« 鳩山首相は政治刷新具体策を公約に明示せよ | トップページ | 衆参ダブルを期待する野党転落者の悲しい現実 »

2010年4月12日 (月)

企業献金全面禁止が日本政治構造を激変させる

「政治とカネ」の問題の本質は、不正なカネが政治家の手に渡り、政策が歪められる点にある。

国家予算の規模は100兆円。特別会計を含めれば200兆円にも達する。

日本のGDPは2009年度には470兆円にまで減少したから、経済規模の2割、ないし4割の資金が政府の手にゆだねられることになる。

国会に予算決定が委ねられているが、実際に決定権を持つのは与党である。

与党国会議員はGDPの2割なり4割の資金についての配分権を有することになる。巨大な権力である。

「政治とカネ」の問題の本質は、特定の利害関係者から政治家にカネが流れ、政府の財政資金配分が歪められてしまうことにある。政府の権限は予算配分だけでなく、許認可といった巨大な行政権限にも及ぶ。

日本ではこれまで企業献金が容認されてきたが、企業は見返りのない資金を提供しない。見返りのない資金の社外流出は株主の利益に反することから、株主がそのような資金流出を認めることは通常は考えられない。

企業が資金を提供するのは、政治家に何らかの便宜を図ってもらうためである。本来的に、企業献金は「賄賂性」を伴うものである。

この「カネ」が政治家の職務権限に直結しないのであれば、「政治献金」として許容されてきた。政治家個人に対する献金は禁止されたものの、政党支部に対する献金は許容され、政党支部から政治家個人の資金管理団体への寄付が認められているから、実質的には企業から政治家個人への献金が認められてきたのである。

マスメディアは「政治とカネ」の問題を鳩山由紀夫総理大臣と小沢一郎民主党幹事長の問題であるかのごとくの報道を展開し続けているが、この偏向ぶりには目を覆うばかりである。

政治資金の取り扱いは透明でなければならないが、鳩山総理の政治資金の問題は、巨額の私財を政治活動に投入してきたとの話であり、「政治とカネ」の問題の本質からは大きくはずれた問題である。

小沢一郎幹事長の問題については、メディアが憶測で疑惑を生み出してきただけで、検察当局が無謀な家宅捜索を繰り返したにもかかわらず、犯罪の存在を見出すことができなかったのである。

小沢氏の秘書が逮捕されたが、昨年の三三事変も本年の一一五事変も、犯罪事実は極めて不明確で、検察の起訴事実は、重箱の隅を突くような瑣末なことがらでしかない。このようなことがらで小沢一郎氏を悪者扱するのは極めて不当であり、メディアの報道姿勢はあまりにも偏向していると言わざるを得ない。

企業献金を認めてきたこれまでの政治において、「政治とカネ」の問題を断ち切ることは実質的に不可能に近かった。検察はまったく摘発してこなかったが、政治家が公共事業の発注を受けている企業からの献金を受け入れていることは日常茶飯事で、内閣改造に伴って閣僚のデータが洗われるるたびに、献金の返還などが繰り返されてきた。

人気ブログランキングへ

個人と企業を比較すれば、資金力において企業が圧倒するのは当然である。企業は巨大な資金を政治家に提供する。政治家はこの献金を念頭に政策=財政資金配分や許認可権行使を歪める。これが「金権政治」なのである。

企業が政治家に支払う「カネ」は巨額であり、この「カネ」を目的に政治家を目指す人間が増加する。

こうして与党政治家の大半が「カネ」を目的に政治活動にいそしむ「利権政治屋」に成り下がるようになるのだ。

「政治とカネ」の問題は、これまでの日本政治の体質の問題であって、個別政治家の問題ではない。個人を問題にするなら、鳩山氏や小沢氏を問題にする前に、徹底的に捜査が求められる政治家が自民党には数十人も存在する。

こうしたなかで、小沢一郎前民主党代表が提唱し、鳩山由紀夫総理大臣が提案した「企業団体献金全面禁止」は、問題の本質に真正面から斬り込むものである。

「企業団体献金全面禁止」が実現すれば、政治のありかたは根本から激変する。本来の政治活動に必要な資金は国民が拠出すれば良いのだ。企業がカネを出すと言っても、そのカネの源泉は消費者が支払うカネにある。本当に必要な資金であるなら、国民が負担すれば良いのである。

鳩山由紀夫総理大臣はマスメディアが調査した内閣支持率が低下したことに関する報道記者の質問に対し、

「政治とカネの問題に隠れて、改革が大変大胆に行われているところが見えていない。政権は国民のために一生懸命仕事をしている」

と述べたと伝えられている。

子ども手当創設、高校授業料実質無償化など、「市場原理主義=弱肉強食奨励」の政策から「セーフティネット重視=共生社会追求」への政策方針の大胆な転換を示す政策も本格稼働し始めた。これらの政策を政党に評価することも必要である。

同時に、「政治とカネ」の問題に対して、根本から問題の本質に対応して迅速に取り組む姿勢を示す必要がある。

自民党もみんなの党も企業団体献金全面禁止に賛成しない。両党とも「金権政党」であると言わざるを得ない。

このなかで、「政治から利権に満ちたカネを完全排除する」ために、企業団体献金全面禁止を断行することを国民に約束し、どの政党が本当の意味で、「政治とカネ」の問題に抜本対応を示しているかを問うことが必要である。

民主党が企業団体献金全面禁止に踏み切ることを明言するときに、自民党やみんなの党が反対するなら、この問題に対する基本姿勢の違いを主権者国民は明快に理解することができるはずだ。

マスメディアは大資本からのスパンサー収入に経営のすべてを依存している。大資本は「カネで政治を買える」から企業団体献金制度を温存したい。マスメディアは大資本と利害を共有しており、鳩山政権の企業献金全面禁止提案をつぶしたいと考えている。

そのため、報道では小沢氏と鳩山氏の問題だけをたたき、鳩山政権の企業団体献金全面禁止提案を正面から取り上げようとしない。

民主党議員のなかにも企業献金全面禁止に反対の議員は存在するだろう。多くの議員がカネの入りを拡大したいと願っているからだ。

しかし、政治活動は「カネ」を目的に行われるものではない。政治活動は国民に対する奉仕として行われるべきものなのだ。

ここは、民主党議員は腹をくくって、企業団体献金全面禁止に進むべきである。日本政治構造を変える核心は企業献金の全面禁止である。

鳩山首相はこの点を明確に公約に掲げるべきであり、主権者国民にその重要性を、時間をかけて説明するべきである。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 鳩山首相は政治刷新具体策を公約に明示せよ | トップページ | 衆参ダブルを期待する野党転落者の悲しい現実 »

企業献金全面禁止提案」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業献金全面禁止が日本政治構造を激変させる:

» 東京都多摩市長選挙民主・社民・生活者・共産勝利!みんなの党大健闘!自公は首都圏から崩壊していく! [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力くださいた 現職の渡辺幸子市長(自公系)は、引退を受け、11日投票の東京都多摩市長選挙になりました。 結果は、民主党、社民党、生活者ネットの与党と、共産党が推す阿部ひろゆきさんが当選をきめました。 「みんなの党」単独推薦の遠藤ちひろさんに1475票差まで追い上げられました。 一方、自公系のこやた進さんは、壊滅的結果に終わりました。 阿部ひろゆき 20904 民主、共産、社民、ネット 遠藤ちひろ  19429  みんな こやた進     12... [続きを読む]

» 東京地検特捜部よ。マスゴミよ。小沢氏が不記載で悪ならば、尾辻も同様に虚偽記載で攻撃せよ [ライジング・サン(甦る日本)]
マスゴミや御用コメンテーター、頭の悪い国民は小沢氏の金の問題で、検察があの手この手で攻撃しても裏金では結局は何も出なかったのをよそに、問題をすり替えて不記載を虚偽記載としてが悪いと言う。 今や賢い国民は、全国会議員の収支報告書を調べれば小沢氏のような不記載で2/... [続きを読む]

» 【自エンド】腐敗しきった宦官ジミンなど惨経ともども因果地平に消え去るべきだ!【どこが新体制】 [ステイメンの雑記帖 ]
 ほんの少し前まで党執行部の一員であった前幹事長代理まで離党し、多くの支援組織の離反も相次ぐ宦官ジミンであるが、これらは 党結束の接着剤であった利権を喪失したことに起因するもの であって、国民から三行半を突きつけられた時点で十二分に予想されたことである。  それでもなお、昨夏の総選挙直後に、奴らがこれまでの 悪政苛政について真摯に反省し自己批判を加え国民に謝罪していれば避けられた事態 である。  だが、十分な時間的余裕があったにも拘わらず、宦官ジミンの連中はそれを怠り、自らの悪行所業を忘却して未熟な... [続きを読む]

» 【水俣病】自ら提唱した政治理念を実践する鳩山首相の姿勢こそ指導者に相応しいものだ!【慰霊式典】 [ステイメンの雑記帖 ]
 与謝野や平沼など死に損ないのジジイどもが新党「たちあがれ日本」なるふざけた党名の新党をでっち上げたわけだが、 清和会別働隊たる「みんなの党」や本家「宦官ジミン」ともども民主党批判を強めている。  そして、奴ら宦官ジミンとその一党が一般国民の生活よりも大企業の活動を優先する立場であることに変わりはない!  さてそんな中、高度経済成長の負の遺産であり日本最大の公害病である 水俣病の慰霊式に鳩山首相が歴代首相で初めて列席することを決断 したようだ! (以下、引用開始) 鳩山首相、水俣病慰霊式出席へ  歴... [続きを読む]

» 金権癒着の根を絶て 企業献金全面禁止が日本政治構造を激変させる [ブログをつくって、民主党政権を応援しよう]
企業献金全面禁止が日本政治構造を激変させる 植草一秀の『知られざる真実』マスコミの伝えない政治・社会・株式の真実・真相・深層を植草一秀が斬る 企業献金がいかに政治をだめにしてきたかが、最近ますます感じるようになりました。 献金と遠い世界にいる、個人や零細企業は、納税者としてのみ 政治に参加できて、政治の恩恵を受けることが出来ずに来たのですね。 この10年間で、郊外や高齢者にとって行きにくい遠くに、大型のスーパーが出来て、近くの商店街やスーパーがばたばた倒れました。 遠距離にあるスーパ... [続きを読む]

» こんな暴虐を絶対許してはいけない! [杉並からの情報発信です]
2007年7月にバクダッド郊外の住宅地で起こった米軍ヘリによるイラク人ジャーナリストと住民12名の無差別虐殺映像が公開されました。 今まで決して外部に洩れなかった機密映像が「ウィキリークス」のウェッブサイトで公開され「ユーチューブ」などに投稿され既に560万回以上も視聴されています。 米国の大手マスコミは「国家の安全保障を危機に陥れる」と批判キャンペーンを張り、日本の大手マスコミは一切無視して報道していません。 我々はイラクやアフガニスタンでこのような暴虐を日常的に繰り返しているオバマ政権と米... [続きを読む]

» どんどん続けよう。TV不視聴、新聞不買 [ライジング・サン(甦る日本)]
事実と真実からかけ離れた報道をするマスゴミ離れが加速しているようだ。 各ブログやサイトでも偏向報道を続けるマスゴミの不買、不視聴運動をされているが、ツイッターで日テレの視聴率が、とある日、終日1ケタ台で推移したようだ。 以下、転載するが、このブログは2Chか... [続きを読む]

» 多摩市長選挙 激戦を民主、社民、共産、生活ネット推薦の阿部氏 競り勝つ [ひげログ人]
4月11日投開票された多摩市長選挙。 結果は、 こやた進 無所属新人(自民推薦、 [続きを読む]

» 片岡晴彦×仙波敏郎×高橋玄:ウソつきは警察のはじまり!? 警察の裏金と捏造された高知白バイ事件は [ライジング・サン(甦る日本)]
先ほどUstream(ユーストリーム)で、高知白バイ事件で冤罪を訴える片岡晴彦氏、警察の裏金問題を内部告発した元警察官の仙波敏郎氏、映画「ポチの告白」監督の高橋玄氏が、本日13日都内の外国特派員協会で記者会見を開いた模様をツイッターで「つぶやく」ではなく「ぼやき」な... [続きを読む]

» 統合気運の基盤⇒儒教(部族間闘争を秩序化させた統合観念=序列規範) [日本を守るのに右も左もない]
「闘争能力の基盤は、みんな発の充足性と肯定視」から引用する。 10年後に求められる力を先回りして予測すると、 社会の全面的行き詰まり⇒新理論が求められるはずだが、そのためには、認識収束の潮流が顕在化し、理論追求に真正面から取り組む人が少数でも出てくる必要がある。そして、そのような理論家が登場する前提条件がある。 2600年前、同時期に仏教・儒教・ユダヤ教という古代宗教が登場した。その共通基盤がある。それまでの部族連合国家から武力による統一国家の成立である。部族連合国家では守護神信仰や神話の共認によっ... [続きを読む]

« 鳩山首相は政治刷新具体策を公約に明示せよ | トップページ | 衆参ダブルを期待する野党転落者の悲しい現実 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ