« 企業献金全面禁止反対の政党は金権党である | トップページ | 立ちあがるべきは日本ではなく主権者国民だ »

2010年4月 6日 (火)

鳩山総理は日米対立を恐れずに交渉に臨むべき

テレビ朝日、日本テレビ、読売テレビ、フジテレビ、テレビ東京、TBS、そしてNHKの偏向報道が目に余る。

御用言論人の卑しい姿。

さらに品性下劣なのが、魂を売った芸人たちである。

タレントの多数は政治的中立を厳格に守っている。

タレントが政治発言するのは自由だ。確固たる信念をもって持論を展開するのなら大いに結構なことだと思う。

しかし、タレント、芸人の一部に、権力に魂を売っている人物が存在する。その品性の下劣さに辟易する。

国の政治のレベルは国民の水準によって規定される。

テレビが「小沢一郎民主党幹事長は悪い悪い」と繰り返す。「悪い」とするのも明確な根拠があってのことでない。イメージを刷り込む報道が繰り返されているだけなのだ。

毎日これらの偏向報道に接し、報道を鵜呑みにし、報道にそのまま感化される人々は、小沢氏についての見解を求められると、「民主的でない」、「幹事長を辞任するべきだ」との発言を示す。

これらの発言は、各個人が自らの判断で提示したものでない。普段聞いている話をそのまま繰り返しているだけなのだ。

国民の多数がこのレベルにとどまるなら、メディアの情報操作によって政治が誘導されても、国民は不満を述べるべきでないだろう。国民の行動が政治の結果を生み出す源泉なのだ。

政権交代によって実現すべきことは、国民の国民による国民のための政府樹立である。

これまでの政府は国民のための存在ではなかった。官僚と大資本と米国、そして政治家自身に利益をもたらすものだった。

政権交代によって実現すべきは、政治から「利権」を取り除くことなのだ。

官僚の利権、大資本の利権、米国の利権、そして政治家自身の利権を取り除くことが政権交代を実現する最大の目的なのだ。

天下りを全面禁止する

企業献金を全面禁止する

外交で米国に隷属しない

この三つを確実に実行することだ。

人気ブログランキングへ

日本は核の脅威に晒されていることになっている。日本は核兵器を持たない国だから、核兵器を持つ米国に日本の安全保障を委ねている。したがって、日本は米国に盾突くことが出来ない、とされている。

しかし、核兵器を持たない国で中立国を宣言している国は存在する。

核を持たずに、日本の防衛力で日本の安全保障を確保することも選択肢に入れるべきである。日米同盟は日本の選択肢のひとつにすぎないことを明確に認識するべきである。国内に外国軍が常時駐留することは普通の国の姿ではない。

基地移設問題で米国が主権者であるかのごとき行動を示すなら、日米は決別すれば良いのだ。米国は日本を属国と位置付けるから高飛車な態度を示すのである。

米国にひれ伏す外交からの訣別が鳩山政権に求められている。

普天間基地移設問題を、鳩山政権を攻撃する「政争の具」として取り扱う、反鳩山政権陣営の行動は、主権者である国民に対する背信行為である。

すべての主権者が一丸となって、米国にも言うべきを言い、これまでの対米隷属を改めることが大切なのだ。多数の自民党議員、メディアは主権者国民の側に立っていない。日本を属国とみなす米国の手先となって行動している。

普天間基地問題で鳩山政権が正しい着地点を見出すためには、米国との対立を恐れてはならない。日本には日本の事情があり、日本国内のことについて決定する権限が日本政府にあることを忘れてならない。米国がこの基本事項を認めぬなら、そのような国と友好的な関係を築くことはできない。日米決裂をも辞さない強い姿勢が必要なのだ。

悪徳ペンタゴンによる日本政治支配を堅持したい米国は、普天間問題を鳩山政権攻撃のカードとして利用しようとしている気配さえ窺える。これは、許されざる内政干渉である。

普天間問題を打開する最大の決め手は、鳩山政権が日米対立をも辞さない強い姿勢で交渉に臨むことである。鳩山政権が言うべきことを言い、その結果として日米対立が生まれるなら、日本の主権者国民は一丸となって鳩山政権を支援しなくてはならない。それが日本の自主独立を重視する日本の主権者が示すべき行動である。

主権者である国民が、米国、大資本、メディアの誘導に乗り、深く考えもせずに主権者国民のための政治体制確立を追求しないのなら、悪徳ペンタゴンによる日本政治支配の構造は永遠に存続し続けるだろう。主権者国民の行動がこの結果を生み出すなら、それは自業自得である。

主権者国民のための政治を実現するには、主権者国民自身が自覚し、偏向メディア情報に対する疑念を常に忘れぬようにしなければならない。

主権者国民のための政治を実現するための具体的な方法は、鳩山政権を支援し、そのうえで、鳩山政権に

天下り全面禁止

企業献金全面禁止

対米隷属外交からの脱却

を必ず実行させることだ。

主権者国民が賢明さを備え、ぶれないことが不可欠だ。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 企業献金全面禁止反対の政党は金権党である | トップページ | 立ちあがるべきは日本ではなく主権者国民だ »

鳩山民主党の課題」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総理は日米対立を恐れずに交渉に臨むべき:

» 産経の記事をまともな文章にしてみると [ライジング・サン(甦る日本)]
産経新聞の記事というのはいつも論調が同じで、その辺のワルガキが逆に虐められて親につげ口してるか、部屋にこもって自己満足するかのように文句言っているような感じだ。 産経も経営がかなり厳しいようで購読者もまず少ないのだろうが、一応読んでいる方がバカになると日本も... [続きを読む]

» 二宮厚美氏 「今こそ垂直的な所得再分配の再構築で経済復興・格差と貧困の是正・財政改革を」 [父さんの日記]
Caccyo通信100302 でかっちょ様がご案内下さった、2月24日に開かれた衆議院予算委員会での公聴会の会議録が公開されている。ここから、二宮厚美・神戸大大学院教授の公述と、各委員と二宮氏との質疑を抜粋し、転載させていただく。併せて、当日の衆議院テレビ の視聴と『日本は財政危機』論に迫る!~Caccyo通信100302 の再読をお薦めしたい。<以下、第174回公聴会会議録 平成22年2月24日 から抜粋>神戸大学の二宮でございます。よろしくお願いします。 時間が限られておりますので、私の公述内容... [続きを読む]

» スタイルFM天木・植草討論番組動画配信開始←第3部中、 第1部を見られます。を見て [mubouのブログ]
2010年4月7日(水曜日) 2010/4/10 木曜日 主権者国民レジスタンス戦線参加ブログです。 主権者国 民レジスタンス戦線の勝利に向けて ↓植草さんのココログへ ↓主権者は私たちですBBSへ No.1320 【朗報】スタイルFM天木・植草討論番組動画配信開始←第3部中、 第1部を見られます。http://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?jouhou 1320 投稿者---SOBA(2010/04/01 19:27:15)http://uekusa... [続きを読む]

» 4月7日 第3回活憲政治セミナー  「日米同盟」の将来と2010参議院選挙 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 「風」会員・賛同者の皆様 宜野湾市の伊波洋一市長などが説明している米太平洋軍の「グアム統合軍事開発計画案」をご存知の方も多いと思います。在沖海兵隊がほぼすべてグアムに移転するというものです。防衛省の文書からも、同省がすでに同計画案(下記文書中の「マスタープラン」など)を承知していることが伺えます。 在日米軍に関する諸施策 >在日米軍などの兵力態勢の再編 >グアム移転 http://www.mod.go.jp/j/approach... [続きを読む]

» 過保護国「日本」からの脱却 [ライジング・サン(甦る日本)]
普天間基地問題はまだ決着がついていない。  過去におけるヴェトナム戦争も朝鮮戦争も米ソ冷戦も、米国を本拠地とし共産主義者であり、なおかつ旧ソヴィエトのクレムリンをも操っていたデヴィッド・ロックフェラーが行ってきたロックフェラー家のための戦争だったのである。 つ... [続きを読む]

» 国家・社会・官僚・帝国(米)と小沢氏を鋭く分析する佐藤優氏 [ライジング・サン(甦る日本)]
副島隆彦氏の「学問道場」 日本政界情報メモ より転載します。 佐藤優氏と魚住昭氏の対談文ですが、佐藤優氏の小沢氏と国家・社会などに対する分析が非常に勉強になります。   みなさんも読んで色々考えて見て下さい。 (転載貼り付け開始) [4248]「佐藤優氏と... [続きを読む]

» 【自主自立】媚米追従外交は諸外国からの侮りを招き国益を大きく損ねる愚行だ!【対等な日米】 [ステイメンの雑記帖 ]
 この12~13日に核安全保障サミット開催されるが、それに出席するため訪米する鳩山首相とオバマ大統領との日米首脳会談が開かれないことについて、 媚米売国ポチの代表紙たる惨経が「国益を損ねる重大事だ」などと性懲りもなくネガキャンに悪用 している。  奴らの主張としては、   ・同盟関係が空洞化し、日本の平和と繁栄が損なわれかねない。   ・首相は直ちに日米合意に基づく(普天間基地移設)現行計画履行を決断し、危機的な行き詰まりを打開する指導力を発揮すべき。   などというものである。  確かにせっかく訪... [続きを読む]

« 企業献金全面禁止反対の政党は金権党である | トップページ | 立ちあがるべきは日本ではなく主権者国民だ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ