« 財務省路線走狗の低劣な法人税減税提唱者 | トップページ | 菅政権=悪徳ペンタゴン派の疑いを検証すべき »

2010年6月18日 (金)

菅政権の超緊縮財政政策が日本経済を破壊する

1992年から2010年まで、日本経済はゼロ成長を続けた。この間、米国経済は2.24倍の規模に拡大、中国経済の規模は12.08倍に拡大した。日本は世界経済の成長から完全に取り残されて、停滞の20年を経験したことになる。

日本経済長期低迷の原因は三つある。第一は、1980年代後半のバブル経済の後遺症が大きかったこと。第二は、不良債権問題の早期適正処理を実行できなかったこと。第三は、経済政策が適正に運営されなかったこと、である。

「山高ければ谷深し」という言葉がある。1980年代後半、急激な円高進行のなかで、金利が急低下し、日本の資産価格が急騰した。日銀は1987年以降にマネーサプライを抑制しなければならなかったが、米国発の株価急落=ブラックマンデーなどが発生したことなどを背景に、金融政策の引き締めへの転換が遅れた。

その結果、日本に大規模な資産価格バブルが発生した。1990年代に入り、バブルが崩壊し、その余波として経済活動に強い下方圧力が生じたのである。

しかし、20年間も経済停滞が持続したのはバブル崩壊だけが原因ではない。バブル崩壊に対応する経済政策が適切に運営されなかったことが強く影響した。

第二の要因として提示した不良債権問題早期処理の失敗。日本政府は不良債権問題が表面化した1992年に抜本的な対応を実行するべきだった。ところが、大蔵省は天下り先の破たん処理に消極的な姿勢を示し、何も対応策を取らずに、問題を先送りした。

1998年になって、小渕政権が初めて抜本的な対応に動き始めたが、その後、小泉政権がマクロ経済政策対応を誤り、結局、問題が完全に解決せぬまま、20年の年月が流れたのである。

全体を通してみると、日本経済低迷20年の最大の要因は、経済政策運営の失敗にある。日本経済は1996年と2000年に本格浮上するチャンスを得た。いわゆる巡航速度の経済成長が実現し、この安定成長を維持すれば、さまざまなひずみが解消する好機を得たのである。

このチャンスをつぶしたのは、財務省の近視眼的な財政再建原理主義だった。1997年度、橋本政権は景気と金融に大きな不安が存在するなかで消費税増税に踏み切った。事態をより深刻化させたのは、消費税増税以外にも大規模なデフレ政策が併用されたことである。

2001年度に登場した小泉政権は、危機的な財政状況を改善することが最優先課題であるとして、超緊縮財政政策を実施した。これと並行して、「退出すべき企業を退出させる」方針を掲げ、企業の破たん処理を推進した。

この結果、株価は2年で半値に暴落し、日本経済は金融恐慌の危機に直面した。結局、小泉政権は公的資金で銀行を救済するという、掲げた方針とは正反対の施策で対応せざるを得なくなった。一方、このプロセスは、政策運営を事前に知った者だけが莫大な不労所得を得るための背徳の政策シナリオだった可能性が高い。

2008年から2009年にかけて、米国発で新しいバブル崩壊が表面化した。今回のバブル崩壊は不動産バブル崩壊ではなく、デリバティブ金融バブルの崩壊である。

不動産バブル崩壊の規模は兆ドル単位だが、デリバティブ金融バブル崩壊の規模は100兆ドル単位である。通常兵器と核兵器との格差に近い。

600兆ドル規模に拡大したと見られるデリバティブ金融商品の価格バブルが破裂した。損失は数兆ドルに達する見込みだが、現状ではまだ1兆ドル程度しか処理が完了していない。

2009年に主要国は巨大な財政政策を発動した。このケインズ政策により、世界経済は一時的な回復を示した。しかし、この政策効果が縮小するにつれて、先行き不透明感が広がり始めている。

新たな問題を生み出す先頭に位置するのが欧州である。欧州諸国の一部に財政事情が極度に悪化して、デフォルト不安が表面化した。もとより財政支出拡大に消極的な欧州諸国が、一段と緊縮財政にかじを切り始めた。詳しくは『金利・為替・株価特報』をご高覧賜りたい。

人気ブログランキングへ

このタイミングで、日本で政治クーデターが発生した。

国民生活を最優先する政権が総辞職し、米国、官僚、大資本と癒着する新政権が民主党内クーデターにより樹立された。

この菅新政権が財務省主導の財政再建原理主義に基づく暴走を開始した。

2011年度当初予算での国債発行金額を44.3兆円以内に抑制し、2012年度に消費税率5%ポイント引き上げを実施する態勢を示し始めたのだ。消費税率が5%引き上げられれば、9兆円の増税になる。この方向に政策が進めば、日本経済が三たび破壊されることは間違いない。

日経平均株価は本年4月5日の11,339円をピークに下落波動に転じる可能性が高まる。

財政収支が極度に悪化した最大の理由は、不況の進行にある。したがって、財政健全化にとって、まず必要なことは、経済の回復である。

経済を回復させ、政府支出の無駄を排除する。増税などの増収措置は最後に発動すべき施策なのだ。増税で景気が良くなることはあり得ない。増税で景気が悪化すれば、財政収支は良くなるどころか悪化する。これは橋本政権時代に経験済みである。

政府支出が追加される領域で、当該分野の成長が促されるのは当たり前の話だ。これを成長戦略と呼ぶことはできない。一国経済の国際経済における分業のあり方の変化に伴い、成長分野は変化する。

かつて、日本が輸出で成長を実現した時代は、製造業が成長のけん引役だった。これからの日本では、医療、介護、養護などの分野の成長が拡大するのは当然のことである。

財政の健全化、経済成長の実現、持続可能な安定した社会保障制度の確立は、いずれも重要課題だが、緊縮財政でこれらが実現するわけではない。

「強い経済、強い財政、強い社会保障」の言葉は正論だが、この言葉には、その実現のための具体的方法はまったく含まれていない。問題は、この課題をどのようなプロセスで実現するのかである。

この視点で問題を捉えるときに、もっとも可能性の高い政策失敗は、財務省主導の超緊縮財政政策路線の道に引き込まれることである。この道は「けもの道」である。橋本政権も小泉政権もこの「けもの道」に迷いこんで、主権者国民に多大の犠牲を生んだ。

消費税増税を明確に打ち出すことが、「勇気ある行動」として称えられやすい風潮があるが、こうした人気目当ての政策運営は危険極まりない。

世界経済が2011年に向けて、再び悪化する懸念が強まりつつある現在、経済政策に求められる最優先課題は、「景気回復の維持」である。「景気回復維持」を捨てて、財政収支均衡化に突進して経済を破壊し、国民に多大の犠牲を生み出した歴史事実の前に謙虚でなければならない。

菅直人新政権のマクロ経済政策運営に巨大なリスクが浮上している。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 財務省路線走狗の低劣な法人税減税提唱者 | トップページ | 菅政権=悪徳ペンタゴン派の疑いを検証すべき »

消費税大増税=大企業減税」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅政権の超緊縮財政政策が日本経済を破壊する:

» 「小沢革命政権で日本を救え」 副島隆彦 × 佐藤優 [ライジング・サン(甦る日本)]
本日アマゾンより副島隆彦氏と佐藤優氏の共著&緊急出版である「小沢革命政権で日本を救え」が届き、今1回読み終えたところです。 内容は、ただ単に小沢 VS 検察という形だけでなく、多種多様に渡って議論されており非常に内容の濃い書となっています。 もちろんお互いが全て... [続きを読む]

» 興味本位のインチキ偏向メディア、河村市長に張り倒される 動画 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください [にほんブログ村 政治ブログへ]にほんブログ村http://www.asyura2.com/10/hasan68/msg/573.html 投稿者 gikou89 日時 2010 年 6 月 11 日 00:03:05: xbuVR8gI6Txyk (回答先: 河村たかし市長 日本の民主主義を語る 民間で金が回るようにせないかん 動画 投稿者 gikou89 日時 2010 年 6 月 11 日 00:00:49) 興味本位のイン... [続きを読む]

» 「日本を守れ!」 副島隆彦氏の気迫のこもったメッセージ [ライジング・サン(甦る日本)]
副島隆彦氏のサイトの、今日の「学問道場」(重掲)[24番] に気迫のこもった文が書かれていたので、是非みなさんにも読んで頂きたいと思う。 米国という属国に対しての行う暴力・泥棒行為に、日本国民はもっと危機感を持って防戦していくべきだ。 先日もTVで「世界で安全・... [続きを読む]

» 検察が危ない!郷原弁護士インタビュー [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください [にほんブログ村 政治ブログへ]にほんブログ村 2010年4月28日、議員会館にて行われた「司法の在り方を考える議員連盟」の会合の後に、郷原弁護士の事務所にて、単独インタビューを行いました。郷原弁護士の新刊「検察が危ない」の発刊後まもなく、この日の前日(4月27日)検察審査会が、小沢一郎氏の処分について「起訴相当」と議決したことを発表。検察審査会の驚きの議決内容について、説明しています。 くわしくは、岩上安身HPのニュースのトリセツへ... [続きを読む]

» みかみかりんご♪さんから頂いた難問―金融取引への課税について [静かなる革命2009]
みかみかりんごさんから頂いたコメントにレスを付けていたが,長くなったので1本エントリを立てることにした. 前半部を書いているときにはまだ質問の趣旨をよく把握していなかったため,多少的外れなところがあるかもしれない.後半部では,質問の趣旨を「全銀ネット上のトランザクションには,銀行から企業への融資,個人への貸し出し,あるいは消費者金融からの借金などの金融取引が含まれているのではないか?これによってトランザクション総量が膨張し,見かけ上の取引高を大きくしているのではないか?」と理解した上で,それに... [続きを読む]

» 【可視化】真に日本の変革を望む者どもは小沢一郎とその同志こそを支持すべきだ!【骨抜き】 [ステイメンの雑記帖 ]
 ジャパンハンドラーどもの走狗によって、退陣に追い込まれた鳩山前首相の後を襲った菅「暫定首相」だが、その擁立に動いた民主党のお子ちゃま六奉行一派は、「我が世の春を謳歌」している。  だが、奴らがとりまとめた参院選に向けた「マニフェスト」だが、その内容たるや とても「国民の生活が第一」「いのちを守る」ことを具現化するモノではない!  そんな中、「国民の生活が第一」の社会実現を目指していた多くの 民主党支持者を更に萎えさせる報告が特騒犬察一家牛耳る法務省から発表 された! (以下、引用開始) 取り調べ可... [続きを読む]

» 税金が高くなる。 [アーサーの何でもやってやろう!]
税金がどんどん高くなっている。 私の給与から引かれる税金,その他の額が,今月さらに増え,手取りが大きく減ってしまった。 保険解約で得た金額の差額が簡単に吹っ飛んでしまう。 たまったものではない。 重税感が高い月給取りに,さらに襲いかかる消費税10%の危機。取... [続きを読む]

» 売国対米隷属・新自由主義者 VS 自主独立・国民主権派の政界再編が近いように思えます [父さんの日記]
手短に、政界再編の可能性について思うことを書きます。実は、一昨日(6月17日)の小沢一郎政経フォーラムへ是非出席したいと希望していたのですが、仕事の調整に手間取り、結局申し込みの問い合わせが遅すぎたようで、手続きできずに終わってしまいました。小沢一郎氏と直接会い、側近の方々や支援者の皆さんからの生の情報もいただきたいと思っていたのですが、なんともトホホでございます。残念です。「小沢一郎氏に会いたい」その背景には、どうも9月の民主党代表選をまたずに政界再編がありそうな気配を感じていることがあります。参... [続きを読む]

» 裏切られた革命?:菅直人は革命を裏切ったのか?ないしは革命を裏切りつつあるのか? [静かなる革命2009]
普天間移設問題で迷走し,沖縄全島住民の願い,日本国民の期待に背いて自民党原案に舞い戻った鳩山連立内閣は,国民の信頼を失ってもろくも座屈した.その背景には改選期を迎え「これでは選挙を戦えない」という危機感を抱いた民主党参院側からの突き上げがあった.これを引き継ぎ2010年6月4日民主党両院議員総会で党代表に選出された菅直人は衆参両院で首班指名され第94代内閣総理大臣に就任する.これにより20%まで落ち込んだ民主党支持率は著しい改善を示し,V字を描いて急上昇した.首班指名から組閣まで土日を挟んでもわずか... [続きを読む]

» 全ての税金は「悪」である [ライジング・サン(甦る日本)]
            「全ての税金は”悪”である」 この言葉は副島隆彦氏が常に述べている言葉である。 私もそれに同意している。 ただ現実を考えれば一度に全ての税金を無くすことなど不可能に近いが、できるだけ国民全員がその意識を強く持ち、無駄に取られている税金... [続きを読む]

» 日本人は「失われた20年」の間も頑張っていた [satolog]
植草一秀の『知られざる真実』:菅政権の超緊縮財政政策が日本経済を破壊するを読むと、 1992年から2010年まで、日本経済はゼロ成長を続けた。この間、米国経済は2.24倍の規模に拡大、中国経済の規模は12.08倍に拡大した。日本は世界経済の成長から完全に取... [続きを読む]

« 財務省路線走狗の低劣な法人税減税提唱者 | トップページ | 菅政権=悪徳ペンタゴン派の疑いを検証すべき »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ