« 新年明けましておめでとうございます | トップページ | 外資による国民資産収奪を阻んだ鳩山郵政改革 »

2010年1月 2日 (土)

「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」がキーワード

2010年の最大の焦点は7月に予定される参議院選挙である。鳩山政権与党が参議院過半数を維持すれば政局は安定化する。衆議院の任期満了は2013年8月であり、現在の民主党を軸とする与党は丸3年の時間を確保することができる。

鳩山政権が発足して3ヶ月半の時間が経過した。政権が発足して直ちに予算編成に着手しなければならなかったが、すでに前政権が概算要求を終えていたために、十分な支出内容の見直しは出来なかった。

また、2009年度の税収が予算見積もりを9兆円以上下回ることが明らかになり、予算編成の大前提が大きく変化してしまった。

また、沖縄の普天間基地移設問題では、鳩山首相は総選挙に際して沖縄県民の意向を尊重して辺野古での海上滑走路建設を回避する着地点を見出す方針を示し、政権発足後もその方向での調整を続けている。

多くの制約条件が存在するなかでの鳩山政権の政策運営に大きな問題はない。また、中国の習近平副主席来日に際し、通常のケースよりは短時日の日程で天皇との会見を設定したことについて宮内庁職員が批判したが、行政府の一職員が独断で外部に意見表明することの不当性が問われなければならなかった。

政府が政治判断で天皇との会見を要請することに問題はない。天皇の国事行為も公的行為も内閣が責任をもって判断することに変わりはない。

マスメディアは鳩山首相の献金問題を大きく報道しているが、問題は総選挙前に明らかにされていた。主権者である国民は問題の概要を知った上で政権交代を選択した。首相の退陣を求める問題ではない。

こうして見ると、政権発足以降の鳩山政権の実績に大きな問題点は存在しない。子ども手当や農家の個別所得補償などの予算措置が2010年度予算で実施される。政府支出の無駄排除も事業仕分け実施などにより、新しい端緒が開かれた。

記録的に高い支持率で発足した鳩山政権の支持率はもっと高水準で推移しておかしくないはずだ。

その支持率が大幅に低下した最大の理由は、マスメディアによる執拗な政権攻撃にある。自民党政権が14年間も実現できなかった普天間基地移設問題が瞬時に解決するはずもないのである。

新政権に対する期待が強いだけに、すべての要請を満たすことは容易ではない。官僚主導政治も明治維新以来140年の歴史を背景としており、太政官政治と捉えれば平安時代以来の歴史をひきずった存在なのである。

第二次大戦終結に伴い、日本はGHQに占領された。以来、日本政治は米国政府の強い影響下に置かれてきた。米国の軍隊がいまも日本に駐留を続けているのであり、歴代自民党政権は米国政府に隷属する外交を維持してきたのだ。

人気ブログランキングへ

政権交代によって、「官僚主権構造」、「政治権力と大資本の癒着」、「対米隷属外交」を排除することが求められている。「官僚主権構造の排除」を象徴するのが「天下りの根絶」である。「政治権力と大資本の癒着排除」を実現させる最重要の方策が「企業献金の全面禁止」である。

「対米隷属外交から脱却」するには、米国に対して政権が言うべきことを言う行動を貫かねばならない。

政権発足後の鳩山政権の行動は、これらの要請をすべて満たすものではない。独立行政法人等の天下り人事を白紙に戻したものの、公募の対象から官僚OBを排除しなかった。実質的に天下りを温存してしまう可能性も残されている。

「企業献金の全面禁止」を具体的に法制化する立法措置が次期通常国会に提出される見通しはまだ示されていない。民主党のマニフェストには5年以内の実現を謳っているが、具体的なタイムスケジュールを示す必要がある。

官僚主権構造、政治権力と大資本の癒着、米国隷属外交が維持されるなら、政権交代が実現した意義は大きく損なわれることになる。日本政治刷新とは程遠い現実が国民の前に広がることになる。

「天下り根絶」、「企業献金全面禁止」の政権公約を実行することこそ、政権交代の大業成就の名にふさわしい行動である。

これまでの利権まみれの政治復活を渇望する悪徳ペンタゴンは、マスメディアを全面活用して鳩山政権攻撃を繰り返している。主権者である国民はマスメディアの情報操作の現実を洞察するとともに、鳩山政権に対して政権公約の確実な実行を強く求めなければならない。

鳩山政権が政権公約を確実に実行してゆくなら、マスメディアの情報操作に国民が誘導されることを阻止することも可能になる。国民は現在の政権与党に参議院過半数の議席を付与し、日本政治刷新のための環境を整えることを優先しなければならない。

本年夏の参院選で衆参ねじれ現象が再現されれば、日本政治刷新の道は遠い彼方に霧消してしまうことになる。

鳩山政権の実績に不満があるにせよ、日本政治の時計の針を元に戻すことは許されない。自民党政治の利権まみれの状況に日本政治を引き戻してはならないのである。

日本政治刷新を求める国民は悪徳ペンタゴンの一角を占めるマスメディアによる情報操作と全面対決しなければならない。マスメディアが伝える情報が歪んでいるとの現実を正確に認識しなければならない。

本年夏の参院選を乗り切れば、新しい景観が広がることになるだろう。日本政治刷新の動きは確かなものになる。逆に言えば、マスメディアは本年夏の参院選に向けて徹底的な鳩山政権攻撃を展開することになる。

すべては「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」の一部なのだ。「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」が2010年前半のキーワードになる。すべての政治報道を「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」の視点から認識する必要がある。あらゆる報道をこの視点から見つめ直すことで、メディアが取り上げる問題の意味が初めて見えてくる。

豊臣時代から徳川時代への転換、江戸幕府から明治政府への転換など、政治権力の移行には一定の時間が必要だった「悪徳。2010年の最終決戦に勝利して初めて新しい時代が開かれることを認識しておかねばならない。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 新年明けましておめでとうございます | トップページ | 外資による国民資産収奪を阻んだ鳩山郵政改革 »

悪徳ペンタゴン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」がキーワード:

» 当番弁護に行ってきます〜ところで、外国人の取り調べで米兵が優遇されてたこと、知っていますか? [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 当番弁護にまもなく向かいます。多くの方がご存じだと思いますが、逮捕された後、起訴されるまでの間に、弁護士に1回無料で相談できる制度です。費用は無料、というか、弁護士会が負担する。もらう側が出しているわけだから、完全なボランティアだね。こういう社会貢献をしているってことをよく理解してもらわないと、ね。  東京では、当番弁護のために、控えていても、ゼロ、もしくは1件程度の配点しかないが、地方では5件とか6件とか回ってくるらしい。そうなると、もう一日が当番弁護でつぶれてしまうっていう感じだろう。  ... [続きを読む]

» 4872 阿修羅など お勧めブログ 記事川柳 (01/03)/福袋 川柳なれと 阿修羅詠み/川柳記事 開けてビックリ 福袋/閃けば ときどき即興 川柳詠み [アルデバランの 夢の星]
新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 7月参議院選は「民衆革命」が看板だけに終わるか実質を持つかのメルクマール~偽装勢力に最大限の警戒を! [どなんとぅ ぬ だぁ]
偽装勢力=表舞台でよしみG+有象無象、裏(?)舞台でTheJounalです。 何 [続きを読む]

» 何故、高野孟~TheJounalを警戒する必要があるか [どなんとぅ ぬ だぁ]
まずこの記事を。【青の会】風が吹かなかった民主党の仕掛人政界フィクサー稼業・高野 [続きを読む]

» 「官僚の起こす事件」と「ねつ造マスゴミ」の背後には、何かあるよね。 [ふじふじのフィルター]
明けましておめでとうございます!o(*^▽^*)o 昨年最後のエントリに、コメン [続きを読む]

» 新年明けましておめでとうございます。 [高橋敏男のブログ]
早速ですが、辺野古浜通信に【緊急アピール】への賛同のお願いが出ている。 (参照:http://henoko.ti-da.net/e2686900.html) [続きを読む]

» (1)(前半)「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」がキーワード   [mubouのブログ]
2010年1月3日(日曜日)必勝!2010年参議院議員選挙!「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」がキーワード 愛、そして生きる 主権者は私たちです http://www2.realint.com/cgi-bin/tbbs.cgi?jouhou 僕たちは知りたい真実の情報を 私たちは信じている情報の力を 2009・8・30勝利記念、歌僕たちは知りたい真実の情報を 私たちは信じている情報の力を 2009・8・30勝利記念、歌 ↓羅針盤が必要なら ⇒ クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明 SOBA... [続きを読む]

» 国民全体が欲したポピュリズム=民主党+連立政権 [ライジング・サン(甦る日本~世界へ)日はまた昇る]
ポピュリストとは「人気のある人の事」ではない。 ポピュリズムは「大衆迎合主義」ではない。 (副島隆彦「日本の危機の本質」283ページより)  ポピュリズムとは、歴史上時々、突如アメリカの民衆の中に嵐のように湧き起こる、ワシントン連邦政府やニューヨークの財... [続きを読む]

» 迎春 一月三日の『交通警察二十四時』放映の次の日、警察官が小学生を跳ねる不祥事が起きました。 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 迎春 あけましておめでとうこざいます。 無事に新年を多宝富士大日蓮華山大石寺で迎えることができました。 ところで、一月三日に全国放映された、『交通警察二十四時』の番組の次の日の全国ニュースで、茨城県警の警察官が小学生児童を跳ねて重体にさせた事件が起きたのをテレビをごらんの方はすでにご存知かと存じますが、昨年末に予言していたように、また私への嫌がらせと警察の不祥事が重なる形になってしまいました。 しかも、交通警察の華々しい自画自賛番... [続きを読む]

» 風がなま暖かい!春よ来い! 売り切れ続出との噂「週刊朝日」目次 [mubouのブログ]
2010年1月28日(木曜日)「週刊朝日」2月5日増大号が売り切れ続出との噂である。 国民が注目しているのは、 週刊朝日がゼネコン一斉聴取本誌にリークされた“検察情報” という項目にもあるようである。 勤め帰りのおじさんが嬉しそうに、週刊朝日を買っていくのが目に浮かぶのである。 毎日、毎日繰り返される、東京地検の(公務員守秘義務違反)の(真実ならざる、こうあってくれたら筋書き通りというような、情報が)テレビ新聞で垂れ流されている。さらに国医たる国会議員をあのように簡単に逮捕しる(東京地検)の思い上が... [続きを読む]

« 新年明けましておめでとうございます | トップページ | 外資による国民資産収奪を阻んだ鳩山郵政改革 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ