« 二段階対応か国内基地拒絶しかない普天間問題 | トップページ | 普天間問題核心は抑止力ではなく交渉力にあり »

2010年5月 5日 (水)

地元住民基地拒絶は海外移設決着への一里塚

麻生政権が米国と成立させた合意案が、鳩山政権の最大の障害になっている。

米国にとって辺野古海岸V字形滑走路は「既得権益」なのである。

普天間基地の返還とバーターで日本政府が新設の基地を供与することを約束してしまったから、米国はこの合意をベースと考えているのである。

米国はこの合意を基準に、「既得権益」を失わないように強硬な姿勢で交渉に臨んでいる。

日本サイドは、政権が交代したが、前代の麻生政権がV字形滑走路の新設提供を約束してしまっていることを受けての交渉であるだけに、もとより容易な交渉ではかなった。

鳩山総理は「抑止力」なる言葉を用いて、沖縄における海兵隊拠点の必要性を示したが、「抑止力」は米国が沖縄に基地を保持するための大義名分である。

日本サイドの立場から、改めて「抑止力」について検証する必要がある。

米国は米軍の世界戦略の視点から沖縄の基地拠点を極めて重要視している。その基地について、日本政府が新しい滑走路を建設して提供してくれる合意を結んでくれたのだから、この既得権益を手放す理由は皆無である。

日本政府に対して、強硬に「合意を守れ」と攻撃すれば、ほとんどの対米隷属国会議員は、米国の要求の前にひれ伏す。

これに対して、新たに樹立された政権は、日本の主権者である日本国民の意思を尊重した対米基地交渉を実行することを約束した。

普天間基地の代替施設について、「最低でも県外」との方針を明示したのが鳩山由紀夫現総理大臣だった。「県外移設」について言及するなら、少なくとも沖縄県内案の大義名分である「抑止力」についての知識が必要だった。

存在している合意を覆して移設先を県外、海外に変更するには、強い理論武装と交渉力、迅速な対応が必要だった。

辺野古の海岸を破壊する滑走路建設を是が非でも回避したいとのことであれば、辺野古海岸破壊滑走路建設阻止に標的を定めて、代替案を提示するべきだった。

私は、問題の困難さと時間的制約を踏まえて、海岸破壊滑走路建設を阻止することに目標水準を引き下げるべきではないかと政権発足時点で提案したが、鳩山政権は合意そのものの抜本的な見直し=県外・海外移設実現を目標とする行動を示し続けた。

県外、海外移設で決着できる可能性を早期に判断し、その判断に基づく具体的行動を早期に示す必要があった。施設の一部県内移設、一部県外移設案を基準に置くなら、沖縄市民の期待が拡大する前に行動を示す必要があった。

この半年の間に大きく情勢が変化した。

第一に、名護市市長選が実施され、陸上案を含めて辺野古への移設に反対する市長が誕生したこと。海岸破壊滑走路だけでなく、陸上滑走路建設にも反対する意向が新たに明示された。

第二に、沖縄県知事が4月25日の県外移設を求める県民大会に出席し、県外移設を明確に求めるようになったこと。仲井真知事は年内に知事選を控えており、県民の意向を尊重せざるを得ない立場にある。海岸埋め立て工事の許可権を有する県知事が県外移設案支持に回ったことの意味は重大である。

第三は、昨年8月の総選挙以来、沖縄県民の県外、海外移設要求が一段と強固になったことである。日本が民主主義国家であり、国民主権の国である以上、沖縄県民の総意は何よりも大きな意味を有する。

鳩山総理はパンドラの箱を開けた。

このことは決して間違っていない。

人気ブログランキングへ

第二次大戦敗戦から65年の時間が経過したが、日本は対米隷属の国であり続けた。日本の安全を確保する役割を米国に丸投げすることと引き換えに、国のすべてを米国に依存する植民地形態の運営を続けてきてしまったのである。

米国は日本を属国、隷属国としてしか見ていない。米国にものを言う首相はこれまでも徹底的な攻撃に晒されてきた。鳩山首相が激しい攻撃を受けているのも、もちろんこのことが背景である。

しかし、戦後65年、安保改定から50年が経過したいま、日本が新しい時代の扉を開けることは正しい選択である。

日本は核兵器を持たない。だから米国に依存せざるをえないと考える人が多い。しかし、この論理がまかり通るなら、非核保有国は必ず核保有国に隷属しなければならないことになる。非核保有国が正当な交渉力を保持するために核保有を求めるときに、これを封殺することの正当性が疑わしくなる。

核保有国は核の拡散を防止しようとするなら、核保有国による核廃絶への取り組みを加速させる必要がある。

こうした情勢のなかで、日本は核を持たず、しかも米国に隷属しない安全保障のあり方を検討するべきなのだ。

日本政治が米国に支配され続けることは、「普通の国」の姿ではない。

鳩山総理は、「抑止力」という米国の既得権益を守るための大義名分に惑わされることなく、日本国民の民意を踏まえた結論を提示するべきである。

昨日、5月4日の沖縄訪問で鳩山総理が示した提案は、あくまでもたたき台の提案であり、政府提案最終案ではない。

このたたき台提案に対する沖縄県民、鹿児島県民の拒絶が強固であれば、政府案たたき台は修正せざるをえなくなる。

その際、重要なことは「抑止力」論が絶対でないことを踏まえることだ。「抑止力」論は、米軍が沖縄の基地施設を維持するための大義名分であり、日本にとっての金科玉条ではないからだ。

主権者国民の意思を尊重して、最終的に日本政府案として、普天間飛行場代替施設の移設先を海外に求めるとの決着の可能性は依然として消えていない。

昨日の「たたき台提示」が、最終的に海外移設を決定するためのひとつのステップである可能性を否定できない。

鳩山総理がすべてを読み抜いて、海外移設に結論を誘導しようとするなら、その政策運営手腕は見事と言わざるを得ない。

5月末の期限が迫っているが、現段階で鳩山内閣による問題解決が挫折したと判定するのは時期尚早であると思われる。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 二段階対応か国内基地拒絶しかない普天間問題 | トップページ | 普天間問題核心は抑止力ではなく交渉力にあり »

辺野古米軍基地建設」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元住民基地拒絶は海外移設決着への一里塚:

» 検察ファッショ戦慄の裏側 地検の現場は小沢幹事長の早期起訴でうごめいている [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 小沢幹事長の「起訴相当」議決で、改めて浮き彫りとなったのは日本の司法の危うさだ。今回の議決もデタラメならば、今後、始まる再捜査も怪しい。このままでは検察ファッショ国家へ一直線だ。 -------------------------------------------------------------------------------- 検察審査会から小沢幹事長の「起訴相当」の議決を突きつけられた東京地検特捜部。原則3カ月以内に起... [続きを読む]

» 鳩山由紀夫・首相 仲井真弘多・沖縄件知事の対談 [木霊の宿る町]
五月四日(火)鳩山首相と沖縄県知事との対談を読んだ。記者会見をテレビでみた。これまでおのまは鳩山首相について批判してこなかったが、それは彼が麻生太郎よりはましな人であろうと期待しているからである。だから偏屈爺さんのコメントにも耐えられる(笑) ご無沙汰してます、興味津々ですね、それにしても、なま太郎の方が良く見える今日この頃です、、、 | 偏屈爺 | 2010/04/24 7:02 AM | なま太郎って何のことか分らなかった。暫く考えて、そういえば「生の麻生太郎をみたことのある人」 ... [続きを読む]

» 普天間問題の本質2(世界一危険な飛行場とオスプレイ) [蛸(たこ)の軟骨はどうでしょう]
2004年8月沖縄国際大学構内に 米軍普天間飛行場の大型ヘリが墜落した事故は 全国紙にも掲載されたから 記憶に新しい。 しかし マスゴミ各社(地元の琉球新聞を除き)は 意図的にかどうか不明だけれど 沖縄米軍海兵隊の訓練において生じる事故についての報道はほとんど..... [続きを読む]

» 【普天間】米による属国支配の軛から脱するためにも国民自身が立ち上がるべきだ【鳩山首相】 [ステイメンの雑記帖 ]
 去る4日、政権交代後初の沖縄訪問を果たした鳩山首相だが、予想どおりというか案の定と言うべきか、売国翼賛マスゴミにからの評価はハッキリいってズタボロである。  だが、奴らはあくまで 「第三者的」「野次馬的」態度で誹謗中傷を繰り返しているに過ぎない 。その証拠に奴らが「マトモな代替案」を示したことが無いではないか!  そんな中、 当事者として65年間米軍の脅威に曝されてきた沖縄県民はどう思っているのだろうか?  注目すべきバイアスのかからない地元の声があったので以下に紹介することとしよう! (以下、引... [続きを読む]

» シュワブ前でも首相に怒声=警官100人、ものものしい雰囲気-沖縄・名護 [SIDE-3]
プロ市民のみなさん、がんばってます! アホのマスゴミはここに集っているのが、皆沖縄の人間たちであるかのような世論操作をしてますな~。 プロ市民どもが掲げてる旗をちゃんと映せよ、○○支部とかいろんな地方の集団の名前がちらほら見えてんだけどw 凶惨党とかw 「戦争を生む基地の建設には、命限(ぬちかじ)り阻止する」と語気を強めた。  すばらしい! その平和主義で、ぜひとも支那へ行って人民抑圧軍の軍備削減を訴えてきてください! 将来の日本の子供たちが安全に生きられるように! それでこそ本物の平和主義者です!... [続きを読む]

» それでもグアム・テニアンになると予測② [ライジング・サン(甦る日本)]
一昨日、鳩山首相が沖縄を訪問した。マスゴミはやはりその会談の中身を放送前に編集して、首相の発言から「そら来たっ!」とばかりに、あげ足を取り首相をいかに「無能」に見せるかで忙しかったようだ。 昨日の当ブログで「それでもグアム・テニアンになると予測する」と書いたが... [続きを読む]

» 検察ファッショ戦慄の裏側 地検の現場は小沢幹事長の早期起訴でうごめいている [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 小沢幹事長の「起訴相当」議決で、改めて浮き彫りとなったのは日本の司法の危うさだ。今回の議決もデタラメならば、今後、始まる再捜査も怪しい。このままでは検察ファッショ国家へ一直線だ。 -------------------------------------------------------------------------------- 検察審査会から小沢幹事長の「起訴相当」の議決を突きつけられた東京地検特捜部。原則3カ月以内に起... [続きを読む]

» 「メディアとカネ」新聞社への意見メール~Caccyo通信100506 [父さんの日記]
過日、野中広務氏が暴露した内閣官房機密費のメディア関係者への不正利用について、ネット上のニュースでは朝日新聞が野中氏の談話記事 を掲載し、続いて共同通信 と時事通信 も同様の記事を配信しました。 このニュースは、産経と読売も扱っています。 しかしその後数日が経過しましたが、当然の如くどのマスコミもこの問題を追求する姿勢を見せてはくれないようです。 唯一琉球新聞は、野中氏が日本青年会議所沖縄地区協議会主催のフォーラム(4月23日開催)で明らかにした内容 を、朝日や共同の上記ニュースよりも早く4月28日... [続きを読む]

» 吉田祐二氏の最新刊「日銀円の王権」は「目から鱗」の情報満載の優れた経済分析書です [杉並からの情報発信です]
経済学者吉田祐二氏の最新刊「日銀円の王権」(学研¥1600)は「目から鱗」の情報満載の優れた経済分析書です。 ぜひ購入され精読されることをお勧めします。 この本からの抜粋を昨日は19本本日は12本Twitterでつぶやきました。 本日の12本の全文を以下に転載しますのでよろしければお読みください。 私が特に納得したのはNo4「中央銀行は必要だろうか。筆者の考えは明らかだ。中央銀行は権力の集中化を引き起こす反民衆的な組織だから打倒すべきである」です。 吉田祐二著「日銀円の王権」(学研)より ... [続きを読む]

» 地元住民基地拒絶は民意だ [セローに乗って風まかせ!徘徊?]
世界の嫌われ者の米軍  日本に米軍の受け入れに賛成するの県あるだうか? 自民党とマスゴミは米軍基地の重要性を強調するが マスゴミが、お得意の偽装アンケート調査でもしたらどうだ。... [続きを読む]

» 5月6日 [アーサーの何でもやってやろう!]
これだけニュースがあふれているのに,今日は新聞休刊日。朝刊がない。夕刊はあるが,どれだけの人が買っているのか。 そんな中,各新聞社のニュースサイトを開いてみれば,5月4日の鳩山総理の沖縄訪問を酷評する記事を多く見かけた。 酷評は予想できたが,それに加えて,沖... [続きを読む]

» 民主党 川内博史議員 「5月末までにグアム移設先行」  (世界の真実の姿を求めて!) [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/756.html 投稿者 純一 日時 2010 年 5 月 06 日 12:04:43: MazZZFZM0AbbM http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-829.html (番組ワイドスクランブルなど動画があります) 民主党 川内博史議員「5月末までにグアム移設先行」 本日5/5のお昼の番組ワ... [続きを読む]

« 二段階対応か国内基地拒絶しかない普天間問題 | トップページ | 普天間問題核心は抑止力ではなく交渉力にあり »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ