« 腐臭立ち込める東京地検の連続大敗北 | トップページ | 東京地検の週刊朝日山口編集長出頭要請の顛末 »

2010年2月 6日 (土)

石川知裕氏、大久保氏、池田氏の保釈を心より祝福

石川知裕衆議院議員、大久保隆規氏、池田光智氏が2月5日、保釈された。

石川氏など3人は暴走する東京痴犬地検特捜部による犠牲者である。東京拘置所の冬は寒い。独居で重ね着をしても、体が芯から凍りつく。政治資金収支報告書に一時的な立て替え金を記載しなかっただけで、このような拷問にかけられたのでは、法治国家とは到底言えない。

この拷問に耐え、生還を果たされた3人の勇士に心からエールを送りたい。

鳩山政権が実現しなければならない課題は多い。

本年7月の参院選に勝利して、日本政治刷新を思う存分に実行してもらいたい。2013年秋までの3年の時間を確保できれば、腰を据えて日本刷新を実現できる。

多くの課題があるなかで、腐りきった警察・検察・裁判所制度の改革、腐ったメディアの刷新は最優先の課題に位置付けられる。

「わんわんらっぱー」様が1月26日付記事

「東京地検特捜部はCIAアメリカの代理人。
民主党政権は対米独立革命政府」

に記されたように、東京痴犬地検特捜部は1947年に吉田茂首相の下で、「隠退蔵物資事件」を契機に「隠匿退蔵物資事件捜査部」が設置されたものが起源である。

「わんわんらっぱー」様が紹介くださった「capitarup0123」様の1月12日付記事

「東京地検特捜部の歴代トップは、全員CIAに留学」

によると、「東京地検特捜部の歴代トップは、全員CIAに留学し、CIAの対日工作員としての徹底的教育を受け、日本に帰国する」とのことだ。

米国は小沢一郎氏-鳩山由紀夫氏-菅直人氏の民主党トロイカ体制が軸となる新政権が、これまでの自民党対米隷属路線から訣別することを力づくで阻止しようと、繰り返し政治謀略を仕掛けてきている。

日本の主権者国民と悪徳ペンタゴンが熾烈な死闘を演じているのだ。

悪徳ペンタゴンはマスメディアを完全に掌握し、偏向報道を垂れ流しているが、日本国民の力が目覚ましい成長を遂げている。マスメディアによる情報操作にもかかわらず、腐臭を放つ東京痴犬地検の低劣な行動が広く認知されるに至っている。

日本の民主主義は新しい次元に移行しかけている。

東京痴犬地検特捜部の連続大敗北により、多くの「知られざる真実」が誰の目にも明らかになった。

地検に正義は存在しないこと。日本の警察・検察・裁判所制度が腐りきっていること。そして、この腐り切った霞が関権力中枢が米国、メディアと結合して、主権者国民と対峙していること。

民主党内部に渡部恒三、前原誠司、野田佳彦、枝野幸男などの転覆分子が存在すること。

すべての背後に米国が存在し、露骨な選挙介入、内政干渉を実行していること。

これらの事実が改めて確認された。

人気ブログランキングへ

腐臭を放つ日本の検察組織を浄化しなければならない。

1月16日付記事

「主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ」

に記述したように、「日本の警察、検察、裁判所制度の前近代性は深刻であり、その是正は喫緊の課題である。」

最大の問題は、①「法の下の平等」と、②「基本的人権」が無視され、③「捜査当局に恐ろしい裁量権」が付与されていること、である。

さらに、④「罪刑法定主義」、⑤「無罪推定の原則」も完全に無視されている。

③裁量権とは、

①犯罪事実が存在しても不問に付す裁量権、

②犯罪事実が存在しなくても犯罪を作りだし無実の罪を着せる裁量権

である。

捜査に際しては、「恐喝」的な手法が多用される。日本の裁判では起訴されれば真実に則して無実の主張を貫いても99%は有罪にされる。最高裁で判決が確定するまでには数年から十数年の時間を要し、不当に長い勾留を強いられ、精神的にも経済的にも膨大なエネルギーを注ぐことが強いられる。

さらに、検察庁職員は国家公務員法の守秘義務違反の重大な罪を犯している疑いが濃厚である。疑いのある検察庁職員を国民は刑事告発しなければならない。

鳩山政権の体制が盤石なものになれば、検察浄化に本腰を入れることが可能になる。

取り調べ過程の可視化に関する検討が開始されたが、今通常国会の会期中に完全可視化法制を整えるべきである。人権が守られない国家を近代国家と呼ぶことはできない。

同時に検察人事の刷新も不可欠である。検事総長には民間人を起用し、同人事を国会同意事項とするべきである。

今度は主権者国民が検察の犯罪を暴き、一斉摘発に動く番である。検察浄化なくして日本が人権尊重国家に成り得ない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 腐臭立ち込める東京地検の連続大敗北 | トップページ | 東京地検の週刊朝日山口編集長出頭要請の顛末 »

小沢代表秘書不当逮捕(4)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石川知裕氏、大久保氏、池田氏の保釈を心より祝福:

» やはり「出頭要請」はあった!『週刊朝日』山口編集長の「談」 [南華のブログ]
週刊朝日 談 というホームページに、山口編集長の記事が掲載されています。 http://www.wa-dan.com/yamaguchi/            お騒がせして申し訳ありません  2月3日は、わたし=週刊朝日編集長・山口一臣=が「東京地検から(事情聴取のための)出頭要請を受けた」という情報がネット上を駆け巡り、読者をはじめ関係者のみなさんに大変なご心配をおかけしました。  すでにコメントを出させていただいているとおり、そのような事実はありません。多数の方からお問い合わ... [続きを読む]

» 【祝!保釈】日本社会の「革命的」変革実現の為に先頭に立って闘って欲しい【犬察ファッショ】 [ステイメンの雑記帖 ]
 経済状況が一向に改善しない中、約1年間に渡って継続されてきた民主党小沢幹事長の失脚を謀った東京痴犬特捜部の暴走事件も一応一つの区切りを迎えた。  この間、2度の家宅捜索や水谷建設元会長の証言、さらには情報リークや人権無視の恫喝聴取などありとあらゆる手練手管を使った東京痴犬特騒部だが、結局現職国会議員たる石川衆院議員ら3名を政治資金規正法違反(虚偽記載)という形式犯でしか起訴に持ち込めなかった。  これはハッキリ言って、捜査を主導した 東狂痴犬特騒部の佐久間達哉と最高検の大鶴基成の「冤罪メーカー」コ... [続きを読む]

» 週刊金曜日に送った決別のメール [杉並からの情報発信です]
週刊金曜日 御中 発行人 佐高信 様 編集長 北村肇 様 編集部 成澤宗男 様 編集委員 本田勝一 様 落合恵子 様 前略 私は2000年に「杉並・世田谷読者会」の設立を呼びかけ2007年まで共同世話人として毎月1回例会を主催してきました。 今日まで10年以上にわたり毎週金曜日書店で貴誌を買ってきた愛読者の一人です。 最近の記事の内容に日頃から不満を持っておりましたが、昨日購入した2月5日 号「角栄・金丸・小沢 特捜部との30年戦争」の記事を読んでその不満は決定的になりました。 今... [続きを読む]

» 続報 東京地検からの出頭要請 ⇒「出頭はしない」そして上杉隆氏が東京地検へ「厳重抗議書」を逆送付! [父さんの日記]
東京地検(特捜)は、やはり解体させるしかない。週刊朝日への出頭要請は、小沢不起訴、そして逮捕された3名の保釈を決定するという屈辱感からくる、最後の悪あがきでもあったか。 3名の保釈=「検察リークによる報道と実際の供述との違い」そして「検察の人権と法を無視した取り調べの実態」が晒されることを意味する。それでも尚、保釈すると言うことは、どこからかの意向が強く示されたと考える。何処の意向か? 米国政府ではないか? 2月2日にキャンベル国務次官補が小沢氏を表敬訪問した 。そして小沢氏の訪米を依頼した 。その... [続きを読む]

» 謀略があろうとも、我々が目指すのは7月の参議院選勝利である [ライジング・サン(甦る日本)]
石川議員、大久保秘書、池田秘書が保釈された。 記載ミスという形式犯で逮捕され、この寒い冬の拘置所の独居房に押し込められ更には、取り調べにおいての脅迫などで自白を強要されてきたのだ。 リークと過極な取り調べの嵐ですでに彼らの人権や社会的地位はズタズタに切り刻まれ... [続きを読む]

» 小沢幹事長 不起訴 「本当の国民の敵は、誰なのか」 [ひげログ人]
小沢民主党幹事長を取り巻く、一連の疑惑は、大手メディアの報道では、世紀の大犯罪の [続きを読む]

» 果たして今回の小沢氏秘書逮捕とは何なのか [雑感]
   小沢氏の秘書であった石川代議士をはじめとし大久保秘書や池田くんが逮捕をされ、4日に起訴をされようやく昨日(5日)保釈をされた。 事件そのものは、「虚偽記載」だとはされてはいるが、公判で事実がハッキリしてくるだろう。この事件そのものには大して心配はしていない。しかし今回の報道の酷さには驚くと言うより呆れ返った方も多いと思う。現実にtwitterやweb上では今回の逮捕が不当であるとの意見が随分寄せられている。 そんな中で、もう一度順にこの事件の根底にあるものを見てみたいと言うかおさらいをしてみた... [続きを読む]

» 5189 阿修羅など お勧めブログ 記事川柳 (02/04)/記事により コメント出方 寡多があり/記事川柳 カバー率高し ランキング [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» どうかみのもんたと同化しないでください [木霊の宿る町]
日本に行っているあいだ、何が不愉快かといって、みのもんた、田原総一朗、古館伊知郎、そのほか数名が仕切っている政治番組をみること以上に不愉快なことはありません。事実を整理し分析して報道するのではなく、キャスターのスカンク、いや主観をたれながし、視聴者の感情の下劣な部分を刺激し、コーフンさせることに重きをおく、騒がしくもおぞましい番組を見ていると脳が疲れ思考力が衰えていくのです。海外にいるとそういうのをみないから脳は元気に冴えわたり、おかげで真相がよく見えるというものですが、逆になんで日本がおかしな方向... [続きを読む]

» (1)(前半)人はパンのみにて生きるにあらず (2)(後半)夢のツアー [mubouのブログ]
2010年2月7日(日曜日) 腐臭漂う日本のテレビ、新聞で自分の意思でなく、 今日一日のパンのために、記事を書き、コメントし、 声高にさけび、陰湿に無血革命政権を誹謗中傷するマスコミの人よ! マスコミ人よ、山口さん、上杉さん、高野さんに続いて欲しい! 愛する祖国日本のために、明日の日本のために 若い世代に残そう! 緑豊かな、全ての人が政治の恩恵を受けることが出来る 友愛社会 小沢一郎先生が一筋に進化し変化して、雄大な構想で進める 新しい日本の建設! 小沢一郎先生が(破壊)したいものは、腐臭漂う官僚機... [続きを読む]

» 秀逸な投稿紹介~小沢問題をすっきり読み解く。「政治資金収支報告書は絶対間違っていない」 [どなんとぅ ぬ だぁ]
身内ネタのようで恐縮なのですが『どなんとぅ 命つなぎの時間 BBS』に秀逸な投稿 [続きを読む]

» 石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!&小沢氏記者会見で官邸記者会見開放を明言。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 主権者は私たち国民レジスタンス戦線、愛、そして生きる 主権者は私たちですBBSへの投稿です。  まだ出来たてのホヤホヤ、本来なら雑談日記で紹介してからなのですが、先にこちらでご紹介しておきます。 俺たちが君を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう! 知裕ファイト、断固闘うぞ!  ↓クリックすると拡大します。 ※なおファイル名を変えて使う事はお断りします。 No.959 Re:これでこそ支持者の鏡だ!⇒「離党や辞職の必要ない」 石川議員に地元支部伝える【朝日】投稿者---SOBA(2010/0... [続きを読む]

« 腐臭立ち込める東京地検の連続大敗北 | トップページ | 東京地検の週刊朝日山口編集長出頭要請の顛末 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ