« 腐敗マスゴミに徹底抗戦・真の独立獲得に向け | トップページ | マスゴミ情報を全否定し政権公約を精査しよう »

2010年5月 2日 (日)

天下り根絶には抜本的な制度変更が不可欠

①対米隷属政治からの脱却

②官僚天下りの根絶

③企業団体献金の全面禁止

この三つを実現することで、日本政治は根本から一新される。

政権交代実現により、日本政治には新しい次元が開けた。

日本政治の三つの特性は、戦後65年、明治開闢以来140年、55年体制確立以来55年間、日本政治の基本構造をなしてきた。

米国、官僚、大資本が日本政治の実権を握り、主権者である日本国民は政治の脇に置かれ続けてきた。

_72 米国、官僚、大資本による政治の私物化、日本政治の利権化に代理人として動いてきたのが利権政治屋とマスメディアである。米官業に政と電を加えた五者が日本政治の利権化、利権勢力による日本政治私物化を実現してきた主体である。これを悪徳ペンタゴンと称している。

鳩山政権の枝野幸男行政刷新相が陣頭指揮する事業仕分けが公開されている。政府部門内に膨大な無駄が存在することが改めて浮き彫りにされている。

こうした事実が国民の見える場で明らかにされることは意義があるが、これだけの無駄が明らかにされながら、問題への対処には不十分さが残る。

昨年末にも事業仕分け第1弾が実施された。

事業仕分けの会場になった独立行政法人国立印刷局の体育館。国立印刷局も事業仕分けの対象とされたが、「抜本的な見直し」とされただけで、その後の対応が明確でない。

枝野氏は、今回の事業仕分けで対象としなかった機関については、対応の方向がすでに定まっており、次のプロセスに移行していると述べた。

しかし、例えば、国立印刷局の体育館売却などについても、期限は定められていないのではないか。

重要なことは、それぞれの機関の見直しについて、具体案を、期限を定めて明示することである。事業仕分けで論議をしたところで、その場限りで意見を述べるだけなら何の意味もない。単なるショーを演じるだけになる。

個別の問題について、実態を精査したうえで俎上に載せなければ、時間がかかりすぎる。事業仕分け人が訳知り顔に意見を述べているが、仕分け人の大半は財務省の御用側人で占められているのが現状である。財務省主計局が予算査定で行っていた作業を、仕分け人に演じさせているだけの印象が強い。

与党国会議員が事前に個別機関の実情を精査し、その国会議員が結論をあらかじめ持って公開討論の場で結論を得てゆかなければ効果的な無駄削減を実現することはできないだろう。事業仕分けの場には、担当した国会議員が出席して直接交渉するべきだ。

同時に、天下りの根絶についての対応があまりにも手ぬるい。

これまで自民党は、「役所によるあっせんを禁止する」ことをもって天下り禁止だとしてきた。

しかし、現実には裏で話をつけておいて、表面的には役所があっせんしたのではないとの説明による天下りが続いてきた。このことを民主党は、実質的な天下り容認であると強く批判してきた。

人気ブログランキングへ

ところが、枝野氏は天下り容認について、これまでの自民党とまったく同じ説明を繰り返している。つまり制度的に禁止しても、役所のあっせんでないとのことで言い逃れをされてしまう事案が多く、この意味で天下り根絶の実効性をあげることが難しいのだと言うのだ。

この問題をクリアするには、役所を退職後、5年なり10年なりの一定期間、退職直前10年間に在職した職務に関わりのある企業や団体には再就職できないことを定めるなどの、客観基準に基づく天下り禁止規定を置くしかない。

枝野氏はこのことを認識しながら、直ちに実行に移すことを決断しない。時間をかけて衆議院の任期4年間に抜本的な対応を実施すると発言する。

しかし、このような最重要事項について躊躇する理由はない。民主党が天下り根絶を政権公約として明示した以上、迅速な行動を示すことが必要なのである。

悪徳ペンタゴンはこれまでの日本の利権政治を一掃してしまいかねない鳩山政権を激しく攻撃し続けている。その成果として、マスメディアが実施する世論調査では鳩山内閣の支持率が大幅に低下した。

このまま、手をこまぬいていれば、悪徳ペンタゴンの思うつぼになる。

鳩山政権は具体的行動で日本政治刷新に向けての意思を示す必要がある。

三つの課題があると述べた。

その三つの課題に見合う大きなテーマが目の前に存在している。

①普天間基地返還問題で毅然とした対応を示すこと。

②天下り根絶に向けて実効性のある制度改革を断行すること。

③企業団体献金全面禁止を法制化すること。

の三つである。これを着実に実行することである。この三つを実現すれば、日本政治が劇的に転換することは間違いない。

メディアの悪意ある政権攻撃に対抗して、日本政治刷新を実現するには、論より証拠、着実な実践しかないことを銘記するべきである。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 腐敗マスゴミに徹底抗戦・真の独立獲得に向け | トップページ | マスゴミ情報を全否定し政権公約を精査しよう »

天下り・公務員制度改革」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/34483244

この記事へのトラックバック一覧です: 天下り根絶には抜本的な制度変更が不可欠:

» 河村たかし名古屋市長、地域政党「減税日本」立ち上げ 橋下大阪府知事「連携したい」 [ひげログ人]
国政での第三極狙いの政党が乱立する中、大阪府の橋下知事の「大阪維新の会」と、名古 [続きを読む]

» 【後進国】穀潰し千葉が籠絡されようが取調べ可視化を速やかに実現させねばならない【犬察民主化】 [ステイメンの雑記帖 ]
 国民の基本的人権が制限されていた戦前戦中ならともかく、国民主権のもとで民主主義社会となった我が国において、足利事件や「福島県知事汚職事件」さらには「障害者割引郵便悪用事件」などといった 冤罪事件が頻発するのは我が国の後進性を如実に現している といえる!  そして、 冤罪事件頻発の原因ともなっているのが、「取調べ状況が可視化されていない」事 である!  この問題は、何も日本人だけの問題ではない!不平等極まる日米地位協定において、犯罪を犯した米兵の引き渡し拒否の理由として使われているのがまさに「取調べ... [続きを読む]

» 民主党議員よ!小沢一郎先生を襲撃した犯人から逃げるな!この問題こそが病める日本なのだ! [mubouのブログ ]
主権者国民レジスタンス戦線参加 ブログです 主権者国 民レジスタンス戦線の勝利に向けて ↓植草さんのココログへ     ↓主権者は私たちですBBSへ      民主党議員よ!小沢一郎先生を襲撃した犯人から逃げるな!この問題こそが病める日本なのだ! 小沢一郎先生を襲撃した、東京地検と大手の新聞、テレビ、記者クラブ、自民党、大資本 官僚、がめりか、これを徹底的に勉強することこそ、日本が蘇生する ただ一つの方法 勉強不足のパフーマンス政治はやめてほしい、国民を侮らないほうが良い。 一体、民主党の小沢たたき... [続きを読む]

» 外国人から小沢一郎先生の素晴らしさについて言われて、 初めて認めると言うような・ [ブログをつくって、民主党政権を応援しよう]
外国人から小沢一郎先生の素晴らしさについて、言われて、 初めて認めると言うようなことは残念です。 愛する若者よ!毎日偏った内容や嘘の報道して日本国民にとり本当に大事なことは報道しないテレビ、新聞、週刊誌に別れをつげ twitter で真実を探そうよ! 小沢一郎先生と英国紳士 小沢一郎先生には、熱心なフアン、ヨンサマ風に言えば家族がついています。 その数500万人とも言われています。 小沢一郎先生は、巧妙なテレビ、新聞、週刊誌により、きむづかしい、独裁者というレッテルが貼られています。 ど... [続きを読む]

« 腐敗マスゴミに徹底抗戦・真の独立獲得に向け | トップページ | マスゴミ情報を全否定し政権公約を精査しよう »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ