« 粘り腰を示す鳩山政権が取り組むべき五大課題 | トップページ | 『金利・為替・株価特報』2010年2月12日号のご案内 »

2010年2月11日 (木)

民主党を監視・誘導する責務負う主権者国民

民主党の石川知裕衆議院議員が民主党を離党する方針を固めたことが報道されている。1.15事変は悪徳ペンタゴンが長期にわたって維持し続けてきた日本の政治利権を死守するために、国民主権政権確立に邁進する主導者である小沢一郎民主党幹事長を政治的に失脚させるために仕組んだ政治謀略であると考えられる。

石川議員は無実潔白を主張し、堂々と闘い抜くべきである。本来、民主党を離党する必要もない。

しかし、目的のためには手段を選ばねばならないこともある。この現実的な柔軟さが大事を成し遂げる際には必要になる。昨年の3.3事変では、小沢一郎民主党代表が筋を曲げて代表辞任を決断したが、その契機になった3.3事変が政治謀略そのものであったことが明らかにされる日が近付いている。

3.3事変で逮捕され、起訴・公判請求された大久保隆規氏は政治資金規正法の規定に則って「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」からの献金を、事実に即して「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」から献金を受けたとして収支報告書に記載して提出した。

東京痴犬地検は二つの団体が「ダミー団体」=「架空団体」だとして、二つの団体名を記載したことが「虚偽記載」にあたるとの理由で大久保氏を逮捕・勾留し、起訴した。しかし、本年1月13日の第2回公判で、検察側証人が二つの団体が架空団体ではなく、実体のある団体だと大久保氏に説明していたことを証言した。正当な裁判が行われるなら大久保氏の無罪は確定的である。

1.15事変(いちいちごじへん)もまったく同類の政治謀略にすぎない。罰せられなくてはならないのは石川知裕議員ではなく、チンピラやくざに成り下がっている東京痴犬地検である。

検察OBがテレビ番組で検察の行動を懸命に擁護し、一蓮托生のマスゴミが検察擁護の論陣を張るが、真実とかけ離れている。

しかし、残念ではあるが、これが日本の現状だ。自分の目でものを見て、自分の頭でものを考えるようになった覚醒した個人は、偏向マスメディアの偏向情報に対する抵抗力を備え始めた。1月24日の名護市長選での正義派の勝利は日本の主権者の成長を物語っている。

それでも、まだ多くの国民がマスゴミの情報操作に影響されてしまう。情報操作の一環として実施される世論調査では、鳩山政権支持率低下などの変化が観測されている。

日本政治刷新にとって最大の試金石が本年夏の参議院選挙になる。主権者国民政権を盤石にするためには、なんとしても現与党が参院選に勝利しなければならない。このことが当面の最大の目標になる。

手段はこの目標を実現することを優先して選択されなければならない。この視点に立つならば、石川氏が一時的に民主党籍を離れることも選択肢には入ってくるのだと思う。

昨年5月11日には小沢一郎民主党代表が代表職を辞した。賛否両論があったが、私は小沢氏の選択を政権交代実現という大義のために筋を曲げる決断であり、「逆風を順風に転じさせる柔軟な英断」であると評価した。事実、5月11日の小沢代表の決断を境に民主党に対する逆風は順風に転じていった。

この意味で、離党という決断が示されることは理解できる。しかし、石川議員が議員辞職する必要はまったくない。石川氏は選挙区の主権者からの負託を受けているのであり、石川氏自身が議員の身分に関わるような悪事を働いたとはまったく考えられないからだ。

また、小沢一郎民主党幹事長は幹事長としての職責を当然まっとうするべきである。そもそも、3.3事変も1.15事変も小沢氏の影響力を排除しようとする悪徳ペンタゴンの政治謀略であるとの本質を見落として問題を論じることが間違いなのだ。

一連の騒動が極めて悪質な政治謀略であるとの本質を踏まえるなら、主権者国民は主権者国民政権を守るためにも、小沢一郎氏を全面的に擁護しなければならない。

人気ブログランキングへ

現在の日本には三つの政治勢力が存在する。

第一は利権複合体勢力のなかの守旧派勢力である。政官業外電=悪徳ペンタゴン勢力のうち、より守旧的な勢力である「政官業癒着勢力」である。「官権政治派」と呼ぶこともできる。旧来の自民党および自民党に癒着する官僚組織と大資本がその代表である。

第二は利権複合体勢力のなかの新勢力である。政官業外電=悪徳ペンタゴン勢力のなかの新勢力である「政外電癒着勢力」だ。一見するとこの新勢力は「革新勢力」でもあるように見えてしまう。表向きは「脱官僚」や「脱霞が関」などの看板を掲げる。

「改革勢力」の看板を掲げた「売国勢力」である。自民党内小泉竹中一派=市場原理主義者や「みんなの党」がこの範疇に組み入れられるだろう。民主党内市場原理主義者もこの勢力に分類されることになる。「売国政治派」である。一昨年来、本ブログで私が「偽装CHANGE勢力」と名付けてきた勢力だ。

第三の勢力が「民権政治派」である。既存の利権複合体は日本の政治利権を独占し、私物化してきた。主権者国民は政権交代を通じて、主権を回復し、主権者国民の主権者国民による主権者国民のための政治を樹立しようと努力している。政官業外電=悪徳ペンタゴンとの闘いに勝利して、主権者国民による主権者国民のための政治を確立しようとしているのだ。

主権者国民が十分に警戒しなければならないことは、民主党内部にも「国民主権派」=「民権政治派」ではない、「市場原理主義者」=「売国政治派」が少なからず潜んでいることだ。この「売国政治派」は民主党が小沢-鳩山-菅のトロイカ体制で主導されることを阻止しようと、虎視眈眈と機会を狙っている。

民主党が「売国政治派」に乗っ取られるなら、主権者国民政治は根幹から崩壊する。これらの「売国政治派」は「みんなの党」と結託しやすい関係にある。対外関係では元の「対米隷属路線」に回帰する。従来の自民党以上に「対米隷属色」が強まることになる。

民主党内国会議員で小沢一郎氏を批判し、対米隷属を主張する者が、この「売国政治派」に属することになる。絶対にこれらの売国政治派に民主党の実権を握らせてはならない。前原誠司氏などがこの範疇に属すると見られる。

政権交代によって樹立した政権は民主党の政権ではない。主権者国民の政権なのだ。すべての決定権は主権者国民にある。民主党内転覆分子が利己的な理由で策謀を巡らせることに対しても、主権者国民は厳しい監視の目を光らせなくてはならない。官僚と大資本と癒着した官権政治を排し、対米隷属を基礎に据える売国政治を排し、主権者国民による主権者国民のための政治を確立しなければならない。

この意味で主権者国民は民主党が進路を誤らぬよう、監視と誘導を強化しなければならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 粘り腰を示す鳩山政権が取り組むべき五大課題 | トップページ | 『金利・為替・株価特報』2010年2月12日号のご案内 »

悪徳ペンタゴンとの最終決戦」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/33333982

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党を監視・誘導する責務負う主権者国民:

» 今の日本はナチスが登場した1930年代のドイツに似ている [杉並からの情報発信です]
今の日本は「上からのファシズム」(検察・警察・国税)と「下からのファシズム」(「在特会」などの排外主義偽装市民運動)とが大手マスコミを介して一体化してきている感じです。 これは1920−1930年代のワインマール憲法下のドイツと似た状況になっています。 当時のドイツは第一次世界大戦の敗戦国としてイギリスやフランスなどの戦勝国から莫大な賠償金の支払に苦しんでいました。ヒトラーのナチス党は「ドイツの不幸はユダヤ人が富を収奪しているからだ」と嘘とデマを流して「ユダヤ人排斥」の直接行動を起し「下からのフ... [続きを読む]

» 解散党の政党交付金 国庫への返還なし [ひげログ人]
本日の地方紙の一面を飾ったのは、解散政党の政党交付金の国庫への返還がないことが分 [続きを読む]

» 石川議員辞職勧告提出に見る器の小ささ [棒に怒る日本人]
石川議員に対して、自民党など野党が議員辞職勧告決議案を提出しており、石川議員自身 [続きを読む]

» 建国記念日って、どうして2月11日なの? [南華のブログ]
八世紀の初めに編纂された『日本書紀』によれば、最初の天皇である、神武天皇の即位日は「辛酉年春正月、庚辰朔」であり、日付は正月朔日、すなわち1月1日、ということになっています。 これがどうして、2月11日の紀元節=建国記念日ということになったのでしょう。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によりますと、 1872年(明治5年)11月15日、明治政府は神武天皇の即位をもって「紀元」と定め(明治5年太政官布告第342号)、同日には「第一月廿九日」(1月29日)を神武天皇即... [続きを読む]

» 【民主党】石川知裕議員が東狂痴犬特騒部など反動勢力と戦い続ける限り断固支持する!【離党】 [ステイメンの雑記帖 ]
 トヨタやホンダなど日本を代表する自動車メーカーが相次いで大量リコールを発表するなど、日本経済を取り巻く環境は一向に明るさを見せない。  故に、少しでも疲弊しきった国民生活を暖める為にも、一刻も早い10年度予算の成立が望まれている。  だがしかし、 官僚主導の利権談合政治を復活させ、喪った利権の甘い汁に群がりたい宦官ジミンなどの反動勢力 どもは、一味である東狂痴犬特騒部がでっち上げた「陸山会」問題を梃子に、衆院予算委での集中審議開催を条件づけてきた。  そんな中、12日の集中審議を前に、5日に保釈さ... [続きを読む]

» 「石川離党」は民主党が期待にこたえる能力なしの証明~鳩山由紀夫氏へのメッセージ [どなんとぅ ぬ だぁ ]
先ほど『どなんとぅ 命つなぎの時間 BBS』に投稿した記事です。大げさでなく今後 [続きを読む]

» 【人権侵害】取調べの全面録音・録画及び弁護人の立ち合いの実現は喫緊の課題だ【冤罪】 [ステイメンの雑記帖 ]
 ・足利事件  ・志布志事件  ・枚方談合事件  上記に挙げた事件は、いずれも冤罪が確定もしくは確実な事件ばかりである。そしてこれらに共通して言えることは、 捜査段階で不当な自白強要、人権や尊厳を全く無視した「踏み字」拷問などが行われたという事実 である!  江戸時代ならいざしらず、基本的人権の尊重が掲げられた日本国憲法下の日本において、このような自白偏重の前時代的捜査が横行しているとは信じがたいが紛れもない事実である。  そして、アメリカが地位協定改定を拒否する理由の一つとしてこうした「弁護士の同... [続きを読む]

» トヨタや小沢氏への攻撃は米国石油財閥(デヴィッド・ロックフェラー)と手下の謀略である [ライジング・サン(甦る日本)]
石川議員が離党した。 離党するほどの事ではなかったのだが、民主党が率いる政権与党が進める政策を進めるにあたっては、離党をすることによって国民へ間違った刺激を与えないで済むからだろう。 まだ辞職はしていないので、民主党という枠を外れた事によって今後は裁判に全身全... [続きを読む]

» CIA配下の人物暴露や週刊朝日の検察への出頭問題 検索結果に不具合? [父さんの日記]
ここ数日、どうも腑に落ちないことがある。 最初に、「神州の泉」さんの最新エントリー「副島隆彦氏が暴露した、小沢氏攻撃を仕掛ける米国人、及びその手下である日本人売国奴たち」 (2月4日)が、ニフティのココログ「記事ごとアクセスランキング」(経済・政治・国際カテゴリー) で全くランキング外なのである。100位までにも入っていない。「神州の泉」さんの記事は最新記事がアップされる度に「経済・政治・国際カテゴリー」でランキングトップを維持されていた。しかし、今回の記事に関しては全くのランキング外である。過去記... [続きを読む]

» 過去の記事を読んでみる。 大嘘を書いていた産経 [雑感]
     今朝、朝日新聞から ロッキード事件「中曽根氏がもみ消し要請」 米に公文書 とのタイトルの記事が流れてきた。 先日の朝生で、元産経の記者の山際澄夫が事もあろうに田原総一朗の前で、ロッキード事件を口にしてきつく窘められ、又周りからも失笑をかったのをご存知の方も多いと思う。 新聞・テレビ及び雑誌で発言をしている検察OBやジャーナリストを名乗っている方の中には、「 背筋が寒くなった 」御仁もおると思う。 当時検事総長だった布施健氏や主任検事であった吉永祐介氏は亡くなり、田中角栄元首相が逮捕されるに... [続きを読む]

» 5231 阿修羅など お勧めブログ 記事川柳 (02/12)/梅の花 ついたてのごと もぐれ咲き/紅梅や 花火のように パッと咲き [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 小沢一郎先生と植草一秀先生と吉田松陰 [mubouのブログ]
2010年2月13日(土曜日)小沢一郎先生と植草一秀先生と吉田松陰と若者たち 小沢一郎先生が立て替え払されて購入された土地には秘書の寮が立っているそうである。若い人たちの住まいについてはこの国の先輩たちは一顧でもしたことがあるだろうか?永田町の代議士の先生の秘書たちが日夜を分かたず24時間体制で仕事をするためには秘書たちの衣食住についても考慮しなくてはいけない。とくに都心の一等地で自前でアパートを借りるとなると、金持ちしか秘書になれないだろう。今回、不当に起訴されたe:石川知裕衆議院議員は早稲田大学... [続きを読む]

« 粘り腰を示す鳩山政権が取り組むべき五大課題 | トップページ | 『金利・為替・株価特報』2010年2月12日号のご案内 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ