« 国家公務員の重大犯罪を容認する日本経済新聞 | トップページ | 郷原信郎氏の指摘にしどろもどろの町村信孝氏 »

2010年1月24日 (日)

小沢一郎民主党幹事長が事実関係を明快に説明

民主党小沢一郎幹事長が東京痴犬地検の事情聴取に応じた。悪徳ペンタゴンが1月24日の沖縄県名護市長選、7月の参院選に向けて「目的のためには手段を選ばぬ」工作活動を展開し続けている。

昨年3月3日には、小沢氏の公設第一秘書である大久保隆規氏が二つの政治団体からの献金を二つの政治団体から献金を受けたとして収支報告書に記載したところ、二つの政治団体は架空団体であるとして逮捕され、起訴までされた。

大久保氏は事実に則して収支報告書に記載したとして無実を主張して現在公判が開かれている。1月13日に開かれた第2回公判では、西松建設元総務部長が、二つの政治団体に実体があったことを証言した。公正な裁判が行われるなら、大久保氏の無罪は確実である。

総選挙直前に野党第一党党首の公設第一秘書を逮捕したことが、完全な事実誤認であったのなら、東京痴犬地検の責任は計り知れない。

昨年の三・三事変(さんさんじへん)に続いて本年の一・一五事変(いちいちごじへん)が起きた。現職衆議院議員を含む三名が逮捕され、引き続いて小沢氏に対する事情聴取が行われたが、昨年の事例とその後の経緯を十分に踏まえて判断することが必要である。

野党自民党も御用マスメディア=マスゴミも、事実関係が明確でなく、法的な手続きも不確定な段階から、犯罪視、犯人視した発言、報道を繰り返している。これらのことが重大な人権侵害、名誉棄損問題を生み出す可能性を冷静に考慮するべきである。

これらの検察やメディアの暴走は、主権者である国民、主権者が樹立した鳩山政権に対する歪んだ挑戦である。これらの悪徳を放置するわけにはゆかない。主権者国民は結束して悪徳ペンタゴンと闘い必ず勝利しなけならない。

以下に小沢一郎民主党幹事長が記者会見後に配布した文書および、記者会見での発言要旨についての共同通信電を掲載する。

人気ブログランキングへ

Ⅰ.小沢一郎民主党幹事長配布文書全文

本日は、午後2時ごろから午後6時30分ごろまで東京地検特捜部の要請を受けて事情説明をいたしました。

今までは、検察官への説明前の段階だったので、発言を差し控えておりましたが、この機会に、報道されております陸山会の不動産購入と資金の流れ等についてご説明いたします。

【陸山会に4億円を貸し付けた経緯】

秘書の数も増え、妻帯者も増えたので、事務所兼用の住居を提供したいと思っていたところ、秘書が本件土地を見つけてきて、これはいいのではないかということになりました。秘書に不動産業者にあたらせたところ、土地売買代金額が3億4千万円余りと決まりました。

購入することになりましたが、陸山会の経理を担当していた秘書から各政治団体の資金をかき集めればなんとかなるが、各団体の活動費がほとんどなくなってしまうので、何とか資金調達できないかと言ってきました。私は自分個人の資産の4億円を一時的に貸し付けることにしたのです。

【2004年10月に貸し付けた4億円の原資】

 (1)1985年に湯島(東京都文京区)の自宅を売却して、深沢(世田谷区)の自宅の土地を購入し建物を建てた際、税引き後残った約2億円を積み立てておいた銀行口座から89年11月に引き出した2億円(2)97年12月に銀行の家族名義の口座から引き出した3億円(3)02年4月に銀行の家族名義の口座から引き出した6千万円を、東京都港区元赤坂の事務所の金庫にて保管していました。04年10月には、同金庫に4億数千万円残っており、うち4億円を陸山会に貸し付けました。

4億円の一部は建設会社からの裏献金であるやの報道がなされておりますが、事実無根です。不正な裏金など一切もらっておりませんし、事務所の者ももらっていないと確信しています。

【4億円の銀行口座への入金や売買代金支払いへの関与】

 すべて担当秘書が行っており、全く関与していないので、具体的な処理については分かりません。

【所有権移転日を05年にした理由】

何の相談も受けていません。購入資金は自分で出しており隠し立てする必要はないし、所有権移転日を翌年にすることに政治的にも何のメリットもないので、なぜ翌年にしたのか分かりません。

【売買代金支払い後に定期預金を組んで預金担保に借り入れをした理由】

具体的な事務処理については、関与していないので分かりません。

【融資を受ける際に個人が借り入れ、陸山会に貸し付けた理由】

関与していないので分かりません。ただし、以前に陸山会が不動産を購入した際にも金融機関から個人での借入を要請されたこともあったので、担当秘書から銀行の書類に署名するように頼まれ、そういう理由からと思って署名したことはあります。

【収支報告書の記載】

本件不動産に関する収支報告書の記載については全く把握していませんでした。また、収支報告書の記載内容について、相談されたり、報告を受けたこともありません。

【収支報告書の内容の確認】

常々、担当秘書には、政治団体の収支についてはきちんと管理し、報告するように言っていましたが、実際に私自身が帳簿や収支報告書を見たことはありません。担当秘書を信頼し、実務については一切任せておりました。

担当秘書から、各政治団体ごとの収入支出と残高などの概要について報告を受けることはありましたが、収支報告書の内容を一つ一つ確認したことはありません。

Ⅱ.小沢一郎民主党幹事長記者会見要旨

【冒頭発言】

(東京都世田谷区の土地購入の)原資は、後援会の当時あった資金をすべて充ててしまうと、後援会の運営資金、活動資金がなくなってしまうという状況で、わたしの個人的な資金を提供する、貸し付けをすることになった。何も隠し立てすることではないので、事実をそのまま包み隠さずにお話しした。

収支報告書については、2004年の売買が05年の売買のように報告されている問題のお尋ねだった。秘書の事務所を兼用した居住不動産を買うと決めて原資を貸し付けたことが事実のすべてで、あとの具体的な事務は担当の者が行い、わたしが実務的な点についてまで立ち入って関与したことはない。日付を翌年にしても、政治家としてなんら困ることもメリットもないわけで、わたし自身は全く分からないとお答えした。

【質疑応答】

記者 進退についてどう考えているか。特捜部の聴取要請に、今になって応じた理由は何か。

小沢氏 自分自身としては、与えられた職責を全うしていきたい。捜査にはいつでも協力すると伝えてきた。問題点が整理されてからの方が良いだろうということもあって今日になったが、捜査には今までも、今後も協力してまいりたい。

記者 4億円について説明の経緯が変わっているのではないか。

小沢氏 説明をそんなに変えたつもりはない。個別のことは今まで皆さんに申し上げていなかったが、今日は個人資金、その中身について申し上げた。国民の皆さんをお騒がせし、大変恐縮して、申し訳なく思っている。

記者 国民に説明しきれたと思うか。

小沢氏 今日は、地検の捜査担当の方にすべてを申し上げた。今後さらに国民の皆さんに必要に応じて説明すべきことは説明したい。

記者 水谷建設の金が流れているという話がある。事情聴取で、特捜部から聞かれたか。

小沢氏 それがメーンではなかったが、話があった。そのような不正な金は、水谷建設はもちろんだが、他の会社からも一切受け取っていない。秘書や秘書だった者も受け取っていないと確信している、と申し上げた。

記者 石川知裕衆院議員らの自供内容について話はあったか。検察の捜査の在り方、報道の在り方への見解は。

小沢氏 (逮捕された)3人の供述内容の話は一切なかった。ぜひできるだけ公正に冷静に報道していただきたい。検察は行政ではあるが準司法的な立場も有しているので、ぜひ公平公正な捜査を行っていただきたい。

記者 収支報告書作成に一切かかわってないなら、なぜ単純ミスと評価できたのか。

小沢氏 単純なミスや記載ミスはあったかと思うが、不正な金を受け取ってうんぬんということは一切ないと信じていると申し上げた。

記者 黙秘権の説明はあったか。調書にサインはしたのか。

小沢氏 被告発人として説明をうかがうという話で、その時に黙秘する権利もあるという話もうかがった。しかし一切黙秘権は行使していないし、すべて答えている。調書は2通署名した。

記者 検察と断固戦う決意と発言したが、決意に変わりはないか。

小沢氏 不正なお金であれ行為であれ、もらってもいないし、してもいない、この主張は断然貫いていく。ただ公平公正に捜査をしていただく以上、それに対する協力は今後もしていきたい。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

売国者たちの末路 Book 売国者たちの末路

著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

知られざる真実―勾留地にて― Book 知られざる真実―勾留地にて―

著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 国家公務員の重大犯罪を容認する日本経済新聞 | トップページ | 郷原信郎氏の指摘にしどろもどろの町村信孝氏 »

小沢代表秘書不当逮捕(4)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎民主党幹事長が事実関係を明快に説明:

» 16 なぜこの時期に小沢捜査なのか?3年前の喜八ログが警告することと「新ベンチャー革命」ブログ [和順庭の四季おりおり]
 2007年に喜八ログに引用された文章を紹介したいと思います。私たちは「小沢対特捜」の裏にある「自民党清和会対小沢」、言い返せば「ロックフェラーCIA対小沢」の存在に気づきつつありますが、すでにこの時期に喜八ログでは小沢追及をする者の目的に気づき、緊急寄稿しています。 ...... [続きを読む]

» 小沢一郎の事情説明 (知事抹殺・11) [木霊の宿る町]
昨日は知人から貸してもらった映画「それでもボクはやってない」を見ました。メデタシメデタシで終わらない映画でした見ているあいだから重苦しい気持ちになり、気持ちが萎えていきました。警察も検察も粗雑な輩が多い。自分が被疑者にされたらどうにもならない。ひとばんたった今朝も重苦しい気分が残っていますそれでもボクはやってない実話に基づくとはいえドラマですからそのまま鵜呑みにはしませんが、検察が起訴すると、それが真実かウソかを見極めようとしない裁判官が多いのであろうというのは、他の事例をみて分っていたので、実相に... [続きを読む]

» 【犬察ファッショ】鳩山政権に評価を下す義務と権利を有するのは国民のみだ【事情聴取】 [ステイメンの雑記帖 ]
 これまでも何度となく触れてきたが、半世紀以上にわたる宦官ジミン政権下において遣りたい放題してきた霞ヶ関の官僚組織にとっては、「政治主導の確立」「脱・官僚依存」など官僚に牛耳られてきた日本の変革を目指す鳩山政権が目障りで仕方がないものであるようだ。  そして、官僚共の叛乱行為としてまず出てきたのが、宮内庁長官の羽毛田某と駐米大使の藤崎某の2名が行った不届き千万な記者会見であり、 官僚機構における「反鳩山政権」の急先鋒が、 「冤罪メーカー」こと佐久間達哉 率いる東狂痴犬特騒部 であろう!  奴らは、宦... [続きを読む]

» (1)(前半)既存、腐臭漂う増すごみを超え始めた、twitter 、BBS、ブログの連携網による早くて、中立、公正なるニュースや多彩な情報の伝達 (2)お上は正しいというのは正しくない。日本の腐敗した検察、警察、司法において、お上は正しくないという(定理)の方が科学的である。 [mubouのブログ]
2010年1月24日、小沢先生の記者会見から一夜明けて(1)(前半)既存、腐臭漂う増すごみを超え始めた、twitter 、BBS、ブログの連携網による早くて、中立、公正なるニュースや多彩な情報の伝達(2)お上は正しいというのは正しくない。日本の腐敗した検察、警察、司法において、お上は正しくないという(定理)の方が科学的である。バナーは雑談日記のオーナー愛、そして生きる、主権者は私たちですBBS管理人SOBAさん作成バナー。  幅370px。二コマのコマ送りタイプです。 以下は、主権者は私たち国民のフ... [続きを読む]

» 5053 阿修羅など お勧めブログ 記事川柳 (01/0)/目パチクリ 春の目覚めの ジュリアンサス [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

» 「辺野古の青い海を埋め立ててよいのか」という小沢一郎氏に答えた名護市民 [南華のブログ]
名護市長選で基地反対の稲嶺氏に当確」(世田谷通信) 24日投開票の沖縄県名護市の市長選で、現職で基地移設容認派の島袋吉和氏(自民・公明推薦)と、新人で基地移設反対派の稲嶺進氏(民主・社民、その他推薦)が争っていたが、開票と同時の午後8時に、早くも稲嶺氏に当確が出た。これで、普天間基地の辺野古への移設問題に関しては、完全に民意が示されたことになる。(2010年1月24日) 小沢一郎民主党幹事長は、辺野古への海兵隊基地移設、さんご礁とジュゴン埋め殺し計画に対し、「小沢氏は「あの青い海を埋め立... [続きを読む]

« 国家公務員の重大犯罪を容認する日本経済新聞 | トップページ | 郷原信郎氏の指摘にしどろもどろの町村信孝氏 »

有料メルマガご登録をお願い申し上げます

  • 2011年10月より、有料メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」の配信を開始いたします。なにとぞご購読手続きを賜りますようお願い申し上げます。 foomii 携帯電話での登録は、こちらからQRコードを読み込んでアクセスしてください。

    人気ブログランキング
    1記事ごとに1クリックお願いいたします。

    ★阿修羅♪掲示板

主権者は私たち国民レジスタンス戦線

  • 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

    主権者は私たち国民レジスタンスバナー

著書紹介

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

関連LINKS(順不同)

LINKS1(順不同)

LINKS2(順不同)

カテゴリー

ブックマーク

  • ブックマークの登録をお願いいたします
無料ブログはココログ