« 「仙谷時代の悪代菅」と主権者国民の全面対決 | トップページ | 対米隷属悪徳ペンタゴン菅直人政権打倒が課題 »

2010年9月18日 (土)

人の道を外す有頂天の人々に鉄槌が下される日

民主党は2005年から2006年にかけて解党の危機に直面した。

 民主党が自由党と合併したのは2003年9月である。この年の11月に総選挙があった。民主党は177議席に議席数を増加させたが、まだまだ政権交代にはまったく手が届かなかった。
 
 菅直人代表は2004年5月に代表職を辞した。後継代表に就任したのは岡田克也氏である。岡田民主党は2004年7月の参院選には勝利したが、2005年9月の総選挙で大敗した。総選挙に際して、具体的な政策方針、政権構想をまったく示せなかったことが敗因だった。小泉政権の大勝を許し、郵政民営化法の成立を許してしまった。
 
 岡田克也氏は総選挙大敗の責任を取って辞任した。後継代表に就任したのが前原誠司氏である。民主党は2006年の年初、ホリエモン逮捕、耐震構造偽装、輸入牛肉危険部位混入、防衛施設庁汚職など、小泉政権の失策が重なり、チャンスを得たが、偽メール問題の処理を誤り、解党の危機に直面した。
 
 前原代表は偽メール問題の責任を取って辞任した。後任の代表に就任したのが小沢一郎氏だった。小沢一郎氏は鳩山由紀夫氏、菅直人氏とトロイカ体制を構築して、民主党再生に尽力した。
 
 まず、2006年4月の千葉7区衆院補欠選挙で、太田和美候補を支援し、奇跡とも言える大逆転勝利を収めた。
 
 2007年7月の参院選で大勝を収め、参議院第一党の地位を確保するとともに、参院での与野党逆転の状況を生み出した。
 
 こうしたなかで、2007年秋に大連立問題、2008年春に日銀幹部人事問題などが表面化し、やや動揺が生じたが、問題は解決された。
 
 2008年秋の民主党代表選では、民主党内で複数候補による代表選実施が強く要請された。2006年から2008年の実績を見れば、小沢一郎氏の無投票三選が当然の状況だったが、党内で主戦論がささやかれた。結局、小沢氏は無投票三選された。
 
 いよいよ、決戦の総選挙が迫るなかで、2009年3月、小沢一郎氏の公設第一秘書が逮捕された。しかし、のちの公判で、この秘書逮捕は不当逮捕だったことが明らかにされた。

人気ブログランキングへ

 つまり、小沢一郎氏に何らの責任のない「冤罪」だったが、岡田克也氏、前原誠司氏、枝野幸男氏、仙谷由人氏などは、小沢一郎氏擁護でなく、小沢一郎氏攻撃に向かった。小沢一郎代表は、総選挙への影響を考慮して代表職を辞した。この機会に悪徳ペンタゴン8人衆は、岡田克也氏を擁立して権力奪取に向かった。結果は小沢一郎氏が推挙する鳩山由紀夫氏が民主党代表に選出された。
 
 この鳩山体制で2009年8月の総選挙を迎えた。結果は民主党の圧勝だった。この総選挙勝利により、政権交代が実現した。民主党政権誕生の最大の功労者は小沢一郎氏、そして、鳩山由紀夫氏だった。
 
 ところが、2010年1月15日に、再び、小沢一郎氏の元秘書などが逮捕された。このなかには、石川知裕衆議院議員も含まれた。詳細は、
「小沢一郎氏の「政治とカネ」問題研究第1回」「同第5回」
の各記事を参照いただきたいが、実質的な犯罪行為は皆無の事案だった。チンピラの因縁以下の案件だった。
 
 小沢一郎氏に責任はなかったが、鳩山政権が普天間問題の着地に失敗して6月2日に総辞職に追い込まれた際、鳩山前首相が誤解を与える発言をしたために、小沢一郎氏が悪人に仕立て上げられてしまった。
 
 小沢一郎氏は真摯に実情を説明してきているが、悪徳ペンタゴン一味のマスゴミが小沢一郎氏を集中攻撃し、民主党内悪徳ペンタゴン派議員が小沢一郎氏を集中攻撃した結果、無実の小沢一郎氏が悪者に仕立て上げられた。
 
 鳩山首相退陣を受けて後継首相に就任した菅直人氏は、卑劣な反小沢氏体制構築に動いた。同時に参院選に際して、消費税大増税公約を提示し、参院選に大敗した。
 
 菅直人氏は、参院選を菅政権に対する信任投票と位置付けたから、参院選敗北を受けて辞任しなければならなかった。ところが、菅直人氏は、自分が参院選前に明言した「信任投票」という言葉を参院選後には一切使わず、自らの責任を回避する方向に疾走した。
 
 小沢一郎氏は、菅直人氏が民主党を完全に分断する党運営を実行していること、2009年総選挙での有権者との約束を破棄し始めたこと、政治主導の公約が実現されず官僚主導に回帰していることを危惧して、代表選出馬を決めた。
 
 これに対して、マスゴミが狂気の偏向報道、狂気の世論調詐ねつ造に動いた。
 
 民主党代表選は小沢一郎氏が勝利を収めたと見られるが、党員・サポーター票の集計で大規模な不正が行われたと考えられ、選挙結果が改ざんされ、菅直人氏が代表に再選されたとの疑いが存在しており、その疑いが現段階では払拭されていない。
 
 この選挙結果を受けて党執行部人事、内閣改造が実行されたが、さらに反小沢体制が構築された。
 
 これが、2003年以来の経緯である。
 
 政権交代を実現させた最大の功労者、貢献者は小沢一郎氏である。そして、小沢一郎氏は検察当局とマスゴミから、史上最大の不正で不当な攻撃を受け続けている。しかし、小沢一郎氏に非があるとの証拠は何ひとつ示されていない。本人も無実潔白を詳細に説明している。
 
 本来、民主党は一丸となって小沢一郎氏を擁護し、結束して検察ファッショ、マスゴミファッショと闘うべき局面である。
 
 ところが、民主党内悪徳ペンタゴン派が、検察ファッショ、マスゴミファッショと同一化して、小沢一郎氏攻撃を展開してきたのだ。
 
 客観的に判断して、小沢一郎氏に対する攻撃は不正で不当なものであり、政権交代実現の最大の功労者である小沢一郎氏を攻撃してきた勢力の行動は許されないものである。人間の道を外していることが最大の問題である。
 
 いま、この人の道を踏み外している人々が、わが世の春を謳歌している。しかし、このようなことが続いて良いはずがない。
 
 天網恢恢疎にして漏らさずである。
 
 不正は必ず発覚する。正義はどっしりと構えて、じっくりと検証を進めれば良い。人の道を外した者には、必ずその報いが来ることを忘れてはならない。

人気ブログランキングへ

誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻 Book 誰が日本を支配するのか!?政治とメディアの巻

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 「仙谷時代の悪代菅」と主権者国民の全面対決 | トップページ | 対米隷属悪徳ペンタゴン菅直人政権打倒が課題 »

第二平成維新運動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/36799816

この記事へのトラックバック一覧です: 人の道を外す有頂天の人々に鉄槌が下される日:

» 【内閣改造】小沢派は来るべき再戦の日まで戦力を立て直すべきだ!【反小沢】 [ステイメンの雑記帖 ]
 「反小沢」のただ一事だけをもって売国翼賛マスゴミと野合して、まんまと民主党代表に再選された変節奸であるが、臨時党大会でも「412人内閣」だの「挙党一致」だのほざいていた!  だが、 党役員人事に引き続き行われた内閣改造によって、それがやっぱりいつもの食言 であったことが明らかとなった!  上記の閣僚一覧を見ても判るように、先の代表選において小沢氏へ一票を投じた議員が辛うじて3名入閣はしている!だが、圧倒的に反小沢勢力で固められているではないか!  第一、 小沢グループからは誰一人として入閣していな... [続きを読む]

» それでも国民は菅政権の方針を認めたわけではない [ライジング・サン(甦る日本)]
1,2日間私用引っ越しで更新が出来ませんでした。 いつも閲覧にこられている方々には申し訳なく思っております。  体力には自信があるのですが、さすが一家族分一人で全てやると疲れます(笑) さて、菅直人が組閣したが、顔ぶれを見る限りではほとんど反小沢系である。 ... [続きを読む]

» 【日本一新】売国翼賛マスゴミよ!傲慢になるのもいい加減、大概にしろ!【ネガキャン】 [ステイメンの雑記帖 ]
 先の参院選において国民からNOを突き付けられながら、 ありとあらゆる策謀と売国翼賛マスゴミの全面支援によって変節奸がまんまと首相に再選 したわけだが、代表選が終わった途端、売国翼賛マスゴミとの枢軸体制は脆くも崩壊した!  そして18日午後、 小沢元幹事長が頭狂痴犬特騒部から実に四度目となる事情聴取 を受けた! (以下、引用開始) 「疑念のような事実はない」 小沢氏が聴取後にコメント  民主党の小沢一郎元代表は18日、 東京地検特捜部からの4度目の事情聴取後 、弁護士を通じてコメントを発表した。(以... [続きを読む]

» 米原誠司 日本のサーカシビリになるのか? [Dendrodium]
中国漁船接触:逮捕の船長、石垣島に移送 中国漁船接触:偶発的事件で処理へ 中国:「東シナ海ガス田交渉を延期」 船長拘置に対抗 中国漁... [続きを読む]

» 特権階級の世界と大衆の世界を繋いでいたもの(4) 豊かさ期待に代わる新しい期待感「参画期待」 [日本を守るのに右も左もない]
「武力支配時代の秩序期待」、「近代~’70年までの豊かさ期待」で述べてきた論点は、次の通りである。 【1】武力支配の時代は秩序化期待、近代では豊かさ期待が全社会的に充満しており、そこでは国民の為に働くのが為政者の条件であるという共認が働いており、特権階級は中立性・公平性を投げ捨てて暴走することはなかった。つまり、全社会的な期待感こそが、支配階級・特権階級の世界と大衆共認の世界の紐帯であった。 【2】ところが、’70年頃豊かさの実現によって、社会全体から沸き起こる豊かさ期待は衰弱し、とりわけ’90年... [続きを読む]

« 「仙谷時代の悪代菅」と主権者国民の全面対決 | トップページ | 対米隷属悪徳ペンタゴン菅直人政権打倒が課題 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ