« 「第二偽メール事件」になる与謝野馨氏国会質問 | トップページ | 「みんなの党」=自民党別働隊の動かぬ証拠 »

2010年2月14日 (日)

サンプロ平成の迂回献金王与謝野氏星氏の詭弁

「天に唾する」とはこのこと。

「平成の迂回献金王」与謝野馨氏は墓穴を掘ったようだ。

2月12日の衆議院予算委員会での質問。

衆議院TVのアーカイブスから与謝野馨氏の質問を正確に拾った。

ちなみに、MSN配信動画はすでに削除されている。

与謝野氏は鳩山邦夫氏との会話の内容を披露した。

「去年、1年半くらい前ですかね。鳩山邦夫さんとお話したんですよ。彼がぼやくんですよ。

「うちの兄貴はしょっちゅう、おっかさんのところに行って、子分に配る金が必要、子分を養成する金が必要と言ってお金をもらってた」

って。

そしたら、(邦夫さんのところに)お母さんから連絡があって、

「邦夫さん、あんたは一体大丈夫なの」

って。

邦夫さんは、

「まあー僕も…」

って言って口をにごしていたら、ねっ、

「邦夫さん、あんたは子分がいないの」

って言われたっつんです。

やっぱりその

「あんたは子分がいないの」

っつう部分がくっつくと、この証言は迫真力があるんですよ。

1年前の話だから、この間本会議場で邦夫さんに確かめたんですよ。

「こんなこと言っちゃっていいのかね」

って言ったら、

「まあ、与謝野さんとは40年近くの腐れ縁だから、まあ、正確にものを言うんならしょうがないわね」

って。

あなたはお母様と政治資金の話はしたことがないような答弁をずっとしてんですけど、実際はしているんですよね。ねえ総理」

2月14日のテレビ朝日番組「サンデープロジェクト」で民主党議員の大塚耕平経済財政政策担当兼金融担当副大臣が与謝野氏に謝罪を求めた。国会での発言は正確な事実に基づいて行うべきで、事実に反する内容を発言したのならきちんと謝罪すべきだと。

与謝野氏の助太刀を演じたのは朝日新聞編集委員の星浩氏である。

星氏は与謝野氏の質問の一字一句を正確に拾って精査した結果、与謝野氏の質問は非常によく練られたもので、瑕疵(まちがい)がない趣旨の発言を示した。

そこで、本ブログはもう一度、与謝野氏の発言内容を精査してみたわけである。

鳩山邦夫氏は1月13日に記者会見を行い、

兄の鳩山由紀夫首相への実母からの資金提供に関連し、「兄がカネを無心したとは、母から一切聞いていない」と改めて強調したことがすでに報道されている。

与謝野氏はサンデープロジェクトで、私は「無心という言葉は一切使っていない」と意味不明の弁明をしたが、まったく弁解にもなっていない。

人気ブログランキングへ

「大辞林 第二版」によると「無心」とは、

2)

遠慮なく人に金品をねだること。

・「親に金をする」

・「をいつて五両もらつたのを/安愚楽鍋(魯文)」

とある。与謝野氏は「無心」という用語を用いなかったが、与謝野氏が発言した内容は、「鳩山由紀夫氏が母にしょっちゅう金を無心していた」というものである。

 「無心という言葉を使っていない」とまったく文脈からはずれた弁解を示して話をはぐらかすところに、与謝野氏の後ろめたさが如実に表れている。

 国会で与謝野氏が示した事実と、鳩山邦夫氏が記者会見で示した事実とは、まったく異なる。与謝野馨氏が鳩山邦夫氏が発言していない虚偽の内容を国会で示したのか、与謝野馨氏が国会で話した内容は正確で、鳩山邦夫氏が1月13日に記者会見で話した内容が虚偽であるか、のいずれかしか可能性はない。

 いずれにせよ、星浩氏のテレビ番組での与謝野馨氏擁護発言はまったくのでたらめである。この点にテレビ朝日、朝日新聞の政治的偏向が如実に示されている。

 鳩山邦夫氏が記者会見で述べたことが真実であるなら、与謝野氏は事実とかけ離れた虚偽を国会で示し、内閣総理大臣を不当に追及したことになる。議員としての資格を問われるのは鳩山総理ではなく、与謝野馨氏である。

 与謝野氏は重要事実を示したと国会で述べたが、与謝野氏の発言は全体として極めて信用度が低い。

 与謝野氏は現職民主党議員が鳩山氏の子分に鳩山氏になり代わって金を配ったと発言したが、議員名をX(エックス)と表現した。十分に精査した真実の情報であるなら、Xとせずに実名で発言するべきである。ゴロツキ雑誌と同じ手法である。

 与謝野氏は勝場啓二元秘書が公判関係者に証言した内容を示したが、公判関係者とは誰なのか。検察庁職員による国家公務員法違反の秘密漏えい問題が重大化するなかで、公判関係者の証言を安易に持ち出すことも不適正である。

 マスメディアが報道する捜査関係者への取材によって明らかになった事実というものが、どれほど信頼に値しないものであるのかは、これまでの事例で十分に明らかである。

 また、世の中に浜の真砂ほどに証言はあるが、そのなかのどれだけが真実の証言であるのかは、判別がつかない。虚偽の証言を無責任に国会の場に持ち出して、あたかも真実であるかのように追及することは慎むべきである。

 「偽メール事件」の教訓から与謝野氏は何も学ばなかったのだろう。

 「きっこのブログ」様「南華のブログ」様「ライジング・サン(甦る日本)」様が、つい1年ほど前に表面化した与謝野馨氏の政治資金疑惑を改めて紹介くださっている。「ライジング・サン」様から該当部分を転載させていただく。

「与謝野の疑惑と言えば1992年~2005年において、ダミーの政治団体「政経政策研究会」を使って、先物取引会社「エイチ・エス・フューチャーズ」(当時のオリエント貿易)などのグループ会社からの献金、総額5530万円を受け取り、そしてそれを自分の政治資金管理団体「駿山会」へ迂回させていたのだ。この巨額献金の見返りとして、寄付者の所得税の一部が控除される団体として、この「政経政策研究会」を推薦していたことも分かった。つまり、自分への献金をした者だけが特別に減税されるというシステムを作ったのである。」

 巨額献金の見返りとして節税措置を採ったこと、あるいは、金融商品取引法との関係で便宜供与があったことなどについて立証がなされたかどうかは定かでない。しかし、与謝野氏は「脱税」と認定されていない行為を「脱税」と断定して発言を示すなど、「法治国家」=「法の支配」の大原則さえ無視する傍若無人振りを示しているのである。自らの行為についても、犯罪および犯罪者と断定されて、いかなる反論もできないところに自分自身を追い込んでいる。

 また、事実関係が明らかでないにもかかわらず、「違法に民主党議員に金を配った」と断言した。与謝野氏は「言葉はひとたび口から発せられると魂を持って世の中をさまよう。だから「言霊」というのだ」と説教していたが、与謝野氏が断定した発言も、魂を持って世をさまようことになる。

 断定した内容が事実であることを証明できなければ、与謝野氏は責任を取らなければならなくなる。

 また、鳩山首相および鳩山邦夫氏が母親から受けた資金について、与謝野氏の発言は重大な問題を新たに引き起こすことになった。

 この点は、すでに「南華のブログ」様が指摘されている。

 鳩山由紀夫首相の場合、当事者の認識は「資金の貸付」であった。しかし、借用証書などの状況証拠から「貸付」と認定されず、「贈与」と見なされることになり、修正申告により贈与税が支払われた。

 これに対して、鳩山邦夫氏が母親との間で資金贈与について電話等で直接話をして、その資金が鳩山邦夫氏の認識の下に使用されていたことになると、こちらは「意図的な脱税」の疑いが濃厚に発生する。

 与謝野氏の国会質疑は鳩山由紀夫総理大臣でなく、鳩山邦夫氏を直撃するものなのである。

 鳩山由紀夫総理に対して激しいライバル心と嫉妬と妬みを持っていると考えられる鳩山邦夫氏が、突然、記者会見を開き、無心話を否定し始めた最大の理由は、鳩山邦夫氏の脱税容疑が急激に浮上したためと考えられる。

 与謝野馨氏は国会質問で、この規模の脱税が認定されれば、最低でも1年か2年は刑務所に送られることになると発言したが、この発言は、鳩山由紀夫総理大臣にではなく、40年近くの腐れ縁であると与謝野氏が言う、鳩山邦夫氏に向けられた言葉になる。

 与謝野馨氏は国語辞典を開いて、「無心」と「天に唾する」、さらに「言霊」の意味をよく勉強したほうがよいと思う。

 また、星浩氏は本日の放送で述べたようないい加減なコメントを述べるなら、即刻記者を廃業して御用政治評論家に転身するべきである。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 「第二偽メール事件」になる与謝野馨氏国会質問 | トップページ | 「みんなの党」=自民党別働隊の動かぬ証拠 »

偏向報道(2)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/33374184

この記事へのトラックバック一覧です: サンプロ平成の迂回献金王与謝野氏星氏の詭弁:

» 「みんなの党」はこのたび「みんなで偽装」党へと党名変更いたしました 渡辺喜美氏(談) [父さんの日記]
この度(1月12日)リチャード・コシミズ氏によって晒されました わたくし渡辺喜美の政治団体「喜世会」と森喜朗氏の政治団体「経済政策懇談会」の住所が同一で、しかも収支報告書事務担当者までもが同一である事実につきまして、全くその通りであります(笑) ただし、誤解のないよう一部訂正させていただきますと、リチャード・コシミズ氏が書かれた「経済政策懇談会(渡辺喜美個人の資金管理団体)」と「喜世会(森喜朗個人の資金管理団体)」というのは間違いで、まずこれら2つの団体は資金管理団体ではございません。渡辺喜美と森喜... [続きを読む]

» 自民党は日本をどうしたいんだろうか? [ある信販会社宛の迷惑FAXから得た教訓]
2月に入り、仕事をしながら国会中継を聞いてて思うのですが、今の自民党は何をしたいのだろうかとの疑問が沸いてきております。 共産党は民主党政権になった時点、で良識の有る野党として進んでゆくと述べておりました。 しかしここ数日の自民党議員の本会議や予算委員会... [続きを読む]

» 弁護士が同席しない日本の取り調べは信用できない [雑感]
   先月30日の日刊ゲンダイに載せられ、 JANJANにも転載 をされた記事がある。元ロサンゼルス・タイムス東京支局長のサム・ジェームソン氏の記事である。彼は、知日派でも知られている。 彼・サム・ジェームソン氏が、日本記者クラブで2006年6月22日に講演をしているのだがその時の内容が興味深いものであったことから、名前は記憶に残っていた。 講演のタイトルも「在日外国人のみた小泉政権5年」・・・・ 「変わった首相」のプラスとマイナス 」と言うものであった。 http://www.jnpc.or.jp... [続きを読む]

» 【反動勢力】犬察の操作に支障となる取調べ全面可視化は絶対反対by惨経珍聞【官益最優先】 [ステイメンの雑記帖 ]
 「冤罪メーカー」佐久間達哉率いる東狂痴犬特騒部による小沢幹事長失脚と鳩山政権転覆を謀った一連の「政治捜査」は一段落しているが、惨経など翼賛マスゴミを通じて垂れ流されたリーク情報は利権奪還を狙う宦官ジミンを図に乗らせてしまっている。  14日に放送されたNHKの討論番組では、 自らの政治団体に不動産を購入させそれを自分自身に安価に転売させた清和会の町村 が、「出張尋問を視野に入れて対応を検討したい」などと 81歳になる鳩山首相の実母に対する聴取を要求 した。  全く持って自分たちの悪行を棚に上げて良... [続きを読む]

» 詐欺論者誕生 [ 春 夏 秋 冬]
やった事の証拠は出せても、やってない事の証拠を出す事は難しい。 [騙され続けた民主主義」という記事に寄せられたコメントに対して書いた、私の返事コメントの一部を御紹介させていただきたいと思います。 {/kaeru_wel/}{/usagi/}{/kuma_wel/} 何度も言いますが、人はやっていない事をどう説明するのですか? 悪い事は何もやっていないと言うしか無いのではありませんか? 貴方がもし、やっていない事でつかまったとき、何をどう説明しますか? 冤罪で懲役までさせられて、 DNA鑑定の不備が明... [続きを読む]

» 小沢狂想曲から見えてきたこと。 [くろねこの短語]
 昨日の女子のモーグルは面白かった。なによりも、モーグルというスポーツがとてもパ [続きを読む]

« 「第二偽メール事件」になる与謝野馨氏国会質問 | トップページ | 「みんなの党」=自民党別働隊の動かぬ証拠 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ