« 大阪地検大坪前特捜部長らの無罪放免は許されない | トップページ | 大坪前特捜部長ら逮捕へ 犯人隠避容疑、最高検 »

2010年9月30日 (木)

大阪地検証拠改竄事件業務日誌は指示に基く記述

大阪地検特捜部の主任検事の前田恒彦容疑者が押収した証拠を改ざんした疑いで逮捕された事件に関連して、大阪地検特捜部大坪弘道前部長と佐賀元明前副部長が証拠改ざんの事実を知りながら、この犯罪を放置したことが明らかになっているが、最高検による逮捕が遅れている。
 
 これまでに明らかにされた事実に照らせば、大坪前部長と佐賀前副部長の犯罪は明瞭である。しかし、地検特捜部のトップ2名が逮捕されることになれば、検察全体の責任が問われることになることから、最高検が事件をもみ消すための工作をなお続けている。
 
 マスメディアは、この重大問題を連日、トップ扱いで報道するべきであるが、検察からの圧力があると見られ、ニュース報道の取り扱いが極めて小さくなっている
 
 前田恒彦容疑者は、すでに、意図的に改ざんしたことおよびそのことについて佐賀前副部長や大坪前部長に報告していたことを認める供述を始めていると報道されている。
 
 前田容疑者から証拠物改ざんの事実を知らされた特捜部検事3名と公判部検事1名の合計4名の検事は本年1月30日土曜日、休日にもかかわらず佐賀元明前副部長を呼び出し、証拠物への改ざんを佐賀前副部長に詳細に報告したことが明らかにされている。
 
 佐賀元明前副部長は翌日の2月1日午前に、大坪前部長に証拠物改ざんの事実を報告したことが明らかにされている。大坪前部長は、この報告を受けて、2月2日になって、佐賀前副部長に、証拠物の改ざんを改ざんと知りながら、「過失として処理する方針」を佐賀前副部長に伝え、佐賀前副部長はこの指示に基づいて、「改ざん」を「過失」として処理することを実行した。
 
 これまでの事情聴取でこれらのことが明らかになっている。
 
 このなかで、佐賀元明前副部長が、「FD書き換えは過失」であるとして処理するとの指示を受けて、業務日誌に「客観的事実から書き換えは過失と認めざるを得ない」との記載を行ったのである。
 
 報道機関の報道を見ると、
①大坪前部長も佐賀前副部長も改ざんが意図的なものであったことを認識したうえで、「過失によるもの」と処理した、
 
と事実に即して報道を行っているものと、
 
②証拠として現存している書類である「業務日誌」に、「客観的事実から書き換えは過失と認めざるを得ない」と記載されている点を強調するとともに、仮に公判請求された場合に、物証としてはこの「業務日誌」しか存在しないことを強調する報道、
 
とに二分されている。

人気ブログランキングへ

 前者の報道が真実に即しており、後者の報道は、大坪前部長が改ざんの事実を知った上で、過失として処理することを指示したことに基づく「業務日誌」の内容だけを強調するものである。つまり、後者の報道は、今回の重大事件を検察幹部を含む組織的な犯罪にさせないため、最高検が無理に誘導するストーリーに協力する報道になっているのである。
 
 NHKなどは、ついに、この問題を報道しなくなっているが、その目的は、時間が経過した後で、最高検が大坪前部長と佐賀前副部長の犯人隠避罪での立件は、関係証拠から困難であると判断し、立件を見送る報道を行うための伏線であると考えられる。
 
 しかし、このような不正を容認することは絶対にできない。現職の検事4名が佐賀前副部長に意図的改ざんの事実を正確に伝えているのである。
 
 また、大坪前部長が意図的な改ざんであることを認識したうえで、「過失として処理する」と指示したことも、多くの関係者が目撃しているのである。
 
 このように、客観的な事実関係が明らかにされているにも関わらず、最高検が大坪前部長と佐賀前副部長の逮捕に踏み切らないことは、結局、身内の捜査では身内の犯罪を立件せず、重大犯罪を握りつぶすことを最高検自身が実例をもって立証することにほかならない。
 
 大坪前部長および佐賀前副部長が犯人隠避罪で逮捕されることは、間違いなく日本の検察史上最大の汚点になるだろう。検事総長以下の責任問題に発展することも間違いない。しかし、このことを理由に、重大犯罪を握りつぶすことは絶対に許されない。
 
 共同通信は、すでに大坪前部長と佐賀前副部長が逮捕されるとの見通しをニュース報道で発信している。他の報道機関も、この最重要ニュースを適切に報道する必要がある。検察と癒着して、重大犯罪をもみ消すことに加担することは許されない。
 
 とりわけ、NHKの対応は問題である。NHK解体を含む、NHKの組織の在り方の抜本見直しが求められている。
 
 いずれにせよ、大坪前部長と佐賀前副部長の犯罪はすでに明白になっている。最高検は法と証拠に基づき、直ちに適正な対応を示すべきである。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 大阪地検大坪前特捜部長らの無罪放免は許されない | トップページ | 大坪前特捜部長ら逮捕へ 犯人隠避容疑、最高検 »

検察の暴走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/37012158

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪地検証拠改竄事件業務日誌は指示に基く記述:

» 大阪地検のトップも聴取へ 最高検が方針固める [脊振の麓~大自然の図書館]
大阪地検大坪前特捜部長らの無罪放免は許されない 宜しければclickお願いします。 特捜神話の終焉/郷原 信郎 ¥1,575 Amazon.co.jp 「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関/石塚 健司 ¥1,575 Amazon.co.jp 冤罪法廷 特捜検察の落日/魚住 昭... [続きを読む]

» 【またもや不起訴】小沢氏の政治的復権がそう遠くない将来に実現することは間違いない!【当然の結果】 [ステイメンの雑記帖 ]
 先の民主党代表選において、党員・サポーター票は4:6の割合で変節奸の方が得票数が多かった。  これはひとえに、1年半以上続く売国翼賛マスゴミによる小沢氏に対する執拗なネガキャンが効いたものである。  そして、その主要なネタとされるのが、「西松事件」「陸山会事件」であることは間違いない。  だが、「特騒犬察のエース」とまで謳われた前田恒彦容疑者の犯人でっち上げの実態を見る限り、それら 「政治とカネ」に纏わるとされる問題そのものが虚構である可能性がより濃厚 である。  さて、小沢氏に対しては、 「市民... [続きを読む]

» 中国漁船、実は「工作船」だった? [父さんの日記]
尖閣諸島での釣り船衝突から船長の逮捕・釈放に至る問題、私はこの事件を知った時に、「漁船が自ら巡視船に衝突してくるなんて、衝突した方がダメージを受けるだろうに、そんな自殺行為をする漁船があるのか?」との疑問をもち、しかし、時間もなく入手する情報量が不足し、なかなかその疑問を解くことができませんでした。 が、やっとそのことを理解することができました。 どうやらこの漁船は工作船だった可能性があるというのです。以下、昨日読んだ日刊ゲンダイから、春名幹男氏のコラムを紹介します。春名幹男 国際情報を読む 中国船... [続きを読む]

» マスゴミは国民の意思による不視聴拡大でか、それとも自業自得で自滅か [ライジング・サン(甦る日本)]
またまたマスゴミの報道捏造疑惑が出てきた。 それは「尖閣諸島沖で中国の漁船と海上保安庁の巡視船2隻が接触した事件で、丹羽駐中国大使が現地時間12日午前0時(深夜)に中国側に呼び出された」ということで、中国は無礼な国だとかマスゴミが騒ぎ、日本国民に反中感情を拡大... [続きを読む]

» 郵便不正の証拠改竄事件 ~ これは検察庁の問題ではない [誰も通らない裏道]
前エントリーでも触れたが、大阪地検の郵便不正証拠改竄事件のニュースが激減している [続きを読む]

« 大阪地検大坪前特捜部長らの無罪放免は許されない | トップページ | 大坪前特捜部長ら逮捕へ 犯人隠避容疑、最高検 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ