« 鳩山総理は基地拒絶国民総意に沿う決着目指せ | トップページ | 天下り根絶には抜本的な制度変更が不可欠 »

2010年4月30日 (金)

腐敗マスゴミに徹底抗戦・真の独立獲得に向け

日本はいま、独立戦争のさなかにある。

1945年、第二次世界大戦が終結した。日本はGHQの統治下に置かれた。GHQは当初、日本の民主化を推進し、日本に新しい民主主義国家を創設する壮大な実験を試みた。

日本国憲法が制定され、新憲法下での最初の総選挙が実施された。社会党が第一党の地位を確保し、片山哲社会党政権が発足した。

ところが、この1947年に対日占領政策は180度の転換を示す。

冷戦の激化に伴い、米国の外交政策が転換し、連動して対日占領政策が大転換したのだ。日本は独立した民主主義平和国家から米国に隷属する反共防波堤の植民地に位置付けを転換させられた。

戦後初めての総選挙で内閣総理大臣に就任するはずだったのは鳩山一郎氏だった。しかし、鳩山一郎氏は組閣の直前に公職追放処分を受けて、首相に就任することができなかった。

鳩山一郎氏の公職追放を受けて首相の座を手中に収めたのが吉田茂氏である。実は吉田茂氏も公職追放リストに掲載されていた。吉田氏はGHQ幹部に取り入ることにより公職追放処分を回避するとともに、鳩山一郎氏が公職追放リストに載ったにもかかわらず、処分回避にまったく動かなかった。

米国は対日占領政策大転換後の日本統治=植民地化を、吉田茂氏を通じて実行した。

米国の意に反する片山哲内閣、芦田均内閣はGHQの力によってつぶされた。その結果として創設されたのが二度目の吉田茂内閣だった。1948年から1954年にかけて日本政治を支配した吉田茂内閣が戦後日本の基本路線を敷いた。この吉田茂内閣こそ、元祖対米隷属政権である。

吉田茂内閣は米国、米軍の支配下に置かれる日本を生み出した。吉田茂内閣はCIAと通じる検察、内閣調査室等の組織を生み出すと同時に、政治権力に支配されるマスメディアの構造を生み出した。

対米隷属の系譜、米国による日本支配構造の淵源は吉田茂内閣にあると言ってよい。

昨年8月30日の総選挙を通じて実現した政権交代の最大の意義は、日本の真の独立実現にある。米国が日本を支配する構造を打破できるのかどうか。これが政権交代の最大の意味である。

米・官・業。これが日本の支配者である。日本国憲法は国民主権を定めているが、絵に描いた餅である。戦後、一貫して日本を支配し続けてきたのは米・官・業である。

鳩山-小沢ラインの民主党は、この基本構造を根本から変革する意志と力を有している。

マスメディアが検察と一体になって常軌を逸した鳩山政権攻撃を展開し続けるのは、戦後日本の米国による支配構造を是が非でも維持しようとするからである。

日本国民はこの真実を見抜かねばならない。

小泉政権が発足したのは2001年4月だった。政権支持率は高かったが、2003年までの政策運営は最悪だった。株価は半値に暴落、日本経済は戦後最悪の状況に悪化した。財政赤字も急増した。

小泉政権は2003年5月までに崩壊しておかしくなかった。極めつけは公的資金によるりそな銀行の救済である。小泉政権は「退出すべき企業は退出させる」路線を明示し、このなかに大銀行を含むことを明示した。

大銀行破綻を辞さぬとの方針が株価大暴落の原因になった。日経平均株価はついに7600円に暴落した。このなかで、りそな銀行が資本不足であるとされた。

ところが、結局小泉政権はりそな銀行を公的資金で救済した。まさに「偽りの不良債権処理政策」だった。

小泉政権が生き延びた最大の理由は、マスメディアが小泉礼賛報道を展開し続けたことにある。「小泉新報」とも揶揄される日本経済新聞は、大迷走の金融問題処理を大胆な改革政策だと礼賛した。マスメディアの礼賛報道なくして小泉政権の延命はなかった。

これと正反対に位置するのが鳩山政権である。マスメディアは米官業による日本支配を打破し、国民主権構造を創設しようとする鳩山-小沢ラインの現政権中枢を破壊することを狙っている。

民主党内部には米国、官僚組織、大資本と連携する議員が多数存在する。

米官業プラス政電の悪徳ペンタゴンは民主党政権が持続しても、鳩山-小沢ラインを排除できれば良いと考えている。

_72

前原誠司氏、岡田克也氏は対米隷属派に属し、企業献金全面禁止にも消極姿勢を示す。菅直人氏は最近になって急速に、財務省主導路線に乗る仙谷由人氏や野田佳彦氏への接近を示している。

日本の主権者である国民が日本の真の独立と米官業からの主権奪還を希求するなら、鳩山-小沢ラインを支援するしかない。小沢一郎氏を不正で不当な方法で排除しようとする陰謀を成就させてはならない。

CIA=読売・朝日、3K=フジサンケイ、小泉新報=日経をはじめとするマスゴミの鳩山・小沢攻撃の大合唱がいよいよ激しさを増している。

悪徳ペンタゴンとの闘いに勝利し、日本の主権者国民は真の独立を勝ち取らねばならない。

マスゴミの暴力に立ち向かえるのは草の根ネット情報だけである。

日本のこれまでの支配者に徹底抗戦し、この最終決戦=独立戦争に勝利しなければならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 鳩山総理は基地拒絶国民総意に沿う決着目指せ | トップページ | 天下り根絶には抜本的な制度変更が不可欠 »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腐敗マスゴミに徹底抗戦・真の独立獲得に向け:

» 小泉・竹中郵政改革からの脱却 郵政改革法案を閣議決定 [ライフログ ダイアリー]
小泉・竹中路線の郵政売国法案「郵政民営化関連法案」が鳩山新政権によって葬られることになりました。 政府は今国会での成立を目指しており、5月中旬に審議入りする見通しのようです。 郵政改革法案の概要をasahi.comより引用 鳩山政権は民営化路線によって郵便、貯金、...... [続きを読む]

» 検察審査会に関する考察 by 佐藤優 [木霊の宿る町]
★昨日のブログにこう書いた:nbsp;おのまは今回の案件でもって小沢一郎を犯罪者として起訴するのはとても不自然なことだと思う。いうなれば無理筋 (検察審査会の)雑な議決これと同じ趣旨のことを法務省の幹部が言ったそうである。★四月十五日のブログでウオルフレン論文を紹介した。 日本は真の民主主義国家ではない。民の代表である政治家ではなく官僚が政治をのっとっているからである。 http://onomar.jugem.jp/?day=20100415nbsp;同じ趣旨のことを佐藤優が... [続きを読む]

» 【犬察審査会】枝野や前原、生方は惨軽の尻馬に乗るのならば、民主党から離党せよ!【与太議決】 [ステイメンの雑記帖 ]
 自らの利権を死守せんと狂奔する売国新聞惨軽など翼賛マスゴミどもが、鳩山政権や民主党に対して形振り構わぬネガキャンを続けている。  そんな中、申し立てから3ヶ月足らずという異常な速さで、頭狂第5検察審査会が小沢幹事長に対して「起訴相当」の議決を行ったことで、それら 翼賛マスゴミどもはまるで鬼の首を取ったような悦びよう である!  その事自体、「推定無罪」の大原則を踏みにじる物であるわけだが、 より呆れるのは、「ピエロ」生方は無論のこと、現職閣僚である枝野や前原といった「七奉行」までその尻馬の乗ってい... [続きを読む]

» 言葉を正しく使えば物事の本質が理解でき「騙されない」 [ライジング・サン(甦る日本)]
先日は副島隆彦氏の新著「お金に騙される人、騙されない人」を本ブログで紹介しました。 これは金融面で国民が長年、銀行や証券会社などにうまく勧誘されて失敗した例をいくつも挙げ、そしてどうすれば騙されない人間になれるかということを「優しく」「どぎつく」書かれています... [続きを読む]

» 大拡散希望よろしくお願いします。^^):/ 欧米やアメリカでは当たり前、「電波オークション」で財源を国庫へを実現する。、国民総参加で応援しよう。 [mubouのブログ]
主権者国民レジスタンス戦線参加 ブログです 主権者国 民レジスタンス戦線の勝利に向けて ↓植草さんのココログへ ↓主権者は私たちですBBSへ 民主党頑張れ! お金の無駄は事業仕分けもさることながら、twitter ブログ BBS を走る無駄使い情報に目を光らせて草の根のネットがネットと(古くて足腰の強い、口コミ)で国民に情報を拡散、拡散する、拡散する!これはすぐ出来る! 電波オークション国民の財産である電波を私物化している現状を粉砕する必要がある。余っているのも関わらず、国民に返そうとしない犯罪行為... [続きを読む]

» 「自由と生存のメーデー2010」(東京、05-02~04) [喜八ログ]
「自由と生存のメーデー2010」(東京、05-02~04)のお知らせです。 [続きを読む]

» 郷原信郎氏 第88回定例記者レク概要転載 [ライジング・サン(甦る日本)]
ツイッターで郷原信郎氏が「第88回定例記者レク概要」をHPにアップしたとつぶやいていましたので、PDF版ですがリンクを貼っておきます。 少々長いのでコピペはしません。 いつもながらの簡潔で解りやすい内容ですから、もし周りでPCやネットを利用されない中高年の方々や、TVや... [続きを読む]

» 不可解な検察審査会の議決 [三角広場]
nbsp;今回の小沢一郎氏についての、検察審査会の議決文には不可解な点がいくつかある。1.申告人が「甲」とのみ記されており、誰かは特定できない点―小沢憎しの思いがあるものなら誰でも「可」ということだろう。2.議決文が小沢氏を「絶対権力者」と決めつけている点。3.逆に、自分たちを「善良な市民」と言っている点。4.11人全員の一致した意見となっている点。2,3,4から―11人が、本当にくじで選ばれた一般市民なのかどうか?―ということに疑問が湧いてくる。検察審査会の制度自体は、以前からあるもので... [続きを読む]

» 無人機爆撃 本土で操縦 [ひげログ人]
4月30日付毎日新聞一面に、驚愕の大見出し。 自宅から出勤「午前はアフガン、午後 [続きを読む]

» 拡散希望 ! (前半)(小沢氏の政治資金規正法違反事件についての検察審査会の「起訴相当」議決の問題、 記者レクの概要   [mubouのブログ]
主権者国民レジスタンス戦線参加 ブログですチェコの絹の革命はプラハの大学から慎重な準備のもとに時をえて、大学から労働者、俳優、芸術家、最後にはマスコミを大群衆を巻き込んで進行したようです。日本の無血革命における悪徳ペンタゴンとの最終決戦はこの植草先生のブログのたくさんの草の根のネットから発信してゆけたらどんなにうれしいことでしょう。小泉竹中の売国政治のなかで、たび重なる、陰謀のなかでずたずたになられながら、愛する日本のために(不死鳥)のようによみがえられた植草一秀先生です。本来、日本の生きる道を照ら... [続きを読む]

» 「舛添要一」に関するつぶやき [喜八ログ]
「喜八 (kihachin) on Twitter」の「舛添要一」氏に関する「つぶやき」をまとめたエントリです。 [続きを読む]

» 白い小沢一郎先生をストーカーまがいで、手段を選ばず追いかける東京痴犬 [ブログをつくって、民主党政権を応援しよう]
拡散希望 ! (小沢氏の政治資金規正法違反事件についての検察審査会の「起訴相当」議決の問題、 記者レクの概要    主権者国民レジスタンス戦線参加ブログです 主権者国 民レジスタンス戦線の勝利に向けて ↓植草さんのココログへ [主権者は私たち国民レジスタンスバナー] ↓主権者は私たちですBBSへ [主権者は私たち国民レジスタンスバナー] チェコの絹の革命はプラハの大学から慎重な準備のもとに時をえて、大学から 労働者、俳優、芸術家、最後にはマスコミを大群衆を巻き込んで進行したようです。 日本の... [続きを読む]

« 鳩山総理は基地拒絶国民総意に沿う決着目指せ | トップページ | 天下り根絶には抜本的な制度変更が不可欠 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ