« 腐敗検察の横暴・暴走を断ち切らねばならない | トップページ | 最終決戦参院選勝利に向けて兜の緒を締めよう »

2010年3月 1日 (月)

森喜朗氏人権侵害発言を報道しないマスゴミ

民主党参院議員の石井一氏が2月22日の会合で「鳥取県とか島根県は日本のチベットみたいなもの」と発言したことをメディアが大きく取り上げた。

自民党の石破茂氏が「断じて容認しがたい」と述べたことも伝えられたが、石井一氏は2月25日に、「鳥取のカニも好きだし風光明媚(めいび)でもある。だいたい人がよい。同じようにチベットもそうらしい」、「いつの間にチベットはそれほど差別される国になったのか。釈明したりおわびをすることは何もない」と反論した。

「鳥取県とか島根県は日本の○○○○みたいなもの」

と発言したとき、○○○○に入る言葉によって、この発言に対する評価が変わる。

○○○○を人物に置き換えれば、○○○○がお釈迦様や正徳太子などを入れる場合と、暴君ネロやヒトラーなどを入れる場合で発言の印象は大きく変わるだろう。

いずれの場合も、発言を聞く側が○○○○に対して評価を持ち、その評価に照らして発言の意味を特定することになる。

石井氏の発言に石破氏が激怒したと伝えられているが、激怒するためには、石破氏が「チベット」に対して、極めて低い評価をしていることが必要である。そうでなければ論理的に矛盾する。

石破氏が「チベット」を極めて低く評価している。その極めて低い評価の「チベット」が引き合いに出されて、「チベットのようなもの」との発言に激怒したことになる。石破氏が「チベット」を極めて高く評価しているなら、「チベットのようなもの」との評価に対して石破氏は激怒ではなく喜びを感じるのではないか。

仮に石破氏が石破氏個人のチベットに対する評価を基準にして発言したのではなく、チベットについての一般的な評価を基準に発言したのだとしても、同じことになる。

チベットについての一般的な評価を基準にするという場合、これは、石破氏が認識しているチベットに対する一般的な評価を基準にするということになるわけで、この場合も、石破氏がチベットの一般的な評価が非常に低いという認識を保持していなければ、「チベットのようなもの」に激怒はしないからだ。

「鳥取県や島根県は日本のスイス」と表現したらどうなのか。あるいは、「日本の桃源郷」と表現したらどうなのか。

重要なことは、発言者がどのような文脈でどのような心情を込めて発言したのかということだ。言葉とは恐ろしいもので、発言者の意図とは異なる受け止め方がなされる場合も多い。誤解が生じないように発言する注意は必要であるし、万が一、失礼にあたる発言をしたとの自覚があるなら、発言を謝罪することも必要だ。

発言者は自分の発言に責任を持たねばならないし、真実に則して適切に対応することが求められる。

人気ブログランキングへ

一方、他者の発言について論評する場合も、十分な留意が求められる。

石破氏は「鳥取県は日本のチベットのようなもの」との発言に対して激怒したのだが、すでに記述したように、石破氏が激怒するためには石破氏がチベットに対して低い評価を保持していることが不可欠なのだ。

アメリカ、カナダ、フランス、イギリス、ロシア、モンゴル、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、ニューギニア、・・・などの各国について、石破氏は序列をつけているのだろうか。「○○○○のようなもの」と言われたときに、喜ぶ国と激怒する国が仕分けされているのだろう。

石井一氏はチベットを風光明媚で人のよいところだとの認識をもっていることを表明したが、そのような良いところの意味で発言したのなら、目くじらを立てる必要はないのではないか。

問題発言の多さで右に出る者がいないのが森喜朗元首相と麻生太郎元首相の元首相コンビだが、森喜朗氏が2月27日の長野県信濃町で開かれた自民党主催の「ふるさと対話集会」で次の発言をした。

「小沢(一郎民主党幹事長)さんも羽田さんも私も同期。長野県も偉い。半身不随で動けない人にちゃんと(票を)入れるんだから。」

森元首相は羽田孜元首相を指して「半身不随で動けない人」と発言したのだろうか。羽田元首相は元気に動き、国会議員を務められている。森氏の発言は羽田氏を冒涜する人権侵害発言である。

日本経済新聞では本日から高原慶一郎ユニチャーム会長の「私の履歴書」連載が始まった。第1回記事に記述されているように、高原氏は2006年5月に脳出血に見舞われた。高原氏は医師の「リハビリしたら回復しますよ」の言葉を頼りに、懸命にリハビリに取り組み、大いなる回復を遂げたという。右半身に影響が生じたなかで、連載の題字を自らの筆で書かれるまでに至った。

高原氏は「この病気と必死に闘っている同志たちもそう思っているはずだ。負けるわけにはいかない。」と記述されている。

森元首相はどのような考えで発言をしたのか。森氏が首相に就任したのは、小渕恵三元首相が2000年4月1日に脳梗塞で倒れられたことがきっかけだった。脳梗塞や脳出血に見舞われた人々に対する敬虔な思いは皆無なのだろう。

Googleのニュース検索で、石井一参院議員の発言は多数のメディアが取り上げているが、はるかに重大な森元首相発言については、時事通信が短く伝えているだけだ。

検察の暴走第二弾となった厚生労働省元局長冤罪事件は民主党幹部の石井一議員を狙い撃ちするものであった。法廷では石井議員の証言が予定されている。

石井氏の発言を攻撃する報道が多数存在するのに、森元首相発言が事実すら報道されないところに、日本の歪んだマスメディア実態が垣間見える。

森元首相は今回の発言について、適正な対応を取るべきである。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 腐敗検察の横暴・暴走を断ち切らねばならない | トップページ | 最終決戦参院選勝利に向けて兜の緒を締めよう »

偏向報道(2)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森喜朗氏人権侵害発言を報道しないマスゴミ:

» 検察・マスゴミ報道に打ち勝って参院選に勝利しよう。&日米安保は誰のために何のためにあるのか知ろう。 [ふじふじのフィルター]
バンクーバーオリンピック・日本期待の星だった浅田真央ちゃん、とても悔しい結果に終 [続きを読む]

» メディア・パトロートル・ジャパン [Kirokuroの床屋政談日記]
保守系文化人がネットで「メディアパトロールジャパン」立ち上げで、これがそのメディアパトロールなんちゃららしい。http://mp-j.jp/「パトロール」とか言うから、てっきり(彼ら基準によ...... [続きを読む]

» 【ネガキャン】立命館大は一刻も早く正気を失った加持某を雇い止めにすべきだ!【品性下劣】 [ステイメンの雑記帖 ]
 劇的な政権交代実現と言う結果に終わった昨夏の衆院総選挙からちょうど半年が過ぎた。  この半年間、鳩山政権は歴代の宦官ジミン政権が積み上げてきた巨大な負の遺産と、利権談合政治の復活を目論む「検報複合体」などの反動守旧派と闘いながら、なんとか政権運営を続けてきた。  そして、10年度予算の年度内成立がほぼ確定し、「子ども手当」や「公立高校授業料無償化」など マニフェストを実現する予算執行が為された時、国民も政権交代を改めて実感できるはず である。  それに対し、総選挙直後から「民主党さんの思うとおりに... [続きを読む]

» 【偏向】北教組に関する「下野なう」惨経の広報内容には眉に唾をつけるべきだ!【扇動】 [ステイメンの雑記帖 ]
 衆院北海道5区選出の民主党小林議員陣営に関する「政治資金規正法」違反事件に関し、札幌痴犬特別刑事部が北海道教職員組合のトップら4名を逮捕した事で、 「下野なう」惨経が狂喜乱舞 している。  何せ、自他共に認めるウヨ御用達な 「下野なう」惨経にとって、民主党も教職員組合も不倶戴天の敵 であり、この世から抹殺してしまいたい存在であるはずだ。  また、所謂「陸山会問題」に関し、 東狂痴犬特騒部が違法かつ人道を完全に無視した捜査を行っていた事が知れ渡り、肝心要の小沢幹事長失脚も失敗した わけだから、多分小... [続きを読む]

» 検察の暴走とメディアのでたらめを拒否しよう (知事抹殺・19) [木霊の宿る町]
いましばらくオリンピックの感動にひたっていたい方は本日のブログを読まないで下さい検察の暴走とメディアのでたらめは感動のリンピックからほど遠い暗黒の世界にあります★新聞の世論調査では小沢一郎やめろという意見が多数だそうですが、海をへだてたおのまの目には実に奇怪な現象に映ります日本からくる知人に糾すとわたしたちの周りでそんな意見のひとはいないと云うからますます奇怪です灰色、金権政治、闇将軍・・・書くほうも書くほうですが、そういうレッテルを見るだけで中身を調べない読者も読者何度か書きましたが、いったいどう... [続きを読む]

» クーデターは2009年3月3日から始まっていた! [mubouのブログ]
2010年3月2日(火曜日)目覚めよ!無血革命の民よ!クーデターは2009年3月3日から始まっている、標的は国民!今日は3月2日、明日は(3月3日、3.03変)記念日だ。あれから一年経った。2009.3.3を乗り越えて2009。5月11日(小沢一郎民主党代表辞任)を越えて2009年8月3日、軍師諸葛亮孔明 植草一秀先生の国策収監を越えて2009年8月30日、日本国民は歴史上初めて、真っ当な手段で(政治は生活である)というスタンスを貫く民主党政権に政治を付託した。(無血革命政権 民主党政権誕生)ここに... [続きを読む]

» 「JanJan」休刊の知らせを受けて [杉並からの情報発信です]
昨日(3月1日)日本インターネット新聞社竹内謙社長名で「JanJan休刊」の知らせが「市民記者」に配信されてきました。 いつかは来るものと思っていましたがこれほど早く来るとは正直驚きました。 竹内社長は知らせの中で「休刊」の主な理由を?「急激な広告収入の落ち込み」?「IT技術の急速な発展」?「所期の目的がひとまず達成された」ことを挙げておられます。 私は唯一最大のスポンサーである富士ソフトさんの財政支援がこの3月末で中止されることが「休刊」の直接の理由だと推測しております。 富士ソフトさんは... [続きを読む]

» 5630 マスメディア 石井発言 攻撃するが 歪んだメディア 森(喜朗)には触れず(ソッとし) [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

« 腐敗検察の横暴・暴走を断ち切らねばならない | トップページ | 最終決戦参院選勝利に向けて兜の緒を締めよう »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ