« 菅首相前原国交相早期退陣で民主党再生を | トップページ | 「死に体」菅直人政権が臨む不毛な国会論戦 »

2010年8月 1日 (日)

正統性ない菅直人政権の続投

菅直人政権は必ず行き詰まる。最大の理由は菅直人首相が人間力を欠いていることにある。
 
 小渕恵三元首相は「富国有徳」の言葉を掲げた。
 
 菅直人首相には首相としての専門能力以前に人間としての信頼感がない。そのうえ、首相としての専門能力も欠いている。

 徳のない政治を持続させれば、小泉政権下の日本に舞い戻る。
 
 かつて、霞が関に対抗する理念と情熱を菅直人氏が維持し続けてきたなら、首相に就任して、大きな仕事をすることができただろう。しかし、いつの頃からか、菅直人氏にとって、目的と手段が入れ替わってしまったのだろう。
 
 民主党の混乱は、6.2クーデターに端を発している。6.2クーデターとは、民主党中心勢力から小沢一郎氏グループを排除した政変を意味する。
 
 自由党と民主党の合併の経緯を踏まえれば、小政党であった自由党代表の小沢一郎氏が民主党代表に就任してから、民主党が大躍進したことは、元民主党議員からすれば快いことではないのかも知れない。
 
 しかし、民主党は鳩山由紀夫氏、菅直人氏、岡田克也氏、前原誠司氏が代表を務めた結果、2006年には解党の危機に直面した。この危機に火中の栗を拾ったのが小沢一郎氏である。2006年から2009年までの3年間に、民主党は解党の危機から政権交代実現にまで、党勢を大躍進させた。小沢一郎氏の力量を否定することは誰にもできない。
 
 日本の既得権益勢力=米官業政電の悪徳ペンタゴンは、小沢一郎氏を最強の危険人物と認定した。その結果、2006年以降、悪徳ペンタゴンは小沢一郎氏攻撃を執拗に繰り返して現在に至っているのだ。
 
 民主党内部には、悪徳ペンタゴンと繋がる勢力が存在していた。これが七奉行を中心とする勢力である。
 
 偽黄門=渡部恒三氏を後見人とする仙谷由人氏、岡田克也氏、野田佳彦氏、前原誠司氏、枝野幸男氏、玄葉光一郎氏、の七名がその中核をなす。
 樽床伸二氏は七奉行から脱退した。
 
 菅直人氏は首相の椅子を掴むため、小沢一郎氏に恭順の意を示してきた。本年元旦の小沢邸での新年会にも出席し、臣下の礼を取った。
 
 ところが、6.2クーデターに際して、民主党内悪徳ペンタゴン派と結託し、民主党を乗っ取ってしまった。小沢一郎氏に対しては、「しばらく静かにしていた方がいい」との暴言を浴びせた。
 
 まさに、目的のためには手段を選ばない品性の下劣さを如何なく発揮した。
 
 共闘一致体制で臨まねばならなかった「決戦の総選挙」に向けて、菅直人氏は民主党を分裂させる暴挙を演じた。その結果として、民主党の参院選大敗がもたらされた。
 
 参院選の勝敗を分ける最大の決戦場が29の1人区である。この1人区で8勝21敗の大敗北を喫した主因が、菅直人氏の言動にあった。
 
 菅直人氏は民主党を分裂させるとともに、党内でまったく論議していない消費税大増税公約をマニフェスト発表会見で政権公約として掲げたのである。

人気ブログランキングへ

『月刊日本』2010年8月号が発行された。

 

月刊 日本 2010年 08月号 [雑誌] Book 月刊 日本 2010年 08月号 [雑誌]

販売元:ケイアンドケイプレス
発売日:2010/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻頭特集は「自壊する菅政権」である。
  
村上正邦・筆坂秀世「覇道に堕ちた菅首相」
森田実「菅と自民は「増税翼賛会」だ」
平野貞夫「小沢の沈黙が意味するもの」
植草一秀「対米隷属の菅政権を打倒せよ」
の各論文が所収されている。
 
 また、
鈴木宗男「菅首相は民主主義の基本に立ち返れ」
も収められている。
 
 菅政権は悪徳ペンタゴンに属する政権であり、昨年9月に樹立された主権者国民政権を継承するものでない。悪徳ペンタゴン広報部隊のマスゴミは菅直人政権の延命を画策する。
 
 菅直人氏が議員定数削減に動き始めたが、最終的な狙いは「対米隷属二大政党制確立」にある。
 

対米隷属勢力が民主党を乗っ取り、ここに同じく対米隷属勢力の「みんなの党」が合流する。これと、従来の悪徳ペンタゴン勢力である自民党を中心とする勢力が二大政党の一翼を担う。この二大勢力が結託して、①対米隷属、②官僚主導、③大資本と癒着する政治、が維持されることになる。
 
 議員定数削減は、対米隷属に反対する小政党を壊滅させる点に最大の狙いがある。議員定数削減は、比例区の定数削減に進めば、明らかに小政党抹殺の意図が鮮明になる。
 
 菅直人氏は主権者国民から不信任を突き付けられ、民主党議員からも不信任を突き付けられており、延命する基本条件を欠いている。
 民主党にとって何よりも重要なことは、正統制のある最良の人物を代表選に擁立することである。悪徳ペンタゴンに乗っ取られた民主党を主権者国民の手元に引き戻さねばならない。

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実 知られざる真実

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 菅首相前原国交相早期退陣で民主党再生を | トップページ | 「死に体」菅直人政権が臨む不毛な国会論戦 »

2010参院選(3)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/35980442

この記事へのトラックバック一覧です: 正統性ない菅直人政権の続投:

» 9月民主党代表選に小沢(派)が必ず勝利しなければならない [ライジング・サン(甦る日本)]
オバマ政権の崩壊が近づいてきた。  副島隆彦氏はオバマが大統領になる前から、次の大統領はオバマだと予測して当てた。 しかしその直後からいきなり今度はオバマは2年後に辞任するだろうと予測してきた。 そしてオバマの次はヒラリー(デヴィッド・ロックフェラーの子分)が... [続きを読む]

» 【民主党】理念の柱となるのは当然「国民の生活が第一」でなければならない!【代表選】 [ステイメンの雑記帖 ]
 棚ぼたで首相の座を射止め、本来であれば選挙管理内閣に過ぎなかったはずなのに、 党内論議を踏まないまま09マニフェストを踏みにじり、稚拙すぎる選挙戦術で全てをぶち壊しにした変節菅 であるが、お子ちゃま六奉行一派ともども敗戦の責任を取るどころか、両院議員総会で火達磨になりながらも9月の民主党代表選への出馬を表明した!  そのような無責任極まる変節菅に対し、閣僚の多くが再選支持を表明したわけだが、短期間とは言え臨時国会開会中である以上無理からぬことである。  問題は、霞ヶ関垢悶倶楽部の輩に籠絡された変節... [続きを読む]

» 民主党内『小沢vs反小沢』勢力図予測(第五弾):衆議院“新潟~沖縄の小選挙区議員”編 [日本を守るのに右も左もない]
2010年7月26日付き毎日新聞の世論調査は,どう考えても合点がいかない。 毎日新聞世論調査:「首相続投を」8割 内閣支持は微減41%、不支持40%  ◇小沢氏復権「好ましくない」85% 毎日新聞は24、25日、参院選後初めてとなる全国世論調査を実施した。 菅内閣の支持率は前回調査(今月7、8日実施)から2ポイント減の41%と下落傾向が続き、4ポイント上昇した不支持率(40%)と拮抗(きっこう)。一方、参院選で大敗した菅直人首相の責任論については「辞任する必要はない」が80%に上り、「辞任すべきだ... [続きを読む]

» 小沢一郎氏への四つ目のお願い [杉並からの情報発信です]
私は一昨日のブログ記事「小沢一郎氏へ3つのお願い」で小沢一郎民主党前幹事長に対する3つの願いを書きました。 一つは国民に直接話しかけて大手マスコミが植え付けた「小沢一郎=悪徳政治家」のイメージを払拭して国民の誤解を解いてほしいことです。   二つ目は9月の民主党代表選に自ら出馬して菅首相を打ち破り首相になってほしいことです。 三つ目はオバマ米大統領と話し合い「対米従属」ではない「対等な関係」を築くために「日米安保条約」を破棄して「日米平和条約」を締結してほしい ことです。 三つのお願いに加えて... [続きを読む]

» 8/10なんでや劇場に向けて⇒副島隆彦氏著『新たなる金融危機に向かう世界』の注目論点の紹介 [日本を守るのに右も左もない]
8月10日のなんでや劇場のテーマが「金貸しとその手先(特権階級)の思惑は?」に決まった。「参加者には、過去40年間のGDP・株式・原油・金(キン)・土地・為替グラフをプレゼント」とのことだから、おそらく、この間の経済問題も扱われるのであろう。 その参考にもなると思うので、副島隆彦氏の新刊『新たなる金融危機に向かう世界』(徳間書店)の中から、注目すべき論点を紹介する。 いつも応援ありがとうございます。 :D :m034: ...... [続きを読む]

» 「大手マスコミが伝えない真実」 元大手紙政治部キャップ霞泰介氏が自身の癒着の実像を告白(なお阿修羅投稿者純一殿へ) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 記事を紹介する前に一言。  阿修羅投稿者純一殿はなぜ元記事の表題を投稿でも表題に入れ紹介しなかったのか、なぜ元記事ページのURLを紹介しなかったのか、なぜ元記事ではなく記事紹介しているブログを紹介する様な事をしたのか。投稿中のリンク先は最初にこれで、次にこれになってる。本来は「週刊大阪日日新聞」のこのページがリンク先であるべきです。(順にキャプチャ保存す。最初、次に、この頁) 「週刊大阪日日新聞」 が止まらない ~「官房機密費問題」 最新記事~ (暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~) http... [続きを読む]

» 思いつきか、確信犯か、消費税の次は比例議員の削減を言い出す能無しカン [ゆきひろ・社会科日記]
臨時国会で消費税発言についての質問に [続きを読む]

« 菅首相前原国交相早期退陣で民主党再生を | トップページ | 「死に体」菅直人政権が臨む不毛な国会論戦 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ