« 三三事変から1年・日本政治を見つめ直す | トップページ | 消費税増税の是非が参院選争点の一つになる »

2010年3月 6日 (土)

厚労省村木元局長冤罪事件検察大失態の責任

厚生労働省の元局長村木厚子氏が巻き込まれた冤罪事件の第11回公判が3月4日に開かれ、石井一民主党参議院議員が証人として出廷して証言した。

検察は2004年2月25日午後1時に「凛の会」倉沢被告が石井議員に事務所で面会して依頼したとのストーリーを創作して犯罪事実の存在を主張している。ところが、3月4日の法廷での証言および関係証拠資料から、石井議員が上述の2月25日に朝から夕方まで千葉でゴルフをしていたことが明らかになり、検察側主張がこの側面からも全面否定されることになった。

村木氏の冤罪事件では、すべての関係者の証言が検察側主張を根底から覆している。村木氏の無実は完全に明らかになりつつある。

裁判所は客観的事実により、被告の無実が明らかになった場合でも、平気で被告に有罪判決を示す機関であるから、驚くべき不当判決を示す可能性が皆無とは言えないが、メディアを含めて多くの報道、情報公開がなされるなか、真実からかけ離れた事実認定を裁判所が押し通すことはもはや困難になったと言ってよいだろう。

石井一議員は3月5日の証言で村木氏との面識と証人としての出廷について次のように証言したという。「ボヘミアンな京都住まい」様が速報くださったので転載させていただく。

「村木被告とは今日初めて会ったと証言。知り合いでもないのに証人となったのはなぜかときかれ「私自身もマスコミに書かれて相当辛い思いをした。村木という女性局長は高知の大学を出て東大卒の競争の中であそこまで上り詰めたのに被告人の席に立たされて、さぞ辛いだろうな」と。「この事件にはおかしい点がたくさんある。弁護士からの強い要請もあったが、この際出て証言すべきだと思った」

検察の暴走により、無実の人間に罪が着せられ、無実の人間が犯罪人に仕立て上げられてゆく。これに勝る人権侵害が他にあるのか。私もまったく同じ立場に立たされた者として、このような国家犯罪を断じて許すことができない。

無実の人間に不正に罪を着せ、無実の人間を犯罪者に仕立て上げた者を重大犯罪者として処罰する法制を整備する必要がある。

足利事件では無実の菅家利和さんを犯罪者に仕立て上げた検察官が法廷に呼ばれたが、謝罪すらしなかった。この検察官は謝罪して免責されるものでない。菅家さんの自由を奪い人権を抹殺した17年間の10倍の時間の服役が求められて当然である。

昨年の三三事変、本年の一一五事変、ならびに村木元局長の冤罪事件は、すべてがひとつの点と線で結ばれている。政治権力が不正に検察権力を利用して政敵を抹殺しようとしたものである。私の巻き込まれた冤罪事件もこの範疇に入るのだと思う。

人気ブログランキングへ

小沢一郎氏の公設第一秘書である大久保隆規氏の事件でも、検察側主張は法廷で根底から覆されている。現職衆議院議員である石川知裕氏が逮捕、起訴された事案についても、事案の内容は犯罪とはかけ離れたものである。

主権者である国民は、検察の不正義、検察の悪徳をしっかりと認識し、その糾弾を実行しなければならない。

鳩山政権は行政府内部におけるこのような不正、不正義を糺すとともに、今後、同様の問題が引き起こされないよう、万全の対応を示す必要がある。

もっとも重要なことは人事の刷新である。責任ある当事者の責任を全面的に追及しなければならない。検察全体の刷新を図るためには、検事総長に民間人を起用するとともに、検事総長人事を国会同意人事案件に変更するべきだ。

また、検察庁職員による重大な国家公務員法違反を厳正に摘発するべきである。政治家をも摘発しうる立場にある検察官であるからと、検察官の重大犯罪を容認、放置すれば、検察の横暴、検察の暴走を食い止めることはできなくなる。

鳩山政権は本年夏の参院選で政権基盤を強固にした上で、検察人事の刷新に踏み切り、これまでの腐敗体質を全摘するべきだ。

検察部門内部では、さらに重大な犯罪が実行されてきたと指摘されている。検察裏金問題だ。元検察官の三井環氏は、検察裏金疑惑を告発したために、言われなき罪を捏造され、懲役刑まで執行された。

国際アムネスティの勧告を待つまでもなく、日本は世界有数の人権侵害国家であり、とりわけ警察・検察の腐敗、不正が際立つ国なのである。

日本の警察・検察・裁判所制度の近代化を必ず実現しなければならない。そのためには、現政権が来る参院選で勝利し、政権基盤を強固にすることが不可欠である。主権者国民は悪徳ペンタゴンとの最終決戦となる本年夏の参院選に必ず勝利し、検察・警察・裁判所制度近代化を実現しうる環境を整備しなければならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 三三事変から1年・日本政治を見つめ直す | トップページ | 消費税増税の是非が参院選争点の一つになる »

警察・検察・司法(2)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚労省村木元局長冤罪事件検察大失態の責任:

» 北海道教職員組合幹部逮捕に出てきた国家権力の目的と狙いについて [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 今年2月16日のエントリーで「北教組弾圧・民主党北海道連を攻撃し始めた自民残党&検察の暴走について」と題していたが、昨日検察は北海道教職員組合幹部を逮捕したことについてふれることにしたい。 前回の指摘同様、逮捕の目的は小林議員そのもののイメージと民主党のイメージを貶めて自民党の復権をかけた政治的な狙いがあるのはいうまでもない。 動機は、自民党清和会の重鎮の町村を落として勝利した小林議員への狙い撃ち逮捕であり、同時に、教職員組合と民主党... [続きを読む]

» 副島隆彦氏「世界権力者人物図鑑」の紹介(転載) [父さんの日記]
杉並からの情報発信です杉並からの情報発信です様 が、副島隆彦氏の「世界権力者人物図鑑」 に書かれた裏権力者たちの暴露記事を掲載されています。 2連載+ユーチューブにアップされたインタビューで、形3本立てとなっています。 是非、みなさんアクセスしてください。取り急ぎ、最初の2連載記事をそっくり転載いたします。<以下 転載> 評論家の副島隆彦氏が「世界権力者人物図鑑」(日本文芸社¥1500)という写 真が豊富なムック本形式の本をだされました。 大変恐ろしい本です。大手マスコミが伝える「表の顔」とは全く別... [続きを読む]

» こっそり辺野古の土地を買っていた「政界9人」とは一体誰なのか? [杉並からの情報発信です]
昨日(3月5日)の日刊ゲンダイに【辺野古を買っていた「政界9人リスト」が問題化】という記事が掲載さました。 http://gendai.net/news.php?m=view&g=syakai&c=020&no=44905 記事の中のポイントを四つ以下に転載します。 1.「1月の名護市長選では基地移設反対派が当選しましたが、いくら沖縄県民が反対しても移転先は辺野古で決まりでしょう。地移転を当て込んで先行投資している勢力がいるからです」(政界事情通) 2.「沖縄の土地をめぐっては小沢幹事長が購... [続きを読む]

» 検察とメディアのでたらめの例@石井一議員の証言 [木霊の宿る町]
竹中ナミ氏のブログ三月四日のコピペです。法廷傍聴記検察とメディアがいかに粗雑かが分りますハイライト部分はおのまによるものですhttp://archive.mag2.com/0000216194/index.htmlnbsp;■□◇◆村木厚子さんの完全な名誉回復を願う◆◇□■第11回公判 平成22年3月4日 速報!!■ 「厚子さん、第11回公判傍聴記」 by ナミねぇ〜「これは政治案件ですよ」は、真っ赤な嘘〜3月4日(木)、朝から小雨そぼふる中、大阪地裁へ。今日はジャーナリストの江川紹子さん... [続きを読む]

» 検察・警察・税務署のDNA [ライジング・サン(甦る日本)]
最近では佐藤優氏も時々口に出すことがある「誰が国家を支配するのか」という言葉がある。 私たちから見れば日本は民主主義国家?であり天皇が象徴で国民主権という事になっているが、実際は 官僚らによって「民主主義国家ですよ」と洗脳されてきただけである。 官僚らの身の周... [続きを読む]

» 【冤罪】国民を愚弄し「法の正義」を失墜させた特騒部などは即刻解体すべきだ!【捏造】 [ステイメンの雑記帖 ]
 幾度となく拙ブログで取り上げてきた「障害者割引郵便悪用事件」であるが、 2月28日のエントリ でも紹介したように、この事件の背後には元首相の大物秘書としてマスゴミ対策に辣腕を振るってきた男が暗躍している。  そしてその一方で、将来を嘱望された村木厚労省元局長は逮捕拘禁され、その他の 多くの人達が「人を人とも思わぬ」大阪痴犬特騒部による人権侵害被害 に遭ってきた。  そして、3日に行われた村木元局長の第10回公判でも、 大阪痴犬特騒部による証言捏造の過程がさらに明らか となった! (以下、引用開始そ... [続きを読む]

» おめでとう! 品川駅港南口の吉富さん「ビッグイシュー」を卒業! [父さんの日記]
「THE BIG ISSUE」(ビッグイシュー)日本版 の販売員として品川駅港南口で立ち続けた吉富さん が、3月6日、販売員を卒業された。 九州から上京したものの挫折しホームレスになったが、ビッグイシューと出会い、自己実現のために販売を始め、毎日駅前に立ち続けた。そして1年3ヶ月。いよいよ人生の再出発である。 今後は、千葉県の館山にある土地で農業を始められる。九州で営んだ農業のノウハウを、低農薬でも有機栽培でもない、無農薬・無肥料の自然栽培という農法に活かし、再出発される。まずは以前鯉の養殖場であっ... [続きを読む]

» 「その日はインのスタートで・・・」知ってたのに隠してデッチ上げた検察@第11回公判|自民党が「徴兵制」検討示唆 [ボヘミアンな京都住まい]
村木厚子さんの裁判は昨日が第10回目、そして今日の第11回公判では大阪地検特捜部が本命として狙いを定めていた石井一・参院議員が弁護側証人として登場したそうです。 後半の様子は近日中に ・村木厚子さんを支援する会 http://www.airinkai.or.jp/muraki_sien/ ・村木厚子さんの裁判を見守り支援する部屋 http://www.prop.or.jp/court/ で改めてレポが掲載されるでしょうが、今回の目玉はなんと言っても検察側が主張する、“凛の会”倉沢被告が石井議員に事... [続きを読む]

» 5832 ◎ 村木さん 無実完全 明らかに/裁判所 被告無実が 確かでも 有罪平気な 判決機関/驚愕の 不当判決 皆無でない [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 検察の大失態   [営業の良識を問う]
決して他人事でない冤罪の恐ろしさ          身に覚えのない容疑であっても逮捕されてしまうと、自分で身の潔白を証明することはほとんど不可能です。支援する人がいればその人たちに冤罪を証明して貰うこともできます。映画「それでもボクはやってない」では、満員電車内での被害者の証言の信ぴょう性を確かめるために多くの支援者の協力を得て再現ビデオを作りました。    本人がいないことによりその勤務先では業務に大きな障害が出ます。最悪の場合には、勤務先の業績が悪化し倒産という事もあり得ます。そういう大きなマイ... [続きを読む]

« 三三事変から1年・日本政治を見つめ直す | トップページ | 消費税増税の是非が参院選争点の一つになる »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ