« 抑止力論なるプロパガンダに惑わされないこと | トップページ | そもそもあり得ない小沢一郎氏起訴相当議決 »

2010年5月11日 (火)

鳩山総理は米代理人更迭内閣改造を実施すべし

民主党の川内博史衆院議員を団長とする視察団が北マリアナ諸島、グアム、サイパンを訪問し、北マリアナ諸島議会議長から鳩山総理に宛てた信書を携えて帰国した。

北マリアナ諸島はグアム・テニアンでの代替施設受け入れ方針を表明しているが、難航する普天間基地返還問題を打開する極めて有力な提案である。

私に対してグアム・サイパンに関する情報を提供くださった方の資料によれば、米軍は2006年以降、自国領グアムを、海兵隊を含む太平洋軍の一大軍事拠点とする計画を進めており、すでにそのための環境アセスメント案を現地で公表している。

グアムには現在、普天間基地の13倍、嘉手納基地の4倍もあるアンダーセン空軍基地があるが、アセスは「沖縄海兵航空隊を受け入れて余りある」と「評価」しているとのことだ。

鳩山由紀夫首相は日米間で辺野古海岸にV字形滑走路を建設する合意があることを踏まえたうえで、昨年8月の総選挙に際して、「最低でも県外」との方針を示した。

民主党のマニフェストでは、日米合意が存在していることを踏まえ、「移設案の見直し」との一歩引いた表現が用いられた。民主党内に、合意を覆すことは困難との慎重論があるなかで、鳩山総理はあえて「最低でも県外」との主張を展開して総選挙を闘ったわけである。

総選挙後、今日にかけて鳩山政権内部で普天間基地返還問題が検討されてきたが、国外移設案が真剣に検討された形跡はない。

その理由は単純である。米国が麻生政権との間で成立させた合意をすべての出発点に置いており、この水準から大幅に後退するいかなる提案にも応じない姿勢を示したからである。

米国の立場に立てば、日本政府が政府として米国政府と成立させた合意であるから、正当な事由なく合意を変更されては困るということだろう。仮に合意を変更したいと云うのなら、米国の利益水準が低下しない程度の代替案に留めるべきであると主張するだろう。この主張を米国が示すこと自体は当然のことであると思う。

しかし、鳩山総理は、こうした事情が存在する現実を知らずに選挙演説をしたわけではない。合意が存在している事実を認識し、したがって、その合意内容を変更することが外交問題として極めて困難な作業であることを認識し、そのうえで、あえて「最低でも県外」との方針を示したのである。

鳩山総理が方針を撤回するのであれば、その機会は存在した。政権が発足した時点で、政権公約を再精査し、実現不能な公約については修正をする必要があった。政権発足時点で公約について見直しを実行し、実現不可能な公約を撤回していたなら、それはひとつの問題処理方法であったと思う。

しかし、鳩山総理は政権発足後も普天間飛行場閉鎖に関連する公約を維持し、2010年5月までに結論を示すことを明示し続けた。

最終的に5月末の段階で、すべての関係者の合意が成立していなくとも、鳩山総理の責任問題は必ずしも浮上しないだろう。普天間基地問題の本質は日本の国内問題であり、国内関係者の合意を5月末までに得られるのであれば、残る米国との交渉については、時間を延長しても差し支えはないだろう。

5月末と云うのは、日本国民に対する約束であるからだ。

鳩山総理が解決困難な課題に果敢に取り組んできた最大の理由は、沖縄の過大な負担、重過ぎる現在の負担と危険を是が非でも軽減したいと考えたからであると思われる。鳩山総理のこの考え方は正論そのものである。

しかし、米国との間に合意が存在するなかで合意を新たに代替案に変更することは容易なことではない。精力的な対応を実行しなければ、実現は困難だ。

しかしながら、日本全国各地における米軍基地に対する姿勢は極めて厳しいと言わざるを得ない。問題は日本の主権者国民が日本の安全保障問題を念頭に置いて、米軍にどのように対応しているかということだ。

米軍基地の存在にさまざまな問題があるにせよ、日本の安全保障確保の観点から米軍が必要不可欠であるとするなら、場所はさておき、米軍が必要であるとして、必ず候補地を選定しなければならないとの対応が示されるべきだ。

ところが、マスメディアの対応を含めて日本の対応はまったく異なるものだった。米軍基地そのものに対する拒絶反応をマスメディアが率先垂範したのである。マスメディアの示した行動は、「ヤンキーゴ―ホーム」そのものであった。

人気ブログランキングへ

また、沖縄県名護市では、本年1月に市長選が実施された。鳩山総理も名護市の民意を尊重するとの方針を示し続けた。その名護市では、海岸滑走路建設だけでなく、陸上基地も、もちろん沖合基地も、すべての基地移設に反対を表明する市長が誕生したのである。

他方、他の沖縄県内候補地、国内代替施設候補地についても、一斉に基地断固拒絶の運動が燎原の火の如くに広がった。

鳩山政権は主権者日本国民の民意を代表する政権である。普天間基地移設問題は外交の側面を持つとしても、本質は国内問題である。

これだけの情勢が揃い、しかも総理大臣自身が困難な日米交渉であることを認識したうえで「最低でも県外」との方針を示した以上、その方針に沿って、最大限の努力を注ぐことは当然の責務である。

だとすれば、グアム・サイパンへの移設案を真剣に検討する必要が絶対にあるのだ。

ところが、鳩山政権内部でこの国外移設案が真剣に論議された形跡がない。鳩山政権内部で普天間問題を所管する閣僚は、岡田克也外務相、北澤俊美防衛相、前原誠司沖縄担当相の三名である。この三名が県外移設案を真剣に検討しようとしなかった疑いが濃厚である。

国外移設案を検討しない理由があるとすれば、その候補はひとつしかない。米国が麻生政権の合意から大幅に後退するとして拒絶することだ。米国がそのような主張を示すことは十分に理解できる。しかし、米国の主張をそのまま鵜呑みにするのなら、そもそも外交など必要ない。すべてを米国の指令に従うとだけ定めればよいことになる。

前原氏、岡田氏、北澤氏の三名は、米国に対して「言うべきことを言う」姿勢を示してこなかったのではないか。

麻生政権がいかなる合意を成立したにせよ、鳩山新政権は政権発足前の総選挙で、普天間問題を公約に掲げて選挙を闘い、主権者国民の同意を得て多数議席を獲得して正規の手続きに従って政権を発足させたのである。

その鳩山政権が政権公約に基づき、日米合意の見直しを提案する以上、米国も協議に応じる必要がある。

すべての状況を含めて検討すれば、グアム・サイパンへの移設案は、極めて妥当な合理的な代替案になり得るのだ。日米協議はこの案を軸に検討されるべきものであったと言って過言でない。

「抑止力」の問題は、あってなきような問題である。そもそも沖縄に残留する予定の海兵隊の兵力だけ「抑止力」と表現すること自体が笑止千万なのである。「海兵隊」の第一の任務は米人保護であって日本の領土保全ではない。

いまからで遅くない。鳩山政権は海外移設案を真剣に検討するべきだ。鳩山総理の本当の「腹案」が、そもそも海外移設であるとの可能性も否定できない。これは本人でなければ分からないことだから詮索に意味はないが、海外移設案を軸に早急な検討を示すべきである。

鳩山政権内に日本国民の利益よりも米国の利益を優先する米国代理人が存在するなら、鳩山総理はそのような人物を更迭し、日本国民の利益を最優先する体制を整えるべきである。この点を重点とする内閣改造を検討する必要があると思う。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 抑止力論なるプロパガンダに惑わされないこと | トップページ | そもそもあり得ない小沢一郎氏起訴相当議決 »

鳩山民主党の課題」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総理は米代理人更迭内閣改造を実施すべし:

» 911テロ:ペンタゴンに突っ込んだミサイル [ライジング・サン(甦る日本)]
すでに阿修羅や各方面で知られていますが、911テロの時にペンタゴンに突っ込んだのは飛行機ではなく、アメリカン航空のロゴを付けたミサイルだったという動画です。 真相はまだまだ解りませんが、ある意味強力な証拠となるかもしれません。 参考までにどうぞ。... [続きを読む]

» 新聞・TVの報道よりも松田光世氏のつぶやきこそが真の情報である [ライジング・サン(甦る日本)]
すでに各方面でブロガーさんたちやツイッターを利用されている方には共有されている情報ではあるが、「ドラえもん」こと松田光世氏(菅副総理も元政策秘書)のつぶやきこそが真の情報である。 ツイッターごときに利権を潰されてたまるかと考えているマスゴミや評論家などは、ツイ... [続きを読む]

» Imperial Cruise 3 [Tokyonotes 東京義塾]
インペリアル・クルーズの著者のジェイムズ・ブラッドレー氏に、拙文を書いて、同書の書評を書く準備をしていると連絡したら、早速返事を、当ブログは頂戴した。慧眼である。 返事は、短いメールで、「読んでいただいてありがとう。先月、東京の何カ所かで講演をした。米軍が日本を撤退することを勧める。沖縄を日本に返還する、その時が来た」、と書いてあった。 さてさて、日本政府の指導者は、米軍を日本全土に拡散しようとす... [続きを読む]

» 統合機運の基盤~ユダヤ教(出自バラバラの寄せ集め集団を統合する観念) [日本を守るのに右も左もない]
歴史上の社会統合観念である古代宗教(儒教・仏教・ユダヤ教→キリスト教、イスラム教)が登場した基盤、その時代背景を明らかにする。 前回までに、儒教(力の原理の追共認⇒序列規範)、仏教(自我私権の捨象→宇宙の摂理)、イスラム教(遊牧共同体国家による市場の制御)を取り上げた。今回は、ユダヤ教を取り上げる。 いつも応援ありがとうございます。 ...... [続きを読む]

» 5月12日 [アーサーの何でもやってやろう!]
5月8日付のブログで,私は「反対の世論を伝えているマスコミが態度を変えていく可能性があるのではないか」と指摘した。 いままでにない記事を見かけたので紹介したい。 沖縄県民大会「9万人」に疑問も、県警把握せず http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100511-OY... [続きを読む]

» 5月12日 -2- [アーサーの何でもやってやろう!]
やはり事態は密かに進行している。 「民主主義の冒とく」と地元 辺野古明記の政府原案で http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201005120115.html ※中国新聞 "米軍普天間飛行場移設問題で11日、キャンプ・シュワブ沿岸部がある沖縄県名護市辺野古周辺を移設先とする政府... [続きを読む]

» 米独立系メディア「デモクラシー・ナウ」 [ライジング・サン(甦る日本)]
今日は米国で信頼できる独立系メディア「デモクラシー・ナウ」のHP(日本語訳) を紹介します。 このメディアをご存じの方も多くいらっしゃるとは思いますが、簡単に言えば「暴き系・真相追及メディア」ということです。 他にもアレックス・ジョーンズの「インフォ・ワーズ(i... [続きを読む]

» 鳩山外交の凄い所「普天間基地問題を材料に日ロ交渉」 [ライジング・サン(甦る日本)]
副島隆彦氏のお弟子さんである古村治彦氏のブログ「古村治彦の酔生夢死日記 」に興味深い内容の記事が載せられています。 私は古村氏のブログをブックマークしていますが、たまたまツイッターで古村氏が「ブログ更新しました」とつぶやいていたので読んでみると、これは凄いな... [続きを読む]

» ふたたび検察審査会に関する考察 by 検察OB [木霊の宿る町]
★四月二十八日のブログ 「検察審査会に関する考察 by 鈴木宗男」 にこう書いた:検察審査会議決に関する疑問などを書こうかと思ったのだが、賢明なる読者が感じられていることと同じだろうと思い書かないことにした。雑な議決に対する疑問呈示とトリック明かしは簡単である。でも小沢一郎の陣営は書いておかれるのが良いと思う。日本のB層はマスメディアの印象操作にたやすくひっかけられるし、善人とか隠蔽とかいう言葉をみたとたん思考停止に陥るからだ。小沢一郎の緊急記者会見だけでは不十分である。佐藤栄佐久もそうだが、岩手と... [続きを読む]

» 国家権力の恫喝に負けないで、小沢幹事長は闘ってください! [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 東京地検が、検察審査会というでっちあげ制度を最後の手段として小沢幹事長に任意の事情聴取という恫喝をかけて政治的妥協・政治生命を脅かす嫌がらせを策動してきました。 これは、参院選に突入するなかで小沢幹事長の動きを封殺する目的と、民主党へのさらなるダメージを狙ったものといってよいでしょう。 柔道女子のオリンピック・金メダリストである谷亮子氏を擁立会見で小沢幹事長が質問に答えるなかで、検察側は憎しみを抱いていた可能性もありますが、自民党... [続きを読む]

« 抑止力論なるプロパガンダに惑わされないこと | トップページ | そもそもあり得ない小沢一郎氏起訴相当議決 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ