« 民主党内転覆分子によるクーデターを許すな | トップページ | 副島隆彦先生が提供された重要情報 »

2010年2月 2日 (火)

CIA対日工作の歴史から見る小沢氏資金問題

第2次大戦後、GHQの対日占領政策は1947年から1949年にかけて劇的な転換を示した。いわゆる「逆コース」と呼ばれる転換である。

背景に米ソ冷戦の勃発があった。

1947年3月 トルーマン・ドクトリン発表

1947年7月 ジョージ・ケナン
        『ソ連の行動の源泉』
        
国家安全保障法成立

トルーマンが署名して成立した国家安全保障法により、国防総省(ペンタゴン)が設置され、中央情報局(CIA)が発足した。

春名幹男名古屋大教授の力作

『秘密のファイル-CIAの対日工作-』

 

秘密のファイル#下# CIAの対日工作 Book 秘密のファイル(下) CIAの対日工作

著者:春名 幹男
販売元:株式会社共同通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

によると、

CIAは、機関発足8日後にまとめた第1号秘密分析文書「世界情勢見直し」に、

「日本はソ連極東部と対抗する“勢力圏”として発展する能力がある」

「米国の影響下で日本を復興させることができれば、極東でソ連に対抗できる」

との記述を示している。

米国はCIAを活用して、戦後の対日占領政策をどのように進展させたのか。CIAは1947年11月14日付秘密文書に、

「日本は米ソの間の相互脅威と相互不信を自己のために操ることができる立場になるだろう」

と記述していたことを春名氏は指摘している。つまり、日本は米国にとってもソ連にとっても、極めて重要な地理的位置を占めていたのである。日本の為政者に能力があったなら、日本は特定の国に隷従する非独立国の道を選択せずに済んだ可能性があったということになる。

戦後民主化政策は冷戦激化により大転換を示した。

1947年の新憲法下初の総選挙によって誕生した片山哲社会党内閣は短命に終わり、後継の芦田均内閣は昭電疑獄事件でつぶされた。

松本清張氏が『日本の黒い霧』

 

日本の黒い霧〈上〉 (文春文庫) Book 日本の黒い霧〈上〉 (文春文庫)

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の黒い霧〈下〉 (文春文庫) Book 日本の黒い霧〈下〉 (文春文庫)

著者:松本 清張
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

に昭電疑獄事件を記述しているが、昭電疑獄事件はGHQ内G2(参謀第2部)が主導した政治謀略であった疑いが強い。芦田内閣が倒され、対米隷属外交の祖である吉田茂氏が首相の座に返り咲いた。背景に米国の外交戦略の大転換が存在したことは間違いない。

人気ブログランキングへ

1948年12月24日、A級戦犯容疑者19人が巣鴨プリズンから釈放された。このなかに、岸信介氏、児玉誉士夫氏、笹川良一氏などが含まれていた。

米国は造船疑獄事件で吉田茂内閣が倒れたのちに樹立された鳩山一郎内閣を歓迎しなかった。鳩山内閣は日ソ国交回復を実現し、シベリア抑留者の帰国を成し遂げたが、米国は鳩山内閣を警戒した。ソ連が北方領土を日本に返還し、琉球諸島の権益を侵害されることを恐れたのである。

鳩山内閣が総辞職したあと、政権を引き継いだのは石橋湛山内閣だった。石橋湛山首相は自主外交で米国にも自由にモノを言う姿勢を示したが、米国は石橋内閣を強く警戒した。

石橋湛山首相が病気静養のため、短期で総辞職したことが日本の命運を変えたと言っても過言でない。後継に米国と直結する岸信介内閣が誕生した。この岸信介氏の流れを引く対米隷従の正統が自民党清和政策研究会であると私は見る。

CIAの秘密工作について米国国家安全保障法は、

「国家安全保障会議が時に応じて指示するような機能と任務を果たす」

との規定を置いている。

この条文を根拠に、CIAは他国の選挙への介入を繰り返してきた。

1948年4月のイタリア総選挙では、トルーマン大統領が共産党勝利を恐れて反共グループへの資金援助を含むテコ入れを指示した。

1958年の岸内閣による解散・総選挙では、米国・CIAが「アデナウアー方式」と呼ばれる方法で、岸信介首相に対して秘密資金供与を行ったことが、米国資料公開によって明らかにされている。

他方で、CIAは日本の情報工作活動にも注力した。日本で最初のテレビ放送予備免許を取得した日本テレビ放送創設者の正力松太郎氏が、CIAからPODAMのコードネームを与えられていたことも明らかにされている。

 

日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」 Book 日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」

著者:有馬 哲夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

米国にとっては、1949年の中国の喪失が衝撃だった。同年にソ連が核実験を成功させたことも、米国の対日介入を激化させる大きな要因になった。

米ソ冷戦は終結したと言われるが東西の体制相違は存続している。中国の経済力が飛躍的に拡大し、中国の軍事力も急速に強化されている。

米国の軍備再編のなかで、在日米軍の配置転換が計画されているものの、極東における米国のプレゼンスを維持することに対する米国の意志は極めて強固である。この文脈のなかで地政学上、最重要であるのが日本、韓国、台湾の従米政権維持なのである。

昨年の3・3事変(さんさんじへん)、本年の1.15事変(いちいちごじへん)は、いずれも小沢一郎氏を直接の標的とするものである。小沢氏に対する執拗な攻撃は2006年4月の小沢氏民主党代表就任時点からまったく変化がない。

メディアと検察を駆使して日本政治に介入するのが、米国の基本行動様式だと理解される

米国の行動の背景には、小沢氏に対する、

「政権交代を通じて日本政治刷新を実行する強い意志と極めて高い能力を備えている」

との人物評価(ファイル)が存在していると考えられる。

①官僚主権構造、②市場原理主義、③対米隷属、④政治権力による警察・検察・裁判所・メディア支配、⑤郵政米営化、のこれまでの基本路線を根幹から排除してしまう「危険人物」だと小沢氏は捉えられているのだ。

外交においては、「対米隷属一辺倒」が「米国にもモノを言う自主外交」に転換される可能性が高い。

小沢一郎氏をいかなる手段を用いてでも排除しようとする動機を最も強く保持しているのは、これまでの日本支配者=米国であると見るのが、最も説得力のある仮説だ。

小沢氏政治資金問題をこの視点から洞察し抜いて、米国の対日工作活動を打破することが、日本の真の独立への道である。主権者国民は、この「独立戦争」を勝ち抜かねばならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 民主党内転覆分子によるクーデターを許すな | トップページ | 副島隆彦先生が提供された重要情報 »

小沢代表秘書不当逮捕(4)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/33220417

この記事へのトラックバック一覧です: CIA対日工作の歴史から見る小沢氏資金問題:

» 評論家の副島隆彦氏が非常に重要な情報をブログで流されています [杉並からの情報発信です]
このブログの中で小沢民主党幹事長追い落とし→鳩山民主党政権転覆の「反政府クーデター」を指揮しているのは米国支配層であることを暴露しています。 東京地検特捜部がこれほどまでに強気で暴走できるのは米国の直接の指揮に従っているからだ、ということでよく理解できます。 米国側の指揮官は三人いて、一人は日本語が堪能な「知日派」と呼ばれマイケル・グリーン( CSIS ジョージタウン大学戦略国際問題研究所研究員)です。彼はブッシュ政権の安全保障会議で東アジア上級部長をしていた戦争好きのネオコンです。 もう一人... [続きを読む]

» 亡き父から聞いていた話 [剛毛(かたいけ)]
概ねこの記事の通りだった 記憶がある。 特に清和会の岸のくだりは… 吉田茂は仕方ないにしても、その後の日本の政治家はそれなりに日本の独立の為に頑張っていたが、都度、GHQにやられた感が私には強い。 そう聞いていたからね。 自由民主党の歴史は古... [続きを読む]

» 普天間基地最終ゴールは海兵隊全面撤退! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
★普天間基地問題!鳩山政権の打開策は?画像はクリックで拡大します。普天間基地問題 [続きを読む]

» 【犬察ファッショ】職責を果たすことが出来ないなら千葉法相は速やかに辞任せよ!【惨経】 [ステイメンの雑記帖 ]
 先月31日に秘密裏に行われた民主党小沢幹事長に対する東狂痴犬特騒部の事情聴取を受け、 念願の小沢失脚を実現するため痴犬のリーク情報を率先して垂れ流す「下野なう」惨経 は2日付けで「小沢氏再聴取、議員辞職が責任の取り方」と題する 噴飯物の社説 を掲載した。  現時点で小沢幹事長は東狂痴犬特騒部による事情聴取を2度受けただけである。しかも小沢氏を告発した「真実を求める会」なる団体は、その代表や構成メンバーも不明な怪しげな組織である。  それなのに何故に 「下野なう」惨経風情に議員辞職まで求められなけれ... [続きを読む]

» 副島隆彦氏の「学問道場:今日のぼやき1103番」の豆長者さん転載分 [ライジング・サン(甦る日本)]
副島隆彦氏の「学問道場:今日のぼやき1103番」を、豆長者さんが上手く転載、写真貼り付けして、非常に副島先生の文面とマッチして解りやすくなっています。 これを見て、誰が米国の悪で、誰が日本でその悪からの指令を遂行しているのか脳裏に焼き付けて下さい。 できればこ... [続きを読む]

» 「敗北宣言」までリーク?頭狂痴犬が小沢氏不起訴か [南華のブログ]
昨夜から今朝にかけて、東京地検特捜部が、小沢幹事長を不起訴処分とする旨の報道が、朝日新聞、毎日新聞などで行われています。 ただし、相変わらずのリーク情報なので、まだ当てになりませんが、もし事実とすれば、頭狂痴犬特捜部は、敗北宣言までリークしている、ということになります。 小沢氏、不起訴の方向 4億円不記載で検察検討  (2010年2月3日3時4分 朝日新聞ネットニュース)   小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で、検察当局は、政治資金規正法違反(虚偽記... [続きを読む]

» 小沢問題決着? [ 春 夏 秋 冬]
鳩山首相:小沢氏報道「冷静に見守る」  鳩山由紀夫首相は3日午前、東京地検が民主党の小沢一郎幹事長を不起訴処分とする方向で検討を始めたとの報道について「仮定の話であり、検察の捜査が行われている最中だから、冷静に推移を見守る。私としてはその立場しかない」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。【影山哲也】 今朝の京都新聞の一面トップの記事も、検察が小沢幹事長を起訴しないだろうと言う記事であった。 以前、小沢幹事長に2回目の事情聴取は無いと関係者が言っていると言う報道が流れていたようであるが、実際には小沢... [続きを読む]

» 報道管制!頭狂痴犬が『週刊朝日』編集長山口氏と上杉隆氏に出頭要請、というtwitter情報 [南華のブログ]
有田芳生 http://twitter.com/aritayoshifu/status/8573453389 「捜査妨害だ!」と激怒する検察は、報道内容に関して山口一臣「週刊朝日」編集長に出頭要請した模様。普通、抗議があれば出向くのが社会の常識。       ↓ 上杉隆 http://twitter.com/uesugitakashi/status/8574286122 旧き友を暢気にランチに誘っていたら、東京地検特捜部から編集部に出頭要請がきた昼下がり。へへへ。 上杉... [続きを読む]

» 225727 大家族の母がフジテレビのやらせをネット上で発信したその後→ブログ閉鎖.火事で自宅全焼 [サラリーマン活力再生]
225727 大家族の母がフジテレビのやらせをネット上で発信したその後→ブログ閉鎖し火事で自宅全焼!   猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 10/02/03 PM03 大家族の母親が抱いたテレビに関する苦い思い出について、1/23にるいネットで紹介しましたが(『「演出は初めから決まっていたんだね」〜TVのドキュメンタリー番組も捏造だらけ』?224930 ?224932)、その2,3日後に元記事を見にいったら、このブログが忽然と閉鎖されていました。閉鎖日や理由は分かりません。1/25の... [続きを読む]

» 末期症状の産経 [雑感]
  産経は、世の中の別の動きに本当に疎いようだ。疎いというよりは、 一部偏執狂的な記者を珍重したゆえに周りが見えなくなってしまっている のであろう。 産経の中にも まともな感覚を持った記者は多数いる はずである。何よりも 退社後に素晴らしい記事や本を書いている方を見かける につけ不思議な思いがしてくる。 昨日、しんぶん赤旗について書いたのだが、赤旗の発行部数は、平日30万部・日曜版は130万部だと言われている。ところが産経は、実質100万部(中には76万部)だとさえいう方もいる。ようは、日曜日の 産... [続きを読む]

» 速報! 東京地検特捜部はついにとち狂って報道弾圧に出た [杉並からの情報発信です]
東京地検特捜部はついにとち狂ってこの間検察の暴走を正面から批判してきた「週刊朝日」の山口一臣編集長と記事を書いたフリージャーナリスト上杉隆氏に出頭要請を出したとの事です。 下記の有田芳生氏と上杉隆氏のTwitterをお読みください。上杉隆氏ご本人が言っているので間違いではないです。 1)有田芳生/aritayoshifu 「捜査妨害だ!」と激怒する検察は、報道内容に関して山口一臣「週刊朝日」編集長に出頭要請した模様。普通、抗議があれば出向くのが社会の常識。 about 3 hours前 f... [続きを読む]

« 民主党内転覆分子によるクーデターを許すな | トップページ | 副島隆彦先生が提供された重要情報 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ