« 基地拒絶が国民総意なら海外移設しか解は無い① | トップページ | 基地拒絶が国民総意なら海外移設が正当③ »

2010年4月25日 (日)

基地拒絶が国民総意なら海外移設が正当②

『金利・為替・株価特報』2010年4月23日号=107号

第3節【政治】普天間基地返還問題の着地点

にすでに記述したが、沖縄普天間基地返還問題に新しい展開が浮上した。

米国自治領北マリアナ諸島の上院議会が4月16日、同諸島のテニアン島を普天間の移設先として日米両政府に求める決議を全会一致で可決したことが明らかになった。

今回の普天間基地移設先の見直しは三つの要請に基づいて提案されている。

第一は沖縄の負担軽減である。第2次大戦時から沖縄は巨大な負担を負い続けてきた。沖縄は1972年までは米国の統治下にも置かれてきた。

沖縄戦の後、米軍が住民を収容所に入れながら建設した基地は、日本が独立を回復した1950年代に米軍の強制的な土地収用で2倍に増大した。沖縄の基地負担は上昇し続け、全国の74%に達している。

沖縄の負担を軽減することは、日本全体で取り組むべき課題である。

第二は、名護市辺野古海岸を破壊しての新しい基地建設に合理性が乏しいことである。貴重でかけがえのない美しい自然資源を破壊して巨大滑走路を建設することの正当性に大いなる疑問がある。

海岸を破壊しての滑走路建設は、日本サイドの利権事情から浮上した面が強いことも明らかになっている。一部の利権勢力の金儲けのために、かけがえのない自然が破壊されることを政府が容認することに対して、鳩山政権は疑問を提示したのである。

第三は、この問題を日本の安全保障のあり方全体を抜本的に見直す契機にすることである。冷戦が終焉し、米国は米軍の配置を根本から見直している。これに伴い、日本に存在する米軍基地の日本にとっての意味が大きく変質し始めている。

日本は日本の安全保障体制を根本から見直すべき時期にある。日本の安全保障を米軍に全面的に依存するから、日本が米国に隷属せざるを得ない状況が生まれるのである。

日本は世界唯一の被爆国として、核のない世界を創ることを誘導すべき立場にある。日本が核を保有すべきでないことは言うまでもないことだが、その制約下においては日本が米軍の核の傘の下でしか安全を確保できないという間違った前提を見直すことが必要だ。

核を保有しない国は核保有国に隷属しなければならないとの論理がまかり通るなら、世界中で核を保有しようとする圧力が爆発することになるだろう。

核を保有せず、同時に米国に隷属しない新しい日本の安全保障体制を検討するべき時期が到来しているのだ。

普天間基地返還問題は、単にひとつの基地を返還する問題との側面だけでなく、日本の安全保障体制の抜本的見直しの契機になり得るとの意味を有している。

鳩山総理は、沖縄の負担軽減策を検討するに際して、沖縄以外に居住する国民にも負担を分かち合うとの考えを検討していただきたいとの意向を表明し続けてきた。

しかし、日本のマスメディアは、鳩山政権に「最低でも県外」の発言を実現するように強く要請する一方で、代替地の候補地になり得る地域について、地元が強く反対する行動をいさめるのではなく、積極的に支援してきた。

マスメディアは辺野古の海岸を破壊する基地建設に賛成しているのか、これが無理な場合には国内での代替地選定を拒絶し、移設先を海外にすることを鳩山政権に求めているということになる。

メディアの対応を含めて、国内移設拒絶が日本国民の総意ということであれば、日本政府の対応として、明確に海外移設を表明することが正当である。

鳩山総理は5月末を政府案決定の期限として退路を断ってきた。その時期が迫り、マスメディアはこの問題に明確な政府案が示されずに、鳩山総理が辞任することを強く期待する姿勢を示しているが、鳩山総理はすでに重大な決意を固めているのではないかと考えられる。

重大な決意とは、移設先を海外とするとの結論を示すことである。これが、いわゆる「腹案」ではないかと考えられる。

すべての情勢を踏まえれば、海外に移設することを軸に細部を詰めるとの方針を示すことが日本としての正しい選択であろう。テニアン、あるいはグアムへの移設を軸に、細部を詰めるとの方針が示されるなら、見事な決着である。

米国は地元の同意を決定案決着の前提条件としている。日本全体が県内および国内移設拒絶の姿勢を明確にている以上、米国は日本での基地建設を強要できないことになる。

日本が基地の国外移設を表明することによって、仮に米国が日本との対決姿勢を強めるなら、鳩山政権は米国と厳しく対峙するべきである。「米国に言うべきことを言う」、新しい時代を生み出すことを考えるなら、この問題を、これまでの「対米隷従」から「日本の真の独立」につなげる大きな契機として活用するべきである。

マスメディアはなぜ、マリアナ諸島の重大提案をほとんど報道しようとしないのか。日本国民の総意として国内基地建設拒絶が明瞭になっているなか、マリアナ諸島の提案はまさに時宜に適っている。

日本国の主権者が日本国民であることを忘れてはならない。日本国民の総意が国内基地建設拒絶であるなら、これが日本政府の意思決定の基礎になるべきことは当然である。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 基地拒絶が国民総意なら海外移設しか解は無い① | トップページ | 基地拒絶が国民総意なら海外移設が正当③ »

辺野古米軍基地建設」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基地拒絶が国民総意なら海外移設が正当②:

» 中国脅威論のお笑い [森の木陰でなんじゃらほい♪]
沖縄の基地の問題と呼応したかのように中国の軍事的脅威を煽っているメディアがあります。 読売お笑いなのは潜水艦が浮上して示威行為だと言ってる連中がいることです。 潜水艦が浮上して姿を見せるとは、戦闘の意思は全くありませんとの表明です。 潜水艦の怖さはどこにいるかわからない恐怖こそが最大の武器なのです。 そのために無音化しステルス化するのです。 このようなことは軍事に無知な私でも常識として知っていることです。 このような記者が沖縄基地問題を煽っているとしたら恐るべきことです。 無知なのか無知を装ってい... [続きを読む]

» 米国は世界の嫌われ者 他国も基地建設反対で支持している [ライジング・サン(甦る日本)]
「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会」が本日午後3時から、読谷村運動広場で開催される。 10万人規模の大きな反対運動になり、国外移設への爆弾になるだろう。 沖縄には行けませんが、本土から同じ気持ちで応援し続けます... [続きを読む]

» 日本にジャ―ナリズムはない? [三角広場]
nbsp;最近コピ―が多くて手抜きのように見えるでしょうが、大変、重要な内容のものばかりです。http://www.youtube.com/watch?v=Wr9CF7d6P1k>http://www.youtube.com/watch?v=Oi5cU8AhuU0 日本は一体どういう国なんでしょう?... [続きを読む]

» 【普天間】鳩山政権及び連立与党は一致団結して沖縄県民の期待に応えなければならない!【地位協定】 [ステイメンの雑記帖 ]
   去る24日、先に鳩山首相を愚弄するコラムを掲載した米ワシントン・ポスト紙が、普天間の辺野古沖移設という現行案を鳩山政権が容認する方針であるという記事を掲載し、日本国内の翼賛マスゴミ各社が一斉に報じるという事件があった。  無論、鳩山首相はじめ関係閣僚は即座に否定したわけだが、こうした事が起きるということは、とりもなおさず媚米売国政権であった宦官ジミンとは異なり、 自分たちの思い通りにならない鳩山政権が奴ら安保マフィアや売国翼賛マスゴミにとって目障りで仕方がない証左 である!  さて、鳩山首相が... [続きを読む]

» 鳩山首相と小沢氏の戦略とは [ライジング・サン(甦る日本)]
昨日25日は沖縄で普天間基地県内移設反対県民大会が大規模に行われた。 メディアでいえば沖縄のテレビ局や新聞社、AFP通信、ロイター通信、AP通信、イギリスのBBC、オーストラリアのSBS、イランのテレビやアルジャジーラという多くのメディアが世界に向けて報道して... [続きを読む]

» 歴史的な一日 2010年4月25日 政治は国民が作り動かすことができるかもしれない 沖縄 普天間移設求め県民大会 沖縄本島中部の読谷村で25日午後3時から [mubouのブログ]
2010年4月26日(月曜日) 主権者国民レジスタンス戦線参加ブ ログです。 主権者国 民レジスタンス戦線の勝利に向けて ↓植草さんのココログへ ↓主権者は私たちですBBSへ 歴史的な一日になりますように、2010年4 月25日 政治は国民が作り動かすことができるかもしれない 投稿者---miyakowasure(2010/04/25 06:51:31)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100425/t10014065711000.html NHKニュースより ○t... [続きを読む]

» 徳之島に続き沖縄でもNO! 駐留米軍問題は鳩山・小沢コンビの思惑通り国民運動へと展開されているようだ [父さんの日記]
体力的・時間的に過激な日々が続いており、気がつけばブログ更新を1週間サボってしまった!ということで、久しぶりに更新させていただくが、手短に、簡潔に、まとめさせていただく。 4月18日の徳之島での米軍基地反対集会に続き、昨日(4月25日)沖縄県民大会に9万人が集まり、普天間基地の県外・国外移設を要求した。普天間基地移設を中心とした駐留米軍反対運動については、徳之島や沖縄だけでなく、国内各地で小規模な集会やイベントも開催されてきていたが、徳之島と沖縄での計10万人以上に及ぶ反対集会のインパクトは大きい。... [続きを読む]

» LOVE SONGは歴史的な4.25県民集会に相応しい喜納昌吉 花(すべての人の心に花を) [ブログをつくって、民主党政権を応援しよう]
沖縄 普天間移設求め県民大会 読谷村で25日午後3時から開催され、無事終了しました。命こそ宝!読谷村9万人とUSTREAM双方向で日本が心を一にして平和の願いを込めてとりおこなわれました。 さて次は5/16(日)に、「普天間基地包囲行動」(人間の鎖)が実行されます。 なんと、言っても先だつものは(お金です) 今1000万円の目標にたいして500万円位集まっているらしいです。 皆様どうか募金下さいますようお願い申し上げます。 >○ 広告の掲載紙、時期、賛同金の目標 >鳩山政権の「5月末期限」を見据... [続きを読む]

» また特捜部の実体が明らかになった。(岩上安身氏のツィートより) [ライジング・サン(甦る日本)]
本日、鳩山首相が検察審議会によって「不起訴相当」になった。 日テレ(昼12:00前)のニュースで取りあげていたが、その時の報道の中で鳩山氏と小沢氏の顔写真を載せたパネルを、現地?(裁判所)の前でカメラに映し出したが、小沢氏の顔写真が非常にわざとらしく、また画像... [続きを読む]

« 基地拒絶が国民総意なら海外移設しか解は無い① | トップページ | 基地拒絶が国民総意なら海外移設が正当③ »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ