« 『金利・為替・株価特報』2010年2月12日号のご案内 | トップページ | サンプロ平成の迂回献金王与謝野氏星氏の詭弁 »

2010年2月13日 (土)

「第二偽メール事件」になる与謝野馨氏国会質問

2月12日の衆議院予算委員会。

昨年8月30日の決戦の総選挙で、小選挙区東京第1区で海江田万里民主党衆議院議員に敗れて落選した与謝野馨氏。自民党総裁選にも立候補した与謝野氏は総理大臣になれなかったばかりか、小選挙区でも敗北した。

8月30日の総選挙に大勝して見事に総理大臣に就任した鳩山由紀夫氏に対する怨嗟の感情が高ぶったのだろう。品性下劣さをいかんなく発揮する暴走質疑に終始した。

民主党を軸にする政権樹立を国民は望んだが、鳩山首相に期待する国民はほとんどいなかった。どこのどのような調査であるのかも明かさずに与謝野氏は指摘したが、このひとことで与謝野氏の発言のすべての信用力が落ちた。

鳩山政権が発足した時点で、主権者である国民は鳩山政権の誕生を歓迎すると同時に、鳩山由紀夫総理大臣にも大いなる期待を寄せた。鳩山総理大臣に対する期待はいまもまったく変化していない。

日本政治の利権を独占してきたどす黒い悪徳ペンタゴンは、利権政治復活のために、鳩山政権攻撃に手段を選ばぬ品性下劣な工作活動を重ねている。小沢一郎民主党幹事長や鳩山由紀夫内閣総理大臣に対する執拗で悪質な攻撃は、悪徳ペンタゴンの利権死守の断末魔の叫びを示すものである。

与謝野馨氏は昨日の衆議院予算委員会質疑で本性を表した。鳩山総理をやくざ呼ばわりする与謝野氏の方がはるかにやくざと呼ばれるにふさわしい。

与謝野氏の手にした「秘密兵器」は、あまりにも底の浅いものだった。

派手な前振りのあとで与謝野氏が持ち出した材料は、鳩山邦夫氏の発言の引用だった。鳩山由紀夫総理が母親にカネの無心をしていたとの「証言」である。

谷垣禎一自民党党首が予算委員会で先般、次のように発言した。「鳩山総理は母親からの資金提供についてまったく知らないと言われているが、もし、知っていたという証拠が明らかになればバッジを外すのか」

この質問に対して鳩山総理は「もちろん外す」と答弁した。この質疑のときから用意されていたのが、鳩山邦夫氏の「証言」だったのだと考えられる。

「第二の偽メール事件」と呼ぶのが正しいだろう。

鳩山邦夫氏が鳩山由紀夫総理の発言をテープで録音するなり、ビデオで録画していたと言うなら証拠になるだろう。しかし、与謝野氏が示したのは「本人がこう話していた」というだけのものだ。これなら、いかなる「証言」も可能で、証拠能力としての価値はゼロに等しい。

鳩山邦夫氏は鳩山由紀夫総理に激しい嫉妬とねたみの感情を抱いていることが、これまでの発言から明白に読み取れる。鳩山政権を攻撃したいとの強い感情を有している人物であるのだから、なおさら、その発言を無条件に信用するわけにはいかないのだ。

与謝野氏はそのような客観的判断もできずに、あたかも重大証拠があるかのように国会で発言した。品格を問われるのは与謝野氏自身である。

「第二の偽メール事件」と認定されるのは時間の問題である。

このような材料でしか政権を攻撃できないところに、現在の自民党の悲しい現実がある。

検察とマスゴミを総動員して小沢一郎民主党代表に対するピンポイント攻撃を展開し続けているが、大山鳴動してネズミ一匹も出てこない始末である。

昨年の「3.3事変」、本年の「1.15事変」は政治謀略の大きな汚点として、歴史に刻まれることになるだろう。

人気ブログランキングへ

日本はいま権力をめぐる激しい闘争のさなかにある。主権者国民は昨年8月30日の総選挙を通じて、歴史上初めて主権を確保した。主権者国民の主権者国民による主権者国民のための政権を初めて樹立した。

これまで日本政治、日本政治利権を支配してきたのは、①政治屋、②官僚、③大資本、④米国、⑤マスメディア、であった。政官業外電の悪徳ペンタゴンは、巨大政治利権を喪失する史上最大の危機に直面している。

この危機を打開するために、手段を選ばぬ行動を展開しているのだ。

この権力闘争の最終決戦が本年7月に実施予定の参議院選挙である。

主権者国民はこの政治闘争に必ず勝利しなければならない。悪徳ペンタゴンは検察とマスゴミを総動員して主権者国民の勝利を阻止しようとしている。

今後もマスゴミによる鳩山政権攻撃は続く。悪徳ペンタゴンは当面の最重要目標を小沢一郎氏の幹事長辞任に置いていると見られる。各種情報工作を全面展開してこの目的を実現しようとするだろう。

主権者国民はこの基本構造を正確に理解したうえで、悪徳ペンタゴンの野望を粉砕しなければならない。

これまでの「政官業トライアングル」を軸にする「官権政治派」とは別に、「米国CIA」を後ろ盾とする「政外電の新トライアングル」を軸とする「売国政治派」が登場している。この新勢力は「改革」の旗を掲げたり、「脱官僚」の旗を掲げたりするから、主権者国民は目をくらまされやすい。

しかし、この「売国政治派」は「悪徳ペンタゴン」別働隊である。

「ライジング・サン(甦る日本)」様が、「売国政治派」と「官権政治派」がおなじ「悪徳ペンタゴン」一味であることを立証する動かぬ証拠を提示された。この件については稿を改めてお伝えしたいが、主権者国民は「悪徳ペンタゴン」の小手先の工作に目を奪われてはならない。

次期参院選で主権者国民勢力が悪徳ペンタゴンに完全勝利することによって、日本政治刷新の大業は成就に向うのである。

天下り根絶、企業献金全面禁止、対米隷属脱却、警察・検察・裁判所近代化、人間尊重の経済政策、など、実現しなければならない課題は山積している。これらの課題を実現するためには、国民主権政権の基盤を盤石にしなければならない。

マスゴミの情報操作に惑わされずに、国民主権政権を支え、国民主権勢力の参院選勝利を誘導しなければならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『金利・為替・株価特報』2010年2月12日号のご案内 | トップページ | サンプロ平成の迂回献金王与謝野氏星氏の詭弁 »

小沢代表秘書不当逮捕(4)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第二偽メール事件」になる与謝野馨氏国会質問:

» 日本社会に根深く浸透している米国支配層の日本人エージェントをあぶり出し 影響力を粉砕することです [杉並からの情報発信です]
敗戦後の日本は1951年のサンフランシスコ対日講話条約でGHQの占領を終わ らせ文字通りの「独立国家」になったと教科書には書かれています。 しかしながら日本は1951年以降うわべは「独立国家」の体裁を整えながらも首相任命権を米国支配層に握られた「米国の植民地」として今日まで支配されてきたのです。 日本国民の富と財産は米国支配層と日本人エージェント達に奪われ日本国民の自 由と平和と人権は彼らに侵害・毀損されてきたのです。 米国は「独立国家」の体裁を整えた上で実質的に「植民地支配」を貫徹するとい ... [続きを読む]

» チンパンジー与謝野を檻[オリ](刑務所)の中に入れろ [ライジング・サン(甦る日本)]
昨日の衆議院予算委員会質疑での与謝野は醜かった。 しかし、あれで更に国民が持つ与謝野と自民党に対しての微かに残る「自民党再生」の灯りが消えた。 鳩山邦夫という人物は、そもそも「かんぽの宿」の時点で、兄(鳩山由紀夫氏)に対する劣等感に付け加え、ナベツネ=読売=ロ... [続きを読む]

» 自民党没落の象徴「平成の迂回献金王」与謝野馨の国会質問 [南華のブログ]
朝日新聞の記事によると、 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/02/13/01.html 与謝野氏は「政治とカネ」の問題を徹底追及する野党のトップバッターとして午前10時すぎ、質問に立った。首相の偽装献金問題に関し、政治資金規正法違反の罪で在宅起訴された元公設第1秘書の名前を挙げ、こう指摘した。  与謝野氏「あなたをかばうためにやった。これはあなたの犯罪だ。最近、ヤクザ映画を見るが、映画のシーンによく出てくる。親分は助かり、子分は警察... [続きを読む]

» 【CHANGE】小沢幹事長には策謀などに負けずこれからもビシバシと頑張って欲しい【打倒!反動勢力】 [ステイメンの雑記帖 ]
 鳩山政権を支える連立3党の中で随一の実力者である小沢幹事長の失脚を狙った東狂痴犬特騒部による恣意的な捜査権濫用は、不起訴という結果で一段落した。  しかし、 特騒部が「下野なう」惨経など司法記者クラブ加盟社とグルになって進めたネガキャンが徐々にボディブロー となってきており、ついに時事通信の調査によれば鳩山政権の支持率が40%を割り込んでしまった。  その一方、小沢幹事長の失脚を狙う反動勢力の策謀は未だ続いており、案の定今回の不起訴を不服として、自称市民団体が検察審査会に「起訴相当」の議決を求める... [続きを読む]

» 1/31なんでや劇場レポート3 企業における「共同体的」仕組みの事例 [日本を守るのに右も左もない]
「1/31なんでや劇場レポート1 遊びの失速は何を意味するのか?」「1/31なんでや劇場レポート2 私権体制の崩壊⇒共同体の時代へ」の結論部分を要約する。 いつも応援ありがとうございます。 ...... [続きを読む]

» 「虚偽記載」なんて、ありゃしない。 [ふじふじのフィルター]
 東京地検特捜部が、虚偽記載とした、土地購入に関する「陸山会」の収支報告書には、 [続きを読む]

» 5232 阿修羅など お勧めブログ 記事川柳 (02/13)/ネコの砂 金魚すくいの ようにやり/ネコの宿 変えて目が合う 自慢顔 [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» ロッキード事件を中曽根が米政府に揉み消し要請/国家公務員法改正案のよもやま話 [ボヘミアンな京都住まい]
石川議員の離党は残念でなりません。小沢幹事長もホントは首に縄をくくりつけても党に留めておきたかったのかもしれませんが・・・対検察で徹底抗戦のつもりなのだと好意的に解釈しておきます。それにしても「自分なら離党する」とコメントした某大臣は何様のつもりなのでしょうか?政権内にいるならそれなりの情報は入ってるだろうに、無実の罪を着せられた自党の後輩議員を背中から撃つとは良心が咎めないのでしょうか?マスゴミに媚びてのコメントなんでしょうが、そのうちブーメランで返ってきても知らないよ、と。 あと、今日の衆議院... [続きを読む]

» (1)(前半)爆発する民主的エネルギー(twitter) (2)(後半)拝啓、植草一秀先生 [mubouのブログ]
2010年2月14日(日曜日)2010年2月19日発売週刊朝日(定価350円、ネットで2冊注文着払いで約1200円)の目次1.小沢不起訴の全内幕(検察のシナリオはなぜ崩れたか)見込み捜査が残した(醜い汚点)ここまでやっても、やはり(小沢不起訴)2.東京地検の(抗議)に抗議するもう【末世】と言う感じの毎日です。大衆ではなく、日本の心臓部が腐臭漂い、この世とも思えない毎日です。狂える犬東京地検は(がめりか、怨念、意地。悪徳ペンタゴンがめりか代理人)こんなキーキーワードで国民の血税を使い一年近くも、見込み... [続きを読む]

» 植草さん、テンプレート変更後フッターのTwitterの表示が漏れてます。大幅な戦力ダウンです。 [ひなたぼっこ (おじさんのパソコン&IT的情報生活)]
 植草さんが記事をアップされると皆さんフッターのTwitterを利用して盛んに記事自体を紹介したり、引用紹介したりする時に利用されています。今のままなら大幅な戦力ダウンです。  最初に気がついた時に、「おやっ」と思ったのですが、調べてみて推測ですがほぼ原因を特定できました。  テンプレートを変更時にフッター設定の所でTwitter部分を見落とされてます。無理もないです前と比べて設定方法がワンステップ変わりました。変更前にはフッターの所で見えたTwitterのチェックボックスがワンステップ余計になった... [続きを読む]

« 『金利・為替・株価特報』2010年2月12日号のご案内 | トップページ | サンプロ平成の迂回献金王与謝野氏星氏の詭弁 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ