« 未撤回の最速2012年消費税率10%民主公約 | トップページ | 道理に従い菅首相辞任は絶対に避けられない »

2010年7月11日 (日)

雨ニモマケズ必ず参院選投票で意思表明しよう

いよいよ参院選の投票日を迎えた。全国的に天候が不順で、地域によっては大雨が警戒されている。

しかし、消費税など、私たち主権者国民の生活に直結するのが国政の決定事項であり、主権者国民にとって望ましい政治を実現させるには、私たち主権者国民が選挙への投票で参政権を確実に行使しなければならない。

雨の予報が出されている地域に住む人々は、天候を予測して、投票所に足を運べるタイミングを逃さないように早めの投票を心掛けたい。

参院選直前に鳩山政権から菅政権への政権交代があった。菅政権の最大の特徴は、新政権を反小沢一郎氏勢力で固めたことだ。この反小沢勢力の特徴は、

①対米隷属

②市場原理主義

を基礎に置き、

③財政再建原理主義

を重視している点にある。

昨年8月の総選挙を通じて主権者国民が樹立した新政権は、

①対米隷属外交からの脱却

②市場原理主義に対峙する共生重視主義

を基礎に置き、

③景気回復重視

のスタンスを採用した。

したがって、昨年8月の総選挙で民主党を支持した主権者国民の多数は、小沢氏陣営の民主党議員を支持しており、いまの民主党を単純に支持できない状況に追い込まれている。ここが、昨年8月との決定的な違いである。

鳩山政権が総辞職に追い込まれた最大の理由は、普天間基地移設問題で、鳩山政権が主権者国民の意思を踏みにじってしまったことにある。

この問題は未解決で、8月末までの日米合意具体化、11月の沖縄県知事選などを通じて、今後、再び大問題として浮上するテーマである。

もうひとつ、参院選に向けて急浮上した大テーマがある。消費税大増税問題だ。菅直人首相は、6月17日のマニフェスト発表会見で、


①今年度中に抜本改革案をとりまとめること
 

(10分30秒経過時点)


②消費税率10%への引き上げ
 

(10分59秒経過時点)

を明言した。

補足説明と質疑応答を担当した玄葉光一郎国務相兼政調会長は、


①最速で2012年秋消費税大増税
 

(7分20秒経過時点)

を明言した。そして、菅首相は7月8日の街頭演説で、

「1ミリたりともぶれていないし、1ミリたりとも後退はしていない」

と明言した。

つまり、6月17日のマニフェスト発表会見で示した、


「最速2012年秋消費税率10%大増税」
 

は、民主党政権公約として、いまも厳然と生きている

のである。民主党マニフェストにも、
 
「税制の抜本改革を実施します」
 
と断言してある。

主権者国民は、このことをはっきりと認識したうえで投票しなければならない。

人気ブログランキングへ

しかも、民主党は法人税減税を同時に唱えているが、政府は2007年11月の報告で、


「日本の法人負担は国際的に高くない」(17-18ページ)
 

と明言している。

つまり、


「大企業には減税で優遇し、一般庶民には大増税で過酷な負担を強いる」
 

というのが、菅首相が提示した民主党の政権公約=マニフェストの中身である。

突き詰めると、今日の参院選で主権者国民は、二つの問題についての意見表明

を求められている。

第一は、沖縄辺野古の美しい海岸を破壊して米軍基地を作ることに賛成するのかどうか。同時に日本は米国の言いなりになるべきかどうか。

第二は、世界経済が極めて不安定ななかで、大企業に減税、一般庶民に大増税を実施する提案に賛成するのかどうか。

この二つの問題について、どう考えるのかを明らかにし、その結論を満たす候補者、政党に清き一票を投じる、あるいは、その結論を誘導するために有効な投票を行う

ことが求められている。

私は、

①辺野古の海岸を破壊する米軍基地建設に反対

であり、

②政府の無駄も排除せずに庶民に大増税、大企業に減税を実施することに反対である。

この考え方に従って、すでに10日に期日前投票を済ませた。

国政選挙は、主権者国民が日本の政治を動かす、日本の政治を変える原動力を行使する貴重な機会である。


全有権者が参政権を正当に行使して、日本の政治を主権者国民の意思を反映する方向に誘導しなければならない。
 

参院選への対応を考えるご参考として、

「小泉改革破綻と日本政治刷新」動画配信開始

ならびに、

「未撤回の最速2012年消費税率10%民主公約」

も、併せてご高覧賜りたい。

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 未撤回の最速2012年消費税率10%民主公約 | トップページ | 道理に従い菅首相辞任は絶対に避けられない »

2010参院選(2)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/35709797

この記事へのトラックバック一覧です: 雨ニモマケズ必ず参院選投票で意思表明しよう:

» 友よ、蜂起しよう!──「国民の生活が第一」の政治のために(二見伸明 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/224.html 投稿者 南青山 日時 2010 年 7 月 09 日 02:27:20: ahR4ulk6JJ6HU http://www.the-journal.jp/contents/futami/2010/07/post_23.html  民主党が惨敗の危機に直面している。6月2日、「普天間迷走」の責任をとって鳩山総理と小沢幹事長が辞任... [続きを読む]

» 拡大した普天間問題と脱米隷属意識を薄めさせる消費税増税論と大相撲賭博問題 [ライジング・サン(甦る日本)]
今日(7月11日)は参院選投票日である。 この選挙での争点は消費税増税にされているが、私がみる限りこれは国民への目くらましである。  鳩山首相が辞任した最大の理由の1つは普天間問題だったはずである。 官邸や外務省・防衛省、閣僚内親米議員に座敷牢に入れられ身動き... [続きを読む]

» 保坂展人・森原秀樹@新宿東口アルタ前広場演説 [喜八ログ]
2010年07月10日(土)、JR新宿駅東口アルタ前広場で行なわれた保坂展人・森原秀樹演説動画です。 [続きを読む]

» 【決戦】主権者として国の将来を考え、熟慮の上で日本の運命を決めなければならない【参院選】 [ステイメンの雑記帖 ]
 全国的に生憎の空模様の中、いよいよ今年最大の政治決戦である第22回参院通常選挙の投票がスタートした!  その投票日当日であるにも拘わらず、 何としても与党の過半数割れに追い込んで国政を混沌状態に追い込みたい売国新聞惨軽 は、性懲りもなく菅「暫定」首相に対する「褒め殺し」記事を掲載している!  そんな利権談合政治の復活を策謀する売国新聞惨軽の悪巧みを少しでも阻止すべく、先ほど投票所に足を運び、一票を投じてきた!  今回の参院選は、 昨夏の政権交代でようやく始まった民主主義定着と日本社会変革の動きが続... [続きを読む]

» 選挙に行きましょう。 [アーサーの何でもやってやろう!]
きょうは参議院議員選挙の投票日。 皆さん,ぜひ選挙に行きましょう! 私は期日前に投票してきました。どんな結果になるのか,不安と期待が入り交じっています。 [続きを読む]

» 菅直人総理大臣への返信 [ひげログ人]
参院選 本日(7/11)投開票。 今回ほど、不毛な選挙はなかったように思える。当 [続きを読む]

« 未撤回の最速2012年消費税率10%民主公約 | トップページ | 道理に従い菅首相辞任は絶対に避けられない »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ