« 立ちあがるべきは日本ではなく主権者国民だ | トップページ | 日本政治刷新の可否は国民の賢明力に依存する »

2010年4月 8日 (木)

田勢康弘氏重大なセクハラで早大教授解職報道

日経新聞記者出身のジャーナリスト田勢康弘氏については、本ブログでもたびたび言及してきた。

本ブログ右サイドカレンダー下に置かれている、「暴想」様が提供された「ココログ最強検索」を利用して「田勢康弘」で検索いただくと19件の記事を閲覧いただける。

「日経田勢康弘氏の読むに堪えない論説記事」

テレ東「週刊ニュース新書」田勢・田原氏偏向二重唱」

などでは、記事タイトルに田勢氏の活字を使用させていただいた。

 最近では、3月26日に

合理性と正当性を備える鳩山政権の郵政改革案」

3月22日に

「鳩山政権はマスゴミ情報工作無視し初心に帰れ」

の記事のなかで、田勢氏が小沢一郎氏を激しく非難した事実についての論評を記述した。

 田勢氏はテレビ東京番組「週刊ニュース新書」のMCを務め、偏向した政治番組報道にいそしんでいる。(番組紹介サイト右下に意見投稿リンクあり)

 この田勢康弘氏が早稲田大学大学院公共経営研究科教授を解職されたとの報道があった。

 同研究科は私が2004年4月まで教授を務めた早稲田大学専門職大学院の一部門である。

 報道はgoogle検索では、これまでのところJ-CASTニュースしか存在しないが、J-CASTニュースによると、早稲田大学は公共経営研究科在籍女子学生からセクシャル・ハラスメントの申し立てを受けて調査を行った結果、「重大なセクハラ行為」があったと認定し、田勢氏を解職処分にしたとのことである。

 J-CASTニュースは教授会に出席した教授の一人から事実関係を聴取したうえで記事を執筆したことを明らかにしている。一方、早稲田大学は処分の内容について公表していないとのことだ。

 報道各社がこの問題をまったく伝えていないことが極めて奇異である。少なくとも日経新聞およびテレビ東京は、この問題について報道するとともに、社としての見解を示す必要がある。

 テレビ東京は私が巻き込まれた冤罪事件報道に関して、重大な誤報を行ったが、その後一切、訂正も謝罪も行っていない。日経新聞は私が巻き込まれた冤罪事件に深く関与している可能性があると私は考えている。この問題については、いずれかの機会を見て説明したい。

 テレビ東京番組「週刊ニュース新書」の打ち切り(サイト右下に意見投稿リンクあり)についても、テレビ東京は見解を示す必要がある。身内の問題だけを別扱いすることは許されない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 立ちあがるべきは日本ではなく主権者国民だ | トップページ | 日本政治刷新の可否は国民の賢明力に依存する »

偏向報道(2)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田勢康弘氏重大なセクハラで早大教授解職報道:

» 【老害大勲位】宦官ジミン、惨経ともども一蓮托生で涅槃に流されるべき存在だ!【新党立ち枯れ】 [ステイメンの雑記帖 ]
 勢い余って宦官ジミンを飛び出してしまった「オリエント」与謝野と、郵政造反で気骨があるように見せかけていた「排外主義者」平沼という 政策も理念も「水と油」の二人がでっち上げた新党「たちあがれ日本」 であるが、難航しまくった党綱領や体制がようやく固まり、どうにか 10日には結党できそうな雰囲気 になってきたようである!  だが、 主権在民の昭和憲法下において、結党前からここまで悪評紛々な「新党」も珍しい のではなかろうか!  まずもってその本質が、メルトダウン寸前の宦官ジミンという泥舟から逃げ出した輩... [続きを読む]

» 多摩市長選挙 阿部氏、遠藤氏、激しく競り合う。追うこやた氏。 [ひげログ人]
任期満了に伴う東京都多摩市長選挙は、11日の投開票まであと2日に迫った。 再度現 [続きを読む]

» 国体思想と佐藤優 [三角広場]
佐藤優氏―外務省職員(休職中)―の国際情勢分析力には、一定の敬意を表さざるをえないが、彼が盛んに極右の個人、団体と接触している点や、彼の思想の中核にあるらしい「国体の思想」を私は受け入れるわけにはいかない。「国体の本義」(1937年に文部省が出版した書物)は、戦後GHQが危険思想視して、出回らないようにしたので、日本では図書館にすら存在しない。―ただし英語版のものは米国で手に入るという―では、その思想とはどんなものか―昭和初期の日本の支配層は、こう考えた―世界には3つの思想がある。共産主義、自由主義... [続きを読む]

« 立ちあがるべきは日本ではなく主権者国民だ | トップページ | 日本政治刷新の可否は国民の賢明力に依存する »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ