« 景気回復最優先政策の正当性と国民新党の貢献 | トップページ | 景気回復持続確認の日銀短観と今後の政策対応 »

2010年3月31日 (水)

谷垣党首空振り三振に終わった第2回党首討論

鳩山由紀夫内閣総理大臣と野党代表である谷垣禎一氏、山口那津男氏による党首討論が実施された。

鳩山総理は反省するべき点はしっかり反省したうえで国民の期待に応えるべく、国政に全力で取り組んでゆく考えを示した。

谷垣氏、山口氏は鳩山総理に対する攻撃を強め、鳩山政権に打撃を与えることを目論んだが、目論見は失敗に終わった。

谷垣氏は沖縄普天間基地移設問題について、3月末までに政府としての考え方をまとめたいとの鳩山総理のこれまでの見解をもとに、どのような案であるかの開示を求めた。

これに対し、鳩山総理は政府案を示せば、その瞬間から各種の反応が生じて収拾がつかなくなる懸念を示したうえで、政府案の腹案はあり、現在、その腹案に従って調整を進めており、現段階で公表することはできないとの考えを示した。十分に合理性のある答弁である。

同時に鳩山総理は、1996年に普天間返還が合意されたにもかかわらず、14年間も普天間の危険が除去されてこなかった事実を指摘し、これまでの自民党政権の対応の遅れを厳しく糾弾した。

谷垣氏は辺野古海岸滑走路はアセスメントの手続きを終えれば工事に着工できるところまで進展していたと反論したが、現実はそれほど容易なものではなかった。

辺野古海岸を破壊するV字形滑走路を建設するには沖縄県知事の許可が必要であるが、沖縄県議会は知事が工事着工を許可しようとすれば県知事不信任案を提出する構えを示しており、海岸破壊工事の実行に伴う大きな困難は除去されていなかった。

鳩山総理は5月末までに政府案を決定する方針を改めて明示したが、日本を属国と見る米国は米国に言うべきことを言う鳩山政権の存在を歓迎しておらず、今後の日米交渉は難航が予想される。

しかし、鳩山政権は国民の利益を軸に、粘り強い対米交渉を展開するべきである。米国がエゴを押し通そうとするなら、米国との交渉決裂も辞さない強い態度で臨むべきである。

日米同盟を何としても維持したいのは米国であり、この現実を踏まえれば、日本サイドが一方的に譲歩を重ねる必要はないのだ。

谷垣氏は日本の安全を確保するための「抑止力」を強調するが、日本の軍事力の水準は極めて高く、米軍に依存しなければ日本の安全を確保するための抑止力を確保できないということはない。

鳩山総理の極めて分かりやすい、同時に真摯な姿勢による答弁により、谷垣氏は付け入ることができなかった。

ただし、鳩山総理は5月末までの政府案決定を明言しているから、5月末までに政府案を必ず確定しなければならない。軍用機の離着陸施設が移設される、あるいは使用される地域では反対活動が展開される可能性が高いが、地元自治体と協議のうえで、5月末までに政府案を決定できれば諒とされることになる。

公明党の山口那津男代表は、鳩山総理を厳しい口調で批判したが、野党転落後、自民党と距離を置き、民主党との距離を接近させていることについて、あまりにも戦術転換が露骨すぎるとの党内の批判をかわすための演出であった可能性が高い。

鳩山総理は元秘書の裁判終了後に関係書類の返還を求め、その内容を検証したうえで、必要な資料を開示する方針を明言した。説明責任を果たす上で妥当な対応である。

郵政改革案の政府案確定に際してのゴタゴタについての質疑もあったが、鳩山総理がすきのない答弁を示し、谷垣氏も山口氏もまったく攻撃の点数を稼ぐことができなかった。

小泉竹中郵政改革本ブログでも詳しく示してきたように、背徳の政策だった。国民資産を不正に外国資本や特定資本に横流しする、巨大な疑獄事件に発展しかねない悪徳を内包するものだった。

他方で、かけがえのない特定郵便局ネットワークとユニバーサルサービスが無残に破壊されるものだった。

郵政改革案は小泉竹中郵政民営化から悪徳を排除し、損なわれた必要不可欠なサービスを回復させることを目的に成案を得たもので、正当性と合理性を備えたものである。

メディアは参院選に向けて鳩山政権与党が郵政関係の得票を得るための政府案であるとのネガティブ・キャンペーンを展開しているが、まったく根拠のない低劣な誹謗中傷である。マスメディアは自ら「マスゴミ」である実態を示してしまっている。

小泉竹中郵政民営化が実施されるなかで、郵政金融事業から100兆円以上の資金が流出した。国民が小泉竹中郵政民営化をまったく信頼していなかったことの何よりの証拠である。

亀井静香郵政相が述べるように、郵政資金が国債の安定的な買い手として存在することは、望ましいことであって非難されるべきことでない。米国経済の最大のアキレス腱が、巨大な財政赤字を賄うための資金を不安定な海外資金に依存している点にあることを忘れてならない。

さまざまな事情で財政赤字が急拡大してしまった日本において、郵政資金が国債の安定購入者として存在することは、日本経済の安定にとって極めて望ましいことである。マスゴミの知識不足、勉強不足はあまりにも深刻である。

鳩山総理には主権者である私たち国民の期待に応えるために鳩山総理を、益々の尽力を強く期待したい。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 景気回復最優先政策の正当性と国民新党の貢献 | トップページ | 景気回復持続確認の日銀短観と今後の政策対応 »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷垣党首空振り三振に終わった第2回党首討論:

» 【授業料無償化】深刻化する「子どもの貧困問題」が改善されることを望む【惨経は反対】 [ステイメンの雑記帖 ]
 現在の経済状況からでは到底思いもよらないことだが、20年ほど前までは我が国には「一億総中流」とまで呼ばれた分厚い中産階級が存在していた。  だが、バブル経済崩壊や「喪われた10年」を経て登場したコイズミ・ケケ中路線による「改革なくして成長無し」との狂騒劇から覚めた現在、見えるものは一体何か?  それは、 優に1000万人を超えるワーキングプア層の存在や年間3万人以上が自ら命を絶つ「格差と貧困」が支配する社会へと堕してしまった のだ!  それでもなお、ケケ中平蔵に連なる連中は「格差があって当然」「政... [続きを読む]

» Ustream 平野貞夫さんのインタビュー by 岩上安身 [ボヘミアンな京都住まい]
Ustreamで昨日流していたらしい、岩上安身さんによる平野貞夫さんへのロングインタビュー、ご覧になった方はいますでしょうか?生中継を見れなくてとっくに諦めてたのですが、後ででも普通に見れましたね。全部で2時間40分ほどありますので、晩御飯の時にゆっくり拝見させていただきました。 時折脱線したりもありましたが、小沢論、マスコミ論、昭和政治史・・・etc.時間の長さを全く感じさせないほど興味深く面白い、そして中身の濃い話の連続でした。岩上さんと2人してぶっちゃけた話もいろいろと(笑)。平野貞夫さんは... [続きを読む]

» (1)賛同金の送り方 「普天間基地包囲行動(人間の鎖)(2)「隠し口座」に外資系ファンドからの入金がザクザク [mubouのブログ]
2010/4/10 木曜日 主権者国民レジスタンス戦線参加ブログです。 主権者国 民レジスタンス戦線の勝利に向けて ↓植草さんのココログへ ↓主権者は私たちですBBSへ (1)賛同金の送り方 4/25(日)超党派で10万人規模沖縄の読谷村県民大会 5/16(日)「普天間基地包囲行動(人間の鎖)(2)どらみちゃん、国民全員参加で戦おう!結局、竹中は誰の為に?何がしたかっ た? とお考えですか?その答えは、彼のケイマン島の「隠し口座」に眠っています。外資系ファンドからの入金がザクザクhttp://twi... [続きを読む]

» 最近の松田光世氏のつぶやき [ライジング・サン(甦る日本)]
ツイッターでは「どらえもん」で有名な松田光世氏が、重要な事をツブヤイています。 新聞やTVなどでは絶対手に入らない情報ですから、みなさんにもツイッターをお勧めします。 とりあえずドラえもんさんのツブヤキをコピペしますので、売国議員や官僚の悪事をしっかり頭に入れる... [続きを読む]

» 【自エンド】有害無益なゾンビ政党は「下野なう」惨経ともども涅槃の彼方へ消え去れ!【雲散霧消】 [ステイメンの雑記帖 ]
 ナンミョー煎餅の元代表たる神崎武法といえば、「そうはイカンザキ」などといったふざけたCMで有名になった男だが、 池田犬作大センセのご威光をバックにして宦官ジミンと国民生活を無視した悪政苛政の限りを尽くしてきた張本人 である!  そのイカンザキが、健康問題を理由に任期途中であるにも拘わらず衆院議員辞職を表明したことは、 多くの国民を苦しめてきた時代の終わりを告げる象徴的なもの だと言えよう!  さてそんな中、これまで 宦官ジミンとグルになり、医療制度を歪め利権を恣にしてきた日本医師会 の会長選が行わ... [続きを読む]

« 景気回復最優先政策の正当性と国民新党の貢献 | トップページ | 景気回復持続確認の日銀短観と今後の政策対応 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ