« 低劣偏向政治番組双璧大田総理&TVタックル | トップページ | 悪徳ペンタゴンと同座標に立つ民主党反党分子 »

2010年2月23日 (火)

民主党トロイカ体制破壊を狙う悪徳ペンタゴン

2月19日放送の日本テレビ低劣偏向政治番組「太田光の私が総理大臣になったら」が、「日本を良くした10人」、「日本をダメにした10人」を選定して放送した。番組が選定した20人を再掲する。

「日本を良くした10人」

1位 小泉純一郎
2位 イチロー
3位 東国原英夫
4位 石川遼
5位 橋下徹
6位 鳩山由紀夫
7位 宮崎駿
8位 中田英寿
9位 小渕恵三
10
位 北野武

「日本をダメにした10人」

1位 小沢一郎
2位 朝青龍
3位 酒井法子
4位 小泉純一郎
5位 麻生太郎
6位 鳩山由紀夫
7位 安部晋三
8位 森喜郎
9位 石原慎太郎
10
位 堀江貴文

 日本テレビがどのようにいかがわしいアンケートを実施したのかは判然としないが、放送法の定める「不偏不党」、「政治的公平」に反していることは明らかだ。

「良くした10人」に東国原氏、橋下氏、北野武氏がランクインしていることの怪しさ。極めつけは「良くした」1位が小泉純一郎氏で、「ダメにした」1位が小沢一郎氏であることだ。

「良くした」1位と「ダメにした」1位が正反対である。

昨年8月30日の総選挙で実現した日本史上初めての民衆による政権獲得は、小泉政治への負の評価の裏返しであった。

『月刊日本』に「小泉竹中改革の破綻と政治の新潮流」を連載している。

2010年3月号が刊行されたが、私の連載記事

第9回「自民党平政研支配破壊に執着した小泉首相」

が掲載されている。

 

 

月刊 日本 2010年 03月号 [雑誌] Book 月刊 日本 2010年 03月号 [雑誌]

販売元:ケイアンドケイプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 『月刊日本』編集部ブログから転載させていただく。

【特集】小沢一郎とは何者か?

森田 実 理念なき政治家・小沢一郎

平野貞夫 知られざる小沢一郎の実像

特別講演会(平野貞夫「敢えて民主党を叱る」

 
 3
24日(水)午後6時~ 赤坂区民センター、参加申し込みは:

 gekkan.nippon@gmail.com

【検察・マスコミ批判】

青木 理 マスコミよ、目を醒ませ!

山浦嘉久 走狗たちの黄昏 アメリカに棄てられた者どもの末路

【國體論】

佐藤 優 我が國體を回復せよ(『月刊日本』講演会誌上採録)

【追悼】ミッキー安川さんを偲ぶ

 
藤木幸夫 生涯不良少年を貫く

【連載】

植草一秀 自民党平政研支配破壊に執着した小泉首相
(連載 小泉竹中改革の破綻と政治の新潮流 第9回)

鈴木宗男 政治とカネ、真に問題視すべきは外務省機密費の上納問題
(対日包囲網の打破に向けて 第56回)

伊吹文明 今こそ政界再編が必要だ
(新連載 中村慶一郎の「政局を斬る」 第1回)

ほか。

現下の政界の中心人物である小沢一郎氏を、平野氏、森田氏という立場を異にする視点で分析する大特集他、佐藤優氏講演録など、読み応えも十分です。

(ここまで『月刊日本』編集部ブログからの転載)

 私は小泉政治五つの大罪として以下のものを掲げている。

①経済政策運営の破綻

②弱者切り捨て=弱肉強食奨励=市場原理主義の経済政策

③官僚主権構造の温存

④対米隷属外交

⑤権力の濫用、警察・検察・裁判所・メディアの不正利用

である。

 ①は近視眼的な財政再建原理主義と企業破綻推進政策で日本経済を金融恐慌寸前の状況に追い込んだこと。金融危機が表面化すると、一転して税金による銀行救済を実行し、巨大なモラル・ハザードの問題を引き起こした。これがりそな巨大疑惑の背景である。

 ②、③、④のすべてを転換するのが、主権者国民による鳩山新政権の課題である。日本政治刷新が新政権の果たすべき責務だ。

①人間尊重の経済政策・経済運営

②官権政治から民権政治への転換

③対米隷属外交から自主独立外交への転換

が、新しい日本政治の骨格になる。

 同時に、

④政治権力による不正な警察・検察・裁判所支配、歪んだメディア・コントロールを糺すこと

も最重要の課題の一つである。

 常軌を逸した鳩山総理批判、小沢一郎民主党幹事長批判は、政治権力による不正な警察・検察・裁判所支配、歪んだメディア・コントロールの産物である。

 『月刊日本』2010年3月号所収の拙稿には、小泉政権による権力濫用を記した。小泉氏は「自民党をぶっ壊す」としたが、小泉氏が破壊したのは平成研究会(旧田中派)による自民党支配の構造だった。小泉氏が代わって創設したのは、清和政策研究会(旧福田派)による自民党支配の構造だった。

 岸信介氏の流れを汲む自民党清和政策研究会こそ、日本の対米隷属政治構造の保守本流である。CIAと連携し、警察、検察、裁判所の政治利用に大きな特徴を有する。

 小泉氏が検察を支配下に置くことになった大きな背景のひとつに検察裏金疑惑がある。この問題については、元大阪高検公安部長検事の三井環氏が刑事告発しており、いずれ国会の場で真実が明らかにされることになると思われる。

 「平成の黒い霧」とも呼ぶべき小泉政治の闇を明らかにすることが、日本政治刷新のために不可欠である。

 昨年8月30日の総選挙を通じた主権者国民による政権の奪取=平成の無血革命を実現させた最大の功労者は小沢一郎氏である。小沢-鳩山-菅のトロイカ体制が平成の無血革命を実現させる原動力になった。

 この意味で「日本を良くした」第1位に位置付けられるべき人物は小沢一郎氏である。日本の良き伝統・風土である「共生社会」を破壊し、日本に世界有数の格差社会と暗黒警察国家を創出した小泉純一郎氏が「日本をダメにした」第1位に位置付けられるべきことは当然である。

 長崎県知事選で与党推薦候補が敗北したが、鈴木宗男氏が指摘されるように、昨年8月の総選挙でも比例票では自民・公明票の方が民主票よりも多かったのであり、与党推薦候補の敗北は驚くには値しない。

 民主党は官僚政治の打破を掲げながら、官僚を候補者に擁立した。「ギャラリー酔いどれ」様が指摘されるように、選挙での勝利を得る最重要の要素は、優れた候補者を擁立することである。参院選に向けて民主党は、もう一度、候補者の選別をじっくりと見直す必要がある。

 悪徳ペンタゴンは民主党のトロイカ体制破壊に向けて死に物狂いの情報工作を展開しているが、この必死の工作活動そのものが、トロイカ体制の脅威=威力を物語っている。

 民主党はトロイカ体制を堅持して参院選に臨むべきである。情報工作のメッキはいずれはがれることになる。真実は最後に必ず勝利するとの信念を改めて銘記する必要がある。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 低劣偏向政治番組双璧大田総理&TVタックル | トップページ | 悪徳ペンタゴンと同座標に立つ民主党反党分子 »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党トロイカ体制破壊を狙う悪徳ペンタゴン:

» 日本の生産力を支えてきたのは、エリートではなく大衆だった [日本を守るのに右も左もない]
2010年02月21日「戦前から顕在化していた、詰め込み教育の弊害」から続く。 『るいネット』に「官僚は優秀ではなく、運が良かっただけ その1」「同 その2」という投稿がある。 日本の高度経済成長期には目標が明確だったので、無能でも官僚は務まったということだ。それは事実だろう。 では、高度経済成長を実現させたのは誰なのか? いつも応援ありがとうございます。 ...... [続きを読む]

» 売国奴たちと日本を守る国士たち(画像) [ライジング・サン(甦る日本)]
     「日本を最悪にした男たち」           (画像はマッドアマノ氏のパロディータイムス、豆長者さん他から転載しました)                                                      ... [続きを読む]

» 【審議拒否】政局最優先の宦官ジミンを煽る惨経の主張など便所の落書以下だ【責務放棄】 [ステイメンの雑記帖 ]
 あっという間に2月も終わりが近づいているわけだが、歴代の宦官ジミン政権による家計部門を冷遇した経済失政の悪影響からなかなか脱却出来ない日本経済にとって、 現在の喫緊の課題が10年度予算及び関連法案の早期成立であることは間違いない。  それにも関わらず、21日に投開票が行われた長崎県知事選挙の結果を金科玉条にした宦官ジミンは、小沢幹事長や鳩山首相の87歳になる実母らに対する証人喚問を要求しそれが受け入れられない以上予算審議には応じられないなどとサボタージュに入った!  そして宦官ジミンの輩は、23日... [続きを読む]

» 【審議拒否】国民生活を無視する宦官ジミンは下野なう惨経共々歴史の闇に消え去れ!【生粋のKY】 [ステイメンの雑記帖 ]
 政権交代を受け就任した長妻厚労相の指示によって、昨年10月に初めて公表された子どもの相対的貧困率は14.2%、 ひとり親世帯の貧困率に至っては57.3% という恐るべき値である!  市場経済原理主義を日本に持ち込み、今でもTVなどででかい面しているケケ中平蔵は 、「社会的に解決しないといけない大問題としての貧困はこの国にはないと思います」 などとほざいたが、日本の子ども達を直撃している貧困問題は重大かつ深刻すぎる問題である。  しかも、コイズミ・ケケ中構造改革路線のお陰で、ワーキングプア層が100... [続きを読む]

» 「石井紘基の遺言」と下地幹郎と三宝会 [東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆]
政治家 石井紘基 その遺志を継ぐposted with amazlet at 10.02.23明石書店 売り上げランキング: 161333Amazon.co.jp で詳細を見る 先のエントリー 「地上案だと…ミエミエなんだよ下地!」でピックアップした 沖縄新報のこの記事 次官在任中に30億円受注/下地議員の家族企業 自民党の下地幹郎衆院議員(九州・比例)が沖縄開発政務次官在任中の1998年から99年にかけ、下地氏の実兄が社長を務めるファミリー企業が沖縄開発庁が予算を計上している公共事業30億円... [続きを読む]

» 「宮下公園」から世界を見つめる~上映&スピーキングツアー2010~ [喜八ログ]
「OurPlanet-TV」が主催する『「宮下公園」から世界を見つめる~上映&スピーキングツアー2010~』情報を紹介します。 [続きを読む]

» 今こそ危険を覚悟して権力批判をする時です [杉並からの情報発信です]
評論家の佐高信氏がサンデー毎日最新号(3.17号)のコラム「佐高信の政経外科」の中でなかなか良いことを言っています。 (引用はじめ) 「次郎物語」で知られる下村湖人の著書「青年のための思索」を学生時代に愛読したが、その中に、未だ忘れられない次の一文がある。 「批判しても何の危険がないようになってからの批判は、たといそれがどんなにすばらしいものであろうと、かならずしもすぐれた批判精神の産物であるとはいえない。それどころか、それは時として極めて念入りな迎合心理の産物とさえいえるであろう。およそ批判... [続きを読む]

» 最高裁・検察・警察の裏金について再認識・拡散願う [ライジング・サン(甦る日本)]
以前も最高裁・検察・警察の裏金について、元大阪高等裁判所裁判官・生田暉雄氏、元大阪高検公安部長・三井環氏、元愛媛県警巡査部長・仙波敏郎氏らの生々しい証言を載せた事があるが、おそらくこの内容をまだ多くの国民が知らないはずである。  年間金額が、最高裁10億円、検... [続きを読む]

» 大手マスコミは卑怯者?石川議員はそこにいる! [湘南の片田舎から]
石川議員が水谷建設から裏金を受け取ったという報道をまだ覚えている方は多いだろう。大手マスコミの朝日、読売、毎日、産経、日経、そしてそれぞれの同じ資本系列のテレ朝、日テ [続きを読む]

» 平野貞夫氏の優れた眼力 [ライジング・サン(甦る日本)]
平野貞夫氏といえば小沢氏の盟友でもあり、党内部や人物を優れた眼力で見極めることのできる方である。 先日の植草氏のブログ「知られざる真実」でも 対小沢一郎氏激烈メディア攻撃黒幕「三宝会」 小沢一郎氏攻撃メディア談合組織「三宝会」② 小沢一郎攻撃メ... [続きを読む]

» 自公政権時代の官房機密費2.5億円が街宣右翼の暴力活動に使われている! [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 自公政権時代の官房機密費2.5億円が街宣右翼の暴力活動に使われている! 勝共安倍を支援する『在特会』『主権回復を目指す会』は『ナチス突撃隊』! 興味深いので転載します。 「官房機密費2.5億円が下品な似非右翼の暴力活動に使われているのか?」 実際に朝鮮右翼の連中が政治家集団から糾弾の対象になっているのです。大きな進歩であると思います。そして、「官房機密費2.5億円が下品な似非右翼の暴力活動に使われているのか?」という点に大い... [続きを読む]

« 低劣偏向政治番組双璧大田総理&TVタックル | トップページ | 悪徳ペンタゴンと同座標に立つ民主党反党分子 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ