« 主権者国民VS悪徳ペンタゴンの壮絶な闘い | トップページ | マスゴミは主権者国民の敵ネットから徹底抗戦 »

2010年7月19日 (月)

対米隷属派の民主乗っ取りを支援するマスゴミ

菅直人氏が率いる民主党が参院選に大敗した主因は二つだ。

 ひとつは、民主党内の決定手続きもないままに、6月17日のマニフェスト発表会見で、消費税率10%への引き上げを示唆し、玄葉光一郎政調会長が最速で2012年秋の実施を明言したこと。さらに、その後、この公約提示が問題になると菅首相発言がぶれまくったこと。
 
 二つ目の理由は、菅政権発足に際して、新体制を反小沢氏一色に染め抜いたこと。反小沢氏陣営の基本主張は①対米隷属と②市場原理主義である。
 これまでの民主党主流である小沢氏陣営は、①自主独立と②共生重視主義を基本に据えてきた。菅首相が小沢一郎前幹事長に対して「しばらく静かにしていた方がいい」と暴言を浴びせたことにより、多数の民主党支持者が民主党から離反した。
 
 この二つの理由によって、菅民主党は惨敗した。
 
 菅首相はかつて自民党が総選挙を経ずに政権をたらい回しにしたことを強く批判した。今回の政権交代について野党から批判を受けると、
「参院選が政権に対する国民の審判になる」
と発言し、参院選結果によって、国民の信認を確認できることを示した。その参院選で民主党が大敗したのだから、菅政権に正統性がないことは菅首相自身が認めたことになる。菅首相は潔く身を引くべきだ。
 
 民主党内反小沢氏勢力の議員は、民主党政権9ヵ月に対する審判が参院選だと主張するが、いわゆる「政治とカネ」問題には、鳩山首相と小沢幹事長の辞任でけじめがつけられていた。辞任後の世論調査で民主党支持率が高水準に戻ったのであるから、参院選結果に表れた民意は「政治とカネ」以外の問題に対する評価ということになる。
 
 「対米隷属」、「官僚主権」、「政治と大資本の癒着」を基礎に据える「悪徳ペンタゴン」勢力は、小沢一郎氏を最重要危険人物に認定し、手段を問わずに激しい攻撃を続けている。
 
 小沢氏が攻撃される最大の理由は、小沢氏が目指す政治の方向が、「米官業による日本政治支配構造」を破壊しかねない「主権者国民による日本政治支配構造」確立にあるからだ。

人気ブログランキングへ

闘いは「悪徳ペンタゴン」と「主権者国民」の間で展開されている。メディアは「悪徳ペンタゴン」の一味であるから、主権者国民が小沢氏支持に回らないように情報を工作して流布することに努めている。
 
 北野たけし氏、爆笑問題、テリー伊藤氏などの芸人を手先に使って情報工作を展開していると見られる。また、テレビに登場する解説者、司会者、評論家のほとんどが、悪徳ペンタゴンに飼いならされた御用人であると考えられる。
 
 今回の事案についての報道、いかがわしい世論調査結果を見ると、
①民主党が大敗した原因は消費税問題もあるが政治とカネ問題も大きかった
②選挙中に小沢前幹事長が民主党執行部を批判したことはよくなかった
③菅首相は首相を続投するべきだ
などの内容が不自然に示されている。世論調査の調査員が回答を誘導する手法を用いていることが多くの証言等によって裏付けられている。
 
 9月の民主党代表選で小沢氏グループを代表する人物が民主党代表に就任することを阻止しようと、激しい情報工作がすでに開始されている。
 
 民主党が実施した地方組織からのヒアリングでも、地方の声の大半は、現執行部に対する強い批判である。執行部が責任を一切取らないことに対しても強い批判が示されている。
 
 静岡県連の牧野聖修氏が小沢氏批判を述べたが、例外中の例外である。だが、メディアは牧野氏発言だけを繰り返し放映する。
 
 御用司会者代表の田原総一朗氏はテレビ番組内の発言で、民主党内の小沢氏系議員と反小沢氏系議員のどちらであるかについて、極めて神経質であることを示したが、テレビ番組のほとんどが、意図的に反小沢氏系議員だけを出演させていることを認知しなければならない。
 
 北野たけし氏、田原総一朗氏、爆笑問題、田勢康弘氏が司会をする番組、およびテレビ朝日系番組、読売テレビ系番組でこの傾向が顕著である。
 
 主権者国民勢力は悪徳ペンタゴンとの闘いに必ず勝利しなければならない。その第一歩は、9月の民主党代表選で民主党代表から対米隷属派を排除することである。
 
 カギを握るのは民主党内中間勢力の動向である。7月代表選では鳩山由紀夫前首相を軸とする中間勢力および旧民社、旧社会党勢力が菅直人氏支持に向かったために菅直人氏が当選した。
 しかし、菅首相は新体制を対米隷属派で固めた。対米隷属路線は鳩山氏を軸とする中間派、旧社会党系議員の基本方針に反するものである。
 
 民主党は、基本政策を①自主独立重視、②共生重視、に戻し、③官僚利権排除にも力を注ぐべきである。
 
 9月代表選で対米隷属勢力が再び代表職を確保するなら、主権者国民勢力=自主独立派=共生重視派はこれらの対米隷属派とたもとを分かち、主権者国民勢力を糾合して新政権樹立を目指すべきである。

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 主権者国民VS悪徳ペンタゴンの壮絶な闘い | トップページ | マスゴミは主権者国民の敵ネットから徹底抗戦 »

2010年9月民主党代表選」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対米隷属派の民主乗っ取りを支援するマスゴミ:

» 「竹中平蔵」に関するつぶやき(その2) [喜八ログ]
竹中平蔵さんへ。かつての「盟友」木村剛氏(「日本振興銀行」前会長)が逮捕されたにもかかわらず「だんまり」を決め込むのですか? そのような態度は拙劣過ぎるのではないでしょうか。... [続きを読む]

» ネットではばれているこれからの報道 [ゆきひろ・社会科日記]
いつも立ち寄りありがとうございます。 7月11日参議院選挙後の マスコミの報道姿勢でいろんな方が 指摘されているように、 真実の政策の報道をしていません [続きを読む]

» これから重要なのは9月の民主党代表選と11月の沖縄県知事選+米大統領中間選挙 [ライジング・サン(甦る日本)]
菅内閣は離陸してからダッチ・ロール状態のまま、不時着する空港もなく迷走している。 なんのことはない。 鳩山政権がズッコケタが、まだまだ残っていた「純」ジェット燃料に菅政権は不燃物(官僚・枝野・玄葉・仙谷などの反小沢議員ら)を入れてしまったからである。 それに先... [続きを読む]

« 主権者国民VS悪徳ペンタゴンの壮絶な闘い | トップページ | マスゴミは主権者国民の敵ネットから徹底抗戦 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ