と大衆共認の世界を繋いでいたもの(3) 近代~’70年までの豊かさ期待 [日本を守るのに右も左もない]
1963年新政策発表演説で所得倍増論を述べる池田勇人首相 画像はこちらからお借りしました。 「特権階級の世界と大衆共認の世界を繋いでいたもの(1)~武力支配時代の秩序期待」では、武力支配の時代においては、全社会的な秩序期待こそが、支配階級・特権階級と大衆の世界を繋ぐ紐帯だったことを述べた。 では、近代における全社会的な期待は何だったのか? いつも応援ありがとうございます。 ...... [続きを読む]

» 貧困と超消費社会の日本の病理? [ブログ・心理カウンセラーがゆく!]
《 生存の尊厳 》に対立する米国プラグマティズム! [続きを読む]

» 最後まで気を許さないで、民主党議員に働きかけを [ゆきひろ・社会科日記]
明日、14日は うそつき偏向報道が正しいか否かが明らかになる。 カンが70%報道が本当なら 圧勝でカンが選ばれることになる。 [続きを読む]

» 民主党代表選まで、あと1日! これは国民派・自主独立派と対米隷属派の決戦である [逆説、そして徒然と…]
2010年9月14日火曜日、民主党代表選が行われる。 対米隷属・官僚依存・国民棄民の菅直人と、自主独立・政治家主導・国民の生活が第一の小沢一郎さんとの一騎打ちである。 小沢一郎は、国民生活の再建・対米隷属からの脱却において、なくてはならない政治家である。 菅... [続きを読む]

« 代表選小沢氏当選阻止を目論むマスゴミの実態 | トップページ | 百術不如一誠(百術は一誠に如かず) »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ