« テレ朝スクランブルがNHK模倣偏向報道実行 | トップページ | 公開討論を卑劣悪質俗悪にしたゴロ○○記者実名 »

2010年9月 2日 (木)

見識・能力・人物の格差歴然の代表選公開討論

民主党代表選に向けて小沢一郎氏と菅直人氏の公開討論会が行われた。

 小沢政権樹立妨害を目的に行動するマスゴミが主催する小沢一郎氏にとってはアウェイの討論会であったが、小沢氏の受け答えは堂々としたもので王者の風格を漂わせるものであった。
 
 菅直人氏の発言は小沢一郎氏に対する「カネと数の力にものを言わせる古い政治家」などの非礼な誹謗中傷に終始する痛すぎるものだった。小人の風情を如何なく発揮していた。総理の職にあるのだから総理の職をまっとうするのは当然のことで、このことをオウムのように繰り返し強調するのは恩着せがましい
 
 マスゴミ記者は「政治とカネ」問題で、懸命に小沢氏のイメージを貶(おとし)めることに注力したが、小沢氏の清々とした説明に一蹴され、結局、小沢氏を攻撃する具体的な根拠を持たないことが明らかになった。
 
 それでも一般国民は、まだ問題の詳細を掴みかねているものと思われる。
 
 小沢氏は検察当局の1年半に及ぶ捜査にも拘わらず、犯罪の発掘ができなかった事実を改めて指摘した。しかし、マスゴミが検察審査会の問題、秘書逮捕の問題を強調しているため、一般国民はこれらの問題を誤解したままになっているかも知れない。
 
 つまり、秘書が何人も逮捕されたから、何か大きな悪事が存在したのではないか、そのことに小沢氏が関わっているのではないかとのイメージが一般市民に植え付けられてきたのである。偽黄門のように「悪いことをした人間」などの言葉を吐いて低能をさらけ出す人物さえ存在している。
 
 ここが問題の核心である。秘書の問題がすべて明らかになっているが、これらが、すべて取るに足らない、通常であれば報告書の修正で済まされる問題、あるいは、逮捕そのものが誤認逮捕であったという「知られざる真実」がまだ、一般市民に周知徹底されていない。これが問題なのである。
 
 小沢一郎氏は極めて遠慮深い人柄であるので、このことをこまごまと説明していない。この部分をこまごまと説明すれば、間違った一般市民のイメージは払拭されるはずのものである。
 
 それでも、記者クラブの討論会では、卑劣な悪徳ペンタゴン走狗の記者たちが、事実を捻じ曲げて4対1で小沢一郎氏に襲いかかるから、今回の小沢氏のようなさらりとした説明が正解だったのかもしれない。
 
 しかし、小沢一郎氏陣営はこの点を留意しなければならない。テレビ朝日番組に出演した海江田万里議員は、この点について、北野大氏が間違ったイメージを植え付けられている一般市民をそのまま代表してこの質問を示したから、この点についてきちんとした説明を示す絶好のチャンスを得た。
 
 それにもかかわらず、海江田氏がまったく説明を示さなかった。海江田氏が詳細をしっかりと把握していなかったのではないか。このような対応の不備が大きな失点を生んでしまう。これを上手の手から水が漏れるという。
 
 小沢一郎氏選対は、この点で早急に綿密な対応策を講じる必要がある。

人気ブログランキングへ

 公開討論会のポイントは以下の三点だった。

 第一は、普天間問題について、小沢氏があくまでも沖縄県民の意思尊重を重視したのに対し、菅直人氏は沖縄住民の意向を切り捨てる決定を固守することを改めて明言したことだ。私は日本国民が菅直人氏に対して不信任を突き付けたのは当然のことだと判断する。
 
 第二は、菅直人氏が政策の第一の柱として提示する「雇用、雇用、雇用」が意味不明であることが改めて明らかになったことだ。雇用量は経済活動規模そのものである。経済活動規模の拡大策を提示せずに雇用、雇用と叫ぶのは、人をレストランに招待して、お金を出さずに「何でも好きなものを食べていいよ」と勧めるのに等しい。詳しくは
「代表選:雇用重視を掲げ雇用悪化推進の菅直人氏」
をご高覧賜りたい。
 
 第三は、菅直人氏が小沢氏に対して「金と数の力にモノを言わせる古いタイプの政治家」と、根拠不明な誹謗中傷を浴びせる一方で、自身が招いた参院選大敗北の結果を、「天の配剤」などと、あたかも自分が良い結果を生みだしたかのような詭弁を弄して素知らぬ顔を示し続けていることだ。参院選前に参院選が菅政権に対する信任投票だと言い切ったことなど、おくびにも出さない。
 
 人間を見抜く人は、例外なく宰相として小沢一郎氏を選択するだろう。
 
 この討論を見てなお菅直人氏を選択する人は、その人物自体が菅直人氏レベルということになるのだろう。
 
 見識、専門能力、人物を基準に宰相を選ばねばならない。上記の三つのポイントは、小沢一郎氏と菅直人氏の、見識、専門能力、人物をそのまま示すものである。
 
 今日の質問者のようなマスゴミで働く人は、金で雇われている悲しい人々である。雇い主の意向には逆らえない。こうしたすべての構造をしっかりと認識して、日本の将来を委ねる宰相には、正しく小沢一郎氏を選択しなければならない。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« テレ朝スクランブルがNHK模倣偏向報道実行 | トップページ | 公開討論を卑劣悪質俗悪にしたゴロ○○記者実名 »

2010年9月民主党代表選」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/36501045

この記事へのトラックバック一覧です: 見識・能力・人物の格差歴然の代表選公開討論:

» 民主党代表選挙 共同記者会見 [ひげログ人]
民主党代表選に立候補した菅直人首相と小沢一郎前幹事長が1日午後4時、ホテルニュー [続きを読む]

» 特権階級の世界と大衆共認の世界を繋いでいたもの(1)~武力支配時代の秩序期待 [日本を守るのに右も左もない]
8/10なんでや劇場「金貸しとその手先(特権階級)たちの思惑は?」では、「特権階級の世界と大衆共認の世界が断絶し、特権階級は空中浮遊している」という新たな捉え方が提起された。そして、断絶した世界の接点は社会共認の形成であるが、暴走する特権階級が大衆の側に歩み寄る可能性はゼロであって、大衆の側から接点をつくるしかない。つまり、充足共認や企業の共同体化という身近な次元から「日本や世界をどうする?」という社会的な次元にまで大衆共認がジャンプアップできるかどうかが課題となる。 では、特権階級と大衆共認の世界... [続きを読む]

» 日本操り班(知日派)マイケル・グリーンが小沢氏を酷評 [ライジング・サン(甦る日本)]
今日の引き続き民主党代表選の公開討論会 が開かれた。 結果は言うなでもなく、小沢氏が挑戦者なのだが王者の風格と分かりやすい応答で菅直人を圧倒した。 小沢氏と菅直人の目の前にテレ朝の星浩、読売の禿(橋)本五郎などが居座り偉そうな態度で質問をしていたが、この日... [続きを読む]

» 【日本一新】小沢氏は理念に基づいた諸施策を粘り強く主権者に訴えていくべきだ! [ステイメンの雑記帖 ]
 事実上、次期首相を決める民主党の代表選は告示からまだ2日目だというのに完全にヒートアップし、本来仲間同士であるのに互いに罵りあっている情勢である!  だが、これは所謂 「寄り合い所帯」であった民主党が、真に「国民政党」へステージアップするに避けては通れない道 であるとも言えよう!  残念なのは、 セクト主義に凝り固まった変節菅や阿波狸 どもが、それに全く気づいていない点である!  そんな中、日本記者クラブ主催による公開討論会が行われたが、 またしても器量の大きさの違いが如実に現れた! (以下、引用... [続きを読む]

» 小沢一郎は怖い人~誰にとって? [どなんとぅ ぬ だぁ ]
ご無沙汰。辛うじて生きてました。 小沢応援チラシ作りました。「どなんとぅ 命つな [続きを読む]

» 民主代表選:「古い政治」互いに攻撃 菅氏VS小沢氏   民主党代表選挙投票券が来た [自分なりの判断のご紹介]
このニュース見てくださいな。 3カ月予報:全国的に9月残暑厳しい 気象庁は25日、9~11月の 3カ月予報を発表した。 太平洋高気圧の弱まりが 平年に比べ遅いため、気温は 全国的に平年より高めとなる 見込み。... [続きを読む]

» 特権階級の世界と大衆共認の世界を繋いでいたもの(2)~金貸し支配⇒三権分立が特権階級の暴走を可能にした [日本を守るのに右も左もない]
「特権階級の世界と大衆共認の世界を繋いでいたもの(1)~武力支配時代の秩序期待」では、武力支配の時代においては、全社会的な秩序期待こそが、支配階級・特権階級と大衆の世界を繋ぐ紐帯だったことを述べた。 では、近代はどうなったか? その前提として、近代になって制度がどう変わったのかを明らかにしておく必要があるだろう。 立正大学阪口大和氏の論文「現代社会の権力構造(6)立正経営論集(2005年12月)」から引用する。 この論文の趣旨は、三権分立制度の建前は、それによって権力集中の弊害を除けると仮定している... [続きを読む]

« テレ朝スクランブルがNHK模倣偏向報道実行 | トップページ | 公開討論を卑劣悪質俗悪にしたゴロ○○記者実名 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ