« 鳩山総理辞意表明と政治とカネ問題への誤対応 | トップページ | 菅直人民主党新代表選出と樽床伸二氏の名演説 »

2010年6月 3日 (木)

日本政治刷新第二幕に元祖刷新派菅直人氏登場

昨年8月30日の総選挙を通じて政権交代の大業が成就した。政権交代を牽引したのは、2006年4月に成立した小沢-鳩山-菅の民主党トロイカ体制だった。

日本政治刷新勢力は決戦の総選挙に大勝利を収め、日本の歴史上、初めて民衆の力による政権樹立が実現した。

しかし、もうひとつの決戦が残されている。2010年夏の参院選である。政治刷新勢力による新政権は衆議院で圧倒的多数を確保したが、参議院では過半数を辛うじて確保する勢力しか有していない。

これまで日本政治を支配してきたのが米・官・業のトライアングルである。このトライアングルの代理人として活動してきたのが利権政治屋と御用マスメディアであった。米官業に政電を加えた五者=悪徳ペンタゴンが日本政治を支配し続けてきた。

昨年9月の鳩山政権樹立は悪徳ペンタゴンの手から政治権力、政治利権を剥奪するものであった。既得権益勢力である悪徳ペンタゴンは、権力奪還に向けて死に物狂いの活動を展開してきた。

旧支配勢力の中核を占めるのが米国である。米国は第2次大戦後の65年間、日本政治を支配し続けてきた。露骨な内政干渉と政治謀略を繰り返してきたのが米国の対日工作の真実である。

この点については、名古屋大学教授の春名幹男氏の名著

『秘密のファイル-CIAの対日工作-(上・下)』

秘密のファイル#下# CIAの対日工作 Book 秘密のファイル(下) CIAの対日工作

著者:春名 幹男
販売元:株式会社共同通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あるいは、松本清張氏の名著

『日本の黒い霧』

日本の黒い霧〈上〉 (文春文庫) Book 日本の黒い霧〈上〉 (文春文庫)

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の黒い霧〈下〉 (文春文庫) Book 日本の黒い霧〈下〉 (文春文庫)

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

に詳しいので、ぜひご一読されたい。

米国が動員する対日工作の主役は、検察とマスメディアである。新政権粉砕を至上命題とする悪徳ペンタゴンは検察勢力とマスメディアを総動員して鳩山政権攻撃を続けてきた。

鳩山総理が辞意表明に際して小沢氏の「政治とカネ」の問題をクローズアップしたために、この問題が歪められた状態のまま、世間に残存することになることは、将来に大きな禍根を残す。この点は昨日付記事に記述した。

一般国民は小沢氏が巻き込まれている問題の詳細を知らない。「政治とカネ」にまつわるダーティーなイメージが土石流のように流布され、小沢氏は個人として、この激しい攻撃に対抗する術を持たない。小沢氏は定例記者会見などの場を用いて、可能な限りの説明責任を果たしてきたと思われるが、メディアが「説明責任が足りない」と毎日喧伝し続ければ、一般国民の脳にはそのようなイメージが刷り込まれる。

『週刊ポスト』誌が孤軍奮闘で官房機密費問題を取り上げているが、官房機密費を受領した新聞記者が多数存在することも明らかにされつつある。メディアが「説明責任」を強調するなら、メディア自身が説明責任を果たすべきであるし、疑惑のある言論人は十分な説明責任を果たすべきである。

三宅久之氏などは官房機密費100万円の受領をテレビ番組で自白したのであるから、即刻番組を降板すべきであり、本人が抵抗するなら、テレビ局が降板させるべきである。それ以外に重大なセクハラ事案で大学を解任された田勢康弘氏を番組キャスターとして起用し続ける厚顔無恥なテレビ局も存在する。

人気ブログランキングへ

小沢氏が巻き込まれている「政治とカネ」問題は、政治謀略である可能性が極めて高い。通常は何らの問題ともされない事務上の取り扱いが、小沢氏の資金管理団体に限って犯罪扱いされているのである。

昨年の三三事変裁判では、逮捕、起訴された大久保隆規氏の無罪判決が動かしがたい状況が生じ、これを回避するために検察が石川知裕衆議院議員の逮捕、起訴というさらなる暴挙を重ねた可能性が高いのである。

詳しくは昨日付記事を参照賜りたい。

悪徳ペンタゴンは本年夏の参院選で与党を過半数割れに追い込み、政界大再編を実現しようとしている。米・官・業が引き続き日本の支配者として君臨する体制を堅持することを至上命題としている。この目的に照らして、排除しなければならない最重要ターゲットが小沢一郎氏なのである。

鳩山内閣の支持率が低下し、普天間問題での鳩山総理の判断ミスから、民主党は参院選を目前に、極めて厳しい状況に追い込まれた。このまま参院選になだれ込めば、悪徳ペンタゴンの思うつぼである。

こうした情勢判断を踏まえて小沢一郎氏が行動した。鳩山総理は続投の意思を強く保持していたのだと考えられる。しかし、両院議員総会での解任動議の可能性を知り、辞意を固めたのだと思われる。その際に、小沢氏にも同時辞任を求めたのだと思われる。

鳩山総理秘書の案件は確定したが、小沢氏秘書の問題は裁判係争中である。「無罪推定の原則」を重視し、両者を明確に区別することが本来求められた。

しかし、マスメディアが誤ったイメージ報道を繰り返しているから、選挙への影響という「実」の部分を考慮すれば、小沢氏がいったん表面から引くことは民主党にとっての得策であるとも考えられる。

こうした状況を背景に、菅直人氏が次期民主党代表、内閣総理大臣候補として浮上した。日本政治刷新の事業は100年に1度の大事業である。日本史上、初めて民衆の力による民衆のための政府を樹立しようとする試みである。

昨年8月以来の第一幕では、幕引き終了直前に悪徳ペンタゴンが猛烈な逆襲を演じ、日本政治刷新勢力が追い込まれて幕が終了したが、民主党代表選から第二幕が始まる。この第二幕の主役が菅直人氏になる可能性が高い。

日本政治刷新の課題は、

①対米隷属外交からの脱却

②官僚利権の根絶

③政治権力と大資本の癒着排除

の三つである。

この三大課題に取り組む総司令官として、菅直人氏以上に適任の人材はいない。巨大化した与党を統率するには、きめ細かな統治能力が求められる。菅直人氏がかつて民主党代表を務めた期間には、党内に不協和音が発生しなかったわけではない。

しかし、党代表を退き、多くの役職を経験することを通じて帝王学を身に付けたのではないかと期待される。菅直人氏が民主党新代表に就任することになる際には、政権交代実現の最大の功労者である小沢一郎氏とその同志に適切に対応することが不可欠である。小沢氏が了解するなら、小沢氏を副総理として閣内で処遇することを検討するべきである。

 

菅直人氏が小沢氏陣営と敵対して代表に就任するなら、民主党は確実に分裂に進むことになるだろう。日本政治が混乱の極に戻る可能性があり、賢明な選択ではない。とりわけ、菅直人氏が対米隷属勢力と手を結ぶことは許されない。菅直人氏の賢明な判断が求められる。

鳩山政権末期には、上記三大課題に対する取り組みが、いずれも大幅に後退した感を否めない。鳩山総理の辞任により、新たな体制がスタートするが、これを契機に日本政治刷新に向けてのエンジンがもう一度全開にされることが望まれる。

参院選まで残すところ一月になった。政権刷新により、日本政治刷新に向けての気運をもう一度取り戻さねばならない。

参院選を勝利で乗り越えれば、2013年までの3年の時間が手に入る。漫然と過ごせば3年はあっという間だが、この時間を使いこなせば、日本政治刷新の大事業も完遂可能である。

日本政治刷新を求める人々が力を結集して、最終決戦の参院選を勝ち抜かねばならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 鳩山総理辞意表明と政治とカネ問題への誤対応 | トップページ | 菅直人民主党新代表選出と樽床伸二氏の名演説 »

小沢代表・民主党(3)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本政治刷新第二幕に元祖刷新派菅直人氏登場:

» ユナイト ~支配者と戦うための思想~ [ユナイトのブログ]
ブログのタイトルであり、私の思想の中心が「ユナイト(unite)」です。 帝国や [続きを読む]

» 『日本沈没』 [格闘する21世紀アポリア]
〔こんな時もありました・・・〕  鳩山由紀夫が首相を辞任するニュースに接し、今更ながらあることに”ふと”気がついた。  これまで僕は日本の政治は”メルトダウン”しているものと思っていたが、実はそうではなかった。  メルトダウンしているのは、「日本」そのものだ。 {/dogeza/} {/dogeza/} 日本沈没 14 (ビッグコミックス)小松 左京,一色 登希彦小学館このアイテムの詳細を見る 2017年 日本システムの終焉 The End of Japan's System ... [続きを読む]

» 【樽床伸二】小沢一郎という不世出な政治家をどう遇するかで新首相の器量が垣間見える【菅直人】 [ステイメンの雑記帖 ]
 政権発足から僅か8ヶ月余り、不本意極まる退陣を余儀なくされた鳩山首相に代わる新しい民主党代表=内閣総理大臣を選ぶ代表選がいよいよ行われる。  既に下馬評どおり、菅直人副総理兼財務相が名乗りを上げ、 前原、野田、仙谷、偽肛門など反小沢勢力が雪崩を打って菅直人支持を打ち出した!  もっとも、そいつら有象無象どもが、揃いも揃って「小沢排除」を絶対条件としている辺り、彼奴らの心底がミエミエである。  そんな菅直人優勢を伝えられる中、 嘗て「七奉行」の一員とされていた樽床伸二衆院環境委員長が敢然と出馬を表明... [続きを読む]

» 菅直人首相の誕生を前に一言だけ  [父さんの日記]
前稿で、小沢一郎氏の希望として田中真紀子外相と書くべきところ、田中真紀子首相にしておりました。失礼いたしました。私の潜在意識の中に、田中真紀子首相への願望があったものと思われますが、でも立候補はしないみたいですね(笑)。 本日は、最初にこの記事から →「首相辞意に平野長官が号泣」 なんなんでしょう、この方は?政権発足早々のオープン化阻止からはじまり、機密費の使途公開も普天間問題も、何から何まで鳩山首相の革新を邪魔し続け、とうとう首相を辞任に追いやった当事者が、号泣したそうです。全く民意を汲もうともせ... [続きを読む]

» メモ・ 菅総理殿、田中真紀子を閣内に入れてはいけません [木霊の宿る町]
●本日はメモである。詳細は省く●鳩山由紀夫内閣のあとは菅直人内閣だ代表選挙に樽床信二(たるとこしんじ)なる人物が出るというが、当て馬である。複数候補であらそったという形づくりである(民主党内の勢力分布がどうなっているのか皆目わからないシロートおのま。樽床が勝ったらゴメンネ)●菅は鳩山の路線を引き継ぐ。辺野古を白紙にもどすとは言わない。樽床は辺野古を白紙に戻すと主張したら良い。形づくりがそれらしくなる参院で民主が負けて菅が退陣し、樽床首相誕生となり辺野古を白紙にもどす。めでたしめでたし●以上はメモとい... [続きを読む]

« 鳩山総理辞意表明と政治とカネ問題への誤対応 | トップページ | 菅直人民主党新代表選出と樽床伸二氏の名演説 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ