« 鳩山総理は米代理人更迭内閣改造を実施すべし | トップページ | マスゴミ情報工作に惑わされてはならない理由 »

2010年5月12日 (水)

そもそもあり得ない小沢一郎氏起訴相当議決

小沢一郎民主党幹事長に対する検察審査会の「起訴相当」議決をマスメディアが重大事案として報道し続けている。事案の詳細を知らない一般国民は、マスメディアの取り上げる空気によって事案の性質を判断する。

結果として、小沢一郎氏のイメージが不当に著しく傷付けられる。魔女狩りと同様の合理性のないイメージ操作が大手を振ってまかり通っている。

検察審査会が「起訴相当」と議決したことをマスメディアは繰り返し報道するが、その内容について掘り下げた説明が示されていない。

その理由は、検察審査会が「起訴相当」とした根拠が、常識的な判断とかけ離れているからである。

このことは、元長崎地検次席検事で名城大学教授の郷原信郎弁護士が詳しく解説されている。マスメディアが郷原氏を登場させて、郷原氏の中立公正な説明が広く行き渡れば、問題の方向は一変する。小沢氏が不当な誹謗中傷を浴びる必要はまったくなくなる。

ところが、マスメディアは、郷原氏が示す中立公正の解説をほとんど視聴者に知らせず、「起訴相当議決」だの「検察事情聴取」などの事実だけを、センセーショナルに報道する。

マスメディアの小沢一郎氏に対するネガティブ・キャンペーンは常軌を逸して作為的かつ悪質である。

検察審査会議決の不当性の詳細は郷原氏の分かりやすい解説をご高覧賜りたいが、「起訴相当」とした理由そのものが、まったく妥当性を欠いているのだ。

小沢氏の政治資金収支報告で問題とされたのは、2004年10月の不動産取得に関して、①小沢一郎氏が4億円を一時的に立て替えかえたことが記載されなかったこと、②不動産の取得が2004年10月であったが、その登記が2005年1月にずれ込んだことを受けて収支報告書への記載が2005年1月にずれたこと、が問題にされた。

マスメディアがこれまで問題にしてきたのは、小沢氏が立て替えた4億円のなかに不正な資金が含まれていたのではないかということであった。

この点について、検察は家宅捜索などの強制捜査を繰り返し、疑惑を追及したが、結局、疑惑を立証する証拠は何ひとつ得られなかった。

また、政治資金収支報告では、これまで慣例として「資金繰り」は記載しなくてよいとされていたとのことだ。つまり、一時的な立て替えは典型的な「資金繰り」であり、収支報告書に記載しなくとも問題にはされてこなかったのだ。

今回、検察審査会が「起訴相当」とした被疑事実は、4億円の立て替え払いではない。不動産取得の時期と収支報告書への記載の時期が2ヵ月強ずれていたということなのである。

法の運用において守らねばならない大原則のひとつに「法の下の平等」である。政治資金規正法の運用において、これまで、記載事実の時間的なずれが、すべて厳格に精査され、次期がずれているものが犯罪として摘発されてきたのなら、検察審査会の「起訴相当」の議決にも正当性が認められるだろう。

しかし、これまでの法の運用において、このような事案が犯罪として取り扱われたことはない。それを、小沢一郎氏の事例に限って犯罪とするなら、これは法の恣意的な運用、作為的な運用と言わざるを得ない。

マスメディアが検察審査会の議決について、その内容を概略だけでも説明し、中立公正の立場から解説する法律専門家を登場させれば、小沢氏に問題があるのか、それとも検察や検察審査会に問題があるのかは、誰の目にも明瞭になる。

もちろん、小沢氏に問題があるのではなく、検察や検察審査会に問題があるのだ。

人気ブログランキングへ

郷原氏が指摘するように、検察審査会への審査申し立て人が匿名になっていることも、一連の取り扱いの背景にどす黒い力が働いていることを示唆している。郷原氏は、

「これだけの大きな影響が生じる事件の審査を申し立てている人間ですから、自分の名前ぐらい出すのは当たり前だと思います。申立人本人が匿名を仮に希望したとしても、そんな希望は絶対受け入れるべきではないし、最初からそれ前提の審査申立であれば、そんなものは受け付けるべきではなかったと思います。」

と指摘するが、その通りであると思う。

テレビ朝日の「報道ステーション」では、VTRでインサイドライン編集長の歳川隆雄氏を登場させ、小沢氏起訴の可能性を指摘させた。あたかも重大な犯罪が存在したかのような番組の演出である。

参院選が近づき、悪徳ペンタゴンの鳩山政権攻撃が一段と激しさを増している。日本の行く末を定める最重要の国政選挙が行われるなかで、マスメディアが不当で不正に世論を誘導することは許されない。

それにもかかわらず、現実には、現代先進国とは思えない報道汚染、情報工作が展開されている。

_72悪徳ペンタゴンに立ち向かい、主権者国民の手に政治の実権を引き寄せようとする国民は、巨大な影響力を有するマスメディアを含む悪徳ペンタゴンと闘い抜かねばならない。

正義の主張を装いつつも、悪徳ペンタゴンと正対して闘うレジスタンス戦線を非難する勢力は、結果として悪徳ペンタゴン勢力を支援することになる。正義の主張を装いながら、実体が悪徳ペンタゴン支援勢力である「隠れ悪徳ペンタゴン」は邪悪な存在である。

悪徳ペンタゴンに正対する勢力は、大同団結して最終決戦に臨まねばならない。「小沢氏事情聴取」という、取るに足らない事案を針小棒大に報道する勢力を粉砕すべく闘い抜かねばならないのだ。

草の根からの情報発信と粘り強く伝達の輪を広げることが何よりも重要である。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 鳩山総理は米代理人更迭内閣改造を実施すべし | トップページ | マスゴミ情報工作に惑わされてはならない理由 »

小沢代表秘書不当逮捕(4)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そもそもあり得ない小沢一郎氏起訴相当議決:

» 【ファッショ】民主主義政治に拒否権を行使しようとした特騒犬察一家を許してはならない!【事情聴取】 [ステイメンの雑記帖 ]
 去る4月27日に頭狂第5犬察審査会とやらが民主党の小沢幹事長を全員一致で「起訴相当」と議決してから半月が経過した!   5月1日のエントリ で紹介したとおり、今回の議決だが、その 審査申立人は正体不明の「甲」であり、しかも弁護側からの意見聴取を行わず議事録も非公開でありマトモとは到底言えない ものである!    しかも呆れたことに、 状況証拠と「小沢氏側の主張が信用出来ない」ということで「起訴相当」 にしようというのだから、とても「法の下の支配」とは相容れぬものである!  そして参院選まで約1ヶ月... [続きを読む]

» バカである [木霊の宿る町]
★本日はバカということばがたくさんでてきます。罵倒ブログです。そういうのが嫌いな方はお読みにならないでください。★陸山会の収支報告書に関する馬鹿騒ぎに関連して、検察審査会が小沢一郎を起訴相当としたことを受けて、検察がふたたび小沢に任意聴取をしたいという件。今朝のNHKニュースをみていて腹がたった。このふたりはバカであると思った。谷垣禎一・自民党代表:(小沢は)説明責任を果たすべき渡辺喜美・みんなの党代表:金銭スキャンダルに見舞われた(小沢)★検察による任意聴取によって小沢は白とでたのだ。黒ならともか... [続きを読む]

» 無実の我身を冤罪から守る知識を付けよう [ライジング・サン(甦る日本)]
最近は冤罪事件が多く発生しており現在進行中である。。 いや、出回っているというのではなく、今まで冤罪被害者が警察への対処のための知識が無く泣き寝入り、もしくは警察や検察が隠し通してきたために冤罪が表沙汰になっていなかっただけであろう。  以前何度か当ブログで... [続きを読む]

» また繰り返す捏造犯罪組織「マスゴミ」 [ライジング・サン(甦る日本)]
小沢氏の世田谷土地問題(政治資金収支報告書)について検察審査会で「起訴相当」が議決されたが、それについてマスゴミが議決の内容を詳しく報道しないままだ。 おそらくマスゴミが国民に「起訴相当」にした議決の主旨を理解させれば、検審会やマスゴミ・検察が国民から大批判を... [続きを読む]

» 5月14日 [アーサーの何でもやってやろう!]
時事通信社から内閣支持率と,政党支持率に関する世論調査が発表された。 内閣支持続落、19%=普天間で49%「首相退陣を」-時事世論調査 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010051400611 ※時事ドットコム 内閣支持率については,前回分析した読売新聞の内容と... [続きを読む]

» 【便所の落書き】惨軽や莫迦ウヨどもは「国民の敵」「民主主義の敵」である!【怪文書】 [ステイメンの雑記帖 ]
 これまでも幾度となく拙ブログで指摘してきたことだが、未だに理解しようともしない 莫迦ウヨや売国翼賛マスゴミ どもが多杉るため、改めて指摘しておくとする。  専制国家ならともかく、 近代民主主義国家であるのならば、「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」という「推定無罪」は刑事法の基本原則であり「イロハのイ」 である。そしてそれは何人たりとも適用されるものである。  さらに、犯罪要件を立証する「立証責任」を負うのはあくまで捜査当局であり、 いくら「疑わしい」と捜査当局が思い込んでいても、それ... [続きを読む]

« 鳩山総理は米代理人更迭内閣改造を実施すべし | トップページ | マスゴミ情報工作に惑わされてはならない理由 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ