« 日本経済新聞も鳩山総理答弁を改ざん報道 | トップページ | 貴方は二人の代議士の一人だけを悪と言えますか »

2010年1月28日 (木)

検察官が「勝手に」作成する聴取調書作成実態

小沢一郎民主党幹事長の政治資金管理団体の収支報告書に誤りがあった問題でメディアが過剰報道しているが、その裏側に検察庁職員による違法な情報漏えい問題が存在していると見られる。

土石流のような過剰報道は、小沢一郎民主党代表を一方的に攻撃するものばかりだが、問題を客観的に捉え、冷静に見つめることが求められている。

検察とメディアの行動に五つの大きな問題がある。

①無罪推定原則の無視

②法の下の平等の無視

③罪刑法定主義の欠落

④基本的人権尊重の無視

⑤検察の犯罪の放置

である。

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年に不動産を取得したころに、中堅ゼネコンから裏献金があったのではないかとの報道が多くなされている。情報の多くが違法な情報漏えいによってもたらされたものであると見られる。

 しかし、基本的人権を尊重しなければならない観点からは、単なる憶測に基づく報道には十分に慎重な姿勢が求められる。しかし、メディアにこの意識は極めて希薄である。

 事件報道に際しても、被疑者の権利が守られる必要があり、被疑者側の主張も適正なバランスで報道する必要があるが、大半のメディアは検察側の一方的な主張を垂れ流すだけである。

 しかも、検察庁職員による違法な情報漏えいは、事実をねじ曲げている場合がほとんどであり、犯罪の厳正な摘発が不可欠である。

 小沢一郎氏が事情聴取に際し、「秘書が勝手にやったこと」との調書の表現を「もう少し柔らかい表現にできないか」と訂正を求めたなどと伝えられているが、これも国家公務員法違反の犯罪行為なくしてはメディアが知り得ない内容である。

 事情聴取等における調書作成においては、検察官が一方的に文書を作成する。そのあとで検察官が文章を読み上げ、事情を話す側が「この点が違う」と述べると、「調書に修正を求めた」こととして記載されるのである。

 実体験がない人には分かりにくいので、もう少し詳しく説明する。まず、検察官が「勝手に」供述調書を作成するのだ。事情を聞かれている者が話していないことを勝手に検察官が文章にして書き込むことは日常茶飯事である。

人気ブログランキングへ

 作成された文章を検察官が読み上げた際に、事情を聞かれた者が、この部分が違うと述べるのは当然である。そもそもそのような発言など存在しないからだ。

ところが、事情を聞かれている者が、「この部分がこう違う」と発言すると、検察官は本文を修正せずに、一度できあがった調書について、事情を聞かれた者が、「このように修正を求めた」と記載するのである。一度は供述したが、あとから修正を求めたかのような印象を与える文書になるが、実際には本人が発言していないことが調書に記載されたので、本人が修正を求めたものなのである。このような詳細な事実が極めて重要である。

 

この事実を知らされずに報道に接するのと、事実を知って報道に接するのでは天地の開きが生じる。この点が情報操作の恐ろしさでもある。

 

つまり、小沢一郎幹事長の場合も、小沢氏が「秘書が勝手にやっとこと」などと発言した事実は存在しないはずである。検察官が「勝手に」、「秘書が勝手にやったこと」との文章を作成し、その後にその文章を読み上げた際に、小沢氏が「その表現は事実と異なる。収支報告書作成の詳細については秘書に任せていたことだ」と発言すると、当初の調書に対して小沢氏が修正を求めたこととされてしまうのである。

こうした経緯を明らかにするためにも、取り調べ、あるいは、事情聴取過程の「全面可視化」が不可欠である。すべてを録画、録音することによって事実が正確に記録されることになる。

警察庁が取り調べ可視化検討の勉強会を発足させるとの報道があるが、取り調べは「全面」可視化でなければ意味がない

メディアは検察と結託して、小沢氏や小沢氏の周辺の人物が真っ黒であるとのイメージを植え付ける情報操作を展開しているが、詳細に問題を見ると、法的裏付けに基づいて問われているのは、重箱の隅をつつくような微小な記載ミスの類いのものでしかない。

こうした微小な記載ミスなどについては、これまで、収支報告書の修正などで済まされてきたことである。それが、小沢氏の場合だけ犯罪にされたり、秘書や国会議員が逮捕、勾留されたりすることがおかしいのである。

政・官・業・外・電の悪徳ペンタゴンは、日本政治の利権を喪失することに死に物狂いで抵抗しているのである。東京地検特捜部が米国の意思を反映して行動していることは間違いないと思われる。

鳩山政権はこの死闘を勝ち抜き、東京地検特捜部、検察勢力を、根本から刷新しなければならない。そのための重要な一歩が、「取り調べ完全可視化」の実現と、検事総長の国会同意人事への移行である。

日本を暗黒の秘密警察国家から真の民主主義国家に転換させるためには、この死闘に勝ち抜くことがどうしても必要だ。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 日本経済新聞も鳩山総理答弁を改ざん報道 | トップページ | 貴方は二人の代議士の一人だけを悪と言えますか »

小沢代表秘書不当逮捕(4)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026314/33155442

この記事へのトラックバック一覧です: 検察官が「勝手に」作成する聴取調書作成実態:

» 取り調べの全面可視化の一日も早い実現を! [ 春 夏 秋 冬]
民主、可視化議連が設立総会 今国会の成立呼び掛け  民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(会長・川内博史衆院国土交通委員長)は28日、国会内で設立総会を開いた。  川内氏は、出席した約40人の議員を前に「冤罪被害が2度と起こることがないよう可視化を実現し、司法を民主化したい」と表明、政府提出法案として今国会成立を目指す意向を示した。  足利事件で無罪が確実となり再審中の菅家利和さんは「検事は謝らず、許すことができない。全面可視化がなく苦しんできた人は多い」と実現を訴えた。  民主... [続きを読む]

» 自民党・町村信孝とみんなの党・江田憲司 [雑感]
  何やら、読売の飛ばし記事がネット上で火がついている。25日の昼過ぎに流れた記事であり自分も26日にブログに書いた。 http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1432064/ 正直に言って、異常な状態にマスコミが陥っているのであろう。先日の参議院の予算委員会で自民党・西田昌司らが小沢氏の土地について質問をしていた。その中で、「政治資金で不動産の購入をしている議員はいるのか」というものがあった。 総務省からお役人がシャシャリ出て「 小沢議員だけであります 」と... [続きを読む]

» 【反動勢力】政治資金流用疑惑が浮上した町村信孝は説明責任を果たせ!【自宅購入】 [ステイメンの雑記帖 ]
 今国会における第一関門と言える09年度第2次補正予算案であるが、28日の参院本会議において与党3党とナンミョー煎餅の賛成により可決、成立した。  これで日本経済が二番底に落ち込む危険性が多少和らいだと言えるが、 10年度当初予算の早期成立が望まれる事に違いはない。  そんな折り、小沢民主党幹事長の失脚を企む東狂痴犬特騒部が 小沢氏に対する再度の事情聴取を行わない方針であるとの情報 が流れてきた。  その情報によると、「政治的影響を考えてのこと」とのことであるようだが、恐らくは「被疑者調書」を確保し... [続きを読む]

» なんでためらう鳩山由紀夫 (知事抹殺・14) [木霊の宿る町]
●検察、警察により被疑者の身柄を長期にわたって拘留し、密室において身心を衰弱させ、自白調書に署名させ、それを以って最大の証拠とし、有罪判決を導く、というパターンが繰り返されてきた、検察と大手メディアが二人三脚で事件をでっち上げてきた、これはいけないという日本人が日を追って増えていることが、海をへだてたカナダにいてもよく分ります。日本が変われるかどうかの大きな曲がり角にきているのかもしれません。あるいは、ほんとに変わるまであと十年待たないといけないのかもしれません。●長期に亘る拘留=実質拷問密室での取... [続きを読む]

» なんでためらう鳩山由紀夫 (知事抹殺・14) [木霊の宿る町]
●検察、警察が被疑者の身柄を長期にわたって拘留し、密室において身心を衰弱させ、自白調書に署名させ、それを以って最大の証拠とし、有罪判決を導く、というパターンが繰り返されてきた、検察と大手メディアが二人三脚で事件をでっち上げてきた、これはいけないという日本人が日を追って増えていることが、海をへだてたカナダにいてもよく分ります。日本が変われるかどうかの大きな曲がり角にきているのかもしれません。あるいは、ほんとに変わるまであと十年待たないといけないのかもしれません。●長期に亘る拘留=実質拷問密室での取り調... [続きを読む]

» 東京地検特捜部暴走の真の指揮官は大鶴前特捜部長現最高検検事 [杉並からの情報発信です]
■ 東京地検特捜部暴走の真の指揮官は大鶴前特捜部長現最高検検事 東京地検特捜部は小沢民主党幹事長の「土地購入資金疑惑」をでっち上げて大手マスコミに捜査情報をリークして「小沢一郎=金権政治=悪」のイメージを国民に刷り込む世論誘導を盛んに行っています。 ここに来てさすが鈍感な国民も「検察はやりすぎ」「マスコミ報道は一方的」と検察と大手マスコミの胡散臭さに気がつき始めまています。 大本営発表を垂れ流す数多くの大手マスコミの中で、「日刊ゲンダイ」と「週刊朝日」は一連の検察の暴走を真正面から批判して日本... [続きを読む]

» [特高検察に全国5000人審査請求の強烈パンチを喰らわそうや!今が行動する時だ! 戸田さんの提起から [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
 ★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください (阿修羅に1/24に投稿したものを少し手直し) http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/535.html  戸田の属する「電脳キツネ目組」の親分であり作家の宮崎学氏と言えば、斜に構えた皮 肉っぽいしゃべり方をする事が多いが、今般の「特高検察によるクーデター」に対しては マジに危機感を持って様々な対処を編み出している。  1/18シンポもそうだし、民主党議員にかなり踏み込んだオルグや戦術指導も水面下で行... [続きを読む]

« 日本経済新聞も鳩山総理答弁を改ざん報道 | トップページ | 貴方は二人の代議士の一人だけを悪と言えますか »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ