« 初党首討論:鳩山首相が新3Kで逆襲を開始 | トップページ | 小沢一郎氏攻撃メディア談合組織「三宝会」② »

2010年2月19日 (金)

対小沢一郎氏激烈メディア攻撃黒幕「三宝会」

元民主党参議院議員で小沢一郎民主党幹事長の側近を務めてこられた平野貞夫氏は多数の著書を発表されているが、そのなかのひとつ、

『平成政治20年史』

平成政治20年史 (幻冬舎新書) Book 平成政治20年史 (幻冬舎新書)

著者:平野 貞夫
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

は、現在の政治を読み解くうえで必読の書である。

1988年、リクルート事件が表面化して「政治とカネ」問題が噴出し、「政治改革」が本格的に動き出した。

1992年12月18日、「改革フォーラム21」が発足した。その中心に位置したのが小沢一郎氏である。1993年に細川連立政権が樹立され、ついに1994年1月29日、選挙制度改革が実現した。小選挙区制度の導入が昨年8月30日の政権交代を実現させる原動力になった。

自民党は1994年、社会党とさきがけを取り込むことにより、政権の奪還に成功した。自社さ政権樹立に向けての根回しを実行したのは竹下登元首相である。

竹下登元首相は小沢一郎氏を最重要警戒人物に認定した。この認定の下、小沢氏を封じ込めるための秘密組織「三宝会」が作られたのである。

平野貞夫氏が『平成政治20年史』で「三宝会」について言及されたことを、Aobadai Life」様が2009年5月16日付記事

「後藤キャスターは秘密組織・三宝会の世話人だった。」

に記されている。

 「三宝会」は竹下元首相の指示で1996年につくられたもので、新聞、テレビ、週刊誌、政治家、官僚、評論家が集まり、自民党にとって最大の脅威だった小沢一郎氏をメディアの力で抹殺する作戦が行われたのである。

 この「三宝会」の最高顧問は竹下登氏であり、

世話人に、

高橋利行 読売新聞 世論調査部長

後藤謙次 共同通信 編集委員

芹川洋一 日本経済新聞 政治部次長

佐田正樹 朝日新聞 電子電波メディア局局長付 

湯浅正巳 選択出版

福本邦雄 (株)フジインターナショナルアート 社長

などが名前を連ねる。

人気ブログランキングへ

 法人会員には、

全国朝日放送(株)、(株)ホリプロが名を連ね、

 個人会員の企業別会員数は、

朝日新聞(5名)、毎日新聞(3)、読売新聞(3)、日経新聞(3)、共同通信(3)、

TBS(1)、日本テレビ(2)、フジテレビ(1)、テレビ朝日(2)、

講談社(2)、文芸春秋(3)、プレジデント(1)、選択(1)、朝日出版社(1)

等となっている。

 2006年4月に小沢一郎氏が民主党代表に就任した。本ブログで繰り返し指摘してきているように、悪徳ペンタゴンは小沢一郎氏を最重要危険人物と認定し、2006年4月以降、一貫して小沢氏に対する執拗な攻撃、失脚工作を重ねてきている。

 そのなかで、特筆すべきは、メディアが連携して小沢氏攻撃を拡大させてきたことと、検察権力が不正に政治利用されてきたことである。

 小沢氏に対するメディアの集中攻撃の原点が「三宝会」にあると見て間違いないだろう。

 上記名簿のなかに、読売新聞世論調査部長とニュースキャスターを務めている後藤謙次氏の名前があることに特段の留意が必要だろう。

 メディアは政治権力により支配され、コントロールされてきたのだ。政権交代は実現したが、旧権力である悪徳ペンタゴンは、権力の喪失に執拗に抵抗している。メディア、検察などの組織内に、旧権力の走狗が多数潜んでおり、旧権力の走狗として、反政権交代の工作活動をいまなお展開しているのだと考えられる。

 メディア・コントロールの実働部隊としての「三宝会」の詳細を明らかにすること、この「三宝会」と現時点での反鳩山政権活動を展開するマスメディアとの関わりを、じっくりと時間をかけて検証する必要がある。

 主権者国民は、まず、政治権力による情報操作、メディア・コントロールが現実に実行されてきた現実を知り、その現実を直視するところからスタートしなければならない。現実を直視することにより、世界の歪んだ実相が見えてくるのであり、主権者国民として取るべき対応が明らかになってゆくのだ。

 現在の政治状況を平成20年の歴史のなかに正確に位置付けるためにも、平野貞夫氏の著書『平成政治20年史』を改めて熟読する必要があると思われる。

(追補)本ブログ2月15日付記事2月16日付記事に、森喜朗氏の政治団体「経済政策懇談会」代表者石川俊夫氏について、「地獄への階段」様が石川氏が森ビル株式会社六本木ヒルズ運営本部タウンマネジメント室課長職にあることを調べられたことを「父さんの日記」様が紹介された旨の記述を掲載した。

 この点に関して、森ビル株式会社より同社の石川俊夫氏が「経済政策懇談会」代表者でなく、「経済政策懇談会」代表者とは別人であるとの連絡をいただいた。この連絡を受けて本ブログの該当部分を削除するとともに、事実と相違する記事の紹介によって関係者にご迷惑をお掛けしたことを謝罪申し上げます。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 初党首討論:鳩山首相が新3Kで逆襲を開始 | トップページ | 小沢一郎氏攻撃メディア談合組織「三宝会」② »

偏向報道(2)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/33437439

この記事へのトラックバック一覧です: 対小沢一郎氏激烈メディア攻撃黒幕「三宝会」:

» 三井さん祝い会5:三井氏語る!2:裏金検察とマスコミの実態批判等 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★わたしのほうから 元公安検察官の三井さんが検察の不正をすべて暴露されています。これが国家権力の実態なのです。 [続きを読む]

» やはり邦夫氏は母からの「献金」を知っていた!『週刊現代』の報道 [南華のブログ]
当ブログでは、前回の記事 「邦夫氏は知っていた?自民党没落の象徴「平成の迂回献金王」与謝野馨の国会質問」 のなかで、 邦夫氏のほうは、政治資金には使っていないようですし、自主的に贈与税の申告をしている上に、母親と話をしたことがある、というのですから、贈与契約はあったのかも知れません。 と書いたのですが、これを裏付けるような報道がありました。 『週刊現代』2月27日号に、鳩山邦夫氏のインタビュー記事が掲載されています。 私は母からのカネを個人のカネとして使い、自分の資金... [続きを読む]

» 今度は「みんなの党」も「渡辺善美 清和会」も、どの検索ワードも検索結果に不具合! [父さんの日記]
「父さんの日記」へのサイトアクセスはこのところ、1日あたり1,500前後でしたが、植草一秀氏のブログで取り上げていただいたお陰で、一気に最高3,691を記録しました(2月15日)。2月15~17日の3日間で9,197アクセス。これまでの2倍以上の数字です。(18日午後から何故かアクセス解析が不能となり集計は17日まで)植草氏に取り上げていただいた記事「みんなの党」はこのたび「みんなで偽装」党へと党名変更いたしました 渡辺喜美氏(談) には3日間5.095アクセス! 「みんなの党」「みんなの党 清和会... [続きを読む]

» その時は来たのか?巨大談合組織「記者クラブ」の摘発! [湘南の片田舎から]
かって建設業界の談合は大問題となり、入札などでの関連で多くの摘発があった。しかし、談合というなら、日本にはもっと巨大な談合組織があることに気付く。海外企業を参入させる [続きを読む]

» 5280 みんなの党 動かぬ証拠 (自民)別働隊/敵を欺く ためならば まず味方 小泉秘書の(飯島勲) 権謀術数/みんなの党 偽装CHANGE 警戒し [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 いつも引用させていただき有り難うございます。 ※7に基づき、事実と相違する部分を削除させていただきましたので、念のためご連絡させていただきます。... [続きを読む]

» 安倍晋三元首相の「日本版CIA」は今も暗躍している [杉並からの情報発信です]
菅直人財務大臣の元政策秘書で現在フリージャーナリストの松田光世氏が発信するTwitter情報はさすが元政治家秘書らしく政界・官界・メディアの裏情報満載で役に立ちます。 「小沢疑惑」をでっちあげて検察の強制捜査を仕掛けている司令塔が、安倍晋三元首相と小泉の秘書官だった飯島勲だという松田光世氏の指摘は当たっていると思われます。 安倍晋三元首相は岸信介元首相の孫ですので当然CIAエージェントであり、岸信 介元首相が関わった統一教会や山口組などの右翼・暴力団とつながっているのでしょう。 飯島勲元秘書は... [続きを読む]

» 鳩山政権が着々と進める霞が関改革 [ライジング・サン(甦る日本)]
政権交代したといえども、やらなければいけない事は山ほどある。  おそらく政治家=国民の代表の下に居るべく霞が関(官僚)が、政権交代と同時に協力すれば今以上に政権が行おうとしている事がスムーズに行われただろう。 しかしそれはただ単に願望でしかない事は誰もが解って... [続きを読む]

» 市民常識を知らないで、只々煽るしか知らないマスコミには、退場を願いましょう [雑感]
 「 検察が政局を左右するという異常な状況 」。このフレーズを昨年の春から、聞くことが多くなった。 昨年の3月3日の小沢氏の秘書である大久保氏を逮捕をしてから、テレビや新聞では「小沢は悪人」の報道が洪水のように流される反面、ネットでは「検察が政局を左右する」だけの力を持ってしまっている事を危惧する声が上がってきたのである。 確かに、犯罪性があるのなら捜査をしたらいいだけの話ではあるが、問題なのは、「マスコミ報道の信憑性と言うか危うさ」である。大手マスコミの中には「言論封殺だ」とほざく輩までいる。そん... [続きを読む]

» 特捜部は東京も大阪も(はっきり言って全国)市中たらい回しの上、打ち首獄門の刑に処す [ライジング・サン(甦る日本)]
みなさんもすでにご存じのように、原口総務大臣が各省庁の裏金調査について言明しています。 元大阪高検公安部長で、検察裏金口封じ逮捕された三井環氏が本日2月19日、東京神保町で講演をされているらしく、フリージャーナリストの岩上安身氏がツイッターで時おり情報を流して... [続きを読む]

» 5290 マスメディア 政治権力 支配され 悪徳ペンタ 走狗が潜み(抵抗工作 実働部隊)/三宝会 メディア関わり 検証要 [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 【自エンド】「谷垣語を解釈してほしい」と懇願するママチャリ谷垣に為政者の資格無し【政局は鳩山ペース】 [ステイメンの雑記帖 ]
 この17日に行われた鳩山政権発足後初となった党首討論であるが、これが開かれたのは国家基本政策委員会の衆参合同審査会という形で行われたものだ。  そして、今回は参議院側で行われたため、その 議題は 「国家の基本政策に関する調査」 であった 筈である!  然るに、 指導力・決断力が欠如した宦官ジミン総裁のママチャリ谷垣は、その持ち時間の7割を「政治とカネ」問題にただ浪費しただけ であり、今後の日本のあり方・方針に関する議論は全く為されなかったと言わざるを得ない!  さて、肝心の2010年度当初予算の審... [続きを読む]

» 民野検事を懲役に または日本の殺戮ゲーム 1 [木霊の宿る町]
nbsp;★「ラ・ターシュに魅せられて」のブログ主は永田町界隈に詳しい人のようです。新聞テレビだけでは分らない話がまいにち載っています。「木霊の宿る町」と同じです(笑)。http://latache1992.blog56.fc2.com/おのまが投稿しはじめた頃の「ラ」ブログのコメント欄にはせいぜい数人のコメントしかありませんでした。ブログ主は必ずコメントに対するコメントを書いていました。偉いものです。そのうちコメントが増えてきてこの頃は百ちかいコメントになったりしています。本文を書くより... [続きを読む]

» 市民には不正を追及する権利がある [billabong]
この間から小沢さんの秘書だった石川議員の勾留や、 今日書いた法政大学の学生さんのビラまきの不当 逮捕など、検察や警察ににらまれると 何十\人もの人を動員して逮捕し、何日も勾留するという 権力に... [続きを読む]

« 初党首討論:鳩山首相が新3Kで逆襲を開始 | トップページ | 小沢一郎氏攻撃メディア談合組織「三宝会」② »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ